• ダーツバレルのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像1枚目
  • ダーツバレルのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像2枚目
  • ダーツバレルのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像3枚目
  • ダーツバレルのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像4枚目
  • ダーツバレルのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像5枚目

ダーツバレルのおすすめ人気ランキング10選

マイダーツを選ぶ際に一番重要なのはバレル選び。バレルの違いでダーツを投げた際の印象に天と地ほどの差が生まれます。しかしダーツ選びと一口に言っても、バレルの形状の違いだけでストレート・トルピード・スタンダードなど種類は豊富。TRiNiDAD・DYNASTY・Harrows・ターゲットなど定番のメーカーも多く、何を買えばよいかわからない方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな方に向けて、ダーツバレルの選び方のポイントを説明し、おすすめの商品をランキング形式でご紹介していきたいと思います。本格派でスタイリッシュなモデルから、女性にぜひ試してほしい可愛いカラーのモデルまでさまざま登場。記事後半ではバレルの洗浄方法などについても取り上げます。ぜひ参考にしてください!
  • 最終更新日:2018年11月08日
  • 89,468  views
目次

ダーツバレルの選び方のポイント

それでは早速、バレルの形状や素材についての選び方をご説明していきたいと思います。

価格帯や特徴から素材を選ぶ

ダーツバレルの素材は主に、「ブラス」と「タングステン」の2種類。まずはそれぞれの特徴から解説します。なお、チタニウムやステンレスなど例外的な素材に関しては今回は割愛します。

初心者向けとして定番の「ブラス(真鍮)」

初心者向けとして定番の「ブラス(真鍮)」

出典:amazon.co.jp

ブラスはとにかく低価格なことがメリットで、初心者にブラス製のバレルを勧める人は多いです。価格帯は大体1000~3000円程度。しかし長期的なコスパで見ると微妙なところで、例えばこれから頻繁にダーツをする予定であれば、おそらく1ヵ月経たずにより上位のバレルが欲しくなるでしょう。それぐらい、続いて紹介するタングステン製との差は大きいです。

しかし、太いので握りやすい・前重心で投げやすい、など初心者におすすめできる理由は価格以外にもいくつか挙げられます。そのため、ダーツを積極的に続けるかわからないけれど、とりあえずマイダーツが欲しい、という方ならば十分満足できるのではないでしょうか。逆に、本格的にダーツを始める予定の方にはおすすめできません。

コスパ優秀、長く使える「タングステン」

コスパ優秀、長く使える「タングステン」

出典:amazon.co.jp

タングステンの特徴は、丈夫で重量があるという点。折れや摩耗に強いので、頻度にもよりますが1組買えば数年使えます。初心者向けのものから上級者向けのものまで、最も幅広く使われている素材です。ブラス製との違いは、形状を見れば一目瞭然。狭い的に集中して矢を刺さりやすくするため、タングステン製のバレルは細く作られています。

慣れないうちは投げづらさもあると思いますが、初めからそういうものと思って取り組んだ方が上達も早いです。ただ、これからダーツに通うかもわからないのに高いものを買うべきではないでしょう。目安は大体2~4000円が初心者向け、6000円前後が中級者向け、1万円前後が上級者向け、といったところです。

ただこれはあくまでも目安で、初心者が1万円のバレルを買ってももちろん問題ありません。実際筆者が初めて買ったマイバレルは1万円弱のタングステン製で、以来5年ほど現役で使い続けています。

好みに合わせて形状の種類を選ぶ

好みに合わせて形状の種類を選ぶ

出典:amazon.co.jp

バレルの形状は大まかに、画像のように先が膨らんだ「砲弾型」や「トルピード型」を始め、「ストレート型」「スタンダード型」と3~4種類に分類されていて、それぞれ特徴があります。

トルピード型と砲弾型は重心と握るポイントが分かりやすく、フォームも固めやすい初心者向け。対してストレート型は、目印がほとんどないので初心者にはやや扱いづらいタイプです。逆に目印の少なさを活かして、フォームを見直す際などに役立ちます。スタンダード型は2つの中間といったところで、初めてのバレルとして選ぶとどっちつかずになる可能性も。

初めてのバレルならばトルピード型か砲弾型を中心に、もし自分のフォームが正しいか悩んでいるという方は、ストレート型を試してみてください。

カット(溝・きざみ)はシンプルなものがおすすめ

カット(溝・きざみ)はシンプルなものがおすすめ

出典:amazon.co.jp

ダーツバレルの側面には、何本ものカットが刻まれています。カットにはたくさんの種類があって、ひとつひとつを挙げると本当にキリがありません。でも難しいことを考える必要はなく、基本は「投げやすいものを選ぶ」のが正解です。

ただ初めてのバレルの場合、もし投げやすいと感じたとしても複雑なカットが刻まれたものはあまりおすすめしません。カットはダーツを投げる際の目印になるため、ここが複雑だとフォームもばらばらになりがち。1投目と3投目で全然飛び方が違うなんてことになりかねません。まずは「このカットに指を当てて投げている」と把握できるくらい、シンプルなカットが刻まれたものを選んでみてください。

重さ・含有量・添加物にも注目

重さ・含有量・添加物にも注目

出典:amazon.co.jp

商品を見ていると「タングステン含有量80%」などの表記を見かけると思います。これはそのまま「80%タングステンを使用している」ことを示していて、含有量が多ければ多いほど価格が高くなるというのが大体の傾向。タングステン含有量が増えると、ダーツで有利とされる「細く重いバレル」を作ることができるからです。

しかし中には、同じ含有量のバレルでも全く価格の異なるモデルがあったりします。これにはいろいろな理由がありますが、「添加物」の違いがそのひとつ。例えばタングステン90%の場合、残り10%に何を使用するかはメーカーや商品によってさまざまです。安価な素材を使用していれば当然安く、チタンなどの高級素材を使用していれば高くなります。

また、タングステン自体の品質もメーカーによって全然違います。商品を見比べたときに、なぜ似たような商品でメーカーやモデルごとに大きな価格差があるのか疑問に感じた際は、ぜひ含有量や添加物といった原材料にも目を向けてみてください。

セット内容・付属品もチェック

セット内容・付属品もチェック

出典:amazon.co.jp

バレルはダーツの中でも重要なパーツなので、バレルにその他のパーツが付属していることが多くなっています。チップやフライトといった消耗品が一式入っているものから、画像のようにスリムケースまで付いてくるフルセットまでその内容はいろいろ。これからダーツを始めるという方は特に、どこまで付いてくるのかを確認しておきましょう。

また逆に、他のアクセサリがそろっているという方の場合はケースなどかさばるものは邪魔になってしまうことも。今回のランキングではセット内容も併記していますので、ぜひ合わせてチェックしてください。

ダーツバレルのおすすめ人気ランキング10選

それではいよいよ、おすすめのダーツバレルランキングを発表します。選び方を踏まえて、あなたに合うダーツバレルを見つけてくださいね。
10位

ディッパーダーツブラスダーツ アルファロゼ

1,599円 (税込)

素材コーティングブラス
重量-
付属品ティップ6本・シャフト6本・フライト・スリムケース
9位
素材ブラス
重量15.2g
付属品ティップ3本・シャフト3本・フライト3枚・スリムケース
8位
素材タングステン90%
重量16.5g
付属品-
7位
素材タングステン90%
重量17.5g
付属品なし
6位
素材タングステン90%
重量17.5g
付属品ティップ3本・シャフト3本・フライト3枚
5位
素材タングステン90%
重量20.0g
付属品ティップ3本・CONDOR(シャフト一体型フライト)3本
4位

ターゲットパイロブレイジングシャドウ 星野光正モデル

13,800円 (税込)

素材タングステン90%
重量17.0g
付属品ティップ3本・シャフト3本・フライト3枚
3位

DYNASTYエーフロー ブラックライン ジュジャク パク・ヒョンチョルモデル

9,801円 (税込)

素材タングステン95%
重量18g
付属品ティップ3本・シャフト3本・フライト3枚
2位
素材タングステン90%
重量16.5g
付属品ティップ3本・シャフト3本・フライト3枚
1位
素材タングステン80%
重量13.3g
付属品ティップ3本・アルミシャフト3本・フライト3枚・スリムケース

おすすめ人気ダーツバレルの比較一覧表

商品画像
1
マイダーツ Harrows ASSASSIN 16gR

Harrows

2
マイダーツ エスフォー ゼウス3

エスフォー

3
マイダーツ DYNASTY エーフロー ブラックライン ジュジャク パク・ヒョンチョルモデル

DYNASTY

4
マイダーツ ターゲット パイロブレイジングシャドウ 星野光正モデル

ターゲット

5
マイダーツ TRiNiDAD Xシリーズ SHADOW

TRiNiDAD

6
マイダーツ MONSTER×CORE DARTS JAPAN Ash No.5

MONSTER×CORE DARTS JAPAN

7
マイダーツ King's 2BA

King's

8
マイダーツ TRiNiDAD サモラ 松本恵モデル

TRiNiDAD

9
マイダーツ DYNASTY BRASS DARTS SET ROCK

DYNASTY

10
マイダーツ ディッパーダーツ ブラスダーツ アルファロゼ

ディッパーダーツ

商品名

ASSASSIN 16gR

ゼウス3

エーフロー ブラックライン ジュジャク パク・ヒョンチョルモデル

パイロブレイジングシャドウ 星野光正モデル

Xシリーズ SHADOW

Ash No.5

2BA

サモラ 松本恵モデル

BRASS DARTS SET ROCK

ブラスダーツ アルファロゼ

特徴世界で最も売れているベストセラー指かかりの強いゼウスカットが勢いを生むコンセプトは「美しく力強い飛び」マットグリップと多面カットが抜けの良さを実現前方の窪みが特徴的シャフト側のカットに注目誰の手にもしっかりなじむ著名なプレイヤーである松本恵さんが考案入門用に非常におすすめ可愛らしいピンクコーティングブラス
価格2,881円(税込)4,980円(税込)9,801円(税込)13,800円(税込)7,099円(税込)10,500円(税込)9,980円(税込)10,000円(税込)1,680円(税別)1,599円(税込)
素材タングステン80%タングステン90%タングステン95%タングステン90%タングステン90%タングステン90%タングステン90%タングステン90%ブラスコーティングブラス
重量13.3g16.5g18g17.0g20.0g17.5g17.5g16.5g15.2g-
付属品ティップ3本・アルミシャフト3本・フライト3枚・スリムケースティップ3本・シャフト3本・フライト3枚ティップ3本・シャフト3本・フライト3枚ティップ3本・シャフト3本・フライト3枚ティップ3本・CONDOR(シャフト一体型フライト)3本ティップ3本・シャフト3本・フライト3枚なし-ティップ3本・シャフト3本・フライト3枚・スリムケースティップ6本・シャフト6本・フライト・スリムケース
商品リンク

バレル余っていませんか? そんなときは中古買取

バレル余っていませんか? そんなときは中古買取

出典:amazon.co.jp

本来バレルも消耗品ですが、もともとかなり耐久力のあるパーツなので、買い替えの度に捨てているという方は少ないと思います。そうすると、まだまだ使えるバレルが次から次へとたまっていくというケースも決して珍しくありません。

そんなダーツプレイヤーを見越してか、ダーツショップではバレルの中古買取を実施しています。たまったバレルの処分に困っているという方は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。また同様に、バレルは多少消耗したくらいでプレーに影響を与えるものではありません。少しでもコストを抑えたい、あるいは掘り出し物を探したいという方はぜひ中古品にも注目してみてください。

ダーツバレルの洗浄の仕方

ダーツをやっていると気になってくるのが、バレルのカットに入り込んだ水分や皮脂などの汚れ。見た目が悪くなるばかりか、そのまま放置しておくと錆びの原因にもなります。錆びたバレルは鋭いカットによるグリップ感がなくなってしまい、本来の性能を発揮できません。

そんなバレルを掃除するのに最も簡単なのは、超音波式洗浄機を利用する方法。その他、中性洗剤やアルコールスプレーでも汚れを落とすことは可能ですが、やはり手間がかからないのは超音波式洗浄器です。下記リンクで詳しく紹介していますので、気になった方はぜひ合わせてチェックしてみてください。

まとめ

おすすめのダーツをランキング形式でご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか? マイダーツの形状の違い、素材の違いによって投げ心地やスコアは大きく変わってきます。

バレルは最初から良いものを使った方が、成長が早く後々のスキルアップにもつながりやすいです。しかし、使う機会が少ないのに高額なものを買うのはやはり気が引けますよね。自分のお財布・ダーツに対する情熱と相談しながら、自分に合ったマイダーツをぜひ見つけてください。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す