FPが注目!医療保険のおすすめ7選

ファイナンシャルプランナー根本 寛朗

Neemo Investment合同会社代表。実務経験のある独立系FPとして、個別相談を中心に活動中。クライアントの資産形成や資産運用、保険の見直し、相続など、家計に関わる幅広い相談に対応し...

テレビCMや広告でよく目にする医療保険。誰にでも起こり得る突然のケガや病に備えたいというお悩みは、私のもとにも多く寄せられます。

「どう違うのか」「自分にはどれが最適なのか」と迷われている方から、「医療保険って本当に必要なの?」と思われている方まで、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

正直、現在の日本の社会保険制度であれば、高額療養費の制度があったり、会社の福利厚生によって医療費の自己負担額が大幅に抑えられたりとメリットを感じにくい保険ではあります。私自身も医療保険ではなく、貯蓄をすすめるケースが多いです。

それでも、「お守り代わりに…」と万が一のために備えたい方も多いので、今回は私が注目している医療保険についてご紹介していきたいと思います。

  • 最終更新日:2018年11月08日
  • 937  views
目次

根本 寛朗のマイベスト

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険新・健康のお守り

オリックス生命保険医療保険 新CURE[キュア]

東京海上日動あんしん生命メディカルKit R

メットライフ生命保険 終身医療保険 FlexiS 1枚目
出典:metlife.co.jp

メットライフ生命保険終身医療保険 FlexiS

マニュライフ生命保険こだわり医療保険 with PRIDE

全労済 こくみん共済 子どもの総合保障 キッズタイプ 1枚目
出典:zenrosai.coop

全労済こくみん共済 子どもの総合保障 キッズタイプ

アフラック生命保険 ケガの特約 1枚目
出典:aflac.co.jp

アフラック生命保険ケガの特約

根本 寛朗のマイベストまとめ

今回はメリットや対象別に、注目している医療保険を7つご紹介しました。

ただ、冒頭でもお伝えしたとおり、現在の日本は高額療養費制度や医療費助成制度など、国や自治体の社会保障制度が充実しています。「月々の保険料を支払うよりも、貯蓄の方がいざというときの備えになっていた…」という事態を避けるためにも、まずはお住まいの自治体で設けられている制度をしっかり把握することから始めましょう!

関連記事

人気のアイテムリスト

人気のクリエイター

人気の記事

カテゴリから探す