1. TOP
  2. >
  3. スポーツ
  4. >
  5. ゴルフ用品
  6. >
  7. 初心者におすすめのパター人気ランキング10選【打ちやすい!】
  • 初心者におすすめのパター人気ランキング10選【打ちやすい!】のアイキャッチ画像1枚目
  • 初心者におすすめのパター人気ランキング10選【打ちやすい!】のアイキャッチ画像2枚目
  • 初心者におすすめのパター人気ランキング10選【打ちやすい!】のアイキャッチ画像3枚目
  • 初心者におすすめのパター人気ランキング10選【打ちやすい!】のアイキャッチ画像4枚目
  • 初心者におすすめのパター人気ランキング10選【打ちやすい!】のアイキャッチ画像5枚目

初心者におすすめのパター人気ランキング10選【打ちやすい!】

ゴルフには欠かせない、ボールを軽く打つための「パター」。初心者でももちろんそろえる必要がありますが、キャロウェイやテーラーメイド、ミズノなどさまざまなメーカーから発売されており、それぞれに独自のテクノロジーが採用されています。そのため、どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。

そこで今回は、初心者の方におすすめできる、やさしく使いやすいパターの選び方や、人気商品のランキングを紹介していきます!上手にパターを選んで、楽しくカップインしちゃいましょう!
  • 最終更新日:2020年04月16日
  • 239,875  views
目次

初心者におすすめのパターの選び方

初心者がパターを選ぶときに注意したいのが、ヘッドの形状、シャフトの長さ、ネックの形状、重量などです。順に見ていきましょう。

ヘッドの形状はピン型かマレット型がおすすめ!

ヘッドの形状は色々ありますが、初心者はピン型もしくはマレット型から使いやすい方を選ぶのがおすすめです。打ち慣れた方が感覚的に使いこなすのに向いたL字型などは、上級者向きで初心者には難しいとされています。順に紹介しますね。

ピン型ならミスが響きにくくブレにくい

上手くターゲットにフェースを当てるのが苦手な方は、ピン型のパターがおすすめです。ピン型のヘッドを持つパターは、面長なのでしっかりとターゲットを捉えることができるのが特徴となっています。

重心距離が適度にあるため、ヘッドをコントロールしやすいメリットもあるので、ストローク中にヘッドを感じながらターゲットを捉えることができますよ。さまざまな打ち方に対応しやすく、またミスショットもカバーしてくれるパターがピン型なので、まさに初心者向けと言えますね。

マレット型はまっすぐ打てて距離が出しやすい

振り子のように機械的に振ってもまっすぐ打てるパターが欲しい方は、マレット型がおすすめです。通称「かまぼこ型」とも呼ばれる大きなヘッドが特徴のパターは、感覚を使わずに機械的に振ってもボールの芯を捉えやすいのが特徴となっています。カップに向かってまっすぐと直線的に打つことができ、さらにヘッドが大きければ距離が出しやすいのも特徴です。


マレットタイプに角が生えたような形や、2ボールタイプと呼ばれる形のものは、マレットタイプをさらに扱いやすくした作りになったものが多いので、こちらも非常に初心者向きですね。

ネックの形状はセンターシャフト以外から選ぼう

クランクネックやベントネックなど、さまざまなネックの形状がありますが、センターシャフトは上級者向けと言われているため、それ以外の形状から打ちやすいものを選びましょう。ヘッドの形との相性もあるので、自分の好みのヘッドを選んだら、その中から打ちやすいものを選ぶといいですよ。

一般的には、クランクネックはピン型に採用されていることが多く、ボールを捕えやすい形状と言われています。また、重心位置が高いので、フェースの上部で打つ方におすすめ。ベントネックもボールを捕らえやすいですが、重心位置が低いことから、フェースの下部で打つ方に合いますよ。

ちなみに、センターシャフトは名前の通り中心にシャフトが刺さっている形状ですが、ブレが出やすく左右どちらにもミスが出てしまうため、初心者向きではないと言われています。

重みのあるパターがブレにくくて〇

安定したパッティングがまだ上手くできない初心者なら、多少重みのあるパターを選ぶ方が、ブレが出にくいのでおすすめです。上達してくると、軽いパターを選んだ方が取り回しがしやすく感覚的に扱えるようになってきますが、初めのうちはオートマチックに打ってまっすぐホールに向かって飛ばすために、少し重いものを選ぶと使いやすいことが多いですよ。

なお、マレット型の方が重量があります。ピン型は軽めのものが多いですが、その中でも500g前後以上であれば、初心者でも取り扱いやすいでしょう。

目の下にボールがくる長さのシャフトのものを選ぶ

目の下にボールがくる長さのシャフトのものを選ぶ

シャフトの長さは、かまえたときに目の真下にボールがくる距離感がちょうどいい長さとなっています。通常は33インチから35インチの間で選んでおり、統計的には34インチを使っている方が多いです。


身長や腕の長さなど、個人差で大きく使い心地が変わるので、なるべく試し打ちして購入するのが望ましいですが、実店舗でお試しができないようなら、同じぐらいの体格の方の口コミをチェックするか、一般的な34インチを使ってみるなどしてみてくださいね。

初心者におすすめのパター人気ランキング10選

それでは、選び方を踏まえた上で、初心者におすすめのパターの人気の商品をランキング形式でご紹介していきます。

なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年4月8日時点)をもとにして順位付けしています。

10位
初心者パター Scotty Cameron(スコッティ キャメロン) スタジオセレクト ニューポート2
出典:amazon.co.jp

Scotty Cameron(スコッティ キャメロン)スタジオセレクト ニューポート2

ヘッドピン型
ネックプランピングネック(クランクネック)
重さ662g
長さ33~35インチ
9位
ヘッドマレット型
ネックスラントネック
重さ545.5g
長さ33インチ、34インチ
8位
初心者パター クリーブランドゴルフ ハンティントンビーチコレクション #1
出典:amazon.co.jp

クリーブランドゴルフハンティントンビーチコレクション #1

8,400円 (税込)

ヘッドピン型
ネッククランクネック
重さ499g
長さ34インチ
7位
ヘッドブレード型
ネックホーゼルネック
重さ
長さ33インチ、34インチ
6位
ヘッドブレード型
ネックロングカーブネック
重さ
長さ33インチ、34インチ
5位
ヘッドピン型
ネッククランクネック
重さ350g
長さ31~36インチ
4位
ヘッドスパイダー型
ネックスラントネック
重さ
長さ31~35インチ
3位
初心者パター キャロウェイ ODYSSEY O-WORKS パター 2018年モデル
出典:amazon.co.jp

キャロウェイODYSSEY O-WORKS パター 2018年モデル

730799425330SP

18,610円 (税込)

ヘッドワイドピン型
ネックスラントネック
重さ998g
長さ32~36インチ
2位
初心者パター タイトリスト スコッティ・キャメロン・パター スペシャルセレクト 2020年モデル 1枚目
出典:amazon.co.jp

タイトリストスコッティ・キャメロン・パター スペシャルセレクト 2020年モデル

739RS

48,400円 (税込)

ヘッド
ネックフレアネック
重さ
長さ33~35インチ
1位
ヘッド
ネックダブルベント
重さ
長さ33インチ

人気初心者向けパターの比較一覧表

商品画像
1
初心者パター オデッセイ STROKE LAB ONE 1枚目

オデッセイ

2
初心者パター タイトリスト スコッティ・キャメロン・パター スペシャルセレクト 2020年モデル 1枚目

タイトリスト

3
初心者パター キャロウェイ ODYSSEY O-WORKS パター 2018年モデル

キャロウェイ

4
初心者パター オデッセイ トリプルトラック TEN 1枚目

オデッセイ

5
初心者パター ピン SIGMA2 Platinum ANSER 1枚目

ピン

6
初心者パター テーラーメイド TP COLLECTION TP Patina SOTO 1枚目

テーラーメイド

7
初心者パター テーラーメイド トラス TB1 パター 1枚目

テーラーメイド

8
初心者パター クリーブランドゴルフ ハンティントンビーチコレクション #1

クリーブランドゴルフ

9
初心者パター テーラーメイド SPIDER X 1枚目

テーラーメイド

10
初心者パター Scotty Cameron(スコッティ キャメロン) スタジオセレクト ニューポート2

Scotty Cameron(スコッティ キャメロン)

商品名

STROKE LAB ONE

スコッティ・キャメロン・パター スペシャルセレクト 2020年モデル

ODYSSEY O-WORKS パター 2018年モデル

トリプルトラック TEN

SIGMA2 Platinum ANSER

TP COLLECTION TP Patina SOTO

トラス TB1 パター

ハンティントンビーチコレクション #1

SPIDER X

スタジオセレクト ニューポート2

特徴カーボンとスチールの複合シャフトで安定したパッティングに伝統的な形状と最新の技術が詰まった一本マイクロヒンジ・インサートがボールを安定トリプルトラックテクノロジーが正確なショットを生む渋野日奈子選手も「勝因はパター」と語る優れもの使えば使うほどヴィンテージ感が出る魅力的なパター独自のネックでミスパットを解消振りやすいクランクネック採用のクラシカルな1本アライメントが取りやすいから、狙ったラインで打ち出せる伝統的な形状に最新の技術が詰まった一本
最安値
15,180
送料無料
詳細を見る
48,400
送料別
詳細を見る
18,610
送料要確認
詳細を見る
23,340
送料無料
詳細を見る
24,600
送料無料
詳細を見る
15,440
送料別
詳細を見る
25,800
送料別
詳細を見る
8,400
送料要確認
詳細を見る
21,780
送料別
詳細を見る
詳細を見る
ヘッドワイドピン型スパイダー型ピン型ブレード型ブレード型ピン型マレット型ピン型
ネックダブルベントフレアネックスラントネックスラントネッククランクネックロングカーブネックホーゼルネッククランクネックスラントネックプランピングネック(クランクネック)
重さ998g350g499g545.5g662g
長さ33インチ33~35インチ32~36インチ31~35インチ31~36インチ33インチ、34インチ33インチ、34インチ34インチ33インチ、34インチ33~35インチ
商品リンク

パターの打ち方のコツは?

パターの打ち方のコツは?
ゴルフのパターの役割は、最後にカップに入れること。初心者にとっては特に緊張する、ホールの締めくくりとも言える瞬間です。そんな重要なパターだからこそ、上手に打つためのコツについても紹介しますね。

まず、初心者が上手にパターを打つコツは、肩から振り子のように打つことです。ドライバーやアイアンのように大きく振り上げる必要がないので、足は肩幅程度に広げて立つようにしましょう。見下ろしたときに、目の真下にボールが来るように立ち、まっすぐとボールが転がるのを想像しながら、ほうきで掃き出すように丁寧に打ち出すのがポイントです。

なお、パターを選ぶときの試し打ちでも、この上手な打ち方を意識しながらすることで、より自分に合ったものが選びやすくなりますよ!ぜひ覚えてみてくださいね。

グローブやシューズも使いやすいものを!

今回は初心者におすすめのパターを紹介しましたが、ゴルフの道具はまだまだたくさんあります。中でもグローブやシューズを使いやすいものにすることで、練習がはかどり、上達もしやすくなりますよ。以下の記事ではゴルフのグローブとシューズをご紹介していますので、パターとあわせてぜひチェックしてみてください!

まとめ

初心者におすすめのパターの記事はいかがでしたか?自分の打ち方がどのようなものかわからなかったり、どのパターが合っているかわからない方は、ゴルフに詳しい方やお店の方に見てもらいながら選べると、さらにいいパターが選べそうですね。


個人差が大きいので、一度も握ったことのない方はなるべく実際に握ってから購入されるのがおすすめです。自分の特徴がわかっている方は、適したパターを選んでみましょう。カップに入れるための大事なパター、しっかりと選んでゴルフを楽しんでくださいね!

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す