1. TOP
  2. >
  3. 自動車・バイク
  4. >
  5. バイク
  6. >
  7. アドベンチャーバイクのおすすめ人気ランキング12選【2020年最新版】
  • アドベンチャーバイクのおすすめ人気ランキング12選【2020年最新版】のアイキャッチ画像1枚目
  • アドベンチャーバイクのおすすめ人気ランキング12選【2020年最新版】のアイキャッチ画像2枚目
  • アドベンチャーバイクのおすすめ人気ランキング12選【2020年最新版】のアイキャッチ画像3枚目
  • アドベンチャーバイクのおすすめ人気ランキング12選【2020年最新版】のアイキャッチ画像4枚目
  • アドベンチャーバイクのおすすめ人気ランキング12選【2020年最新版】のアイキャッチ画像5枚目

アドベンチャーバイクのおすすめ人気ランキング12選【2020年最新版】

冒険や旅をテーマにしたバイクが人気の昨今。そんな中でも特に注目を集めているのが、アドベンチャーバイクです。扱いやすい250㏄クラスの登場でますますブームが高まっていますが、本格派の大型タイプも人気健在。国内では、HONDA・SUZUKI・Kawasaki・YAMAHAなどから多くのモデルが販売されています。しかし、それぞれ特徴が異なるため、自分にふさわしいマシンを選びきれずにいませんか?


そこで今回は、アドベンチャーバイクの選び方とあわせて、排気量別に人気のおすすめモデルをランキング形式でご紹介。どれも、走破性が高く、ロマンが詰まったものばかりです!ぜひ参考にして、気分があがる相棒とのツーリングを楽しんでくださいね。

  • 最終更新日:2020年03月27日
  • 96,182  views
目次

世界的に人気沸騰中の、アドベンチャーバイクとは?

世界的に人気沸騰中の、アドベンチャーバイクとは?

アドベンチャーバイクは、大型オフロードバイクのテイストを受け継いだ長距離ツアラー向けのマシン。荒れた路面を走りきる走破性の高さはもちろん、高速走行中の安定感も抜群で、オンとオフを両方こなせるところが魅力です。


また、タイヤの空転を防止するトランクションコントロールや、ブレーキ操作を補助するABSなど、様々な電子制御技術の搭載による乗りやすさも特長の一つ。「ビッグオフに憧れがあるけど扱いづらいのでは……」と躊躇していた方にもおすすめです。


そのほか、パニアケースやウィンドスクリーンなど、快適な冒険のための装備も充実。世界的にブレイクしていますが、国内では、よりコンパクトで扱いやすいタイプも登場するなど、多様化が進んでいます。今、バイク業界の中で最も熱く、目が離せない車種ですよ!

アドベンチャーバイクの選び方

大型が主流だったアドベンチャーバイクですが、近年はコンパクトなタイプも登場し、ますますニーズが高まっています。使い方に合わせて、最適な排気量のモデルを選んでください。

街乗りもしたいなら、250㏄のスモールクラス

街乗りもしたいなら、250㏄のスモールクラス

スモールクラスのアドベンチャーバイクは、何といっても手軽さや扱いやすさが魅力。普通自動二輪車免許で運転できるのに、走破性は本格的で、現在最も人気が高まっています。


街乗りもしやすいため、趣味だけで乗るバイクの購入にためらっていた方にもおすすめ。ツーリング以外にも、通勤・通学など、日常で乗る方も増えています。維持費もかからず、現実的に使い勝手の良いクラスです。

日本人にちょうどいい。600~800㏄のミドルクラス

日本人にちょうどいい。600~800㏄のミドルクラス

ミドルクラスのアドベンチャーバイクは、日本人にちょうどいい車格が魅力。1000㏄を超えるものが多く、決して扱いやすいとは言えなかった大型オフロードバイク。そんなデメリットを払拭しつつ高い走破性をもつミドルタイプは、今後ますますニーズが増え、多様化する兆しです。


ヨーロッパでは、数千キロに及ぶ高速道路を走ることもあるため、タフな1200ccクラスが主流ですが、日本の道路事情にはミドルが最もマッチしますよ。

ロングツーリング好きの方は、1000㏄~のビッグクラスで決まり!

ロングツーリング好きの方は、1000㏄~のビッグクラスで決まり!

「ロングツーリングがとにかく好き」という冒険好きの方にぴったりなのが、ビッグサイズのアドベンチャーバイク。走破性の高さ、安定感、長距離走行時の疲れにくさなど、どれも文句なし!ただ、嗜好性の強いサイズなので、ある程度乗りこなせる自信のある方におすすめです。


「存在感のあるかっこいいマシンで走りたい!」という方は、ぜひ検討してみて下さい。他のクラスにはない所有感とロマンを存分に味わうことができるでしょう。

アドベンチャーバイク(スモールクラス)のおすすめ人気モデル4選

人気のアドベンチャーバイクを、スモールクラス・ミドルクラス・ビッグクラスに分けて、ランキング形式でご紹介します。まずは、スモールクラスからです。


なおランキングは、編集部独自で順位付けしています(2020年3月23日時点)。

4位
全長×全幅×全高2,075×880×1,230mm(ミラー除く)
シート高835mm(空車時)
車両重量170kg
エンジン4ストローク DOHC水冷単気筒
排気量313cc
最高出力25kW(34PS)/9,500rpm
最大トルク28Nm/7,500rpm
3位

Kawasaki(カワサキ)VERSYS-X 250 TOURER

2BK-LE250D

704,000円 (税込)

全長×全幅×全高2,170×940×1,390mm
シート高815mm
車両重量183kg
エンジン水冷4ストローク並列2気筒/DOHC 4バルブ
排気量248cc
最高出力24kW(33PS)/11,500rpm
最大トルク21Nm/10,000rpm
2位
全長×全幅×全高2,150×880×1,295mm
シート高800mm
車両重量188kg
エンジンJ517・水冷・4サイクル・2気筒/SOHC・2バルブ
排気量248cc
最高出力18kW(24PS)/8,000rpm
最大トルク22Nm/6,500rpm
1位
全長×全幅×全高2,210×90×1,425mm(Type LD:2,175×90×1,360mm)
シート高895mm(Type LD:830mm)
車両重量157kg(Type LD:156kg)
エンジン水冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒
排気量249cc
最高出力18kW(24PS)/8,500rpm
最大トルク23Nm/6,750rpm

人気アドベンチャーバイク(スモールクラス)の比較一覧表

商品画像
1
アドベンチャーバイク HONDA(ホンダ) CRF250 RALLY 1枚目

HONDA(ホンダ)

2
アドベンチャーバイク SUZUKI(スズキ) Vストローム250 1枚目

SUZUKI(スズキ)

3
アドベンチャーバイク Kawasaki(カワサキ) VERSYS-X 250 TOURER 1枚目

Kawasaki(カワサキ)

4
アドベンチャーバイク BMW G 310 GS 1枚目

BMW

商品名

CRF250 RALLY

Vストローム250

VERSYS-X 250 TOURER

G 310 GS

特徴オフロードも街中も心地よい走りをサポート燃費性能抜群!長距離ツーリングにもおすすめ汎用性抜群のツーリングモデルどんな身長のライダーでも操作性抜群
最安値
663,010
送料要確認
詳細を見る
518,900
送料要確認
詳細を見る
704,000
送料要確認
詳細を見る
695,000
送料要確認
詳細を見る
全長×全幅×全高2,210×90×1,425mm(Type LD:2,175×90×1,360mm)2,150×880×1,295mm2,170×940×1,390mm2,075×880×1,230mm(ミラー除く)
シート高895mm(Type LD:830mm)800mm815mm835mm(空車時)
車両重量157kg(Type LD:156kg)188kg183kg170kg
エンジン水冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒J517・水冷・4サイクル・2気筒/SOHC・2バルブ水冷4ストローク並列2気筒/DOHC 4バルブ4ストローク DOHC水冷単気筒
排気量249cc248cc248cc313cc
最高出力18kW(24PS)/8,500rpm18kW(24PS)/8,000rpm24kW(33PS)/11,500rpm25kW(34PS)/9,500rpm
最大トルク23Nm/6,750rpm22Nm/6,500rpm21Nm/10,000rpm28Nm/7,500rpm
商品リンク

アドベンチャーバイク(ミドルクラス)のおすすめ人気モデル4選

次に、ミドルクラスのアドベンチャーバイクをご紹介します。
4位
全長×全幅×全高2,160×850×1,375mm
シート高850~865mm
車両重量214kg(TRACER900 GT:215kg)
エンジン水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ/直列3気筒
排気量845cc
最高出力85kW(116PS)/10,000r・min
最大トルク87Nm/8,500rpm
3位
全長×全幅×全高2,275×835×1,405mm/(XT:2,275×910×1,405mm)
シート高835mm
車両重量212kg(XT:215kg)
エンジンP515・水冷・4サイクル・90°Vツイン/DOHC・4バルブ
排気量645cc
最高出力51kW(69PS)/8,800rpm
最大トルク61Nm/6,500rpm
2位

HONDA(ホンダ)X-ADV

2BL-RC95

1,263,900円 (税込)

全長×全幅×全高2,230×910×1,345mm
シート高790mm
車両重量238kg
エンジン水冷4ストロークOHC4バルブ直列2気筒
排気量745cc
最高出力40kW(54PS)/6,250rpm
最大トルク68Nm/4,750rpm
1位

YAMAHA(ヤマハ)Ténéré700

1,265,000円 (税込)

全長×全幅×全高2,370×905×1,455mm
シート高875mm
車両重量205kg
エンジン水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ
排気量688cc
最高出力53kW(72PS)/9,000r・min
最大トルク67Nm/6,500r・min

人気アドベンチャーバイク(ミドルクラス)の比較一覧表

商品画像
1
アドベンチャーバイク YAMAHA(ヤマハ) Ténéré700 1枚目

YAMAHA(ヤマハ)

2
アドベンチャーバイク HONDA(ホンダ) X-ADV 1枚目

HONDA(ホンダ)

3
アドベンチャーバイク SUZUKI(スズキ) Vストローム650 ABS 1枚目

SUZUKI(スズキ)

4
アドベンチャーバイク YAMAHA(ヤマハ) TRACER900 1枚目

YAMAHA(ヤマハ)

商品名

Ténéré700

X-ADV

Vストローム650 ABS

TRACER900

特徴剛性&軽量ボディでオフロードにも強い俊敏な動きが魅力!街乗り中心という方に最適な一台季節や路面状況に合わせられるから走行快適好みの走りを実現する、走行モード切替機能搭載
最安値
1,265,000
送料要確認
詳細を見る
1,263,900
送料要確認
詳細を見る
924,000
送料要確認
詳細を見る
1,133,000
送料要確認
詳細を見る
全長×全幅×全高2,370×905×1,455mm2,230×910×1,345mm2,275×835×1,405mm/(XT:2,275×910×1,405mm)2,160×850×1,375mm
シート高875mm790mm835mm850~865mm
車両重量205kg238kg212kg(XT:215kg)214kg(TRACER900 GT:215kg)
エンジン水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ水冷4ストロークOHC4バルブ直列2気筒P515・水冷・4サイクル・90°Vツイン/DOHC・4バルブ水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ/直列3気筒
排気量688cc745cc645cc845cc
最高出力53kW(72PS)/9,000r・min40kW(54PS)/6,250rpm51kW(69PS)/8,800rpm85kW(116PS)/10,000r・min
最大トルク67Nm/6,500r・min68Nm/4,750rpm61Nm/6,500rpm87Nm/8,500rpm
商品リンク

アドベンチャーバイク(ビッグクラス)のおすすめ人気モデル4選

それでは最後に、ビッグクラスのアドベンチャーバイクをご紹介していきます。
4位
全長×全幅×全高2,280×930×1,470mm
シート高850mm
車両重量232kg(XT:233kg)
エンジンU501・水冷・4サイクル・90°Vツイン/DOHC・4バルブ
排気量1,036cc
最高出力73kW(99PS) /8,000rpm
最大トルク100Nm/4,000rpm
3位

BMWR 1250 GS Adventure

2,718,000円 (税込)

全長×全幅×全高2,270×980×1,530 mm
シート高Premium Standard:820mm(Premium Line:890mm)
車両重量278kg
エンジン空水冷4ストロークDOHC水平対向2気筒
排気量1,254cc
最高出力100kW(136PS)/7,750rpm
最大トルク143Nm/6,250rpm
2位

Kawasaki(カワサキ)VERSYS 1000 SE

2BL-LZT00D

1,903,000円 (税込)

全長×全幅×全高2,270×950×1,490mm
シート高820mm
車両重量257kg
エンジン水冷4ストローク並列4気筒/DOHC 4バルブ
排気量1,043cc
最高出力88kW(120PS)/9,000rpm
最大トルク102Nm/7,500rpm
1位

HONDA(ホンダ)CRF1000L Africa Twin

2BL-SD04

1,412,400円 (税込)

全長×全幅×全高2,310~2,340×930×1,475~1,570mm(タイプによって変動)
シート高830~890mm(タイプによって変動)
車両重量230~253kg(タイプによって変動)
エンジン水冷4ストロークOHC(ユニカム)4バルブ直列2気筒
排気量998cc
最高出力70kW(95PS)/7,500rpm
最大トルク99Nm/6,000rpm

人気アドベンチャーバイク(ビッグクラス)の比較一覧表

商品画像
1
アドベンチャーバイク HONDA(ホンダ) CRF1000L Africa Twin 1枚目

HONDA(ホンダ)

2
アドベンチャーバイク Kawasaki(カワサキ) VERSYS 1000 SE 1枚目

Kawasaki(カワサキ)

3
アドベンチャーバイク BMW R 1250 GS Adventure 1枚目

BMW

4
アドベンチャーバイク SUZUKI(スズキ) Vストローム1000 1枚目

SUZUKI(スズキ)

商品名

CRF1000L Africa Twin

VERSYS 1000 SE

R 1250 GS Adventure

Vストローム1000

特徴さまざまなシーンで自分好みの走りを追求できるモデルどんな道も、どんな走りもサポートする一台荒れた道だってOK!走りの力強さが自慢パワフルエンジンで荷物たっぷりのツーリングもOK
最安値
1,412,400
送料要確認
詳細を見る
1,903,000
送料要確認
詳細を見る
2,718,000
送料要確認
詳細を見る
1,194,190
送料要確認
詳細を見る
全長×全幅×全高2,310~2,340×930×1,475~1,570mm(タイプによって変動)2,270×950×1,490mm2,270×980×1,530 mm2,280×930×1,470mm
シート高830~890mm(タイプによって変動)820mmPremium Standard:820mm(Premium Line:890mm)850mm
車両重量230~253kg(タイプによって変動)257kg278kg232kg(XT:233kg)
エンジン水冷4ストロークOHC(ユニカム)4バルブ直列2気筒水冷4ストローク並列4気筒/DOHC 4バルブ空水冷4ストロークDOHC水平対向2気筒U501・水冷・4サイクル・90°Vツイン/DOHC・4バルブ
排気量998cc1,043cc1,254cc1,036cc
最高出力70kW(95PS)/7,500rpm88kW(120PS)/9,000rpm100kW(136PS)/7,750rpm73kW(99PS) /8,000rpm
最大トルク99Nm/6,000rpm102Nm/7,500rpm143Nm/6,250rpm100Nm/4,000rpm
商品リンク

快適なツーリングに!機能的なウェアをご紹介

バイクに乗る際に頭を悩ませる、服装。特に長距離を走るときなどは、より機能的で快適なものを選びたいですよね。以下の記事では、季節ごとにおすすめの、人気のウェアをご紹介しています。気になる方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

まとめ

最新の電子制御技術を搭載したアドベンチャーバイク。旅好きはもちろん、マシン好きにもたまらない話題のモデルです。シート高や排気量、エンジンなどのチェックポイントを比較検討して、ぜひお気に入りのアドベンチャーバイクを見つけてくださいね!


記事監修(ランキングを除く):植松太郎

http://www.moto-factory-ban.com/

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す