• メジャー・巻尺のおすすめ人気ランキング10選【使いやすいのはどれ?】のアイキャッチ画像1枚目
  • メジャー・巻尺のおすすめ人気ランキング10選【使いやすいのはどれ?】のアイキャッチ画像2枚目
  • メジャー・巻尺のおすすめ人気ランキング10選【使いやすいのはどれ?】のアイキャッチ画像3枚目
  • メジャー・巻尺のおすすめ人気ランキング10選【使いやすいのはどれ?】のアイキャッチ画像4枚目
  • メジャー・巻尺のおすすめ人気ランキング10選【使いやすいのはどれ?】のアイキャッチ画像5枚目

メジャー・巻尺のおすすめ人気ランキング10選【使いやすいのはどれ?】

ものや空間の大きさや長さを計る道具、メジャーや巻尺。洋裁やDIYには欠かすことができない、おなじみのアイテムですよね。でもいざ選ぼうとすると、その種類はかなり豊富で大変。長さだけでも30m・50m・100mなどの種類があり、スチールや布など素材もさまざまです。一体どれがいいのか迷ってしまうという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、購入者の口コミなどもチェックして、使いやすさでおすすめの商品をランキングにしてみました。選び方のポイントも解説しますので、あなたの利用目的に合ったメジャーや巻尺を見つけてくださいね。目的に合わせて使い分ければ、より正確に、そして快適に測ることができますよ。
  • 最終更新日:2019年08月29日
  • 18,562  views
目次

メジャー・巻尺の選び方のポイント

ではメジャー・巻尺を選ぶ際に決め手となるのはどんなことなのでしょうか? 選び方のポイントをご紹介しますので、目的に合わせてぴったりなものを探す参考にしてみてください。

メジャー? 巻尺? 用途に合う形状を選ぶ

メジャーも巻尺も「長さを測る道具」という意味では同じものですが、違いは形状にあります。違いを知れば適した用途が見えてくるので、自分の目的に合う方を選びましょう。

手芸や洋裁に便利なテープ状の「メジャー」

手芸や洋裁に便利なテープ状の「メジャー」
メジャーは、日本では布製・樹脂製の長いテープ状のものを指すことが多く、カーブした面の測定がしやすいという特徴があるので、主に洋裁などで使われます。

片面だけでなく両面に目盛りが印字されているものや、片面はセンチメートル表記、もう片面はインチといったように異なる単位が計測できるものもあります。コンビニやスーパーなどでも販売されており、100円ほどで購入できるお手頃商品です。

巻き取り型でコンパクトな「巻尺」

巻き取り型でコンパクトな「巻尺」

出典:amazon.co.jp

巻尺は、いわば「巻かれている状態のメジャー」。あらかじめ巻いた形状にしてあり、メジャーをよりコンパクトにしたものと言ってもいいでしょう。好きな長さに引き出して使うことができ、持ち運ぶことが多いシーンで活躍します。なお、テープが薄い金属製になっている「コンベックス」も巻尺の一種です。

建築現場やDIYで活躍する「コンベックス」

建築現場やDIYで活躍する「コンベックス」
コンベックスは正確に分類するのが難しいのですが、一般的には「先端にゼロ基点になる爪がある」「水平を保持するためにRが付いている(テープ断面が樋状になったもの)」「巻き取れるもの」とされています。高いところや狭いところも測りやすいので、建築現場などで活躍するタイプです。正確な測定をしたい方にはコンベックスの方が適していると言えますね。
なおコンベックスをお探しの方には以下の記事もおすすめです。詳しい選び方と共に、建築のプロが愛用している商品も紹介されていますよ。

適切な長さのものを選ぶ

適切な長さのものを選ぶ
メジャーや巻尺には、いろいろな長さのものがあります。洋裁をする方などで、主に体のサイズを測ったり洋服の幅などを測るのには、巻かれていないメジャータイプがおすすめ。この場合は1.5mから2m程度のものが、長すぎずほどよい使いやすさです。

時々箱のサイズを測るなど、普段あまり使わずしまっておくことが多いなら、コンパクトな巻尺タイプが便利。この場合も、布製や樹脂製のテープでは1.5mほどのものが主流です。ただし、作業用コンベックスでは5mや10mといった長さのものもあります。木材や家の壁の幅、家具など大きなものを計測したい場合は、長さのあるコンベックスを選ぶといいでしょう。

見落としがちなテープ幅にも注目

見落としがちなテープ幅にも注目
メジャーや巻尺では長さにばかり注目しがちですが、実はテープ幅もさまざま。6mmから27mmくらいまでの太さがあり、目的によって選ぶ基準が異なります。測る長さが短い場合は細めでも十分ですが、長い場合は幅の太い商品の方がずれにくいのでおすすめです。また幅太の方が折れにくいという点でも、安定した計測に適していると言えるでしょう。

目安として、長さが3m以上になる場合は19mm幅以上のものが理想的。短くてもしっかり水平に測らなければいけない場合も、このくらいの幅より太いものを選ぶといいですよ。

使い勝手を左右する素材選びも重要

使い勝手を左右する素材選びも重要
メジャー・巻尺は素材の選び方で使い勝手が大きく変化します。例えば柔軟性のある布や樹脂製のメジャーの場合、曲面にもフィットして誤差のない数字を出せますので、カーブしているものを測ることが多い方に最適です。何度も曲げたり伸ばしたりを繰り返してもちぎれにくいグラスファイバー製のメジャーなら、より長持ちするでしょう。

木材や壁など硬くしっかりしたものをまっすぐに測りたい時には、金属製がベスト。スチール・ステンレスといった金属が使われており、中にはナイロンでコーティングして折れ曲がりにくくなったものもあります。スチールは、金属製ながら価格が安価なのが魅力です。しかしどうしても錆びやすいので、屋外や水回りでの使用が多い場合にはステンレス製を選んだ方が良いでしょう。

あると嬉しい「ストッパー機能」

あると嬉しい「ストッパー機能」

出典:amazon.co.jp

巻尺とコンベックスタイプには、好きな長さで引き出した後に巻き戻りを防ぐストッパー付きの商品があります。特に硬質な素材を用いたコンベックスなら、引き出して固定することで直接モノに当てなくても測定が可能です。天井の高さなど、手の届かない場所の測定をしたい時にとっても便利ですよ。

DIYでは、木材などに巻尺を合わせたまま好みの場所でストップさせるなどといった使い方もできて、希望の長さにカットしたい時に役立ちます。他のポイントが押さえられていることを確認したうえで、ぜひストッパー機能の有無にも注目してみてくださいね。

メジャー・巻尺のおすすめ人気ランキング10選

ここからは、具体的なおすすめ商品をランキングでご紹介してみたいと思います。自分にぴったりな商品は何位に入っているか、チェックしてみてくださいね。
10位

プロマートテーラーメジャー

TM1515LL-0G

552円 (税込)

形状メジャータイプ
長さ1.5m
15mm
素材グラスファイバー
9位

原度器株式会社 プロマート 抗菌メジャー オートストップ

435円 (税込)

形状巻尺タイプ
長さ1.5m
18mm
素材グラスファイバー
8位

シンワコンベックス スマートギア 25-5.5m マグネット爪

72762

681円 (税込)

形状巻尺タイプ(コンベックス)
長さ5.5m
25mm
素材スチール
7位

株式会社コンヨSUN UP ハンディメジャー

661円 (税込)

形状巻尺タイプ
長さ20m
13mm
素材グラスファイバー
6位

原度器株式会社プロマート スリムメジャー

542円 (税込)

形状巻尺タイプ(コンベックス)
長さ3.5m
6mm
素材スチール
5位
メジャー巻尺 藤原産業  コメロン 鋼製巻尺 グリッパー 1枚目
出典:amazon.co.jp

藤原産業 コメロン 鋼製巻尺 グリッパー

KMC-900R

1,018円 (税込)

形状巻尺タイプ
長さ20m
10mm
素材ナイロンコートテープ
4位

新潟精機株式会社 miniメジャーKAIDAN

691円 (税込)

形状巻尺タイプ(コンベックス)
長さ2m
9mm
素材SK材(樹脂コーティング)
3位

クツワHiLiNE 超薄型スチール製メジャー

MJ002BK

700円 (税込)

形状巻尺タイプ(コンベックス)
長さ3.5m
6mm
素材スチール
2位
形状巻尺タイプ(コンベックス)
長さ5.5m
25mm
素材ステンレス
1位
形状巻尺タイプ(コンベックス)
長さ3.5m
16mm
素材スチール

おすすめ人気メジャー・巻尺の比較一覧表

商品画像
1
メジャー巻尺 タジマ Gロック-16  1枚目

タジマ

2
メジャー巻尺 タジマ Σストップ 1枚目

タジマ

3
メジャー巻尺 クツワ HiLiNE 超薄型スチール製メジャー 1枚目

クツワ

4
メジャー巻尺 新潟精機株式会社  miniメジャーKAIDAN 1枚目

新潟精機株式会社

5
メジャー巻尺 藤原産業  コメロン 鋼製巻尺 グリッパー 1枚目

藤原産業

6
メジャー巻尺 原度器株式会社 プロマート スリムメジャー 1枚目

原度器株式会社

7
メジャー巻尺 株式会社コンヨ SUN UP ハンディメジャー 1枚目

株式会社コンヨ

8
メジャー巻尺 シンワ コンベックス スマートギア 25-5.5m マグネット爪 1枚目

シンワ

9
メジャー巻尺 原度器株式会社  プロマート 抗菌メジャー オートストップ 1枚目

原度器株式会社

10
メジャー巻尺 プロマート テーラーメジャー 1枚目

プロマート

商品名

Gロック-16

Σストップ

HiLiNE 超薄型スチール製メジャー

miniメジャーKAIDAN

コメロン 鋼製巻尺 グリッパー

プロマート スリムメジャー

SUN UP ハンディメジャー

コンベックス スマートギア 25-5.5m マグネット爪

プロマート 抗菌メジャー オートストップ

テーラーメジャー

特徴コンベックスで人気の定番品、JIS1級のプロ仕様極厚テープで曲がりにくい。空中での計測もたわまないゼロ基点爪付きでまっすぐ測れる。持ち歩きやすい手のひらサイズパッと見てすぐ計測できる、見やすい目盛り付き自動巻き戻り無しで安全に使えるコンパクトタイプ柔らかスチールで曲面にも使えるコンパクトなのに20mまで測れるロングタイプマグネットの爪がしっかり密着! 金属を測りやすい縦方向も横方向も図りやすい両面プリントグラスファイバーコーティングで安心の耐久力
価格1,181円(税込)2,089円(税込)700円(税込)691円(税込)1,018円(税込)542円(税込)661円(税込)681円(税込)435円(税込)552円(税込)
形状巻尺タイプ(コンベックス)巻尺タイプ(コンベックス)巻尺タイプ(コンベックス)巻尺タイプ(コンベックス)巻尺タイプ巻尺タイプ(コンベックス)巻尺タイプ巻尺タイプ(コンベックス)巻尺タイプメジャータイプ
長さ3.5m5.5m3.5m2m20m3.5m20m5.5m1.5m1.5m
16mm25mm6mm9mm10mm6mm13mm25mm18mm15mm
素材スチールステンレススチールSK材(樹脂コーティング)ナイロンコートテープスチールグラスファイバースチールグラスファイバーグラスファイバー
商品リンク

もっと正確・簡単に測定したい方にはこちらもおすすめ

より正確に、あるいは手軽に簡単に計測したいという方には、以下で紹介しているノギスやレーザー距離計もおすすめ。どちらもプロ向けで高価……と思ってしまうかもしれませんが、決してそんなことはありません。メジャーや巻尺と大差ない手ごろな価格のものもたくさんありますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

メジャー・巻尺の売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、メジャー・巻尺のAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

まとめ

いかがでしたか? メジャー・巻尺は、使う目的に合わせて選ぶことで最適な商品が見つかります。

ご紹介した商品の中に、自分にぴったりなアイテムは見つかったでしょうか。使い勝手のいいメジャーや巻尺を選べば、計測はもっとスムーズになります。ぜひ長く愛用できる商品を探してみてくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す