• 洗顔石鹸のおすすめ最強人気ランキング7選のアイキャッチ画像1枚目
  • 洗顔石鹸のおすすめ最強人気ランキング7選のアイキャッチ画像2枚目
  • 洗顔石鹸のおすすめ最強人気ランキング7選のアイキャッチ画像3枚目
  • 洗顔石鹸のおすすめ最強人気ランキング7選のアイキャッチ画像4枚目
  • 洗顔石鹸のおすすめ最強人気ランキング7選のアイキャッチ画像5枚目

洗顔石鹸のおすすめ最強人気ランキング7選

毎日の洗顔に欠かせない洗顔石鹸。固形・フォーム・パウダーなどタイプもいろいろありますが、敏感肌でも使えるもの・無添加のもの・オーガニック原料を使ったものなど種類も豊富で、どれが自分に合うのか分かりにくいと感じたことはないでしょうか。

そこで今回は、洗顔石鹸の肌質別の選び方を解説しながら、amazonや楽天、ドラッグストアなどで購入できるおすすめの商品を人気ランキングでご紹介します。記事の後半では正しい洗顔方法についても紹介しますので、ぜひ商品選びと合わせて参考にしてくださいね。

この記事に登場する専門家

Rika
SHOKO
  • 最終更新日:2019年02月20日
  • 250,732  views
目次

洗顔石鹸の選び方のポイント

洗顔石鹸は、毎日使うものだからこそこだわって選びたいものですよね。では、どんなところに気を付けたらいいのでしょう?ここではポイントごとに解説していきます。

まずはタイプごとの特徴をチェック

洗顔石鹸には、固形やフォーム、パウダーといったいくつかの種類があります。まずは主なタイプの特徴を押さえて、自分に合うものを選びましょう。

スキンケア成分の浸透を促す「固形タイプ」

スキンケア成分の浸透を促す「固形タイプ」
洗顔後のスキンケアを重視する方は、固形タイプを選びましょう。固形石鹸は油分量が少なく、洗顔後に肌に膜を作りにくくなっています。固形石鹸で洗顔すると肌がつっぱるのはこのためで、逆に言えば、化粧水や乳液などの成分が浸透しやすい状態を作ってくれます。

ただし洗浄力がそこそこ強いので、乾燥肌の方は適度に潤いを残せるものを選んでおきましょう。製造工程で保湿成分であるグリセリンがしっかりと残る「釜炊きけん化製法」、または「コールドプレス製法」で作られたものがおすすめです。

洗い上がりがつっぱりにくい「フォームタイプ」

洗い上がりがつっぱりにくい「フォームタイプ」
洗顔後のつっぱり感を抑えたい方は、フォームタイプを選ぶと良いでしょう。洗顔フォームは保湿成分が配合されたものが多く、適度に潤い感を残して洗顔できます。固形石鹸に比べて泡立てやすいところも魅力です。

美容成分や抗炎症成分などを含んだもの、濃密泡が作れるもの、さっぱり系やしっとり系など種類が豊富で、自分の肌質に合わせて選びやすいところも嬉しいですね。

毛穴の奥まで洗浄しやすい「パウダータイプ」

毛穴の奥まで洗浄しやすい「パウダータイプ」

毛穴汚れが気になる方にはパウダータイプをおすすめします。酵素洗顔として販売されているものもほとんどがパウダータイプで、水を含ませて泡立てるとキメ細かな泡ができあがります。泡立てには手間がかかりますが、手のひらではなく泡で洗顔するため毛穴の奥の汚れもしっかり洗浄することができますよ。

肌質に合わせて最適な成分を選ぶ

肌質は、普通肌・乾燥肌・脂性肌・混合肌と、4つのタイプに分けられます。ここからは、肌質別におすすめの成分をご紹介します。

普通肌:アミノ酸で油分と水分のバランスを維持

普通肌:アミノ酸で油分と水分のバランスを維持

普通肌の方は、肌トラブルの起こりにくい理想的な肌質と言えます。そのため、水分と油分のバランスを崩さないよう、アミノ酸配合の洗顔石鹸を使うのがおすすめ。アミノ酸は余分な皮脂だけを洗い流すので理想的な肌状態に整えることができます。


皮脂の出やすい夏や乾燥しやすい冬でも、水分と油分のバランスを保ちやすくなりますよ。

乾燥肌:オレイン酸で潤いを与えて

乾燥肌:オレイン酸で潤いを与えて
乾燥しやすい肌質の方は、オリーブやコメヌカなどを配合したオレイン酸の多い石鹸を選ぶのがおすすめです。保湿目的ならばセラミドやコラーゲンなどでもいいのですが、オレイン酸は皮脂に含まれる脂肪酸の一種であり、肌刺激が少ないという特徴を持っています。

乾燥肌にとっては石けんの成分や紫外線といった少しの刺激も大敵ですが、オレイン酸ならば低刺激で安心して使うことができますよ。水分量が保たれることで肌代謝もアップし、紫外線やほこりなどから受ける肌ダメージも軽減してくれます。

脂性肌:パームオイルでスッキリ洗浄

脂性肌:パームオイルでスッキリ洗浄

Tゾーンや顎、小鼻がテカりやすい脂性肌の方は、パームオイル配合の石鹸を選びましょう。パームオイルは皮脂を洗い流す効果は高いものの、最低限必要な潤いは残してくれる成分です。洗浄し過ぎるとかえって皮脂を分泌してしまいますので、適度に油分を残すことはとても大切です。洗顔後はつっぱることもあるので、保湿は入念に行ってくださいね。

混合肌:セラミドで水分量を整える

混合肌:セラミドで水分量を整える
おでこはテカりやすいのに頬はかさかさする、と言ったように、部分的に乾燥と脂肌症が表れている方は混合肌です。混合肌の方はセラミド配合の洗顔石鹸を使うのがおすすめ。

実は混合肌は、肌の水分不足による部分的な脂肌症である場合が多いようです。そのためセラミドでしっかりと全体を潤せば、過剰に皮脂が分泌されている部分も緩和されやすいですよ。セラミドは角質層の中に存在していますが、ターンオーバーが乱れると数が減ってしまうので、セラミド配合の石鹸で肌代謝をアップさせましょう。

オーガニックや無添加なら、敏感肌でも安心

オーガニックや無添加なら、敏感肌でも安心
敏感肌の方は、合成界面活性剤や香料、着色料などを含まない無添加石鹸やオーガニック石鹸を選ぶのがおすすめです。中でも固形石鹸は天然の界面活性剤を含んだものが多く、肌への刺激も少なめ。それでいて汚れは落としてくれますので、肌トラブルを防ぎやすくなっています。

ただ、敏感肌は保湿することも大切。水分不足の肌はダメージを受けやすいので、適度に保湿できる石鹸を選ぶようにしましょう。石鹸に多く配合されているグリセリンやスクワランのほか、天然成分ではホホバオイルやオリーブオイルなども高保湿なのでおすすめできます。

使用感は口コミも参考にして

使用感は口コミも参考にして
どんなに肌質に合わせて選んでも、使ってみなければ潤い感や刺激の度合いが分からないものですよね。敏感肌用を謳ったものでも肌が荒れてしまうこともありますので、なるべくなら口コミをチェックしておきましょう。

敏感肌や乾燥肌の方にとって肌に合うかどうかは大変重要なポイントですので、同じ肌悩みを持つ方が口コミ投稿していることが多いです。こうした方の意見を参考にしてみると良よいでしょう。

ニキビが気になる方は、ニキビ用成分にも注目しよう!

ニキビが気になる方は、ニキビ用成分にも注目しよう!
ニキビができやすい方には、サリチル酸やグリチルリチン酸を配合した薬用洗顔石鹸をおすすめします。サリチル酸は抗菌作用があるので、ニキビの元であるアクネ菌を減らすのに効果的です。ただ炎症を伴っているニキビには使用できず、敏感肌の方にも刺激が強いので避けておきましょう。

グリチルリチン酸には抗炎症作用があり、炎症を伴うニキビを抑える働きがあります。よって、炎症を伴わないのならばサリチル酸、炎症性ニキビや敏感肌の方はグリチルリチン酸配合のものを選ぶようにしてください。

メンズには高洗浄で潤うタイプを

メンズには高洗浄で潤うタイプを

男性は女性よりも皮脂が多く、ニキビができやすいとされています。そのため、高洗浄タイプのメンズ用洗顔石鹸を選ぶと良いでしょう。最近では男性用でも保湿できるものが多く、洗い上がり後の肌がつっぱりにくいタイプも多くなっています。


女性同様、洗顔後は保湿して水分量を保つようにしてくださいね。なお、以下の記事ではメンズ用の化粧水をご紹介していますので、こちらも合わせてご参考ください。

プロの愛用するおすすめの洗顔石鹸

まずはランキングの前に、プロの愛用するおすすめの洗顔石鹸をご紹介します。プロのおすすめポイントを参考に、肌質に合った最強アイテムを見つけてくださいね。

PR

長寿の里然 よかせっけん

1,800円 (税別)

今ならクレンジングオイルとセットで50%OFF!

ボタン
モコモコ泡のクセになっちゃう人が続出中の「然 よかせっけん」ですが、先着2,000名限定で特別キャンペーンを実施中!

柑橘類の果皮エキスたっぷりの「然 ぼんたんクレンジング」もセットで、通常価格から50%の1,800円でゲットできるんです♪さらに専用の泡立てネットも無料でプレゼント。この機会に是非試してみてください♪

専門家の
マイベスト
専門家の
マイベスト

ハヌルホスクレンジングパウダーマイルドスキン

2,682円 (税込)

洗顔石鹸のおすすめ人気ランキング7選

ここからはおすすめの洗顔石鹸ランキングBEST7をご紹介します。肌に優しくて洗うたびに肌がキレイになっていく、そんな洗顔石鹸ばかりです。


なお掲載商品は、上記の選び方で記載した効果・効能があることを保証したものではありません。ご購入にあたっては、各商品に記載されている効果・効能をご確認ください。

7位
おすすめの肌質普通肌、オイリー肌、敏感肌
美肌成分28種類のミネラル成分
安全性無香料、無着色料、合成界面活性剤無添加
内容量100g
1日あたり約25円(1か月半使用した場合)
6位
洗顔石鹸 ケイセイ ダーマメディコ セブンソープ
出典:amazon.co.jp

ケイセイダーマメディコ セブンソープ

1,080円 (税込)

おすすめの肌質敏感肌
美肌成分グリチルリチン酸2K、グリセリン
安全性低刺激性、無香料、無着色、ノンアルコール、厚生労働省の定めるアレルギー等の可能性のある表示指定成分全品無配合
内容量90g
1日あたり約36円(1か月使用した場合)
5位
洗顔石鹸 常盤薬品工業株式会社 ノブ アクネソープ A
出典:amazon.co.jp

常盤薬品工業株式会社ノブ アクネソープ A

864円 (税込)

おすすめの肌質混合肌、オイリー肌、敏感肌
美肌成分グリチルリチン酸2K、オウバクエキス
安全性防腐剤無添加、無香料、無着色
内容量70g
1日あたり約29円(1か月使用した場合)
4位
おすすめの肌質普通肌、オイリー肌、混合肌、乾燥肌
美肌成分コラーゲンエキス、アロエエキス、ローヤルゼリーエキス、緑茶エキス、ウーロン茶エキス、黒砂糖
安全性無香料、無鉱物油、防腐剤無添加、合成着色料不使用
内容量80g
1日あたり約85円(1か月使用した場合)
3位
おすすめの肌質普通肌、乾燥肌、混合肌
美肌成分クリコシルトレハロース、ニームリーフレキス、グリセリン
安全性保存剤不使用、防腐剤不使用
内容量100g
1日あたり約40円(2か月使用した場合)

桐炭を配合し、毛穴の奥の汚れをしっかり落とす!

桐炭を配合し、毛穴の奥の汚れをしっかり落とす!

出典:awake.co.jp

この石鹸には国産の桐から作られた桐炭を配合しています。炭は多孔質構造なため、さまざまな物質に吸着する力が高く、皮脂や古い角質にも吸着してくれます。肌を明るくして、瑞々しい透明感あふれる肌に導いてくれますよ。

また、植物性保湿成分を配合することで潤いも申し分なく、さっぱりとした洗い上がりながら肌のつっぱりを防ぎます。

森林力をしているような香りでリラックス!

森林力をしているような香りでリラックス!

出典:lohaco.jp

ヒノキ科の常緑樹「サイプレス」の香りを配合しています。有機農法で栽培されたオーガニック成分ですから、身体に悪影響を与える心配もありません。

心を穏やかにする香りといわれるサイプレスの香りで、洗顔しながら心身ともに美しくなれる効果を期待できる石鹸です。
2位

健康コーポレーションどろあわわ

定期購入価格

1,980円 (税別)

おすすめの肌質普通
美肌成分豆乳発酵液、加水分解コラーゲン、ヒアルロン酸Na、黒砂糖エキス保湿成分
安全性無香料、無着色、無鉱物油、石油系界面活性剤不使用
内容量110g
1日あたり77円

泥の力で毛穴すっきり!肌のトーンが上がる!

泥の力で毛穴すっきり!肌のトーンが上がる!

出典:amazon.co.jp

どろあわわの特徴は配合されている天然の吸着泥にあります。沖縄で採れるマリンシルトは、超微粒子の泥で毛穴の奥の汚れにしっかりと吸着。また数億年前に海底に堆積した火山由来の泥のベントナイトは、角栓や余分な皮脂を吸い出す力があります。

この2つの泥の力で汚れをしっかり落とし、清潔な肌にしてくれるのと同時に毛穴を引き締め、肌のトーンを上げてくれる効果も期待できます。

豆乳発酵液で潤い溢れる素肌に!

豆乳発酵液で潤い溢れる素肌に!

出典:amazon.co.jp

配合されている豆乳発酵液は、乾燥した肌にしっかりと潤いを与えてくれる効果があります。浸透率を高めるため、大豆イソフラボンを多く含む豆乳を乳酸菌で発酵。角質層にまでその潤いを届けてくれますよ。

また、ヒアルロン酸などの贅沢な保湿成分を配合。うるおいバランスを整えてくれる洗顔石鹸として人気を集めています!1回あたり77円とコスパも申し分ありません。

もっちりと弾力性がある濃密な泡で、洗うほど美しくなるような洗顔を行いましょう!
1位
おすすめの肌質オイリー肌・混合肌
美肌成分堆積岩、火成岩、炭、ハチミツ、マイカ
安全性無着色、無鉱物油
内容量135g
1日あたり約44円(3か月使用した場合)

温泉由来のミネラル成分で肌のチカラを目覚めさせる!

温泉由来のミネラル成分で肌のチカラを目覚めさせる!

出典:arsoa.net

温泉由来のミネラル成分に注目して作られた石鹸です。肌が本来持っている力を目覚めさせて、透明感ある素肌を作り出してくれます。

温泉に入った後に肌がなめらかになるように、この石鹸を使った洗いあがりもしっとり肌に。ミネラル成分だけでなく、炭やハチミツなどの天然成分も惜しみなく配合することで、さらにモチモチ肌へ導いてくれます。

こだわりの製法「枠練製法」で作られた石鹸!

この石鹸の製法は、人の力で撹拌して作り上げる「枠練製法」という方法。原液を枠に流して熟練した職人が混ぜ続け、70日間もの間熟成されて完成します。

熟成させることできめ細かい泡が作れる石鹸となり、肌本来の美しさを取り戻すことができるんです。使用期間はおよそ3か月と言われており、値段が張る洗顔石鹸と思いきや、実はコスパにも優れています!

おすすめ人気 洗顔石鹸の比較一覧表

商品画像
1
洗顔石鹸 アルソア クイーンシルバー

アルソア

2
洗顔石鹸 健康コーポレーション どろあわわ

健康コーポレーション

3
洗顔石鹸 アウェイク ミネラルブラック

アウェイク

4
洗顔石鹸 長寿の里 然 よかせっけん

長寿の里

5
洗顔石鹸 常盤薬品工業株式会社 ノブ アクネソープ A

常盤薬品工業株式会社

6
洗顔石鹸 ケイセイ ダーマメディコ セブンソープ

ケイセイ

7
洗顔石鹸 水橋保寿堂製薬 いつかの石ケン

水橋保寿堂製薬

商品名

クイーンシルバー

どろあわわ

ミネラルブラック

然 よかせっけん

ノブ アクネソープ A

ダーマメディコ セブンソープ

いつかの石ケン

特徴火山灰シラスパウダーが毛穴汚れを落としてきめ細かい肌に!洗顔石鹸でにきび予防するならこれ!敏感肌の人にはこの石鹸がおすすめ!毛穴もクスミもすっきりさせて肌つるつるに!
価格3,490円(税込)1,980円(税別)2,376円(税込)2,200円(税込)864円(税込)1,080円(税込)1,400円(税込)
おすすめの肌質オイリー肌・混合肌普通普通肌、乾燥肌、混合肌普通肌、オイリー肌、混合肌、乾燥肌混合肌、オイリー肌、敏感肌敏感肌普通肌、オイリー肌、敏感肌
美肌成分堆積岩、火成岩、炭、ハチミツ、マイカ豆乳発酵液、加水分解コラーゲン、ヒアルロン酸Na、黒砂糖エキス保湿成分クリコシルトレハロース、ニームリーフレキス、グリセリンコラーゲンエキス、アロエエキス、ローヤルゼリーエキス、緑茶エキス、ウーロン茶エキス、黒砂糖グリチルリチン酸2K、オウバクエキスグリチルリチン酸2K、グリセリン28種類のミネラル成分
安全性無着色、無鉱物油無香料、無着色、無鉱物油、石油系界面活性剤不使用保存剤不使用、防腐剤不使用無香料、無鉱物油、防腐剤無添加、合成着色料不使用防腐剤無添加、無香料、無着色低刺激性、無香料、無着色、ノンアルコール、厚生労働省の定めるアレルギー等の可能性のある表示指定成分全品無配合無香料、無着色料、合成界面活性剤無添加
内容量135g110g100g80g70g90g100g
1日あたり約44円(3か月使用した場合)77円約40円(2か月使用した場合)約85円(1か月使用した場合)約29円(1か月使用した場合)約36円(1か月使用した場合)約25円(1か月半使用した場合)
商品リンク

洗顔石鹸の使い方

最後に、洗顔石鹸の使い方をご紹介します。正しい洗顔方法でお肌をケアしてくださいね。

まずはぬるま湯で予洗いする

まずはぬるま湯で予洗いする

洗顔の前に、まずはぬるま湯で予洗いしましょう。お湯だけでも表面の汚れは落ちますし、ぬるま湯のおかげで毛穴が開くので汚れを落としやすくなりますよ。お湯の温度が高すぎると肌に刺激を与えてしまいますから、ややぬるめのお湯を使うようにしましょう。

石鹸は十分に泡立てて

石鹸は十分に泡立てて

洗顔するときはしっかりと泡立てることが大切です。濃密な泡で洗うことで、毛穴の奥にある汚れを落とすことができます。手で肌を擦ることなく、泡で包むように洗えると理想的ですよ。洗顔ネットなどを使ってモッチリとした弾力のある泡を作ってみてくださいね。

すすぎ残さないことも大切

すすぎ残さないことも大切

洗顔成分を肌に残さないように、十分にすすぎましょう。洗顔料が肌に残っていると肌トラブルをおこしやすくなります。こめかみやあご、小鼻周りなどは特に洗い残しやすいので、しっかりすすぐようにしてくださいね。

洗顔石鹸の売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、洗顔石鹸のAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下から確認して下さい。

まとめ

おすすめの洗顔石鹸をご紹介しましたが、いかがでしたか?毎日使うものだからこそ、自分の肌質に合わせて選ぶことが大切です。

美肌になれば、メイク乗りも良くなって肌に自信が持てるようになることでしょう。この記事を参考にして、あなたに最適な洗顔石鹸を見つけてくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す