• 豆乳メーカーのおすすめ人気ランキング7選【ツインバード・山善など】のアイキャッチ画像1枚目
  • 豆乳メーカーのおすすめ人気ランキング7選【ツインバード・山善など】のアイキャッチ画像2枚目
  • 豆乳メーカーのおすすめ人気ランキング7選【ツインバード・山善など】のアイキャッチ画像3枚目
  • 豆乳メーカーのおすすめ人気ランキング7選【ツインバード・山善など】のアイキャッチ画像4枚目
  • 豆乳メーカーのおすすめ人気ランキング7選【ツインバード・山善など】のアイキャッチ画像5枚目

豆乳メーカーのおすすめ人気ランキング7選【ツインバード・山善など】

美容や健康にいいイソフラボンやオリゴ糖が豊富に含まれている豆乳。毎日の習慣として取り入れている人も多いのではないでしょうか?そんな豆乳も、「豆乳メーカー」があれば家庭で手軽に作ることができますよ。手作りなので栄養素が高く、大豆を絞った際に出るおからも活用することができるので、豆乳好きの人にはもちろん、健康志向の人にもぴったりのグッズです。

そこで、今回はおすすめの豆乳メーカーをランキング形式でご紹介します。ツインバードや山善などのメーカーからさまざまな商品が登場していますよ。あなたのライフスタイルに合った、お気に入りの豆乳メーカーを見つけてみてくださいね!
  • 最終更新日:2018年11月08日
  • 4,392  views
目次

豆乳メーカーの選び方

まずは、豆乳メーカーの選び方についてご紹介します。使用頻度や重視したい機能に着目してチェックしてみてくださいね。

手動か自動かを選ぶ

まずは、豆乳メーカーのタイプに注目してみましょう。豆乳メーカーには大きくわけて「手動」と「自動」の2種類があります。使いやすさや収納のしやすさ、豆乳が完成するまでの時間などに注目しながら選んでみてくださいね。

少量作れるものをお手頃価格でゲットするなら「手動タイプ」

少量作れるものをお手頃価格でゲットするなら「手動タイプ」

出典:amazon.co.jp

自分が飲む分だけを作りたいという人や安く購入したいという人には、「手動タイプ」がおすすめです。コップのような形状になっており、上部についたハンドルを回し、大豆を砕いたり圧迫したりして作ります。コップとあまり変わらない大きさなので収納しやすく、使いたいときに取り出せるところも嬉しいポイントです。

一方で、自動タイプと比べると、豆乳が完成するまでに時間がかかってしまうところがデメリット。また、水に浸して柔らかくなった大豆しか使用できないので、下準備にも時間がかかります。自動タイプよりも格段にお値打ち価格ではありますが、自分でしなければならない作業が多いので毎日使用したい人には向いていません。

毎日飲むなら、短時間でスピーディーに作れる「自動タイプ」

毎日飲むなら、短時間でスピーディーに作れる「自動タイプ」

出典:amazon.co.jp

健康や美容のために、毎日出来たての豆乳を飲みたいという人には「自動タイプ」がおすすめです。材料を入れてボタンを押すだけで粉砕や加熱処理を行うことができ、15分から30分程度で完成します。中には乾燥大豆をそのまま使用できる商品もあり、手軽に楽しむことが可能です。

ただし、電化製品なので置き場所や電源などを確保する必要があります。また、お手入れ用のブラシなどがついている商品もありますが、内部が洗いにくい商品はお手入れが少々面倒に感じるかもしれません。

作りたい豆乳の量に合う大きさのもの選ぶ

作りたい豆乳の量に合う大きさのもの選ぶ
豆乳メーカーには、いろいろな大きさの商品があり、1度に作ることができる豆乳の量が異なります。自分の使い方に合うものを選びましょう。

一人分の豆乳を作りたい場合には、手動タイプや0.5L前後の商品がおすすめ。一方、料理やスイーツ作りでも豆乳を使用したい場合や家族全員分の豆乳を作りたい場合には、大容量タイプが向いています。容量が大きいほど保管場所を取ることにもなるので、キッチンのスペースも考えて選んでみてくださいね。

挿入口の形状もチェック!

挿入口の形状もチェック!

出典:amazon.co.jp

豆乳メーカーを使用するときに材料を入れる挿入口の大きさは、使いやすさを左右するポイントです。上部を開口できるタイプの商品は材料を入れやすく、隅々まで洗いやすいところが特徴。注ぎ口がついているタイプの商品を選べば、豆乳を注ぐときにこぼれる心配もありません。一方、大豆が入る程度の小さな口のタイプは、使用後にお手入れがしにくいというデメリットがあります。購入するときは、挿入口の大きさも確認しておきましょう。

豆乳以外のレシピを作ることができる商品も

豆乳以外のレシピを作ることができる商品も
豆乳メーカーの中には、豆乳以外の料理も作ることができるように「スープ」や「おかゆ」などのレシピに対応している商品があります。豆乳以外のレシピも楽しみたい人や豆乳メーカーをもっと活用したい人は、このような商品を選ぶのがおすすめですよ。ボタンを押したり内部のフィルターを変更したりするだけで調理方法を変更することができ、料理のレパートリーも増えます。とても便利なので、このような機能にもぜひ注目してみてくださいね。

豆乳メーカーのおすすめ人気ランキング7選

ここからは、おすすめの豆乳メーカーをランキング形式でご紹介します。さまざまなシーンで活用できる商品を厳選したので、ぜひ気になる商品を見つけてみてくださいね。

7位:HJ 豆乳メーカー

HJ 豆乳メーカー
出典:amazon.co.jp
HJ 豆乳メーカー

1,000円 (税込)

詳細情報
・タイプ:手動
・1度に作れる容量:-
・サイズ: 横11cm×高さ19cm×奥ゆき11cm

1人分の飲み切りサイズを手作りできる!

1人分の飲み切りサイズの豆乳が作りたい人に向いている商品です。手作りの豆乳ならではの、栄養満点の豆乳を手軽に作れるところが特徴。ユニットの中に大豆をセットし、時間をかけて作ります。電化製品に比べるとどうしても時間がかかってしまうところがデメリットですが、少量の豆乳を自分の飲みたいときに作りたい人にとっては使いやすいですよ。

6位:和平フレイズ イソフラボン豆乳メーカー

和平フレイズ イソフラボン豆乳メーカー
出典:amazon.co.jp
和平フレイズ イソフラボン豆乳メーカー

1,500円 (税込)

詳細情報
・タイプ:手動
・1度に作れる容量:-
・サイズ: 横12.5cm×高さ25cm×奥ゆき9.5cm

2000円以下で購入できる!手間暇かけて豆乳作りを楽しみたい人に

2000円以下で購入できる低コストの商品がこちらです。まずは、手動で豆を砕くところからスタート。時間をかけて豆乳作りを楽しむことができます。機械ではないため、アレンジを加えたり微調整をしたりしやすいところもポイント。

一方で、全過程を自分で行うため自分がかかってしまうところがデメリットです。頻繫に豆乳作りをしたい人は、ちょっと面倒に感じてしまうかもしれません。

5位:山善 豆乳器メーカー

山善 豆乳器メーカー
出典:amazon.co.jp
山善 豆乳器メーカー

3,980円 (税込)

詳細情報
・タイプ:自動
・1度に作れる容量:-
・サイズ:横23.5cm×高さ28.5cm×奥ゆき17.8cm

15分で豆乳が完成!コンパクトで扱いやすいところも◎

シンプルな機能で、出来たての豆乳を毎日作りたいという人におすすめの商品です。乾燥豆・水含豆かを選択し、スタートボタンを押すだけで準備完了!ヒーターが自動で攪拌と抽出を繰り返すため、短時間でもコクのある豆乳に仕上がりますよ。

余分な機能がなくコンパクトなので、豆乳作りを毎日の習慣にしたい人にも向いています。ただし、大豆を投入する口が小さく、お手入れがしにくいという声も。使い終わったらすぐに洗うことがポイントです。

4位:ツインバード 豆乳&スープメーカー

ツインバード 豆乳&スープメーカー
出典:amazon.co.jp
ツインバード 豆乳&スープメーカー

24,800円 (税込)

詳細情報
・タイプ:自動
・1度に作れる容量:0.5L
・サイズ:横28cm×高さ37.5cm×奥ゆき18cm

濃度約10%の濃厚な豆乳を作ることができる!

栄養価の高い濃厚な豆乳を手軽に作ることができる商品です。水で戻した大豆を投入口から入れて、スタートボタンを押すだけ。30分後には出来たての豆乳を味わうことができますよ。また、こちらの商品は豆乳の他にも、なめらかスープと食べるスープボタンがあり、冷蔵庫で余った食材を有効に活用できるところも魅力的。

さらに、お手入れがしやすく使用後は食器洗浄機で洗うこともできますよ。デパートなどではなかなか売っていない濃厚な豆乳を楽しみたい人におすすめです。

3位:APIX 豆乳&スープメーカー

APIX 豆乳&スープメーカー
出典:amazon.co.jp
APIX 豆乳&スープメーカー

6,000円 (税込)

詳細情報
・タイプ:自動
・1度に作れる容量:0.8L
・サイズ:横16cm×高さ2327.5cm×奥ゆき23cm

加熱と粉砕を繰り返すことで短時間での調理を可能に!

ポットのような形がキュートで、デザイン性の高い商品を探している人にも人気の商品です。加熱と粉砕を繰り返す自動運転により、他の商品よりも短時間で出来たての豆乳が完成!さらに、乾燥したままの大豆を使用することが出来るので、時間をかけないでパパっと豆乳作りに挑戦したい人にも向いています。

また、付属品のフィルターを取り替えることで、スープなどの料理にも活用可能です。電子ボタンなどはありませんが、10000円以下で購入でき、充分に活用することができますよ。

2位:YAMAMOTO クックマスター

YAMAMOTO クックマスター
出典:amazon.co.jp
YAMAMOTO クックマスター

19,600円 (税込)

詳細情報
・タイプ:自動
・1度に作れる容量:0.8L
・サイズ:横25.2cm×高さ30cm×奥ゆき21.4cm

独自特許を取得したモーターを採用!静音で気付かないうちに完成

自動車のモーターなどに使用している独自の特許技術を採用した、薄型高性能モーターが搭載されているところが特徴。とても静かでモーター音を気にすることなく、使用することができます。また、豆乳はもちろんのこと、ソース・ポタージュ・煮物の4タイプをボタン一つで選択できるところも魅力的。

大豆や具材の投入口はとても広いため扱いやすく、使用後は分解をして簡単にお手入れができるようになっています。一度で0.8Lも作ることができるので、豆乳を使った料理やスープを作りたいときにもおすすめですよ。

1位:福農産業 小さな豆乳工場

福農産業 小さな豆乳工場
出典:amazon.co.jp
福農産業 小さな豆乳工場

13,800円 (税込)

詳細情報
・タイプ:自動
・1度に作れる容量:0.4L~0.6L
・サイズ:横13.5cm×高さ16cm

「豆乳」モードと「スピード豆乳」モードの2種類から選択可能!

豆乳を飲む習慣がある人におすすめの商品がこちらです。水に浸して柔らかくした大豆を使用する「豆乳」モードと乾燥している大豆をそのまま使用できる「スピード豆乳」モードの2種類があり、大豆の状態に合わせた調理方法を選択できるところが特徴。

また、フィルターなどを使用していないシンプルな構造となっており、「らくらく洗浄」モードもついているので、お手入れがとても楽ですよ。さらに、こちらの商品も豆乳以外にスープやジャム、おもゆを作ることができるので幅広い料理に応用できます。

豆乳以外にも色々楽しめる!

豆乳メーカーでは、豆乳だけでなく他のレシピを楽しむこともできます。ぜひ、チャレンジしてみてくださいね♪

クッキーやハンバーグに!「おから」を活用

クッキーやハンバーグに!「おから」を活用
豆乳を絞ったときにできる「おから」は、スイーツや料理に活用することができます。癖のない味わいなので、おからクッキーやおからハンバーグなど、幅広いレシピに使えますよ。また、おからは栄養価が高く、タンパク質や食物繊維、葉酸を豊富に含んでいます。ぜひ、豆乳を作ったときには、おからも活用してみましょう。

ちなみに、おからクッキーを作るときには、ホットケーキミックスを使うのがおすすめです。下記のリンクでは、クッキー作りに適したホットケーキミックスをご紹介していますので、こちらも併せて見てみてくださいね。

「にがり」を混ぜればおぼろ豆腐に!

「にがり」を混ぜればおぼろ豆腐に!
自動タイプの豆乳メーカーで出来上がった豆乳は温かくなっています。温かい状態の豆乳に「にがり」を加えて混ぜ10分程度放置すると、分離をした状態に。出来上がった豆腐をすくったら、おぼろ豆腐の完成です。とても簡単に自家製の豆腐を味わうことができるので、おすすめですよ。シンプルに醤油とおろししょうがで食べたり、とろろ昆布などをのせてアレンジしたりするのもいいですね。

なお、下記のリンクではおすすめの醤油をご紹介しています。醤油にもこだわりたい!という方は、こちらもぜひチェックしてみてくださいね。

まとめ

今回は、おすすめの豆乳メーカーをランキング形式でご紹介しました。豆乳メーカーは、手作りのフレッシュな豆乳を短時間で作ることができ、気軽に楽しめるところが大きな魅力です。使い方や使用頻度合わせて、使いやすい商品を選んでみてくださいね!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す