• ダーツバレルのおすすめ人気ランキング10選【ストレート・トルピード、前重心モデルなど!】のアイキャッチ画像1枚目
  • ダーツバレルのおすすめ人気ランキング10選【ストレート・トルピード、前重心モデルなど!】のアイキャッチ画像2枚目
  • ダーツバレルのおすすめ人気ランキング10選【ストレート・トルピード、前重心モデルなど!】のアイキャッチ画像3枚目
  • ダーツバレルのおすすめ人気ランキング10選【ストレート・トルピード、前重心モデルなど!】のアイキャッチ画像4枚目
  • ダーツバレルのおすすめ人気ランキング10選【ストレート・トルピード、前重心モデルなど!】のアイキャッチ画像5枚目

ダーツバレルのおすすめ人気ランキング10選【ストレート・トルピード、前重心モデルなど!】

マイダーツをカスタムする際、一番重要なのはバレル選び。この違いでダーツを投げた際の感触が、天と地ほど変わります。しかしバレルには、前重心や後ろ重心、ストレートやトルピードなど、タイプ・種類もさまざま。そのため、どれを買えばよいのかわからない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ダーツバレルの選び方と、おすすめ人気商品をランキング形式でご紹介します。本格派のかっこいいモデルから、初心者におすすめの入門セットまで登場!バレルの寿命を延ばすお手入れの方法もご紹介していますので、ぜひあわせてご覧ください。
  • 最終更新日:2020年01月20日
  • 100,538  views
目次

ダーツバレルとは?

ダーツバレルとは?

ダーツバレルとは金属で作られた、ダーツの軸となる筒のこと。ダーツを投げる際の姿勢を作るパーツでもあり、飛距離を伸ばす役割も果たしています。


種類によって素材・重さ・長さ・太さが異なり、刻みと呼ばれるカットもさまざま。ダーツでは最重要ともいえるグリップ部分なので、持ったときにしっくりくるもの・理想的な飛び方をするものを選ぶことが大切です。


いいものは値も張りますが、ここにこだわるのが上達への早道。ご紹介する選び方を参考に、お気に入りのバレルを見つけましょう。

ダーツバレルの選び方

それでは早速、バレルの形状や素材についての選び方をご説明していきたいと思います。

ブラス?タングステン?素材の特徴から選ぶ

ダーツバレルの素材は主に、「ブラス」と「タングステン」の2種類。どちらにもメリット・デメリットがあるため、自分が使いやすい方を選びましょう。

太くて持ちやすく、初心者におすすめな「ブラス」

太くて持ちやすく、初心者におすすめな「ブラス」

出典:amazon.co.jp

ダーツをこれから始めるという方に、最適な素材がブラス(真鍮)です。ブロスのダレルは本体が太いので握りやすく、重心が前のものが多いので、放物線を描いて投げやすいといった特徴があり、ダーツの投げ方を掴むのにうってつけ。


価格もお手頃なものが多いため、まず初めの1本はブラスのバレルを購入することをおすすめします。しかし、ある程度慣れてきたら、ブラスで満足できなくなることがほとんど。ブラスである程度コツを掴んだら、次で紹介するタングステンに以降しましょう。

耐久力があり初心者からプロ用まで幅広い種類がある「タングステン」

耐久力があり初心者からプロ用まで幅広い種類がある「タングステン」

出典:amazon.co.jp

ダーツに慣れてきたら、タングステン製のバレルを使ってみましょう。レアメタルの一種であるタングステンは丈夫で重量があり、折れや摩耗に強いのが特徴。頻度にもよりますが1組買えば数年使える耐久性の高さも魅力です。またブラスと比べると細いので、狭い的でも弾かれにくいといったメリットもあります。


メリットばかりのタングステンですが、価格が高価なのが気になるところ。初心者向けだと数千円、上級者向けとなると1万千円前後となってしまいます。しかし、耐久性が高く長く使えるため、ランニングコストを考えると、ブラスとあまり変わりはないので、ご安心ください。

自分のスタイルに合わせて形状を選ぶ

バレルの形状は大きく分けてストレート・トルピード・砲弾の3つに分けられます。それぞれの形状の特徴から、自分に合うものを見つけてください。

グルーピングに有利!細身で安定性の高い「ストレート」

グルーピングに有利!細身で安定性の高い「ストレート」

出典:amazon.co.jp

バレルの太さが全体的に均一なストレートタイプは、細身のものが多く、グルーピングに有利なのが特徴。全体のバランスが平均に近く、グリップ位置が取りにくいため、上級者向けの形状となります。


目印がほとんどないため、初心者では扱いづらいですが、逆に目印の少なさを活かして、フォームの見直しに役立つことも。バランスの良さを活かせれば、思った位置に投げやすい形状とも言えます。

フォームが固めやすい「トルピード」は、初心者にもぴったり

フォームが固めやすい「トルピード」は、初心者にもぴったり

出典:amazon.co.jp

魚雷という意味のトルピードは名前の通り、全体的に緩やかなカーブを持たせたタイプ。トルピードタイプは、握り心地がよく、重心が分かりやすいため、フォームもしっかり固めることができます。安定して飛ぶので、初心者向けと言えるでしょう。

重心位置が分かりやすく、投げやすい「砲弾」

重心位置が分かりやすく、投げやすい「砲弾」

出典:amazon.co.jp

先端にかけて太くなる砲弾型は、トルピードよりもさらに重心位置が分かりやすいのが特徴。バランスが取りやすく、まるで球を投げるように投げることができるため、初心者にもぴったりの形状です。


扱いやすいバレルですが、その太さからグルーピングにはあまり向いていません。

前?後ろ?重心位置にもこだわろう!

前?後ろ?重心位置にもこだわろう!

重心はバレル選びの重要なポイントです。重心位置は大きく分けると、前・センター・後ろの3つに分けることができ、形状でほとんどが決定します。


前重心はダーツに力を乗せやすく、スピードが出て飛びやすいため、初心者向けのタイプ。扱いやすいですが、力を乗せて飛ばさないと、落下してしまうので、ご注意ください。


ストレートバレルに多いセンター重心は、全体のバランスが良いため、慣れていれば自分が思った通りに投げやすいのが特徴。ある程度力の伝え方を覚えた、中級・上級者向けの重心です。


後ろ重心はコントロールはしやすいですが、スピードが出にくく、力加減が難しいタイプ。放物線を描いて飛ぶのが特徴で、上級者向けと言えるでしょう。

初心者ならカットはシンプルなものがおすすめ

ダーツバレルの側面には何本ものカットが刻まれており、このカットによって指掛かりの良さが決まります。カットはダーツを投げる際の目印になるため、初心者の方はシンプルなカットを選ぶのがおすすめ。


カットは深い順に、シャーク、リング、ラフ、ストーンと続きます。カットが深く鋭利なものほど、指掛かりがよく、動力が生み出しやすいので、選ぶ際の参考にしてください。手に汗をかきやすい人は深いものだと滑りにくいので、自分の体質に合わせて選ぶのもいいでしょう。

セット内容・付属品もチェック

セット内容・付属品もチェック

出典:amazon.co.jp

バレルにその他のパーツが付属した商品も、多く発売されています。これからダーツを始めるという方は、チップ・シャフト・フライトが揃ったフルセットを選ぶのもいいでしょう。一つずつ購入する手間が省け、ケースがついているものなら、持ち歩きに使えるのでとても便利です。


商品によってセット内容は異なりますので、自分が必要なものが入った商品を選んでください。

ダーツバレルのおすすめ人気ランキング10選

それではいよいよ、おすすめのダーツバレルランキングを発表します。選び方を踏まえて、あなたに合うダーツバレルを見つけてくださいね。
10位
主な素材タングステン90%
形状砲弾
カットシャークカット
重心
セット内容バレル×3・ROTAシャフト×3・ナイロンシャフト×3・ティップ×3・フライト×3
9位
主な素材タングステン90%
形状
カットウイングカット
重心センター
セット内容バレル×3
8位

ターゲットパイロブレイジングシャドウ 星野光正モデル

12,042円 (税込)

主な素材タングステン90%
形状トルピード
カットリングカット・縦カット・デルタカット・多面カット
重心
セット内容バレル×3・フライト×3・シャフト×3・チップ×3
7位
主な素材タングステン80%
形状ストレート
カットダブルリングカット
重心センター
セット内容バレル×3・シャフト×3・フライト×3・チップ×3
6位

ハローズダーツバレル 初心者応援セット

4560429605201

3,772円 (税込)

主な素材タングステン85%
形状トルピード
カットリングカット
重心
セット内容バレル・成形フライト・シャフト・チップ
5位
主な素材ブラス
形状トルピード
カットリングカット・シャークカット・Vカット
重心
セット内容バレル×3・フライト×3・シャフト×3・チップ×3
4位
主な素材タングステン90%
形状トルピード
カットリングカット・シャークカット
重心
セット内容バレル・フライト・シャフト・チップ
3位
主な素材タングステン95%
形状トルピード
カットリングカット・オクタゴンカット・多面カット・ステアカット
重心
セット内容バレル×3・ CONDORフライト×3・ ティップ×3
2位

MONSTERダーツ バレル キトゥン3 森田真結子モデル 2BA

mod3121

11,800円

主な素材タングステン90%
形状トルピード
カットリングカット・ステアカット・シャークカット・ウィングカット・縦カット
重心
セット内容バレル×3・フライト×3・シャフト×3・チップ×3
1位
主な素材タングステン90%
形状ストレート
カットリングカット・マイクロカット
重心センター
セット内容バレル×3・CONDORフライト×3・ティップ×3

人気ダーツバレルの比較一覧表

商品画像
1
ダーツバレル トリニダード Xシリーズ TUCKER 1枚目

トリニダード

2
ダーツバレル MONSTER ダーツ バレル キトゥン3 森田真結子モデル 2BA 1枚目

MONSTER

3
ダーツバレル TRiNiDAD Gomez type8 山田勇樹考案モデル 1枚目

TRiNiDAD

4
ダーツバレル S4 ダーツバレル ゼウス3 1枚目

S4

5
ダーツバレル D.craft ブラスダーツ ネオ レッドジャッカル 1枚目

D.craft

6
ダーツバレル ハローズ ダーツバレル 初心者応援セット 1枚目

ハローズ

7
ダーツバレル One80 Raise シリーズ ダーツバレル 1枚目

One80

8
ダーツバレル ターゲット パイロブレイジングシャドウ 星野光正モデル

ターゲット

9
ダーツバレル King's Japan Kings 2BA バレル 1枚目

King's Japan

10
ダーツバレル ディーエムシー ホーク バレル 1枚目

ディーエムシー

商品名

Xシリーズ TUCKER

ダーツ バレル キトゥン3 森田真結子モデル 2BA

Gomez type8 山田勇樹考案モデル

ダーツバレル ゼウス3

ブラスダーツ ネオ レッドジャッカル

ダーツバレル 初心者応援セット

Raise シリーズ ダーツバレル

パイロブレイジングシャドウ 星野光正モデル

Kings 2BA バレル

ホーク バレル

特徴グリップ力にも定評のある、超重量ロングストレートバレル特殊カットでグリップ力とリリースのしやすさを両立オクタゴンカットを採用した、抜けの良い前重心モデル独自のゼウスカットで、グリップ&リリースをさらにアップ初心者からプロまで使えるスタンダードバレルダーツを始めるのにピッタリな入門セット幅広いプレイヤーの上達を促すバレルマットグリップと多面カットが抜けの良さを実現誰の手にもなじむ使いやすさが魅力6連シャークカットで握り心地もバッチリ
最安値
7,945
送料別
詳細を見る
要確認
9,774
送料要確認
詳細を見る
6,970
送料要確認
詳細を見る
1,406
送料要確認
詳細を見る
3,772
送料要確認
詳細を見る
4,298
送料要確認
詳細を見る
12,042
送料要確認
詳細を見る
9,980
送料要確認
詳細を見る
12,600
送料要確認
詳細を見る
主な素材タングステン90%タングステン90%タングステン95%タングステン90%ブラスタングステン85%タングステン80%タングステン90%タングステン90%タングステン90%
形状ストレートトルピードトルピードトルピードトルピードトルピードストレートトルピード砲弾
カットリングカット・マイクロカットリングカット・ステアカット・シャークカット・ウィングカット・縦カットリングカット・オクタゴンカット・多面カット・ステアカットリングカット・シャークカットリングカット・シャークカット・Vカットリングカットダブルリングカットリングカット・縦カット・デルタカット・多面カットウイングカットシャークカット
重心センターセンターセンター
セット内容バレル×3・CONDORフライト×3・ティップ×3バレル×3・フライト×3・シャフト×3・チップ×3バレル×3・ CONDORフライト×3・ ティップ×3バレル・フライト・シャフト・チップバレル×3・フライト×3・シャフト×3・チップ×3バレル・成形フライト・シャフト・チップバレル×3・シャフト×3・フライト×3・チップ×3バレル×3・フライト×3・シャフト×3・チップ×3バレル×3バレル×3・ROTAシャフト×3・ナイロンシャフト×3・ティップ×3・フライト×3
商品リンク

汚れが気になったときのお手入れ方法とは?

汚れが気になったときのお手入れ方法とは?

ダーツを続けていると気になるのが、バレルの汚れ。常に手で握っている上、溝が多く、汚れが溜まりやすい部分でもあります。まずは汚れが溜まらないよう、毎回使用後は、乾いた布でしっかり拭くことを習慣づけておきましょう。


それでも汚れが気になってきたら、洗浄が必要になります。中性洗剤を入れたぬるま湯に数分間漬けたあと、スポンジや歯ブラシで隙間の汚れを洗浄しましょう。サビを避けるため、洗浄後はドライヤーなどでしっかり乾燥させることも忘れずに。


アルコールスプレーを使用すれば、カラ拭きするだけで乾かす必要がないので、おすすめです。汚れをきれいに落とせばバレルの寿命を延ばすことができるので、メンテナンスは丁寧に行ってください。

シャフト・チップ・フライトは、こちらをチェック!

今回はダーツバレルについてご紹介してきましたが、マイダーツをカスタムするなら、シャフト・チップ・フライトも、自分にぴったり合ったものを選びたいですよね。以下の記事で詳しくご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

ダーツバレルの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、ダーツバレルのYahoo!ショッピング売れ筋ランキングは、以下から確認して下さい。

まとめ

おすすめのバレルをランキング形式でご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?素材や形状の違いによって、投げ心地やスコアは大きく変わってきます。

早いスキルアップを目指すなら、バレルは最初から良いものを使うのがおすすめ。予算・ダーツに対する情熱と相談しながらじっくり選んで、納得のいくものを見つけてください!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す