• ハードディスクケースのおすすめ人気ランキング10選【ケースタイプ・取り付けタイプ】のアイキャッチ画像1枚目
  • ハードディスクケースのおすすめ人気ランキング10選【ケースタイプ・取り付けタイプ】のアイキャッチ画像2枚目
  • ハードディスクケースのおすすめ人気ランキング10選【ケースタイプ・取り付けタイプ】のアイキャッチ画像3枚目
  • ハードディスクケースのおすすめ人気ランキング10選【ケースタイプ・取り付けタイプ】のアイキャッチ画像4枚目
  • ハードディスクケースのおすすめ人気ランキング10選【ケースタイプ・取り付けタイプ】のアイキャッチ画像5枚目

ハードディスクケースのおすすめ人気ランキング10選【ケースタイプ・取り付けタイプ】

パソコンに内蔵されているHDDを収納し、外付けストレージとして利用できる「ハードディスクケース」。使わなくなったパソコンのHDDを有効活用したり、大容量のHDDを複数搭載してサーバー化したりできる便利なアイテムです。しかし、ケースタイプ・取り付けタイプなど種類も豊富。サイズも3.5・2.5・1.8インチがあり、複数搭載可能なものから、持ち運びに便利なものまでさまざまで、どれを選べば良いか迷ってしまいますよね。

そこで今回は、ハードディスクケースを選ぶときのポイントをピックアップ!さらに、おすすめの人気商品をランキング形式で紹介していきます。ぜひ、自分にぴったりのハードディスクケースを手に入れて、HDDを有効活用していきましょう。
  • 最終更新日:2020年01月20日
  • 19,043  views
目次

ハードディスクケースの選び方

では、さっそくハードディスクケースの選び方について見ていきましょう。

利用したいHDDが搭載できるものを選ぼう

ハードディスクケースに入れるHDDも種類が多いため、まずは利用したいHDDが搭載できるサイズ・コネクタの種類を確認することが重要です。

大容量HDDには3.5インチ、小型HDDには2.5インチを

大容量HDDには3.5インチ、小型HDDには2.5インチを

出典:amazon.co.jp

デスクトップに利用している大容量HDDは3.5インチ対応の商品、ノートパソコンやゲーム機に搭載されている小型HDDは2.5インチ対応のハードディスクケースを選びましょう。大きいケースなら小さいHDDを搭載できる可能性もありますが、2.5インチ用ハードディスクケースに3.5インチHDDは入りません。

購入後に後悔することのないよう、HDDインチは必ずチェックすることが重要。両方利用したいのであれば、3.5インチと2.5インチ両方に対応している商品を検討しましょう。

接続コネクタはSATAが主流。古いHDDにはIDE対応品を

接続コネクタはSATAが主流。古いHDDにはIDE対応品を
2006年よりも前に利用していたHDDを利用したい人は「IDE」コネクタ対応の商品を。2006年以降に販売されたHDDは、「SATA」コネクタ対応の商品を選択しましょう。それぞれ接続コネクタの形状が異なるため、対応しているハードディスクケースでしか利用できません。

現在主流となって販売されている商品は、SATA対応商品です。もし古いHDDを搭載したいという人は、数が少ないですがIDEとSATA両方に対応しているハードディスクケースも販売されていますので検討してみるといいでしょう。

利用用途に合わせてケースタイプを選択しよう

利用用途に合わせてケースタイプを選択しよう

出典:amazon.co.jp

メインの利用用途が外部ストレージならケースタイプ、HDD同士のデータ転送も考えているなら取り付けタイプを選びましょう。ケースタイプの商品はHDDを完全に中に収納できるため、安心して外部ストレージとして使用することができます。ただし、複数搭載できるタイプでもパソコンを利用しなければデータのやりとりができません。

一方、取り付けタイプの製品はHDDがむき出しになっていますが、HDDを搭載するだけでパソコンを利用せずにデータのやり取りをすることができ、バックアップの作成も簡単です。それぞれのメリット・デメリットを把握したうえで、利用用途に合った商品を選択しましょう。

頻繁にデータ転送するならUSB3.0対応を目安に

頻繁にデータ転送するならUSB3.0対応を目安に

出典:amazon.co.jp

ハードディスクケースをデータの保存用ストレージとして頻繁に利用する人は、データ転送速度の速い「USB3.0」対応の商品を選びましょう。テレビ録画用に利用する場合は、録画対応さえしていれば特にこだわる必要はありませんが、パソコンに接続して大容量のデータの読み書きを頻繁に行うならこだわっておきたいポイントです。

USB2.0に比べて、USB3.0はスペック上では約10倍の差があります。実質、HDDや接続ポートなどの影響もありそこまでの速度は出ませんが、USB2.0より快適に利用できるのは確実。写真データや動画データを大量保存したい人や、会社で利用している人はデータの読み書きを頻繁に行うはずですので、転送速度もチェックしておきましょう。

外出先でも利用するならUSBバスパワータイプを

外出先でも利用するならUSBバスパワータイプを
室内だけでなく外出先でもハードディスクケースを利用する人は、USBから給電できるUSBバスパワー対応の商品を選びましょう。大容量で大型の3.5インチ対応商品の場合、基本的にACアダプターを接続してコンセントから給電する商品がほとんどですが、2.5インチ対応商品ならUSB給電のものが多く販売されています。

ACアダプターいらずで、パソコンのUSBポートに接続すれば利用できる商品ですので、パソコン周りをスッキリさせておきたい人にもおすすめです。

搭載できる最大HDD容量をチェック

搭載できる最大HDD容量をチェック

出典:amazon.co.jp

利用したいHDDの容量に対応したハードディスクケースを選択しましょう。HDDといっても容量には500GBから10TBまでかなり差があります。非対応の場合、全ての容量を使えない場合や認識すらしてくれないこともあるため、注意が必要。

単体の商品はもちろん、複数のHDDを搭載できる商品も、1つ1つの最大容量が制限されていることがあります。利用したいHDD容量に対応しているか、必ずチェックしておきましょう

HDD複数搭載タイプなら「RAID機能」対応商品を

HDD複数搭載タイプなら「RAID機能」対応商品を

出典:amazon.co.jp

ハードディスクケースに複数のHDDを搭載できる商品を選ぶなら、データを安全に守ることができ、バックアップにも適した「RAID」機能対応商品がおすすめ。RAID機能とは、データを別々のHDDにバックアップとして保存したり、結合したりとモードを選択できる商品のことです。

RAIDモードとミラーリングモードが搭載されている商品なら、1つのデータを複数のドライブに保存できるので、1つのHDDが壊れても復元可能。特に会社で使用しているパソコンは、大切なデータを保存していますので、万が一のためにRAID機能搭載型を検討してみることをおすすめします。

ハードディスクケースの人気ランキング10選

では、ここまで見てきたハードディスクケースの選び方を踏まえて実際に販売されている商品ランキングを見ていきましょう。
10位

玄人志向3.5インチHDDケース

GW3.5IDE+SATA/U3P/SV

2,688円

対応インチ3.5インチ
接続コネクタSATA・IDA
タイプケースタイプ
インターフェイスUSB3.0・USB2.0
電源タイプACアダプター
最大容量
RAID機能
9位
対応インチ3.5インチ
接続コネクタSATA
タイプケースタイプ
インターフェイスUSB3.0・USB2.0
電源タイプACアダプター
最大容量2TB×2
RAID機能
8位
対応インチ2.5・3.5インチ
接続コネクタSATA
タイプ取り付けタイプ
インターフェイスUSB3.0・USB2.0
電源タイプACアダプター
再大容量12TB×2
RAID機能
7位
対応インチ3.5インチ
接続コネクタSATA
タイプケースタイプ
インターフェイスUSB3.0・USB2.0
電源タイプACアダプター
最大容量4TB×2
RAID機能
6位
対応インチ3.5インチ
接続コネクタSATA
タイプケースタイプ
インターフェイスUSB3.0・USB2.0・eSATA
電源タイプACアダプター
最大容量10TB×4
RAID機能
5位

オウルテック2.5インチ HDD/SSD用外付けHDDケース

OWL-EGP25U3V3-BK

1,082円 (税込)

対応インチ2.5インチ
接続コネクタSATA
タイプケースタイプ
インターフェイスUSB3.0・USB2.0
電源タイプUSBバスパワー
最大容量
RAID機能
4位

ロジテック外付けハードディスク HDDケース

LHR-EJU3F

2,496円

対応インチ3.5インチ
接続コネクタSATA
タイプケースタイプ
インターフェイスUSB3.0・USB2.0
電源タイプACアダプター
最大容量8TB
RAID機能
3位
対応インチ2.5・3.5インチ
接続コネクタSATA
ケースタイプ取り付けタイプ
インターフェイスUSB3.0・USB2.0
電源タイプACアダプター
最大容量3TB×2
RAID機能
2位
対応インチ3.5インチ
接続コネクタSATA
タイプケースタイプ
インターフェイスUSB3.0・USB2.0
電源タイプACアダプター
最大容量3TB
RAID機能
1位
対応インチ2.5インチ
接続コネクタSATA
タイプケースタイプ
インターフェイスUSB3.0・USB2.0
電源タイプUSBバスパワー
最大容量6TB
RAID機能

人気ハードディスクケースの比較一覧表

商品画像
1
ハードディスクケース salcar USB3.0 2.5インチ HDD/SSDケース

salcar

2
ハードディスクケース 玄人志向 GW3.5AA-SUP3/MB

玄人志向

3
ハードディスクケース 玄人志向 オリジナルSSD/HDDケース

玄人志向

4
ハードディスクケース ロジテック 外付けハードディスク HDDケース

ロジテック

5
ハードディスクケース オウルテック 2.5インチ HDD/SSD用外付けHDDケース

オウルテック

6
ハードディスクケース ロジテック HDDケース ガチャベイ

ロジテック

7
ハードディスクケース 玄人志向 HDDケース

玄人志向

8
ハードディスクケース 玄人志向 HDDスタンド USB3.0接続

玄人志向

9
ハードディスクケース ラトックシステム RS-EC32-U3RX

ラトックシステム

10
ハードディスクケース 玄人志向 3.5インチHDDケース

玄人志向

商品名

USB3.0 2.5インチ HDD/SSDケース

GW3.5AA-SUP3/MB

オリジナルSSD/HDDケース

外付けハードディスク HDDケース

2.5インチ HDD/SSD用外付けHDDケース

HDDケース ガチャベイ

HDDケース

HDDスタンド USB3.0接続

RS-EC32-U3RX

3.5インチHDDケース

特徴電源も工具も不要で取り付け簡単2.5インチ対応ケース価格コム・Amazonでの評価が高い人気商品ボタン1つでHDDクローンの作製可能冷却ファン搭載で、HDDを長く安全に使用可能USBバスパワー対応の2.5インチHDD用ケース最大容量40TBの高速データ通信対応商品テレビ録画対応機器の多い最大8TB対応のハードディスクケースパソコン無しでHDD同士のデータコピーに対応データを守れるミラーリング機能に対応SATA・IDAどちらにも対応するハードディスクケース
最安値
990
送料要確認
詳細を見る
2,100
送料要確認
詳細を見る
3,936
送料無料
詳細を見る
要確認
1,082
送料無料
詳細を見る
11,319
送料別
詳細を見る
4,398
送料要確認
詳細を見る
5,818
送料無料
詳細を見る
8,765
送料無料
詳細を見る
要確認
対応インチ2.5インチ3.5インチ2.5・3.5インチ3.5インチ2.5インチ3.5インチ3.5インチ2.5・3.5インチ3.5インチ3.5インチ
接続コネクタSATASATASATASATASATASATASATASATASATASATA・IDA
タイプケースタイプケースタイプ取り付けタイプケースタイプケースタイプケースタイプケースタイプ取り付けタイプケースタイプケースタイプ
インターフェイスUSB3.0・USB2.0USB3.0・USB2.0USB3.0・USB2.0USB3.0・USB2.0USB3.0・USB2.0USB3.0・USB2.0・eSATAUSB3.0・USB2.0USB3.0・USB2.0USB3.0・USB2.0USB3.0・USB2.0
電源タイプUSBバスパワーACアダプターACアダプターACアダプターUSBバスパワーACアダプターACアダプターACアダプターACアダプターACアダプター
最大容量6TB3TB3TB×28TB10TB×44TB×212TB×22TB×2
RAID機能
商品リンク

録画容量の増設にはTV録画対応HDDも選択肢に

テレビやレコーダーの録画容量を増設することが目的なら、テレビ録画用HDDの購入も選択肢に入れてみましょう。容量を増設できるだけでなく、より静音性・耐久性に優れた商品を利用することができますよ。ぜひ以下の記事も参考にしてみてくださいね。

ハードディスクケースの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、ハードディスクケースのAmazon・Yahooショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してしてください。

まとめ

今回はハードディスクケースの選び方について大切なポイントをいくつかピックアップし紹介してきましたが、いかがでしたか?ハードディスクケースは、どのHDDでも搭載できるわけではなく、利用したいHDDやケースの利用方法によって選ぶ製品が異ってきます。前もって利用したいHDDや利用用途を考えておけばケース選びも簡単になるでしょう。

この記事のランキングで紹介した商品もどれも良い製品ばかりです。ぜひこの記事で紹介した選び方のポイントを参考にして自分の環境にピッタリのハードディスクケースを手に入れてくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す