• 市販の胃薬のおすすめ人気ランキング10選【本当に効くのはどれ?】のアイキャッチ画像1枚目
  • 市販の胃薬のおすすめ人気ランキング10選【本当に効くのはどれ?】のアイキャッチ画像2枚目
  • 市販の胃薬のおすすめ人気ランキング10選【本当に効くのはどれ?】のアイキャッチ画像3枚目
  • 市販の胃薬のおすすめ人気ランキング10選【本当に効くのはどれ?】のアイキャッチ画像4枚目
  • 市販の胃薬のおすすめ人気ランキング10選【本当に効くのはどれ?】のアイキャッチ画像5枚目

市販の胃薬のおすすめ人気ランキング10選【本当に効くのはどれ?】

胃もたれによる消化不良や食欲不振、ストレスからくる胃の痛みなどを和らげてくれる「胃薬」。家庭の常備薬としても用意しておきたい薬です。しかし、胃痛に効果的なものや漢方タイプなど、その種類はさまざま。自分に合ったものを選ぶとなると、意外と悩んでしまうものですよね。


そこで今回は、市販の胃薬の選び方と、人気のおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。子供や妊娠中・授乳中の方でも飲めるものもランクインしていますよ。自分に合った胃薬を見つけて、毎日の不快な症状の対策をしましょう!

  • 最終更新日:2020年04月22日
  • 177,775  views
目次

市販の胃薬の選び方

一口に市販の胃薬と言ってもさまざまなものがあります。まずは、胃薬の選び方について大切なポイントを一緒に見ていきましょう。

気になる症状や目的によってタイプを使い分けよう

実は配合されている成分によって、いろいろなタイプがある市販の胃薬。気になる症状によって使い分けるのがよいでしょう。

胃痛には胃酸過多を抑える「H2ブロッカー胃腸薬」

胃痛には胃酸過多を抑える「H2ブロッカー胃腸薬」

最近人気のH2ブロッカー胃腸薬は、胃酸過多を抑える成分・ファモチジンが配合されており、胃酸の出過ぎによる胃痛に効果を発揮してくれるため、胃酸による胃の痛みで悩んでいる方に特におすすめなタイプです。


胃の粘膜の壁細胞にあるヒスタミンH2受容体が刺激を受けると胃酸の分泌が高まる傾向にあり、H2ブロッカーはヒスタミンH2受容体の刺激をブロックすることで症状を緩和します。H2ブロッカー胃腸薬かどうかは、パッケージに明記してあるためすぐに判断できるのが特徴です。

食欲不振に「漢方タイプ」も

食欲不振に「漢方タイプ」も

生活の乱れやストレスによって起こりやすい食欲不振には、漢方タイプの胃薬がおすすめです。漢方タイプの胃薬は、体質を改善することで胃の症状も緩和します。


もちろん、病気などが原因で食欲が沸かない場合はこの限りではありませんが、食欲不振には漢方タイプの胃薬も選択肢の一つと言えるでしょう。

胃が弱っているなら「健胃消化タイプ」で消化のサポートを

胃が弱っているなら「健胃消化タイプ」で消化のサポートを

「健胃消化タイプ」の胃薬なら、消化機能を助ける働きがあるので、胃が荒れている方や胃が弱っている方におすすめ。成分に栄養素が含まれていることが多く、幅広い年齢層が使用できるところが魅力です。


年齢を重ねることで胃酸の分泌が減った方や、飲み会続きで胃が疲れている方などに特に効果があります。消化不良からくる胃もたれを改善してくれる力があり、食事を美味しく感じることができるはずですよ。

悩んだときは幅広い症状に効く「総合タイプ」の胃薬がおすすめ

悩んだときは幅広い症状に効く「総合タイプ」の胃薬がおすすめ

いったいどんな胃薬を選べばいいか分からない、色々な症状がある、といったときに最適なのが総合タイプの胃薬。成分がバランスよく配合されているため、胃痛・むねやけ・胃もたれなど、胃の不快な症状に幅広く対処することができます。


家族用の常備薬として薬箱に置いておくのにもおすすめです。

ストレス性の胃炎は有効成分に注目

ストレス性の胃炎は有効成分に注目

ストレスなどから来る神経性の胃炎には、漢方処方もおすすめ。特に生薬「ブクリョウ」が配合されているものは、不安感を和らげながら胃の痛みを改善してくれます。

外出先でも服用するなら、チュアブルタイプが便利

外出先でも服用するなら、チュアブルタイプが便利

胃痛はいつ起こるかわからないので、外出時には水が無くても飲めるチュアブルタイプが便利です。一般的な胃薬と違い、噛み砕いてから唾液で溶かし飲みます。


急な胃痛に対処できるところが魅力。鞄や仕事場のデスクに忍ばしておけば、万が一のときにも安心です。

常備薬として選ぶなら小さな子供も飲める胃薬を

常備薬として選ぶなら小さな子供も飲める胃薬を

常備薬として薬箱においておくなら、できるだけ家族と共用できる胃薬が一番です。市販の胃薬の中には5歳から服用できるものが多く、小さな子供から大人まで家族皆で薬を分け合うことができます。お子さんのいるご家庭の常備薬には、そういったものが適しているでしょう。


もちろん、それぞれに合った胃薬を選ぶのも良い方法ですが、薬箱の中身をすっきりさせたい、薬代を節約したいなら共用できる胃薬が一番。服用対象年齢は外箱に明記してあるので、チェックしてから選ぶのもひとつの方法と言えます。

市販の胃薬のおすすめ人気ランキング10選

ここからは市販の胃薬10商品をランキング形式でご紹介します。ランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年2月13日現在)をもとに順位付けしています。


なお掲載商品は、上記の選び方で記載した効果・効能があることを保証したものではありません。ご購入にあたっては、各商品に記載されている効果・効能をご確認ください。

10位
効果・効能胃痛・胸やけ・胃酸過多 等
種類制酸薬
成分水酸化マグネシウム・合成ヒドロタルサイト 他
形状錠剤
服用対象年齢15歳以上
9位
効果・効能胃痛・もたれ・胸やけ・むかつき
種類H2ブロッカー胃腸薬
成分ファモチジン ほか
形状錠剤(糖衣錠)
服用対象年齢15歳以上、80歳未満
8位
効果・効能胃もたれ・食べすぎ・飲みすぎ 等
種類消化健胃タイプ
成分テプレノン・ソウジュツ乾燥エキス・リパーゼ ほか
形状錠剤
服用対象年齢15歳以上
7位
効果・効能胃痛・腹痛・さしこみ 等
種類胃腸鎮痛鎮痙薬
成分ブチルスコポラミン臭化物 ほか
形状錠剤(糖衣錠)
服用対象年齢15歳以上
6位
効果・効能胃痛・胸やけ・もたれ・むかつき
種類H2ブロッカー胃腸薬
成分ファモチジン ほか
形状錠剤(糖衣錠)
服用対象年齢15歳以上80歳未満
5位
効果・効能もたれ・消化不良・膨満感 等
種類消化薬
成分ウルソデオキシコール酸 ほか
形状錠剤
服用対象年齢15歳以上
4位
効果・効能もたれ・胸やけ・消化不良・はきけ 等
種類総合タイプ
成分リパーゼAP12・タカヂアスターゼN1 ほか
形状細粒
服用対象年齢3歳以上
3位
効果・効能胃もたれ・消化不良・膨満感 等
種類消化健胃タイプ
成分乾燥酵母 等
形状錠剤
服用対象年齢5歳以上
2位
効果・効能胃もたれ・胃痛・胃部不快感 等
種類漢方タイプ
成分安中散・芍薬甘草湯 等
形状微粒
服用対象年齢5歳以上
1位
効果・効能胃部不快感・胃弱・もたれ 等
種類総合タイプ
成分メチルメチオニンスルホニウムクロリド・炭酸水素ナトリウム ほか
形状錠剤
服用対象年齢8歳以上

人気市販の胃薬の比較一覧表

商品画像
1
胃薬 興和新薬 キャベジンコーワα 1枚目

興和新薬

2
胃薬 大正製薬 大正漢方胃腸薬 1枚目

大正製薬

3
胃薬 アサヒグループ食品 エビオス錠 1枚目

アサヒグループ食品

4
胃薬 第一三共ヘルスケア 第一三共胃腸薬プラス 細粒 1枚目

第一三共ヘルスケア

5
胃薬 田辺三菱製薬 タナベ胃腸薬 ウルソ 1枚目

田辺三菱製薬

6
胃薬 皇漢堂製薬 ファモチジン錠 クニヒロ 1枚目

皇漢堂製薬

7
胃薬 エスエス製薬 ブスコパンA錠 1枚目

エスエス製薬

8
胃薬 エーザイ 新セルベール整胃錠 1枚目

エーザイ

9
胃薬 第一三共ヘルスケア ガスター10(第1類医薬品) 1枚目

第一三共ヘルスケア

10
胃薬 ロート製薬 パンシロン キュアSP錠 1枚目

ロート製薬

商品名

キャベジンコーワα

大正漢方胃腸薬

エビオス錠

第一三共胃腸薬プラス 細粒

タナベ胃腸薬 ウルソ

ファモチジン錠 クニヒロ

ブスコパンA錠

新セルベール整胃錠

ガスター10(第1類医薬品)

パンシロン キュアSP錠

特徴弱った胃を元気にして、正常な働きに漢方の力で幅広い症状に対応不快な症状を改善しながら栄養補給も2種類の消化酵素の働きで弱った胃を正常化肝臓に作用して、脂肪による胃もたれを解消お手頃価格のH2ブロッカー胃腸薬キリキリした痛みや急なさしこみにブスコパンA錠トリプルアクションで弱った胃にアプローチ胃酸の分泌を抑えるH2ブロッカー胃腸薬胃酸を抑えて、荒れた胃を保護
最安値
1,438
送料別
詳細を見る
1,644
送料無料
詳細を見る
1,538
送料別
詳細を見る
1,670
送料要確認
詳細を見る
2,059
送料別
詳細を見る
324
送料要確認
詳細を見る
836
送料要確認
詳細を見る
1,975
送料要確認
詳細を見る
528
送料要確認
詳細を見る
565
送料要確認
詳細を見る
効果・効能胃部不快感・胃弱・もたれ 等胃もたれ・胃痛・胃部不快感 等胃もたれ・消化不良・膨満感 等もたれ・胸やけ・消化不良・はきけ 等もたれ・消化不良・膨満感 等胃痛・胸やけ・もたれ・むかつき胃痛・腹痛・さしこみ 等胃もたれ・食べすぎ・飲みすぎ 等胃痛・もたれ・胸やけ・むかつき胃痛・胸やけ・胃酸過多 等
種類総合タイプ漢方タイプ消化健胃タイプ総合タイプ消化薬H2ブロッカー胃腸薬胃腸鎮痛鎮痙薬消化健胃タイプH2ブロッカー胃腸薬制酸薬
成分メチルメチオニンスルホニウムクロリド・炭酸水素ナトリウム ほか安中散・芍薬甘草湯 等乾燥酵母 等リパーゼAP12・タカヂアスターゼN1 ほかウルソデオキシコール酸 ほかファモチジン ほかブチルスコポラミン臭化物 ほかテプレノン・ソウジュツ乾燥エキス・リパーゼ ほかファモチジン ほか水酸化マグネシウム・合成ヒドロタルサイト 他
形状錠剤微粒錠剤細粒錠剤錠剤(糖衣錠)錠剤(糖衣錠)錠剤錠剤(糖衣錠)錠剤
服用対象年齢8歳以上5歳以上5歳以上3歳以上15歳以上15歳以上80歳未満15歳以上15歳以上15歳以上、80歳未満15歳以上
商品リンク

市販の胃薬の売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、市販の胃薬のAmazon・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

まとめ

いかがでしたか?ドラッグストアで手軽に購入できる市販の胃薬は現代人の強い味方と言えます。常備薬としておすすめのものや持ち歩きしやすいものなどさまざまなタイプがあるので、今回の記事にある選び方やランキングを参考に、自分に合った胃薬を見つけて下さいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す