• ライフジャケットのおすすめ人気ランキング10選【シマノ・ダイワも】のアイキャッチ画像1枚目
  • ライフジャケットのおすすめ人気ランキング10選【シマノ・ダイワも】のアイキャッチ画像2枚目
  • ライフジャケットのおすすめ人気ランキング10選【シマノ・ダイワも】のアイキャッチ画像3枚目
  • ライフジャケットのおすすめ人気ランキング10選【シマノ・ダイワも】のアイキャッチ画像4枚目
  • ライフジャケットのおすすめ人気ランキング10選【シマノ・ダイワも】のアイキャッチ画像5枚目

ライフジャケットのおすすめ人気ランキング10選【シマノ・ダイワも】

釣りやスノーケリングなどの海のレジャーに欠かせないのがライフジャケットです。シマノ、ダイワなどのブランドからも色々なタイプのライフジャケットが販売されていますが、人気の自動膨張式から昔ながらのフローティング式など、自分のニーズに合ったライフジャケットを選ぶのは少し難しいですよね。

そこで今回は、ライフジャケットを選ぶ際のポイントと、amazon・楽天などで通販購入できる、おすすめ人気の商品をランキング形式でご紹介します。国土交通省認定の桜マークのついた商品や、腰回りにつけるウエストタイプまで幅広くご紹介するので、安全にレジャーを楽しむための参考にしてくださいね!
  • 最終更新日:2019年05月28日
  • 48,609  views
目次

ライフジャケットの選び方

ライフジャケットを選ぶ際には、まずどんなシチュエーションで使うのかをハッキリさせておく必要があります。それによって選ぶべきタイプが変わるので、それぞれの特徴をおさえながらチェックしていきましょう。

安全性を重視するなら「フローティング式」

最初にご紹介するタイプがフローティング式です。固定式とも言われ、昔から使われているベーシックなものですね。このタイプは発砲素材が内蔵されており、装着時から浮力が確保されているので、安心感があるのが特徴です。それでは、このタイプを選ぶ際のポイントをみてみましょう。

腕の可動域をチェックしよう

腕の可動域をチェックしよう
フローティング式は、万が一落水した時もきちんとベルトを締めていれば浮くことができるという安心感があるのですが、動きにくいというデメリットもあります。特にカヤックフィッシングなどの際には、パドルを漕いだりするため、動きにくいのは致命的です。そんなストレスを軽減するためにも、腕の周りの可動域が広いものを選ぶのがポイントです。

一般的なチョッキタイプのものは、どうしても腕周りが窮屈に感じてしまうため、腕をより自由に動かしたいのであれば、首から掛けるだけのタイプがおすすめ。首掛け式のタイプは、チョッキタイプと比べると通気性も良いので、夏場のフィッシングなどにも活躍してくれますよ。

+αの安全性を。カラーも要チェック!

+αの安全性を。カラーも要チェック!
海に直接入るので、より安全性の高さを重視したいのがスノーケリングで使う際のライフジャケットです。スノーケリング使用時も、やはり安全性重視のフローティング式がおすすめ。また、スノーケリングに限らず、万が一沖に流された場合や、足がつって動けなくなってしまう場合のことを考えて、自分がどこにいるかすぐに分かるようなカラーのものを選んだ方が良いですよ。

特にお子さんなどにライフジャケットを選んであげる場合には、より安全に特化したものを選びたいですね。身の危険があったときにすぐに助けを呼べるよう、ホイッスルなどが内蔵されているものもありますので、初心者の方やお子さんにはそういったものを選ぶと安心感が違いますね。

ウェーディングや釣りでの使用に便利。ポケットの数をチェック

ウェーディングや釣りでの使用に便利。ポケットの数をチェック

出典:amazon.co.jp

フローティング式のメリットとの1つに、ポケットが豊富で収納力に優れているという点があります。フローティング式を選ぶ際には、そんなポケットの数もチェックしておくと良いですね。ペットボトルホルダーがついているものだと、フィッシングの動作を邪魔せずより気軽に水分補給ができますよ。特にゲーム用に特化して作られているフローティング式ライフジャケットは、ポケットがたっぷりとついているものが多いので、道具が多い方は要チェックです。

動きやすさを求めるなら「膨張式」

次は膨張式についてみていきましょう。普段は薄く、万が一のときに膨らむ膨張式のライフジャケットは、携帯性と軽さが最大のメリット。そんな膨張式には、主に自動と手動の2タイプがありますよ。具体的に見ていきましょう。

自動で膨らむ安心感「自動膨張式」

自動で膨らむ安心感「自動膨張式」

出典:amazon.co.jp

自動膨張式のライフジャケットは、ジャケットの中にボンベが入っていて、水を感知するとそのガスが出て自動で膨らむ仕組みになっています。普段は薄いために動きがとりやすく、万が一のときには、自動で膨らんでくれる安心感がメリットです。しかし、このタイプは膨らんだ際に中が空洞になるため、外からの衝撃で割れやすく、磯場でのフィッシングなどでは使用が禁止されています。

また、自動膨張式のライフジャケットは、一度膨らむと新たにガスボンベを購入してメンテナンスをしなければいけません。そのため、雨などで誤作動してしまうとメンテナンス費が少しもったいないのが残念なポイント。⾃動膨張式のライフジャケットを選ぶ際には、誤作動しにくいかどうかもチェックしておくと良いですね。

誤作動を防げる「手動膨張式」

誤作動を防げる「手動膨張式」

出典:amazon.co.jp

先ほど触れたように、膨張式はメンテナンスが必要です。ガスボンベ自体は1000円~2000円でも購入できるので、たまに使う人には良いかもしれませんが、頻繁に利用する人はメンテナンス費がかなりかさんでしまうことも。それを避けたい方は、手動膨張式のものを選ぶと良いですよ。

このタイプは、落水した際に自分で紐を引っ張るなどしてボンベを作動させるタイプです。しかし、誤作動は避けられますが、パニックになってしまったり、自由に手が動かせないような状況のときに作動できない可能性もあるので、その点は注意が必要です。比較的穏やかな水辺でできるバスフィッシングなど、レジャーの際におすすめのタイプです。

荷物を減らしたいならウエストタイプも

荷物を減らしたいならウエストタイプも

出典:amazon.co.jp

膨張式は選べる形が豊富なところも人気の理由です。膨張式は通常は薄いため、携帯にとても便利ですが、さらに荷物を減らしたい場合にはウエストタイプがおすすめ。人気ランキングを見ても、今はこのタイプを愛用している人が多いようです。落水した際にはこれが浮輪のようになり、しっかりと上半身も浮かすことができますよ。

また、最近はウエストポーチタイプなるものもあります。これはポーチの中にジャケットが入っていて、落水後自分で首にかけるというもの。しかし、荷物を減らしたり、見た目の点ではとても良いのですが、万が一で焦っているときには装着が困難なこともあり得ます。安全性の高さでは他よりも劣るのは否めません。

型式承認品(桜マーク)であれば安心感UP!

型式承認品(桜マーク)であれば安心感UP!
どのタイプのライフジャケットでも大事なのはもちろん浮力です。浮力が何kgあるかもチェックしておきましょう。自分に必要な浮力は、おおよそですが、体重の10%程度を目安にすると良いでしょう。

さらに安心感を得たいときには、国土交通省が認定するライフジャケットがおすすめですよ。これは、大人用のライフジャケットなら、浮力7.5kgが24時間続くことや、200kgの荷重にも耐えられるかなどの安全性が、実験により証明されている商品のことで、「型式承認品」通称桜マークと呼ばれています。また、自動膨張式の場合は、規定量の水で誤作動しないかどうかも確認されているので、より安心して使えますね!

ライフジャケット【フローティング式】のおすすめ人気ランキング5選

ここまででライフジャケットの選び方を見てきましたが、ここからはフローティング式と膨張式のタイプに分けて、おすすめ人気の商品をランキング形式でご紹介します。最初にフローティング式を、その後に膨張式も、それぞれ5選ずつご紹介します。
5位

オーシャンライフオーシャンC-2型

2,300円 (税込)

タイプチョッキ
ホイッスル
ポケット×
浮力8.7kg
型式承認品
サイズ胸囲120cm
4位

リーフツアラー シュノーケル ベスト スリム

2,799円 (税込)

タイプ首かけ
ホイッスル2
ポケット×
浮力5.5kg
型式承認品×
サイズ胸囲90~115cm
3位
タイプチョッキ
ホイッスル5
ポケット×
浮力7.5kg
型式承認品×
サイズ-
2位
タイプチョッキ
ホイッスル7
ポケット×
浮力7.5kg
型式承認品×
サイズ胸囲100~150cm
1位

プロックス フローティングゲームベスト

6,618円 (税込)

タイプチョッキ
ホイッスル7
ポケット×
浮力7.5kg
型式承認品×
サイズ胸囲100~150cm

おすすめ人気ライフジャケット【フローティング式】の比較一覧表

商品画像
1
ライフジャケット プロックス  フローティングゲームベスト 1枚目

プロックス

2
ライフジャケット ブルーストーム アクアバレット  1枚目

ブルーストーム

3
ライフジャケット ダイワ フローティングベスト  1枚目

ダイワ

4
ライフジャケット リーフツアラー  シュノーケル ベスト スリム 1枚目

リーフツアラー

5
ライフジャケット オーシャンライフ オーシャンC-2型 1枚目

オーシャンライフ

商品名

フローティングゲームベスト

アクアバレット

フローティングベスト

シュノーケル ベスト スリム

オーシャンC-2型

特徴この強度でこのお値段はコスパ最強この強度でこのお値段はコスパ最強大容量のポケットが魅力!スノーケリングに特化した商品型式承認品だから安心感抜群!
価格6,618円(税込)5,898円(税込)13,841円(税込)2,799円(税込)2,300円(税込)
タイプチョッキチョッキチョッキ首かけチョッキ
ホイッスル7752
ポケット×××××
浮力7.5kg7.5kg7.5kg5.5kg8.7kg
型式承認品××××
サイズ胸囲100~150cm胸囲100~150cm-胸囲90~115cm胸囲120cm
商品リンク

ライフジャケット【膨張式】のおすすめ人気ランキング5選

ここからは膨張式の人気商品をご紹介します。自動・手動などタイプもさまざまですので自分に合うものを探してくださいね!
5位
タイプ首かけ
ホイッスル
ポケット手動
浮力10kg
型式承認品
サイズ胸囲~120cm
4位

ダバダライフジャケット インフレータブル

4,797円 (税込)

タイプ首かけ
ホイッスル
ポケット自動
浮力15.3kg
型式承認品×
サイズフリー
3位
タイプウエスト
ホイッスル×
ポケット自動
浮力7.5kg
型式承認品
サイズ腹囲70~100cm
2位

ノーブランドライフジャケット 自動膨張式

4,000円 (税込)

タイプウエスト
ホイッスル
ポケット手動
浮力11kg
型式承認品×
サイズ腹囲60~115cm
1位

アクアビーチ オーシャンRE-5型 

11,950円 (税込)

タイプ首かけ
ホイッスル
ポケット自動
浮力10kg
型式承認品
サイズ胸囲~140cm

おすすめ人気ライフジャケット【膨張式】の比較一覧表

商品画像
1
ライフジャケット アクアビーチ  オーシャンRE-5型  1枚目

アクアビーチ

2
ライフジャケット ノーブランド ライフジャケット 自動膨張式 1枚目

ノーブランド

3
ライフジャケット リバレイ  エアーライフベルト 1枚目

リバレイ

4
ライフジャケット ダバダ ライフジャケット インフレータブル  1枚目

ダバダ

5
ライフジャケット オーシャンライフ  LG-3型  1枚目

オーシャンライフ

商品名

オーシャンRE-5型 

ライフジャケット 自動膨張式

エアーライフベルト

ライフジャケット インフレータブル

LG-3型

特徴型式承認品の安心感!どんな人にもフィットするサイズも魅力コスパ最強のウエストタイプウエストタイプでも十分な浮力を備えた逸品必要な装備がギュッと詰まったシンプルデザイン万が一にも備えられた高品質
価格11,950円(税込)4,000円(税込)16,770円(税込)4,797円(税込)10,260円(税込)
タイプ首かけウエストウエスト首かけ首かけ
ホイッスル×
ポケット自動手動自動自動手動
浮力10kg11kg7.5kg15.3kg10kg
型式承認品××
サイズ胸囲~140cm腹囲60~115cm腹囲70~100cmフリー胸囲~120cm
商品リンク

すべりやすい水場では足元も安全に

万が一のときに備えて着用するライフジャケットですが、何も起こらないならそれに越したことはありませんよね。素足を保護し、すべり止めの役割をしてくれるマリンシューズは、岩場での釣りや、スノーケリングの時にも大活躍。以下の記事も参考になりますので、チェックしてくださいね。

ライフジャケットの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、ライフジャケットのAmazon、楽天での売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認下さい。

まとめ

色々なタイプのライフジャケットをご紹介してきましたが、自分のニーズに合った商品は見つかりましたか?ライフジャケットは万が一のときに命を守ってくれるものですから、それぞれのシチュエーションに合わせてしっかり吟味して選びたいですね。

ただし、行く場所によっては、義務付けられているライフジャケットのタイプが指定されている場合もあります。出発前にしっかり確認しておいてくださいね。自分にぴったりのライフジャケットを見つけて、レジャーを安全に楽しみましょう!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す