• 【FPが教える】学資保険の最強おすすめ人気ランキング6選【2019年最新版】のアイキャッチ画像1枚目
  • 【FPが教える】学資保険の最強おすすめ人気ランキング6選【2019年最新版】のアイキャッチ画像2枚目
  • 【FPが教える】学資保険の最強おすすめ人気ランキング6選【2019年最新版】のアイキャッチ画像3枚目
  • 【FPが教える】学資保険の最強おすすめ人気ランキング6選【2019年最新版】のアイキャッチ画像4枚目
  • 【FPが教える】学資保険の最強おすすめ人気ランキング6選【2019年最新版】のアイキャッチ画像5枚目

【FPが教える】学資保険の最強おすすめ人気ランキング6選【2019年最新版】

⼦どもの教育費の⼿助けとなる「学資保険」。マイナス⾦利政策の影響を受け、2017年4⽉から学資保険のプランの変更が相次いでいることはご存知でしょうか︖今まで返戻率が良かったプランでも、プラン内容が⼤幅に変更されているものも中にはあります。

今回は、ファイナンシャルプランナーの根本さんに、学資保険を選ぶ際の基本的なポイントをお聞きしました。それを基に厳選した、おすすめの学資保険をランキング形式でご紹介します!ぜひ学資保険選びの参考にしてくださいね。

この記事に登場する専門家

根本 寛朗
  • 最終更新日:2019年07月10日
  • 69,375  views
目次

学資保険の選び方のポイント

まずは、FPの根本さんにお聞きしたポイントを中心に、学資保険の選び方を確認していきましょう。
学資保険の選び方のポイント
<取材協力:根本寛朗さん>
ファイナンシャルプランナー/Neemo Investment合同会社 代表。

大学時代からファイナンシャルプランナーを目指し、卒業後、証券会社、外資系生命保険会社を経て独立。実務経験のある独立系FPとして、クライアントの資産形成や資産運用に携わる。

FP2級・AFP、相続診断士、証券外務員Ⅰ種の資格を持つ。

目的に合わせて「貯蓄型」か「保障型」か選ぶ

目的に合わせて「貯蓄型」か「保障型」か選ぶ
学資保険の一番の比較ポイントは、保障性を重視するか貯蓄性を重視するか、です。保障性重視のタイプは、親が不慮の事故や高度障害などに見舞われた際に役立つ、いわば「万が一の備え」として活躍する保険です。

一方貯蓄性重視のタイプは、元本割れせず貯蓄したい方向けの保険。貯蓄の機能がメインになっているため、受け取り時にどの様な形でもらいたいか、ライフプランに合わせて選ぶことが重要です。
根本 寛朗
ファイナンシャルプランナー
根本 寛朗さんのコメント
保障性を高くすると貯蓄性が低くなってしまうため、悩む方も多いと思います。長期的なスパンで考えた時に、「どのようなリスクがあるのか」「どのくらいの金額であれば払えるのか」という点を考慮して検討することが大事です。

他の保険との兼ね合いも考えて「払込免除」の有無を決める 

他の保険との兼ね合いも考えて「払込免除」の有無を決める 
払込免除を付与すれば、万が一の場合にも学資準備が途切れる心配がありません。一方で、払込免除を付加しなければ払う金額が割安となり、返戻率が高くなります。

もしもの時のために備えておきたいなら払込免除はあった方がいいですが、一方で貯蓄に特化したい方は払込免除がない方がいいでしょう。

ちなみに学資保険の払込免除というのは、契約者である親が死亡または所定の高度障害状態になった時に、保険料の支払いが免除され満期金がもらえるという、保険ならではの機能です。
根本 寛朗
ファイナンシャルプランナー
根本 寛朗さんのコメント
死亡保障に関しては既存の保険でカバーできる部分がありますので、現在加入している保険に併せてチェックすることも大切です。

自治体により医療保障を付けるか決める

自治体により医療保障を付けるか決める
東京都をはじめ、大きな都市に住む方は、自治体の医療費補助があるので学資保険の医療保障を付加すると保障内容がかぶってしまいます。

現在居住している地区の医療費補助があるかどうかも確認して、付加するかどうか検討しましょう。

収入や貯蓄額によって「払込期間」を決める

収入や貯蓄額によって「払込期間」を決める
払込期間により毎月の払込金額が変動しますので、自分はどのパターンがいいか、収入や貯蓄額によって判断しましょう。

「10〜15歳までの払込」の場合、短期に払い込むことにより、返戻率が高くなります。子どもが小さくお金がかからない時期に払込を終わらせたいという方向けです。

「18歳や契約満了までの払込」は、無理なく支払いたいという方におすすめ。計画的に貯蓄していきたい方や、「払込免除」機能を生かしたい方はこちらを選んでみてはいかがでしょうか。
根本 寛朗
ファイナンシャルプランナー
根本 寛朗さんのコメント
今現在お金が貯まっている方には「全期前納」という方法もあります。月払い、あるいは年払いで計算された保険料をまとめて支払うことで、返戻率がより高くなります。

ですが、いずれにせよ「返戻率」にばかり捉われず、無理せず保険料を支払えることを第一に考えてみましょう。もし保険料の払込が滞ってしまうと、元本割れしてしまう可能性があるからです。家計に負担を与えないかをしっかりと検討し、ご家庭の環境や財産状況にマッチした保険を選びましょう。

受け取るタイミングは、子どものライフプランと財産状況に合わせて

受け取るタイミングは、子どものライフプランと財産状況に合わせて
払込期間だけでなく、受け取るタイミングによっても返戻率は異なります。「17歳や18歳などの一括受け取り」の場合、大学受験の準備費用・入学金・学費・下宿費用など、まとまったお金が必要な時に使うことができます。

「18歳〜22歳などの分割受け取り」の場合、一括受け取りの場合よりも長い期間保険会社に貯蓄する形となるため、返戻率が若干優遇されています。

また、何歳の時にいくら受け取るかも決めることができるので、大学在学中の学費の補助や下宿代の他に、就職活動の交通費などとしても頼ることができます。
根本 寛朗
ファイナンシャルプランナー
根本 寛朗さんのコメント
子どもが小さいうちは不確定な部分が多いと思いますが、大学受験や留学の費用として、あるいは大学院まで通うための資金としてなど、まとまったお金が必要になるタイミングで受け取れるように設定しておくといいかもしれません。

無理のない範囲で、自分の子どもの将来のためになる学資保険を選んでいきましょう。

貯蓄型学資保険のマイベストおすすめ人気ランキング3選

どのような学資保険を選べばいいのか、イメージはつきましたでしょうか?「貯蓄型」と「保障型」にわけて、それぞれ人気の商品を3選ずつご紹介します。

※下記ランキングは、2月13日現在公式サイトに掲載されているモデルケースを参考に作成しています。各保険には細かな条件があるため、詳しい返戻率や契約条件については、公式ホームページを参考にしてください。
PR
学資保険 株式会社アドバンスクリエイト 保険市場
出典:insways.net

株式会社アドバンスクリエイト保険市場

1位
払込期間10歳まで・18歳まで
返戻率10歳まで(108%)・18歳まで(104.6%)
返戻金受け取り年齢契約当初の指定日
保障医療特約なし
2位
学資保険 明治安田生命 つみたて学資
出典:insways.net

明治安田生命つみたて学資

払込期間10歳まで・15歳まで
返戻率基準保険金額が75万以上の場合・10歳まで(105.8%)15歳まで(104.3%)基準保険金額が50万円未満の場合・10歳まで(104.8%)15歳まで(102.9%)
返戻金受け取り年齢18歳・19歳・20歳・21歳
保障医療特約なし
3位
学資保険 日本生命 ニッセイ学資保険
出典:nissay.co.jp

日本生命ニッセイ学資保険

払込期間5年払い・10年払い・18歳まで
返戻率祝い金なし型5年払い(108.9%)・祝い金なし型18年払い(104%)・祝い金あり型18年払い(102.2%)
返戻金受け取り年齢祝い金なし型(18歳・19歳・20歳・21歳・22歳)・祝い金あり型(18歳・19歳・20歳・21歳・22歳※祝い金については5歳・11歳・14歳で一部受け取れる)
保障医療特約なし

おすすめ人気 貯蓄型学資保険の比較一覧表

商品画像
1
学資保険 ソニー生命 学資金準備

ソニー生命

2
学資保険 明治安田生命 つみたて学資

明治安田生命

3
学資保険 日本生命 ニッセイ学資保険

日本生命

商品名

学資金準備

つみたて学資

ニッセイ学資保険

特徴米ドルで備える養老保険もあり!もちろん円建ての学資保険...教育資金がかかる前の15歳で払い込みが終了祝い金のあり・なしが選べるフレキシブルな学資保険
払込期間10歳まで・18歳まで10歳まで・15歳まで5年払い・10年払い・18歳まで
返戻率10歳まで(108%)・18歳まで(104.6%)基準保険金額が75万以上の場合・10歳まで(105.8%)15歳まで(104.3%)基準保険金額が50万円未満の場合・10歳まで(104.8%)15歳まで(102.9%)祝い金なし型5年払い(108.9%)・祝い金なし型18年払い(104%)・祝い金あり型18年払い(102.2%)
返戻金受け取り年齢契約当初の指定日18歳・19歳・20歳・21歳祝い金なし型(18歳・19歳・20歳・21歳・22歳)・祝い金あり型(18歳・19歳・20歳・21歳・22歳※祝い金については5歳・11歳・14歳で一部受け取れる)
保障医療特約なし医療特約なし医療特約なし
商品リンク

保障型学資保険のマイベストおすすめ人気ランキング3選

続いて「保障型学資保険」のおすすめ商品を紹介します!子どもにも両親にも嬉しい特典が付いたものや、医療保障が手厚い商品もあるので、こちらも要チェックですよ。
1位
学資保険 住友生命 スミセイのこどもすくすく保険
出典:insways.net

住友生命スミセイのこどもすくすく保険

払込期間12歳まで・15歳まで・18歳まで(22歳満期の場合のみ)
返戻率0歳加入12歳払込、18歳までの支払いの場合(101.5%)
返戻金受け取り年齢18歳・22歳
保障医療特約(複数選択可能)
2位
学資保険 日本生命 ニッセイ学資保険
出典:nissay.co.jp

日本生命ニッセイ学資保険

払込期間5年払い・10年払い・18歳まで
返戻率祝い金なし型5年払い(108.9%)・祝い金なし型18年払い(104%)・祝い金あり型18年払い(102.2%)
返戻金受け取り年齢祝い金なし型(18歳・19歳・20歳・21歳・22歳)・祝い金あり型(18歳・19歳・20歳・21歳・22歳※祝い金については5歳・11歳・14歳で一部受け取れる)
保障医療特約なし
3位
学資保険 フコク生命 みらいのつばさ
出典:insways.net

フコク生命みらいのつばさ

払込期間17歳まで
返戻率ステップ型(104.7%)・ジャンプ型(105.5%)※満期保険金100万円の場合
返戻金受け取り年齢ステップ型(3歳・6歳・12歳・15歳・18歳・20歳・22歳)・ジャンプ型(18歳・22歳)
保障医療特約なし

おすすめ人気 保障型学資保険の比較一覧表

商品画像
1
学資保険 住友生命 スミセイのこどもすくすく保険

住友生命

2
学資保険 日本生命 ニッセイ学資保険

日本生命

3
学資保険 フコク生命 みらいのつばさ

フコク生命

商品名

スミセイのこどもすくすく保険

ニッセイ学資保険

みらいのつばさ

特徴子供の病気リスクに対して複数の医療特約が選択できる育児や健康の悩みを専門家に相談できる特典付き!受け取り年齢が選べる!自由度が高いステップ型と返戻率重...
払込期間12歳まで・15歳まで・18歳まで(22歳満期の場合のみ)5年払い・10年払い・18歳まで17歳まで
返戻率0歳加入12歳払込、18歳までの支払いの場合(101.5%)祝い金なし型5年払い(108.9%)・祝い金なし型18年払い(104%)・祝い金あり型18年払い(102.2%)ステップ型(104.7%)・ジャンプ型(105.5%)※満期保険金100万円の場合
返戻金受け取り年齢18歳・22歳祝い金なし型(18歳・19歳・20歳・21歳・22歳)・祝い金あり型(18歳・19歳・20歳・21歳・22歳※祝い金については5歳・11歳・14歳で一部受け取れる)ステップ型(3歳・6歳・12歳・15歳・18歳・20歳・22歳)・ジャンプ型(18歳・22歳)
保障医療特約(複数選択可能)医療特約なし医療特約なし
商品リンク

学資保険以外の選択肢も考えてみる

学資保険以外の選択肢も考えてみる
教育資金を貯めるための方法は、学資保険しかないと思い込みがちです。しかし、固定概念にとらわれず、広く教育資金を貯める方法を考えることが大切です。

大学や大学院の費用を見据えている場合、保険に頼らない形で個人積み立てを行うこともできますし、終身保険を上手に活用する方法も存在します。例えば、10年〜15年で払い込みを終わらせ、18年後に解約をするといった保険の使い方もあります。

以下に終身保険のおすすめ商品を紹介した記事を掲載しましたので、こちらもチェックしてみてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?今回はさまざまな保険会社が提供する学資保険の中から、おすすめの学資保険をご紹介しました。学資保険はプランや払込の期間などで返戻率が大きく変わります。

保険的な観点を求めるのか、返戻率がいいものを重視するのか、そしてご家庭の環境や財産状況に合っているのかを考えた上で、検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す