1. TOP
  2. >
  3. スポーツ
  4. >
  5. 釣具
  6. >
  7. ルアー回収機のおすすめ人気ランキング10選【回収率が高いのはどれ?】
  • ルアー回収機のおすすめ人気ランキング10選【回収率が高いのはどれ?】のアイキャッチ画像1枚目
  • ルアー回収機のおすすめ人気ランキング10選【回収率が高いのはどれ?】のアイキャッチ画像2枚目
  • ルアー回収機のおすすめ人気ランキング10選【回収率が高いのはどれ?】のアイキャッチ画像3枚目
  • ルアー回収機のおすすめ人気ランキング10選【回収率が高いのはどれ?】のアイキャッチ画像4枚目
  • ルアー回収機のおすすめ人気ランキング10選【回収率が高いのはどれ?】のアイキャッチ画像5枚目

ルアー回収機のおすすめ人気ランキング10選【回収率が高いのはどれ?】

お気に入りのルアーが根かがりしてしまったときに頼りになるのが「ルアー回収機」。高額なルアーもロストせずにすんで助かりますよね。しかし、スティックタイプとロープタイプがあり、回収範囲や機能もさまざま。そのうえ、ルーバ・テポドンなどの人気商品から、ダイワなどの有名メーカーの商品までたくさんあるため、どれを選べばよいか悩む人も多いはず。

そこで今回は、ルアー回収機の選び方を徹底解説。さらに、通販レビューでも評判のおすすめ商品を人気ランキング形式でご紹介していきます。ルアーをロストする不安がなくなれば、大胆なキャストで大物が狙いやすくなること間違いなし。安心して釣りを楽しむためにも、使い勝手の良いルアー回収機を一緒に選んでいきましょう。

  • 最終更新日:2020年01月20日
  • 20,497  views
目次

ルアー回収機の選び方

ルアー回収機は、次のポイントに沿って選んでいきましょう。

使う場所・使い方に合わせて選ぼう

ルアー回収機は構造によって、次の2つのタイプに分かれます。それぞれ使い方が違いますので、回収するルアーや根がかりの状況にあったものを選びましょう。

近場の頑固な根がかりには「スティックタイプ」がおすすめ

近場の頑固な根がかりには「スティックタイプ」がおすすめ
出典:amazon.co.jp

ダイレクトに力を入れやすく、頑固な根がかりに使えるのが「スティックタイプ」。フックがついたスティックをルアーのラインに沿って伸ばすだけと、初心者でも簡単にルアー回収ができます。藻でも岩でも強力に引きはがし、見える範囲であれば確実にルアー回収ができて◎です。


ただしスティックの長さが限られているため、遠方の根がかりにはむきません。長いものほど重くて使いにくいので、自分の腕力にあったサイズを選びましょう。

遠方でもOK!場所を選ばず使えるのは「ロープタイプ」

遠方でもOK!場所を選ばず使えるのは「ロープタイプ」
出典:amazon.co.jp

一方、見えない場所や遠方でもルアー回収できるのが「ロープタイプ」。ロープに錘と、チェーンやフックなどがついているのが特徴です。操作は難しいので熟練者向きですが、ラインに沿って先端を根がかり場所に届けて引っ張り出すことができますよ。


ルアー回収の決め手は、錘の重量です。水深のある漁場や入り組んだ場所では重い錘を選んで、ルアーを水中で動かして引きはがしましょう。

回収できる範囲も確認しよう

回収できる範囲も確認しよう

釣り場所や狙う魚によっても、ルアーが根がかりする位置や状況は変わるもの。そのため、スティックやロープの届く距離が、自分の釣りに適しているかも確認しましょう。


複雑に岩が入り組んだ磯で釣るなら、威力の強いスティックタイプがおすすめ。ボートに乗って水深のある場所で釣るなら、重りでルアーを動かしてひっかけるロープタイプが適しています。一口で釣りといっても、海釣りや川釣り、磯や防波堤で、あるいはボートで沖に出てと、釣り方もさまざま。釣り場にあわせて使い分けるといいですね。

スムーズに回収できるものを選ぼう

使い慣れていないと、回収機を使うのは難しいものです。初心者さんや上手に使えない人は、次のポイントをチェックして選びましょう。

軽くて動かしやすいものがおすすめ

初めて購入する人や腕力の弱い女性は、軽さを重視して選びましょう。複雑な地形に入り込んだルアーを探すためには、スティックやラインを根気よく動かして探ることが必要。本体が重いと腕が疲れて、集中できずに回収率が落ちてしまいます。できるだけ、軽くて動かしやすいものがおすすめですよ。

先端部分が見えやすいものなら回収率UP!

先端部分が見えやすいものなら回収率UP!
出典:amazon.co.jp

回収機は根がかりしたルアーの位置が正確にわからなくても使えますが、やっぱり目で見える方が回収率は向上します。水中は泥が舞い上がって濁りやすいので、できるだけ目立つ色や蛍光塗料で塗装された商品を選ぶと安心です。

ロープタイプならリール付き、スティックタイプならスライド式が◎

ロープタイプならリール付き、スティックタイプならスライド式が◎
出典:amazon.co.jp

キャッチしたルアーを、スピーディーに回収できるかも大事なポイントです。水に濡れたロープは扱いにくいので、ロープタイプを選ぶなら、ラインをスピーディーに巻き取れるリールがついているものが使いやすいでしょう。


また、スティックタイプはポールをいちいち継ぎ足すよりも、スライド式で簡単に伸縮できると◎。漁場は多くの釣り人と共有して使いますが、片付けが早いと周りに迷惑をかけずに釣りを楽しめます。

コンパクトに持ち運べるかも重視しよう

コンパクトに持ち運べるかも重視しよう
出典:amazon.co.jp

釣り場では水の流れを読んで移動することが多いので、携帯しやすいことも大事ですね。サイズによってはボートに乗るときの邪魔にもなるので、コンパクトに収納して持ち運べるかも確認しておきましょう。


とくに、かさばりやすいスティックタイプなら、簡単に短く折りたためる仕様の商品がおすすめ。スティックの先をタモなどに付け替えて使える回収機なら、荷物を減らせて一石二鳥です。

ルアー回収機(スティックタイプ)の人気ランキング5選

それでは、ルアー回収機の人気商品を、スティックタイプとロープタイプに分けてそれぞれお伝えしていきます。まずは、スティックタイプのランキングから見ていきましょう。

5位
回収範囲 約4.75m
重量 800g
見えやすさ
回収しやすさ
本体サイズ長さ1.5~4.75m
4位
回収範囲約2.43m
重量218g
見やすさ×
回収しやすさ
本体サイズ長さ0.32~2.43m
3位

エバーグリーンインターナショナルスライドシャフト400

B-TRUE

18,400円 (税込)

回収範囲約4.0m
重量520g
見やすさ
回収しやすさ
本体サイズ長さ0.51~4.0m×継手径3.99㎝
2位
回収範囲 約2.45m
重量209 g
見やすさ×
回収しやすさ
本体サイズ長さ0.32~2.45m
1位
回収範囲約2.4m
重量480g
見やすさ
回収しやすさ
本体サイズ長さ約0.95~2.4m

人気ルアー回収機(スティックタイプ)の比較一覧表

商品画像
1
ルアー回収機 エイテック ルアーキャッチバー

エイテック

2
ルアー回収機 ベルモント ルアーリターン245

ベルモント

3
ルアー回収機 エバーグリーンインターナショナル スライドシャフト400

エバーグリーンインターナショナル

4
ルアー回収機 ベルモント ルアーリターン ワイド

ベルモント

5
ルアー回収機 ベルモント ルアーリトリーバーJP4750

ベルモント

商品名

ルアーキャッチバー

ルアーリターン245

スライドシャフト400

ルアーリターン ワイド

ルアーリトリーバーJP4750

特徴コスパも良好。気軽なオカッパリに最適のサイズ渓流釣りに最適。細いルアーをスポッと引き出す最小サイズ0.51cm。コンパクトでもグーンと伸びるダブルギャフ形状のフック。太さのあるルアーも回収可能金メッキ塗装のフック。水中でも良く見えて◎
最安値
4,280
送料無料
詳細を見る
18,400
送料要確認
詳細を見る
4,110
送料要確認
詳細を見る
4,464
送料要確認
詳細を見る
回収範囲約2.4m約2.45m約4.0m約2.43m約4.75m
重量480g209 g520g218g800g
見やすさ××
回収しやすさ
本体サイズ長さ約0.95~2.4m長さ0.32~2.45m長さ0.51~4.0m×継手径3.99㎝長さ0.32~2.43m長さ1.5~4.75m
商品リンク

ルアー回収機(ロープタイプ)の人気ランキング5選

続いて、ロープタイプのランキングを見ていきましょう。

5位
回収範囲約15メートル
重量75g(ロープを除く)
見えやすさ×
回収しやすさ×
本体サイズ幅2.5×長さ11.5×高さ5.0㎝(ロープを除く)
4位
ルアー回収機 バス プロ ショップス イージー ルアー リトリーバー
出典:amazon.co.jp

バス プロ ショップスイージー ルアー リトリーバー

1,296円 (税込)

回収範囲 約9.2m
重量 表示なし
見やすさ
回収しやすさ ×
本体サイズ 長さ約8cm(ロープを除く)
3位
回収範囲約20m
重量100g
見やすさ
回収しやすさ
本体サイズ幅12.6×奥行8.6×高さ5㎝
2位
回収範囲約20m
重量表示なし
見やすさ×
回収しやすさ×
本体サイズ長さ11.5cm(ロープを除く)
1位
回収範囲約15m
重量約100g(ロープを除く)
見やすさ×
回収しやすさ
本体サイズ表示なし

人気ルアー回収機(ロープタイプ)の比較一覧表

商品画像
1
ルアー回収機 グローブライド ルアーキャッチャー

グローブライド

2
ルアー回収機 タカ産業 レスキューテポドン

タカ産業

3
ルアー回収機 スズセン ルーバ ウノ

スズセン

4
ルアー回収機 バス プロ ショップス イージー ルアー リトリーバー

バス プロ ショップス

5
ルアー回収機 C&D ルアーセーブ

C&D

商品名

ルアーキャッチャー

レスキューテポドン

ルーバ ウノ

イージー ルアー リトリーバー

ルアーセーブ

特徴リール付きで回収スムーズ。護岸でもボートでも役に立つひっかける&ガツンとプッシュで効率よくルアーを回収余計な部分のないシンプルデザイン。リュックにいれてもスッキリパーチに似せたカラフルな錘。釣り気分も盛り上がるギザギザのフックで小さなルアーもガッチリ掴む
最安値
2,300
送料別
詳細を見る
2,030
送料要確認
詳細を見る
4,380
送料要確認
詳細を見る
1,296
送料要確認
詳細を見る
2,480
送料要確認
詳細を見る
回収範囲約15m約20m約20m約9.2m約15メートル
重量約100g(ロープを除く)表示なし100g表示なし75g(ロープを除く)
見やすさ×××
回収しやすさ×××
本体サイズ表示なし長さ11.5cm(ロープを除く)幅12.6×奥行8.6×高さ5㎝長さ約8cm(ロープを除く)幅2.5×長さ11.5×高さ5.0㎝(ロープを除く)
商品リンク

ラインが切れたルアーの回収にはコレ!

ラインが切れたルアーの回収にはコレ!
根がかりしたルアーを引っ張ったら、ラインが切れてしまうこともよくありますよね。運よくルアーだけ水面に浮きあがってきても、遠方で手が出せない場合は、水面用のルアー回収機を活用しましょう。

錘がないため根がかりからの回収はできませんが、ぷかぷか浮いて水面を漂いながら、ロストルアーに接近!潮で遠方に流されても、回収できる確率が高くなります。お気に入りのルアーは回収機を使って、できるだけ長く愛用したいですね。

釣り場に合わせてルアーを使い分けよう!

初心者からプロまで幅広い層に人気のルアー釣り。そんなルアー釣りでの釣果を上げるためにも、いくつかの種類のルアーを揃えて、上手に使い分けましょう!以下の記事では、海釣り・管理釣り場での釣りにピッタリなルアーを紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

まとめ

ルアー回収機のおすすめ商品10個を、人気ランキング形式でご紹介しました。お気に入りの商品は見つかりましたか?

ロスとしたルアーはゴミとなり、漁場環境を荒らす原因になってしまいますが、ルアー回収機があればエコで安心。魚を愛する釣り人だからこそ、環境保全にも配慮したいですよね。あなたもお気に入りを見つけて、ルアーの損失を防いで楽しく釣りを楽しみましょう。

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す