1. TOP
  2. >
  3. 保険
  4. >
  5. 傷害保険
  6. >
  7. 傷害保険のおすすめ人気ランキング10選【2020年最新版】
  • 傷害保険のおすすめ人気ランキング10選【2020年最新版】のアイキャッチ画像1枚目
  • 傷害保険のおすすめ人気ランキング10選【2020年最新版】のアイキャッチ画像2枚目
  • 傷害保険のおすすめ人気ランキング10選【2020年最新版】のアイキャッチ画像3枚目
  • 傷害保険のおすすめ人気ランキング10選【2020年最新版】のアイキャッチ画像4枚目
  • 傷害保険のおすすめ人気ランキング10選【2020年最新版】のアイキャッチ画像5枚目

傷害保険のおすすめ人気ランキング10選【2020年最新版】

不慮の事故やケガなど様々な状況で治療を受ける場合、その費用を補償してくれる保険が「傷害保険」。保険金額はもちろん、選択できる補償内容も多く、また医療保険との違いも分かりにくくいので、選び方がなかなか難しい保険でもあります。


そこで今回は、傷害保険の選び方と、おすすめの人気傷害保険を紹介していきたいと思います。ぜひこれを参考にして、自分に合った傷害保険を見つけて、安心を手に入れてくださいね!

  • 最終更新日:2020年04月06日
  • 127,475  views
目次

傷害保険とは?

傷害保険に加入しても、決して全てのケガが補償されるわけではありません。補償内容をよく理解して、適切なものを選ぶことが重要です。

傷害保険で補償される内容

傷害保険で補償される内容
傷害保険は事故によるケガなどに備える保険ですが、補償を受ける為に必要な条件が定められています。その条件とは、急激・偶然・外来の3つ。簡単に言うと、傷害保険とは自分の予想できる範囲を超えた事故による傷害に備える保険です。

元々かかえている持病が原因などと言う場合は別ですが、ケガによる通院や入院といった場合なら保険金を受け取ることができます。例えば、歩いていて階段から落ちたり、交通事故に巻き込まれたりした場合は補償範囲ですが、ハングライダーなどの危険なスポーツやケンカが原因でケガをした場合は補償されません。

しかし保険会社によっては、特約を付けることで基本補償に含まれていない項目でも補償範囲を広げることができ、地震や津波による被害でも補償を受けられる保険もあります。どんな補償内容があるのかは保険会社によって異なりますので、加入前によく確認しておくといいでしょう。

また、国内外でのケガや個人賠償、携行品の補償など特約を付加できる保険も多くありますので、自分のライフスタイルに合わせて補償内容を設計していくこともできます。

傷害保険の種類は4種類

傷害保険の種類は4種類
傷害保険の種類は大きく分けると、普通傷害保険・家族傷害保険・交通傷害保険・積立傷害保険の4種類です。それぞれ補償される対象者や補償内容、保険料の支払いにも違いがありますので知っておくと保険選びに役立つでしょう。

普通傷害保険は、基本的に個人が入る傷害保険のことで、日常生活によるさまざまなケガ、例えば階段から落ちたり、料理で火傷をしたりした時の入院や通院、手術費用や死亡した時の補償が受けられます。また、国内・海外旅行保険も、オプションが多い期間限定の傷害保険だと考えておくとよいでしょう。

家族傷害保険は、補償適用範囲を家族に広げた保険の種類。交通傷害保険は、補償内容が交通事故や外での災害に巻き込まれた時に限定された保険になります。


さらに、積立傷害保険は、保険料を貯蓄するように積み立てていき、満期になると満期返戻金を受け取れる保険のこと。3年や5年で満期返戻金50万円受け取れるようなプラン等があります。

医療保険とはどこが違う?

医療保険とはどこが違う?
入院や通院に関係する保険としては、今回取り上げる傷害保険以外に、ガン保険・医療保険があります。ガン保険はガンに特化した保険ですので分かりやすいですが、医療保険と傷害保険は似ていて少し分かりにくい面もあります。違いをよく理解しておきましょう。

医療保険は、病気やケガで入院したり手術したりすることになった場合の治療費などを補償してくれる保険です。病気になって入院や通院をした時の費用に関係する補償ですので、加入するには診査を通過する必要があります。そのため自分の健康状態によっては加入することができません。

一方の傷害保険は、病気が原因の入院や通院は対象にはならず、事故によるケガでの入院や通院、死亡などに対して保険金が支払われる保険です。それ以外の要因の病気などに関しては補償されませんので注意しましょう。ただし、医療保険のように診査がありませんので自分の健康状態に関係なく加入できるといった特徴もあります。

それぞれの補償内容には似ている部分もありますが、どちらかだけ加入しておけばいいといった補償ではありませんので、もしもの時に備えて両方加入しておくと安心でしょう。

傷害保険の選び方

傷害保険は自分や家族にケガなど、もしもの事があった時に備えるための保険です。全ての補償をつけるのではなく自分に合った補償内容を選んでいけばコストを抑えながら充実した補償を受けられるでしょう。

誰が補償を受けるのかを決める

誰が補償を受けるのかを決める
傷害保険の補償内容は事故によるケガなどに備えるものですが、全ての人が同じ生活パターンで動いているわけでもありません。仕事も違えば年齢も違うので、それぞれの生活パターンで発生する可能性があるリスクに合わせていくことが重要です。

例えば、自分の職業が比較的ケガをする可能性の高い仕事ならより手厚い補償が必要。大きなケガをしてしまい長期間仕事を休む場合は、通常「傷病手当金」を受け取る事ができますが、支給金額は収入の3分の2になるため、足りない部分を保険で補えるようにしておくと安心です。

また、子どもの場合なら通学で自転車に乗っていて事故に合う可能性もあります。さらに、自転車で誰かにぶつかり加害者になってしまう可能性もありますので「個人賠償責任保険」を付帯できる保険商品を選んでおくと安心です。


個人型保険にするのか家族型保険にするのか、または別々の保険に加入するのかなどは、保険加入を検討する前に決めておきましょう。それぞれの生活スタイルに合わせて起こりうる事故を考えておき、そのリスクを減らせる補償を選んでいくことをおすすめします。

補償金額や内容を選択できる保険会社がおすすめ

補償金額や内容を選択できる保険会社がおすすめ
傷害保険の補償も保険会社によって様々なものがあり、最初から決まったプランの中から選ぶものや、フリープランで自分で必要な補償を自由に設計して選べるような保険会社もあります。

一定の補償が受けられればいいといった人は、決まったおすすめプランが設定されている保険会社が簡単ですが、金額や補償内容を自分で決めていきたいならフリープランが導入されている保険会社を選ぶのもおすすめです。フリープランなら自分に必要な補償内容を考えて好きなものを組み合わせる事もできますし、補償内容を最低限にしてコストを抑える事も可能です。

補償されている金額も保険会社によって違いますので、補償金額を選べる保険会社にしておくと選択肢が広がります。例えば、通院補償はそこまで必要ないけど、入院補償は手厚くしたいなどを選べるといいですね。

必要な特約を考えて保険を選ぼう

必要な特約を考えて保険を選ぼう
傷害保険の特約の数は、各保険会社によって違い種類もたくさんあります。加入しようとしている保険会社に自分にあった特約があるか確認しておくのも大切なこと。上記でも少し触れていますが、「個人賠償責任保険」が特約として設定できる傷害保険はとくにおすすめします。

個人賠償責任保険は、偶然の事故で他人にケガをさせたり他人の財物を壊したりして、法律上の賠償責任が生じた時に、損害賠償金や訴訟費用などを補償してもらえる保険です。例えば、自分の犬が誰かを噛んでケガをさせたり、買い物中にお店に置いてある商品を壊してしまったたりした場合に補償されます。国内だけではなく国外でも対象になる保険もあり、とても便利です。

また、多くの傷害保険は基本補償に災害時のケガが含まれていません。地震や津波が原因で起きた事故は何もしなければ対象外ですが、これも特約で補償しておくことが可能です。ただし、自動車保険などにも同じ補償が含まれている可能性がありますので、特約をつける前に他の保険の補償内容をよく確認しておくこともおすすめします。

貯蓄もしたいなら積立型傷害保険も

貯蓄もしたいなら積立型傷害保険も
傷害保険は掛け捨て型が多いですが、積立型のものもあります。積立型傷害保険なら、貯金が苦手な方でも、基本的な補償に備えつつ、同時にお金を貯めていく事ができますよ。しかし補償に対するコストは掛け捨て型と比較すると割高になりますので、よく比較検討する必要があるでしょう。

貯金が苦手で、長期間にわたって自然にお金を貯めていきたいなら積立型傷害保険という選択肢もありますが、安い費用で補償内容を十分なものにしたい人は掛け捨て型がおすすめです。

傷害保険のおすすめ人気ランキング10選

ではここからは、実際におすすめの傷害保険を見ていきましょう。今回、傷害保険10商品を対象に、実際の加入者921人に以下3点に関するアンケート調査を行いました


  • 補償内容の満足度
  • 保険料の満足度
  • スタッフ対応の満足度

果たして最も満足度が高いベストな商品はどれなのでしょうか。ぜひ最適な保険に加入する際の参考にしてください!なお、補償内容の満足度は3.7、保険料・スタッフ対応の満足度は3.6が平均値です。


※「入院・通院・死亡に関する補償」「その他特約」については、コースによって設定がない項目があります

10位

au損保ケガの保険 日常の事故

被保険者の契約可能年齢0歳~74歳
保険のタイプ一般向け
入院・通院・死亡に関する補償入院一時金、入院給付金、通院給付金、手術給付金、死亡保険金(コースによって設定がない項目もあり)
個人賠償責任補償の上限金額1億円
示談代行サービス
健康還付金/積立金の有無-
その他の特約後遺障害、熱中症補償、携行品損害補償、救援者費用等補償
補償内容3.4
保険料3.4
スタッフ対応3.5
総合評価3.4
9位
傷害保険 AIG損保 けがの保険(一時払い型) 1枚目
出典:aig.co.jp

AIG損保けがの保険(一時払い型)

被保険者の契約可能年齢満50歳~満98歳
保険のタイプ高齢者向け
入院・通院・死亡に関する補償基本保険金、長期入院一時金、部位・症状別保険金、死亡保険金
個人賠償責任補償の上限金額1億円
示談代行サービス
健康還付金/積立金の有無-
その他の特約重度後遺障害時介護一時金、骨折時生活支援一時金、被害事故補償特約、地震・噴火・津波危険補償、携行品損害補償、ホールインワン・アルバトロス費用補償、ホームヘルパー等費用補償
補償内容3.5
保険料3.5
スタッフ対応3.5
総合評価3.5
8位

au損保ケガの保険 交通事故(スタンダード傷害保険)

被保険者の契約可能年齢0歳~74歳
保険のタイプ一般向け
入院・通院・死亡に関する補償入院一時金、入院給付金、通院給付金、手術給付金、死亡保険金
個人賠償責任補償の上限金額1億円
示談代行サービス
健康還付金/積立金の有無-
その他の特約後遺障害,法律相談費用,弁護士費用等補償
補償内容3.6
保険料3.6
スタッフ対応3.5
総合評価3.6
7位
被保険者の契約可能年齢0歳~70歳
保険のタイプ一般向け
入院・通院・死亡に関する補償入院給付金、通院給付金、手術給付金、死亡保険金
個人賠償責任補償の上限金額1億円
示談代行サービス
健康還付金/積立金の有無-
その他の特約後遺傷害保険金、傷害医療費用保険金、介護保険金、入院一時金支払特約、被害事故補償特約、後遺障害保険金の追加増額支払に関する特約、交通事故傷害危険増額支払に関する特約、入院保険金および手術保険金支払対象期間延長特約(1,000日用)、通院保険金支払対象期間延長特約(1,000日用)、通院保険金支払限度日数短縮特約(30日限度)、
補償内容3.7
保険料3.6
スタッフ対応3.5
総合評価3.7
6位

東京海上日動トータルアシストからだの保険(傷害定額)

被保険者の契約可能年齢0歳~69歳
保険のタイプ一般向け
入院・通院・死亡に関する補償入院給付金、通院給付金、手術給付金、死亡保険金
個人賠償責任補償の上限金額1億円
示談代行サービス
健康還付金/積立金の有無-
その他の特約後遺障害補償、携行品特約、住宅内生活用動産補償、救援者費用等補償
補償内容3.7
保険料3.7
スタッフ対応3.8
総合評価3.7
5位
傷害保険 Chubb損害保険 こども総合保険【こどもプロテクト】 1枚目
出典:chubb.com

Chubb損害保険こども総合保険【こどもプロテクト】

被保険者の契約可能年齢0歳~22歳
保険のタイプ子ども向け
入院・通院・死亡に関する補償入院給付金、通院給付金、手術給付金、死亡保険金
個人賠償責任補償の上限金額3億円
示談代行サービス
健康還付金/積立金の有無-
その他の特約後遺障害,葬祭費用,救援者費用,疾病補償,育英費用補償
補償内容3.8
保険料3.7
スタッフ対応3.5
総合評価3.7
4位

あいおいニッセイ同和損保ケガの保険S

被保険者の契約可能年齢70歳~満89歳(契約始期日時点)
保険のタイプ高齢者向け
入院・通院・死亡に関する補償入院一時金、入院給付金、通院給付金、手術給付金(部位・症状別)、死亡保険金
個人賠償責任補償の上限金額1億円
示談代行サービス
健康還付金/積立金の有無-/〇
その他の特約熱中症危険補償、傷害家事代行費用、疾病家事代行費用、携行品損害補償
補償内容3.7
保険料3.7
スタッフ対応3.8
総合評価3.7
3位
傷害保険 ぜんち共済 ぜんちのこども傷害保険 1枚目
出典:z-kyosai.com

ぜんち共済ぜんちのこども傷害保険

被保険者の契約可能年齢5歳~18歳
保険のタイプ特別支援教育を必要とする子ども向け
入院・通院・死亡に関する補償入院給付金、通院給付金、手術給付金、死亡保険金
個人賠償責任補償の上限金額5億円
示談代行サービス
健康還付金/積立金の有無-
その他の特約法律相談費用、弁護士費用等補償、特定重度障害保険金、権利擁護費用保険金
補償内容3.8
保険料3.7
スタッフ対応3.6
総合評価3.8
2位

あいおいニッセイ同和損保タフ・ケガの保険

被保険者の契約可能年齢0歳~69歳
保険のタイプ一般向け
入院・通院・死亡に関する補償入院一時金、入院給付金日額、通院給付金、手術給付金、死亡保険金
個人賠償責任補償の上限金額1億円
示談代行サービス
健康還付金/積立金の有無-/〇(満期返れい金)
その他の特約後遺傷害、弁護士費用、法律相談費用、携行品損害、受託物賠償責任補償
補償内容3.9
保険料3.7
スタッフ対応3.8
1位

COOP共済ジュニア20コース

被保険者の契約可能年齢0歳~19歳(※20歳満期)
保険のタイプ子ども向け
入院・通院・死亡に関する補償入院一時金、入院給付金、通院給付金、手術給付金、死亡保険金
個人賠償責任補償の上限金額3億円
示談代行サービス〇(個人賠償帰任保険特約を付加した場合)
健康還付金/積立金の有無-
その他の特約後遺障害(病気・事故)、親死亡・親重度障害、扶養者死亡・扶養者事故重度障害補償
補償内容4.1
保険料4.2
スタッフ対応4.1
総合評価4.1

人気傷害保険の比較一覧表

商品画像
1
傷害保険 COOP共済 ジュニア20コース 1枚目

COOP共済

2
傷害保険 あいおいニッセイ同和損保 タフ・ケガの保険 1枚目

あいおいニッセイ同和損保

3
傷害保険 ぜんち共済 ぜんちのこども傷害保険 1枚目

ぜんち共済

4
傷害保険 あいおいニッセイ同和損保 ケガの保険S 1枚目

あいおいニッセイ同和損保

5
傷害保険 Chubb損害保険 こども総合保険【こどもプロテクト】 1枚目

Chubb損害保険

6
傷害保険 東京海上日動 トータルアシストからだの保険(傷害定額) 1枚目

東京海上日動

7
傷害保険 AIG損保 けがの保険 1枚目

AIG損保

8
傷害保険 au損保 ケガの保険 交通事故(スタンダード傷害保険) 1枚目

au損保

9
傷害保険 AIG損保 けがの保険(一時払い型) 1枚目

AIG損保

10
傷害保険 au損保 ケガの保険 日常の事故 1枚目

au損保

商品名

ジュニア20コース

タフ・ケガの保険

ぜんちのこども傷害保険

ケガの保険S

こども総合保険【こどもプロテクト】

トータルアシストからだの保険(傷害定額)

けがの保険

ケガの保険 交通事故(スタンダード傷害保険)

けがの保険(一時払い型)

ケガの保険 日常の事故

特徴ケガをしたときの補償が手厚く、個人賠償責任補償も充実。...ケガの補償は充実しており、プランによっては積立金もあり...損害賠償責任補償を5億円まで設定可能な子ども向け傷害保険高齢者向けならではの特徴を備えた傷害保険。家事代行費用...個人賠償責任補償はまずまず。両親が亡くなったときの補償...個人賠償責任補償はやや少ないが、ユニークな特約あり多彩なバリエーションの特約が魅力の傷害保険基本的な補償は得られるが、個人賠償責任補償がやや物足りないケガをしたときに保険金をまとまった一時金として受け取れる基本的な保障を備えたシンプルな傷害保険。補償内容・保険...
被保険者の契約可能年齢0歳~19歳(※20歳満期)0歳~69歳5歳~18歳70歳~満89歳(契約始期日時点)0歳~22歳0歳~69歳0歳~70歳0歳~74歳満50歳~満98歳0歳~74歳
保険のタイプ子ども向け一般向け特別支援教育を必要とする子ども向け高齢者向け子ども向け一般向け一般向け一般向け高齢者向け一般向け
入院・通院・死亡に関する補償入院一時金、入院給付金、通院給付金、手術給付金、死亡保険金入院一時金、入院給付金日額、通院給付金、手術給付金、死亡保険金入院給付金、通院給付金、手術給付金、死亡保険金入院一時金、入院給付金、通院給付金、手術給付金(部位・症状別)、死亡保険金入院給付金、通院給付金、手術給付金、死亡保険金入院給付金、通院給付金、手術給付金、死亡保険金入院給付金、通院給付金、手術給付金、死亡保険金入院一時金、入院給付金、通院給付金、手術給付金、死亡保険金基本保険金、長期入院一時金、部位・症状別保険金、死亡保険金入院一時金、入院給付金、通院給付金、手術給付金、死亡保険金(コースによって設定がない項目もあり)
個人賠償責任補償の上限金額3億円1億円5億円1億円3億円1億円1億円1億円1億円1億円
示談代行サービス〇(個人賠償帰任保険特約を付加した場合)
健康還付金/積立金の有無--/〇(満期返れい金)--/〇------
その他の特約後遺障害(病気・事故)、親死亡・親重度障害、扶養者死亡・扶養者事故重度障害補償後遺傷害、弁護士費用、法律相談費用、携行品損害、受託物賠償責任補償法律相談費用、弁護士費用等補償、特定重度障害保険金、権利擁護費用保険金熱中症危険補償、傷害家事代行費用、疾病家事代行費用、携行品損害補償後遺障害,葬祭費用,救援者費用,疾病補償,育英費用補償後遺障害補償、携行品特約、住宅内生活用動産補償、救援者費用等補償後遺傷害保険金、傷害医療費用保険金、介護保険金、入院一時金支払特約、被害事故補償特約、後遺障害保険金の追加増額支払に関する特約、交通事故傷害危険増額支払に関する特約、入院保険金および手術保険金支払対象期間延長特約(1,000日用)、通院保険金支払対象期間延長特約(1,000日用)、通院保険金支払限度日数短縮特約(30日限度)、後遺障害,法律相談費用,弁護士費用等補償重度後遺障害時介護一時金、骨折時生活支援一時金、被害事故補償特約、地震・噴火・津波危険補償、携行品損害補償、ホールインワン・アルバトロス費用補償、ホームヘルパー等費用補償後遺障害、熱中症補償、携行品損害補償、救援者費用等補償
補償内容4.13.93.83.73.83.73.73.63.53.4
保険料4.23.73.73.73.73.73.63.63.53.4
スタッフ対応4.13.83.63.83.53.83.53.53.53.5
総合評価4.13.83.73.73.73.73.63.53.4
商品リンク

ライフスタイルに合わせた保険相談窓口もチェック

自分のライフスタイルに合わせて、保険を見直していきたいときに頼りになるのが保険相談窓口。以下の記事では、数多くある相談窓口の選び方や人気の保険相談窓口を紹介しています。気になる方はチェックしてみてくださいね。

まとめ

今回は、おすすめの傷害保険について補償内容や選び方などをご紹介しました。傷害保険といっても種類が分かれており家族構成や生活スタイルによって必要な補償もさまざまなものがあります。

誰でも事故に合う可能性がありますし、子どもならなおさらケガをすることも多いでしょう。さらに、被害者になった場合も加害者になってしまった場合にも家計に影響を与えないように補償を選ぶ事が大切です。自分や家族を守るためにも傷害保険に加入も検討してみてはいかがでしょうか。

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す