1. TOP
  2. >
  3. ホビー
  4. >
  5. おもちゃ
  6. >
  7. 子供向けフラフープのおすすめ人気ランキング10選【遊び方いろいろ】
  • 子供向けフラフープのおすすめ人気ランキング10選【遊び方いろいろ】のアイキャッチ画像1枚目
  • 子供向けフラフープのおすすめ人気ランキング10選【遊び方いろいろ】のアイキャッチ画像2枚目
  • 子供向けフラフープのおすすめ人気ランキング10選【遊び方いろいろ】のアイキャッチ画像3枚目
  • 子供向けフラフープのおすすめ人気ランキング10選【遊び方いろいろ】のアイキャッチ画像4枚目
  • 子供向けフラフープのおすすめ人気ランキング10選【遊び方いろいろ】のアイキャッチ画像5枚目

子供向けフラフープのおすすめ人気ランキング10選【遊び方いろいろ】

昔懐かしいフラフープ。最近では大人のダイエット用としても人気があり、ネットでもたくさんのフラフープが販売されています。一見どれも同じに見えるのですが、サイズだけでなく、軽いもの重いもの、組み立てタイプなどその違いはさまざま。幼児でも使えるようなものはどれなのか、選び方が分からないという人も多いですよね。

そこで今回は、フラフープの選び方とともに、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングで購入できるおすすめ人気商品をランキング形式でご紹介します。ランキング後には、回す以外の遊び方やフラフープ遊びの効果などもご紹介!最近体を動かしていないと感じるお子さんの、室内遊び用おもちゃとしてもおすすめですよ。

  • 最終更新日:2020年04月20日
  • 57,654  views
目次

子供向けフラフープの選び方

早速、子供でも回しやすい、遊びやすいフラフープとはどんなものか選ぶポイントをご紹介していきましょう。

子供に合ったサイズを選ぶ

子供に合ったサイズを選ぶ

フラフープは、大きすぎても小さすぎても回すのが難しくなるので、ちょうどいいサイズを選ぶことが大切です。大人向けのフラフープは、おヘソの高さを基準に上下10cmの範囲内で納まるものが適正と言われています。子供の場合、ある程度サイズが指定されているものが多いので、対象年齢などを確認した上で、選んでみてください。


口コミを見てみると、大体、幼稚園までの子なら60cm以下、小学校低学年で 65cm~75cmくらい、小学校高学年以上なら 80cm以上のフラフープを選ぶと上手に回せるようですので、選ぶ際の目安にしてくださいね。 

大きさだけでなく重さもチェック!

ネットなどを見ていると、軽いものから重いものまで意外と幅があるフラフープの重さ。実はこの重さも、回しやすさに関係するんですよ。重さ選びのポイントをさっそく見ていきましょう。

適度な重さがあるものを選ぶ

適度な重さがあるものを選ぶ

フラフープには適度な重さも必要です。つい、子どもは力が弱いから軽いものを、と思ってしまいがちですが、遠心力を使って回すので、あまりに軽いものだと逆に回すのが難しくなってしまいます。かと言って重すぎるものを回すには、やはり筋力が必要。ちょうどいい重さのものを選んであげましょう。

あえて「重め」の選択も

あえて「重め」の選択も

小学校高学年以上など大きいお子さんには、あえて重めの商品を選ぶケースも。普段から運動をしていて筋力がある子の場合は、重さがある方が遠心力がかかって回しやすく、おもしろさを感じることもあるようです。


重たいものの方が運動効果も期待できるので、運動不足解消や部活動の基礎トレーニングとして使用する際にも、重たいものの方がおすすめ。実際に使ってみることができるのであれば、使った上で選ぶのがおすすめです。大人用のフラフープの中には800g以上のものもあるので、高学年以上のお子さんで大人と同じくらいの体格と体力があるのであれば、大人と子供で兼用できるようなサイズを選ぶと、ママのエクササイズにも役立ちそうですね!

タイプ選びはここをチェック

完成型と組立型のタイプがあるフラフープ。それぞれに良さがありますので、さっそくチェックしてみましょう。

すぐに遊べる「完成型」

すぐに遊べる「完成型」
1つめのタイプは、始めから輪っか状になっているスタンダードな「完成型」。組み立てなどの手間がかからず、購入したらすぐに遊べるのが嬉しいですね。継ぎ目がないので腰にひっかかるような違和感がないのもメリットです。

当然ながら、収納や持ち運びには不便さを感じることもあります。決まった場所でしか使わない方や、初心者でなるべくスムーズに回せるものを探している方はこちらがおすすめです。

しかしながら、配送する場合、丸いままなので送料がかかる場合もあります。購入する際には、価格だけでなく送料についてもチェックするようにしましょう。

「組み立て式」なら、サイズ調整ができるものも

「組み立て式」なら、サイズ調整ができるものも

もう1つは、パーツを自分で組み立てる「組み立て式」。組み立てる手間はかかりますが、分解することができるので、収納や持ち運びに便利なのが特徴です。使用するパーツの数を変えることでサイズを調節できるものもあるので、子どもの成長に合わせて長く使いたい方や、子どもとママで共有して使いたい方にもおすすめです。ただし、組み立て式のすべてがサイズ調整できるわけではありませんので、その点は注意して選ぶようにしましょう。

安全性も大切なポイント

丸くて特に危険はないように思うフラフープですが、安全性や扱いやすさににおいて、見逃しがちなポイントをご紹介します。

室内遊びにはスポンジ素材が安心

室内遊びにはスポンジ素材が安心

特に室内で遊ぶ際には、音や衝撃を緩和してくれるかどうかも確認しておきたいポイントです。ブラスチック素材でできているものが多いフラフープ。足元に落ちる音はどうしても気になりますし、フラフープにひびが入ったり、フローリングに傷かつかないかどうかも心配ですよね。


そんなときには、プラスチックの周りをスポンジで覆っているタイプがおすすめです。これなら落ちても音が響かず、傷が入る心配もありません。これならまわりの家具にぶつけないかという、心配もせずに、思いっきり遊ばせてあげられますね。

フラットタイプは踏んでも折れにくい

フラットタイプは踏んでも折れにくい

地面に置いて遊ぶことが多いのであれば、踏んだときに折れにくいかどうかもチェックしておくと良いでしょう。通常のフラフープは、チューブ状で中に空洞があるため、ちょっと踏んだだけで割れてしまうこともあります。そこで、チューブ状ではなく、平たい形状(フラットタイプ)のものを選んでおくと踏んだ衝撃に強く、壊れにくいですよ。


ケンケンパや、押し相撲のような遊び方をすることが多いのであれば、フラットタイプがおすすめ。ただし、丸みがない分、少し回しづらさを感じる人もいるようですので、初めての購入の際には避けた方が良いかもしれません。

キャラものや光るものも!デザインをチェック

キャラものや光るものも!デザインをチェック

大人は「色なんてどれでも…」と思ってしまいますが、子供にとってはデザインも大切。せっかくですから、長く使ってもらうためにも気に入った色のフラフープを選んで欲しいですよね。カラフルなパーツを組み合わせられるものや、女の子らしいデザインのものもあるので、お子さんのお気に入りのカラーを選んであげましょう。中には子供が好きなキャラクター付きのフラフープもありますよ

子供向けフラフープのおすすめ人気ランキング10選

人気の子供向けフラフープをランキング形式でご紹介します。 今回は子どもから大人の方も使えるものをピックアップしています。

なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年4月9日時点)をもとにして順位付けしています。

10位
サイズ約85・96cm
重さ約900g
形状組み立て式
9位
サイズ73・87・98cm
重さ1.2㎏(98㎝)
形状組み立て式
8位
サイズ直径100cm
重さ約1200g
形状組み立て式
7位
サイズ72・82・92㎝
重さ約680g(92㎝)
形状組み立て式
6位
サイズ
重さ
形状組み立て式
5位
サイズ67・78・90㎝
重さ0.9㎏(90㎝)
形状組み立て式
4位
サイズ約66・85・90㎝
重さ1㎏(90㎝)
形状組み立て式
3位
サイズ直径約95cm
重さ約940g
形状組み立て式
2位
サイズ73・83・94㎝
重さ1050g(94㎝)
形状組み立て式
1位
サイズ直径65cm
重さ
形状組み立て式

人気子供向けフラフープの比較一覧表

商品画像
1
子供向けフラフープ アーテック フラフープ 小 1枚目

アーテック

2
子供向けフラフープ ライズクリエイション フラフープ 1枚目

ライズクリエイション

3
子供向けフラフープ DABADA フラフープ 1枚目

DABADA

4
子供向けフラフープ TAKアパレル フラフープ 1枚目

TAKアパレル

5
子供向けフラフープ 鶴西 フラフープ 1枚目

鶴西

6
子供向けフラフープ NeverChange フラフープ 1枚目

NeverChange

7
子供向けフラフープ HOUSMART フラフープ 1枚目

HOUSMART

8
子供向けフラフープ ハート フラフープ 1枚目

ハート

10
子供向けフラフープ link toy フラフープ エクササイズ 1枚目

link toy

商品名

フラフープ 小

フラフープ

フラフープ

フラフープ

フラフープ

フラフープ

フラフープ

フラフープ

フラフープ エクササイズ

特徴軽めのフラフープはお手頃価格が魅力家族みんなで楽しめる!空いた時間にエクササイズやや重めで大人から子どもまで使えるカラーが豊富な組み立て式柔らかい素材の使用で音が響かないちょっとした運動に有効なフラフープ約1200gの重めのフラフープお腹を刺激する突起付き
最安値
238
送料要確認
詳細を見る
1,780
送料要確認
詳細を見る
1,280
送料無料
詳細を見る
1,658
送料無料
詳細を見る
1,380
送料要確認
詳細を見る
詳細を見る
1,980
送料要確認
詳細を見る
980
送料要確認
詳細を見る
サイズ直径65cm73・83・94㎝直径約95cm約66・85・90㎝67・78・90㎝72・82・92㎝直径100cm約85・96cm
重さ1050g(94㎝)約940g1㎏(90㎝)0.9㎏(90㎝)約680g(92㎝)約1200g約900g
形状組み立て式組み立て式組み立て式組み立て式組み立て式組み立て式組み立て式組み立て式組み立て式
商品リンク

フラフープで遊ぶとこんな効果が!

フラフープで遊ぶとこんな効果が!

フラフープをくるくる回すと、単に楽しいだけではなく、体幹を鍛えるという嬉しい効果もあります。最近の子どもは体幹が弱く、姿勢が悪い…という話も聞いたりしますので、遊びながら無理なく体力と体幹をつけられるのは嬉しいですね。体幹を鍛えると、バランスがよくなるので、陸上競技・球技・体操など色々な分野のスポーツにもよい影響を与えてくれるでしょう。


もちろん、大人にも嬉しいダイエット効果が期待できるんだとか。ウエストにくびれが欲しいママや、メタボが気になるパパも子どもと一緒に遊んでみては?親子のコミュニケーションにもなり、一石二鳥ですよ。

「回す」以外の遊び方も!

「回す」以外の遊び方も!

単に腰で「回す」以外にもフラフープは色々な遊びに活用することができます。くぐって遊んだり、縄跳びのようにしたり、転がしたり、地面に置いて「ケンケンパ」などをしてもいいですね。小さなお子さんであれば、電車ごっこにも大活躍します!単純な形状だからこそ、想像力も膨らみます。「そんな遊び方まで?」と大人が感心する場面もしばしば。


「せっかく買ったから回さないと!」と思わずに、いろいろな遊びでフラフープに親しんでいくと、自然にくるくる回せるようになるかもしれませんよ。「ケンケンパ」にも最適な、ミニサイズのフラフープもありますので、サイズ違いで購入するとさらに遊びが広がりそうですね。

遊びながら体幹を鍛えるアイテムは他にも

もっと身体を使って健康的に遊んでほしいと思うパパやママも多いと思います。遊びながらバランス感覚や体幹を鍛えるには、自転車やローラースケートもおすすめ!以下の記事も参考にしてみてくださいね。

まとめ

今回は子供が回しやすい、おすすめのフラフープをご紹介しました。フラフープは家の中でも手軽に遊べるので、雨の日に体力が余っているお子さんにもおすすめです。ぜひお子さんにぴったりのフラフープを選んで、くるくる回して遊びながら運動能力アップも目指しちゃいましょう。

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す