うさぎにおすすめのペット保険人気ランキング3選【2018年最新版】

うさぎをお迎えしたら是非入っておきたいのが「ペット保険」。うさぎにかかる治療費は時に高額になることがあるため、思わぬ出費で驚く前にしっかり準備しておくのがおすすめです。病気やケガによる通院や入院・手術に関わる自己負担を軽くしてくれるペット保険ですが、うさぎにぴったりのペット保険にはどんなものがあるのか、今一つ分かりにくいですよね。

そこで今回は、うさぎのペット保険を選ぶ時のポイントを詳しく解説。さらに、うさぎが加入できるペット保険を徹底的に比較し、注目すべき点を詳しくお伝えしていきます。「ペットライフジャパン」「日本アニマル倶楽部」「アニコム損害保険」などのうちどの保険が最もおすすめなのか、早速チェックしてみましょう!
  • 最終更新日:2018年11月08日
  • 20,983  views
目次

うさぎのペット保険の選び方

ここ数年で充実してきたペット保険。補償内容や保険料などプランやグレードによってもさまざまですが、うさぎにとってより良いペット保険を選ぶには、どんなポイントが大切になるのでしょうか。まずは、いくつかのポイントを一緒に見ていきましょう。

加入できる保険は意外と少ない。ピックアップが重要

加入できる保険は意外と少ない。ピックアップが重要
うさぎ向けのペット保険を選ぶうえでは、なによりもまず、うさぎが加入できるかどうかを確認しておくことが大切です。ペット保険にはさまざまなものがありますが、実はうさぎをはじめとした小動物が加入できる保険は意外と少ないのが現状。保険会社によっては保険対象が犬と猫しかない場合も多く、せっかく申し込みをしても断られてしまうケースがあります。

そのため、事前に公式HPなどで詳細をチェックした上で、保険会社が独自に設定しているプランやグレードなどをしっかり比較すると、飼っているうさぎや飼い主さんに合った良い保険が選べますよ。

通院補償に強いプランがある保険がおすすめ

通院補償に強いプランがある保険がおすすめ
うさぎがかかることの多い「毛球症(もうきゅうしょう)」などは、症状の重さによっても変わってきますが、1日あるいは数日の通院で済むことがほとんど。そのため、どちらかと言えば、通院補償に強い保険を選ぶのがおすすめです。

中には入院を必要とする場合もありますが、入院後に経過観察として通院することも多いので、やはり通院補償がしっかりしている保険を選んでおくと安心でしょう。もちろん、大病を患うことも考えられますので、万が一の大きな手術に備えておきたい場合は、手術補償がしっかりしているプランを選ぶのも一つの方法です。

給付金の「窓口精算」ができる保険が◎

給付金の「窓口精算」ができる保険が◎
次にチェックしておきたいのが、給付金の受け取り方法です。やはり、できるだけ面倒な手続きをせずに早く給付を受けたいですよね。そこでおすすめしたいのが、「窓口精算」による受け取り方法です。

ペット保険のほとんどが病院窓口で治療費の全額分を一旦支払い、後日請求書を送付して給付金を受け取る方法が一般的。後で戻ってくるとはいえ、治療にかかった費用を一度は全額支払う必要があるので、かなりの金額を用意しなくてはなりません。さらに、診断書を保管しておいたり、請求書に必要事項を記入したりと何かと面倒なところもあります。

その点、窓口精算なら加入を証明する「保険証」などを病院窓口で提示するだけで給付が受けられるため、病院では自己負担分だけを支払うのみで完了します。わざわざ大金を用意しておく必要がなく、請求書を記入しなくても済むので、とても便利ですよね。ペット保険を選ぶ際には、ぜひ窓口精算ができるかどうかもポイントに入れておきましょう。

新規加入年齢もしっかりチェック!

新規加入年齢もしっかりチェック!
保険会社によってさまざまではありますが、ペット保険の多くは新規加入年齢の制限が設けられています。飼っているうさぎの年齢によって、入れる保険と入れない保険があるので少し注意しましょう。今現在飼っているうさぎの年齢が分からない場合は、動物病院でうさぎの年齢を推定してもらい、入れる保険かどうかを確認して下さい。

また、保険会社によっては高齢のうさぎが加入対象外のこともあるので、うさぎをお迎えしたらできるだけ早い段階で、ペット保険の加入をしておくのがおすすめですよ。

補償割合の高い保険を選ぼう

補償割合の高い保険を選ぼう
「補償割合」とは、かかった治療費に対して補償する金額の割合のことを指します。保険会社のプランやグレードによっても異なるもので、自己負担金額に直接関わってくるものなので注目しておきたいところです。簡単な例を挙げますと、補償の対象となる治療費が20,000円かかった場合で補償割合が50%だとすると、10,000円が保険で賄われ、自己負担金額は10,000円となります。

これが補償割合70%となると、14,000円が保険で賄われ、自己負担金額は6,000円に下がることに。補償の限度額によっても若干変わってきますが、補償割合が100%であれば治療費の全てが保険で賄われることになるので、自己負担金額は実質ゼロとなります。治療費の自己負担分をできるだけ抑えるためにも、補償割合の高い保険を選ぶのがおすすめです。

保険料は負担にならない金額を

保険料は負担にならない金額を
大切なうさぎの命に関わることなので、できるだけのことをしてあげたいと思うもの。とは言え、月々の保険料負担はできれば少ないに越したことはありません。補償金額が上がれば上がるほど、それに比例して保険料も上がっていくため、自分の予算に合った無理のない金額を選ぶのがカギです。

各保険会社とも月々の掛け金を抑えた手軽なプランを用意しているので、自分の予算に合った保険プランがあるペット保険から選びましょう。補償金額が十分とは言えないことがあるかもしれませんが、月々の出費が抑えられるので、その分うさぎの日々のケアやご飯にお金をかけることができるというメリットがあります。

飼い主へのサポートがある保険ならさらに安心

飼い主へのサポートがある保険ならさらに安心
ペット保険は病気やケガに備えるためのものですが、中にはしつけ相談や健康相談など、毎日のお世話で生じる疑問や不安などに気軽に相談できる窓口を設けている保険会社もあります。飼い主を全力でサポートしてくれるので、心強いですよね。

うさぎは我慢強く病気や怪我になっても分かりにくいことがあるため、ちょっとしたことでも相談できるのは高いポイントとなります。ペット保険を選ぶなら、サポート体制が整っているものを選ぶのも一つの方法ですよ。

うさぎにおすすめのペット保険人気ランキング3選

では、選び方で挙げたポイントをふまえたうえで、ここからはおすすめ人気ランキング3選をご紹介します。どのペット保険も魅力的なものばかりですが、徹底比較してランキングしていますので、大切なうさぎのための保険選びにぜひお役立て下さいね♪
3位
ペットライフジャパン ペットライフ健保
出典:pethoken.com

ペットライフジャパンペットライフ健保

通院・入院最高10,000円/日手術最高100,000円/回
給付金受取方法請求書送付保険加入年齢4歳11ヶ月まで
補償割合55%・70%(プラン別)保険料月額1,900円~
2位

日本アニマル倶楽部プリズムコール

通院・入院通院最高5,000円・入院最高10,000円/日手術最高150,000円/回
給付金受取方法請求書送付保険加入年齢満11歳未満
補償割合100%保険料月額1,910円~
1位

アニコム損害保険どうぶつ健保ふぁみりぃ

通院・入院70%プラン:最高14,000円/日手術70%プラン:最高140,000円/回
給付金受取方法病院窓口で精算新規加入年齢3歳11ヶ月まで
補償割合50%・70%(プラン別)保険料月額2,460円~

うさぎにおすすめのペット保険比較一覧表

商品画像商品名特徴通院・入院手術給付金受取方法新規加入年齢補償割合保険料商品リンク
1
アニコム損害保険 どうぶつ健保ふぁみりぃ

アニコム損害保険

どうぶつ健保ふぁみりぃ

ケガや病気だけでなく飼い主へのサポート体制もバッチリ!70%プラン:最高14,000円/日70%プラン:最高140,000円/回病院窓口で精算3歳11ヶ月まで50%・70%(プラン別)月額2,460円~詳細を見る
2
日本アニマル倶楽部 プリズムコール

日本アニマル倶楽部

プリズムコール

補償割合100%で手厚くサポート通院最高5,000円・入院最高10,000円/日最高150,000円/回請求書送付満11歳未満100%月額1,910円~詳細を見る
3
ペットライフジャパン ペットライフ健保

ペットライフジャパン

ペットライフ健保

4つのプランと一律の給付金が魅力最高10,000円/日最高100,000円/回請求書送付4歳11ヶ月まで55%・70%(プラン別)月額1,900円~詳細を見る

大切なうさぎを病気にさせないためには

大切なうさぎを病気にさせないためには
いざというときのためのペット保険はとても強い味方ですが、大切なうさぎを病気にさせないことも大切です。うさぎはデリケートな生き物なので、ちょっとしたことでもストレスを感じやすく、体長を崩してしまうことがあるので注意しましょう。うさぎの健康を守るには、以下のポイントが大切です。

・乾いた牧草を食べさせる
・飼育環境を清潔に保つ
・適切な温度(20〜28℃)と湿度(40〜60%)を保つ
・適切なスペースのケージで飼い、常に風通しをよくしておく
・適度な運動をさせる

また、うさぎに負担のかからない範囲でスキンシップを取るようにし、微妙な体調の変化に気付けるようにしておきましょう。何かいつもと違うな、と感じたらすぐに受診するように心がけて下さいね。

ペレットで健康管理を!

うさぎの健康を保つためには栄養管理も大切です。ライフステージにあったペレットを与えて、必要な栄養素を補っていきましょう。ぜひ以下の記事もあわせてチェックしてみてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?うさぎをお迎えすると同時に考えておきたいペット保険。万が一の病気やケガに備えるためにも、ペット保険を上手に選んで、うさぎとの生活を安心して送れるよう準備しておいて下さいね♪

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す