• A6311948789b1e2b5581a942f71d798420dba429
  • 49f2a0bae596d3acc720ce0406255f081ddee78d
  • 48d7287096ce35048601d9a3189eeabafa4480e2
  • Eaf4a3d845553f540f28d074b6388a2e17786686
  • 6e63197c9d9adc223d7d00207e6bd92178e1398e

ダーツセットのおすすめ人気ランキング10選

簡単にダーツを始められる「ダーツセット」。ダーツは、チップ・バレル・シャフト・フライトの4つのパーツで構成されていて、4つそれぞれのパーツは、さまざまな形やデザインのものが販売されているため、ダーツ初心者の方は、どれを選べば良いか分からない方も多いですよね。そんな、方におすすめなのが、必要なパーツが揃う、ダーツセットです。しかし、Harrows ASSASSIN・CUESOUL・colorofthewindなどさまざまな人気メーカーがあり、ソフトダーツ・ハードダーツによって、セットの違いがあります。

そこで今回は、通販で購入できるダーツセットのおすすめ人気ランキングをご紹介します。値段も手ごろなので、ダーツに興味がある方はおすすめのダーツセットをチェックしてくださいね♪

最終更新日:2017年11月12日 | 80views

ダーツセットの選び方

こちらで、初心者におすすめのダーツセットの選び方をまとめました。自分にあった使いやすいダーツセットを選べば、上達もはやくなるので、ぜひチェックしてくださいね。

ソフトダーツとハードダーツのどちらを始める?

ダーツにはソフトダーツとハードダーツの2種類があります。それぞれ、使うダーツはプラスチック製と金属製と異なり、ボードの大きさやボードまでの距離などいろいろな違いがあるので、適切なほうを選びましょう。

特にこだわりがない方は主流のソフトダーツ!

多数の細かい穴が開いたプラスチック製のボードに、プラスチック製のダーツを投げる競技です。ボードの大きさは15.5インチ(約39.4cm)で、ボードまでの距離は244cmが公式ルール。現在主流はソフトダーツで、ダーツバーなどに置いてあるダーツマシンは基本的にソフトダーツです。ダーツバーに持って行きたい場合は、基本的にソフトダーツを選ぶのが良いですね。

ご自宅で楽しむ場合も、ソフト用の電子ダーツボードは自動計算やネット対戦ができるメリットがあるので一人でも楽しめます。

刺さり心地や静音性重視の方はハードダーツ!

金属製のダーツを、圧縮した麻や木、紙のボードに投げる昔ながらの競技です。公式ルールは、ボードの大きさが13.2インチ(約33.5cm)に、距離は237cmとソフトよりサイズは小さく距離が短いので注意してください。金属だけあってサクッとボードに刺さる気持ち良さがあり、刺さり心地を重視する方はこちらがおすすめです。また、自宅でダーツをする際は、ソフトダーツより静音性が良いため騒音対策にハードを選ぶ方もいます。

ちなみに、ソフトダーツを設置しているダーツバーが大半なので、ハードダーツを行いたい場合は、ハードダーツが設置してあるか行く前に確認しましょう。

バレルは長く使えるタングステンがおすすめ

ダーツには、バレルという金属でできた胴体の部分があります。ブラス(真鍮)とタングステンの2種類が主に使用されることの多い素材ですが、なかには、シルバーメッキや合成金属などもあります。その中でも、おすすめなのは投げやすいタングステンです。真鍮は加工しやすさが特徴ですが、タングステンよりも軽く投げにくいので、最適な重さを出そうと太く長くなる傾向があります。

それに対してタングステンは重さがあるため、ちょうど持ちやすい太さになり、耐久性もあるので長く使っていけます。なお、ハードダーツに多いのですが、コストを下げるために2種類以外の金属を使っているケースがあります。

ボードが一緒になったセットなら低価格で始められる

あまり数はないものの、実はダーツだけでなくダーツボードも付いてくる便利なセットが販売されています。通常ダーツボードは安いものでもハード用は2000円前後で、ソフト用だと5000円前後はするため、圧倒的なコスパの良さです。もしダーツボードを持っていない場合は、このようなボード付きセットを使うと、低価格でダーツを始められますよ!

初心者・中級者向けパーツが入っていると良い

ダーツは、チップ・バレル・シャフト・フライトの4つのパーツからできていますが、その中で、飛び方に大きく影響するのがシャフトとフライト。初心者向のうちは、長いシャフトに大きいフライトの方が安定感が抜群でですが、飛ぶスピードが遅く、慣れてくると物足りなくなることも…。

中級者になったら変更できるように、シャフト(長い・短い)とフライト(大きい・小さい)が、それぞれ2種類入っているものを選んでおくと長く使うことができますよ。

ソフトダーツのチップは、別途用意したほうが良い

ソフトダーツのパーツの中でも、特に破損しやすいのがチップです。しかし、だからといって付属するチップの多さを中心に、ダーツセットを選ぶ必要はありません。チップは1袋500円で100個入りと、低価格で大量に購入できるため、わざわざチップに合わせて選ぶ必要なく、他のパーツを見て使いやすいダーツセットを選んでください。

なお、初心者のうちはボードに刺さらず、床や壁にぶつかることが多く何本も破損します。たくさんの練習が上達の近道ですので、ダーツセットと一緒にチップも購入しておきましょう。

【ソフトダーツ用】ダーツセットおすすめ人気ランキング5選

それではおすすめのダーツセットを、ソフトダーツ用とハードダーツ用に分けてご紹介します。初めにご紹介するソフトダーツ用のダーツセットは、数も多くお得なものも多いのでダーツ入門用に最適ですよ!

5位:colorofthewind ダーツセット

colorofthewind ダーツセット
1,080円(税込)

・バレル素材:タングステン
・セット内容:チップ6本・バレル3本・シャフト6本・フライト3本・スリムケース

リーズナブルな価格でタングステンダーツが手に入る!

使いやすいものの、値段が若干高くなかなか手が出せないタングステンダーツが、これだけ低価格で購入できるお得なセットです。当然バレルだけではなく、チップ・シャフト・フライトと一式付いてきますよ。バレルはトルピード型になっていて、こちらも持つ位置が分かりやすく初心者におすすめの形です。

カラーバリエーションは3種類あって、写真のように炎がプリントされたバージョンもあります。3本も入っていて、これほど低価格で購入できるタングステンダーツはなかなかありませんよ!

4位:CUESOUL ソフトチップダーツ

CUESOUL ソフトチップダーツ
1,850円(税込)

・バレル素材:ブラス
・セット内容:チップ3本・バレル3本・シャフト6本・フライト6枚・スリムケース

ソフトダーツ入門用に人気のセット

ソフトダーツ用の入門ダーツセットとして人気を集めているのが、こちらのCUESOULの「16グラムソフトチップダーツ」です。タングステンではなくブラスになりますが、長いバレルで重量もあるため、投げやすいと評判です。

さらに、このバレルはストレート形状なので癖もなく、どのような投げ方にも対応できて、初心者から上級者まで使えます。なお、カラーバリエーションは7色と豊富にあり、好みのカラーを選びましょう。

3位:特設会場 初心者向けダーツセット

特設会場 初心者向けダーツセット
1,439円(税込)

・バレル素材:ブラス
・セット内容:チップ53本・バレル3本・シャフト6本・フライト6本

チップ50本付きで、お得!

販売されているダーツセットの中でも、特にこちらが付属品が多くお得なセットではないでしょうか。チップ・バレル・シャフト・フライトの4点に、50本入りのチップセットが付いています。チップの部分は破損しやすいので、予備がこれだけあれば安心して投げられますね。ただし、バレルはブラスになっているため、その点だけ注意してください。

2位:CUESOUL タングステンダーツセット

CUESOUL タングステンダーツセット
3,680円(税込)

・バレル素材:タングステン(85%)
・セット内容:チップ・バレル3本・シャフト6本・フライト6枚・スリムケース

初心者から上級者まで長く使えるダーツセット

少々高めのセットになりますが、長く使っていけるダーツセットをお求めの方は、こちらをおすすめします。プロも使っているタングステン製のダーツに、さまざまな使い方ができるストレートのバレルで、初心者から上級者まで使えるからです。フライトは、安定感が抜群のスタンダートに上級者向けのスリムも入っており、上達具合に応じて入れ替えることができます。

1位:Harrows ASSASSIN ソフトダーツ

Harrows ASSASSIN ソフトダーツ
2,549円(税込)

・バレル素材:タングステン(85%)
・セット内容:チップ6本・シャフト・フライト・スリムケース

コスパ良く初心者に人気のタングステンダーツ

最初に持つマイダーツとしておすすめなのが、コスパ抜群のHarrowsが販売している「ASSASSIN ソフトダーツ」。これは世界でも人気になっているASSASSINシリーズのひとつで、作りがしっかりとしているタングステンダーツを、手頃な値段でセットにした一品です。バレルの形状はトルピード型で、重心が分かりやすくコントロールしやすいため初心者に最適になっています。

なおパッケージを見るとダーツのみに見えますが、チップ・シャフト・フライト・スリムケースも付いてくるお得なセットですよ!

【ハードダーツ用】ダーツセットおすすめ人気ランキング5選

静音性を求める方は、こちらのハードダーツを始めましょう。数は少ないものの、意外とたくさんのハードダーツが入ったお得なセットもあり、充実したランキングになりました。

5位:ブルズアイ ハードダーツ 24本セット

ブルズアイ ハードダーツ 24本セット
5,100円(税込)

・バレル素材:ニッケルシルバーメッキ
・セット内容:ハードダーツ24本

24本と容量が特に多いお得なセット

大人数でのパーティーで、ダーツをする際に便利なハードダーツ24本セット。21gとハードダーツ用としては丁度良い重さです。少々高めになるものの、これだけ大量にダーツが入っているセットはなかなかなく、数が欲しい場合は助かるセットです。次々と投げられるので、いちいちボードから外す手間を減らして練習に集中できますよ!

4位:Hamimelon ハードダーツ

Hamimelon ハードダーツ
2,050円(税込)

・バレル素材:合成金属
・セット内容:ハードダーツ15本・フライト30本

変わったフライトが大量で、見た目でも楽しめる!

ハードダーツで、最も壊れやすい部分がフライトです。こちらはフライトが30枚も付いてくるので、もし破損しても直ぐに交換できるのがメリット。また、このフライトは国旗やスカルなど、さまざまなデザインなので気分によって変えることが可能です。なお、フライトだけでなくダーツも15本と充実しているため、なかなかお得なセットですよ!

3位:XQ MAX DARTS ダーツセット

XQ MAX DARTS ダーツセット ソフト・ハード対応
2,798円(税込)

・バレル素材:ブラス
・セット内容:チップ6本・コンバージョンポイント3本・バレル3本・シャフト6本・チップ6本・フライト9本・重り3個・ルチファンクショナルフィックスイットキー1個・ケース

コンバージョンポイント付きで、ソフト・ハードの両方に対応!

お店ではソフトダーツをしても、自宅では騒音の問題などでハードダーツという方もいます。そのような方は、ソフトダーツとハードダーツの両方に対応できるこちらのダーツセットを使いましょう。実はソフトダーツの先端を、コンバージョンポイントというチップに変更するとハードダーツとして使えます。

このダーツセットは、ちゃんと1セット3本分のコンバージョンポイントが付属しているのでお得ですよ!

2位:Hopaba ハードダーツボード ダーツセット

Hopaba ハードダーツボード ダーツセット
2,999円(税込)

・バレル素材:-
・セット内容:ハードダーツ6本・ハードダーツボード

低価格でダーツボードまで付いてくるお得なセット

まだ自宅にダーツボードが無い方は、こちらのお得なセットで両方とも揃えましょう。このセットはダーツ6本に、ハードダーツボードが付いてきます。なお、このダーツボードは18インチ(約45.7cm)と、一般的なものより大きなサイズです。大会で使われるダーツボードを見ると、ハードは13.2インチでソフトが15.5インチになるため、どれほど大きいのかよく分かりますね。

最初はボードに当たらず壁に刺さってしまうトラブルも多いので、初心者の方には、このように大きな狙いやすいボードをおすすめします。

1位:SYNC 高級ダーツセット

SYNC 高級ダーツセット
2,499円(税込)

・バレル素材:-
・セット内容:チップ9本(ソフト2種3本ずつ・ハード用3本)・バレル3本・ロングバレル3本・フライト9本・重り3個・ケース

充実したセットで、自分好みのダーツに調整できる

ハードダーツ用ダーツセットで一番におすすめするのは、コスパ抜群のSYNCが販売している高級ダーツセットです。チップはソフト用が2種類×3本に、ハード用が3本付いてくるので、ソフト・ハードのどちらも対応できます。

さらにロングバレルやおもりも付いてくるので、自分好みに調整可能。これだけ低価格で、これほど充実したセットはなかなかありませんよ!

自宅でダーツを楽しみたいなら…

ダーツの腕を上げるために、自宅で練習に励むには「ダーツボード」が必要です。ソフトダーツ用とハードダーツ用が販売されているので、気になる方は以下の記事もチェックしてくださいね。

ダーツセットの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、ダーツセットのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認して下さい。

まとめ

おすすめのダーツセットを、ソフトダーツ用とハードダーツ用の2タイプに分けてご紹介しました。

どれも初心者が使いやすい仕様になっており、入門用に最適。後はダーツボードがあれば、すぐにダーツを始めることができます。シャフトとフライトの組み合わせなど考えるのも楽しいですが、最初はダーツセットで使い方を覚えましょう。

関連記事

人気の記事

関連キーワード