• ベビーワセリンのおすすめ人気ランキング7選【あせも・オムツかぶれの予防に!】のアイキャッチ画像1枚目
  • ベビーワセリンのおすすめ人気ランキング7選【あせも・オムツかぶれの予防に!】のアイキャッチ画像2枚目
  • ベビーワセリンのおすすめ人気ランキング7選【あせも・オムツかぶれの予防に!】のアイキャッチ画像3枚目
  • ベビーワセリンのおすすめ人気ランキング7選【あせも・オムツかぶれの予防に!】のアイキャッチ画像4枚目
  • ベビーワセリンのおすすめ人気ランキング7選【あせも・オムツかぶれの予防に!】のアイキャッチ画像5枚目

ベビーワセリンのおすすめ人気ランキング7選【あせも・オムツかぶれの予防に!】

おむつかぶれやあせもなど、肌トラブルを引き起こしやすい赤ちゃんのために、肌の保護を目的として使用されるベビーワセリン。大切な赤ちゃんの肌を刺激から守るため、使用しているママも多いかと思います。ただし、ベビーワセリンの使用には注意も必要。成分によっては逆効果となり、肌トラブルの原因になってしまう危険性もあるので、注意して選ばなくてはいけません。

そこで今回は、赤ちゃんの肌を優しく守ってくれるベビーワセリンの正しい選び方をお伝えし、おすすめの商品をランキング形式でご紹介します!ぜひ参考にしてくださいね。

この記事に登場する専門家

かたくりこ
  • 最終更新日:2020年02月23日
  • 116,614  views
目次

そもそもベビーワセリンって?

そもそもベビーワセリンって?
ベビーワセリンとは何なのか?どんな役割があるのか?などをよく知らない方のため、まずはベビーワセリンの役割や効果をご説明したいと思います!そもそもベビーワセリンとは精製を行なって不純物を取り除き、肌への刺激を極力抑えた石油由来の成分を原料に作られており、保存料なども加えていない、無添加・低刺激の100%ワセリンのことを言います。

成分自体には保湿効果はありませんが、肌表面をしっかりとコーティングして、ホコリや衣服などとの摩擦による刺激から守る膜を作ってくれるため、オムツかぶれやあせもなどが出がちなデリケートな赤ちゃんの肌の保護剤として使われます。

また、ベビーワセリンは敏感な赤ちゃんの肌にも安全なように作られており、刺激が少ないとされる白色ワセリンよりも、さらに肌に優しい処方でできています。安全な処方で赤ちゃんお肌を守ってくれるのが、ベビーワセリンなんですね。

ベビーオイルやローションとの違いは?

ベビーオイルやローションとの違いは?
ベビーワセリンが石油由来の成分から作られているのに対し、ベビーオイルはミネラルオイル(鉱物油)、ベビーローションは水が主成分となっています。

ベビーオイル・ベビーローションはそれぞれに役割も異なり、オイルは油分を補い、バリア機能を高めて傷つきにくい肌をつくってくれる働きを、ベビーローションは肌に水分を補ってくれる働きをしてくれます。これに対してワセリンには水分を蒸発させない効果がありますので、赤ちゃんの肌質や用途などに合わせて上手に使い分けていきたいですね。

ベビーワセリンの選び方

ベビーワセリンの役割や効果がわかったところで、早速ベビーワセリンの正しい選び方を見ていきましょう。成分に注意して選ばないと逆に肌に刺激を与えてしまう可能性もあるので、しっかりとチェックしておいてくださいね!

ワセリンの精製度(純度)をチェックする

ワセリンの精製度(純度)をチェックする
ベビーワセリンを選ぶ際まず大切なのは、ワセリンの精製度(純度)を確認することです。赤ちゃんの肌に使用する場合は黄色ワセリンを精製した白色ワセリンが基本となっており、「ベビーワセリン」の名前で呼ばれる商品の多くも、この白色ワセリンから作られています。

そのため、通常であれば白色ワセリンで問題はありません。でも、特に肌が弱い赤ちゃんの場合には、その白色ワセリンをさらに精製したプロペトもおすすめ。プロペトはその純度の高さから、医療用として認められているワセリンでもあります。敏感肌の赤ちゃんの場合には、プロペト以上が適している場合もありますので、覚えておくと良さそうですね。

添加剤にも注意しよう

添加剤にも注意しよう
もう一つベビー用のワセリンを選ぶ際に覚えておきたいのは、なるべくシンプルな構成で作られた製品を選ぶようにするということです。

ワセリン製品にも添加されがちな添加剤としては合成香料や着色料、パラフィンなどが挙げられますが、このような成分は肌トラブルを引き起こす可能性もあります。ベビーワセリンは赤ちゃんの健やかな肌を守るために使うものですから、なるべく主成分であるワセリン以外の添加物が含まれていない、シンプルな構成の製品を選ぶようにしましょう!

成分表で配合率や内容をチェック

成分表で配合率や内容をチェック
ベビーワセリンを選ぶ際にさらに確認しておきたいのが、配合されている成分の割合やその内容です。「ナチュラル」や「オーガニック」といったように、自然派を謳った製品も多く販売されていますが、割合としてはごくわずかな場合などもあります。そのため、商品の裏側に記載されている成分表で、その内容や順番もチェックするようにしましょう。成分表には配合率が高い順から記載されているので、おおよその目安を知る手がかりとして使えますよ。

使い切れる量のものを選ぶ

使い切れる量のものを選ぶ

意外と見落としてしまいがちなのが、分量です。ベビー用のワセリンは精製度が高いため比較的劣化しにくいのですが、油脂であるため、酸化は避けられません。酸化すると色が黄色くなったり、臭いが変化したりします。もちろん酸化したワセリンは赤ちゃんの肌への使用は避けたほうがいいので、特にベビーワセリンがはじめて…という場合には、使い切りやすい少量タイプの製品を選ぶのがおすすめです。

塗りやすさ・持ち運びやすさもポイント

塗りやすさ・持ち運びやすさもポイント
ベビーワセリンを選ぶ際には、塗りやすさや持ち運びのしやすさなども考慮しておきましょう。赤ちゃんの成長は早いため、すぐに寝返りやハイハイなどで行動範囲も広がり、じっとしている時間も少なくなります。こんな時に伸びがいいタイプやベタつきが少ないものだとさっと塗れるので、塗りやすさについても口コミなどでチェックしておくと安心ですね。

また、ワセリンにはボトル式のタイプもよく見かけますが、ボトル式の場合は指を入れてすくうため、そこから雑菌が入りやすくなります。チューブ式のタイプならこの点もクリアされていますし、持ち運びもしやすいですよ。特にお出かけの機会が多いなら、ボトル式よりも断然チューブ式がおすすめです!

プロの愛用するおすすめのベビーワセリン

まずはランキングの前に、プロの愛用するおすすめのベビーワセリンをご紹介します!プロのおすすめポイントを参考に、赤ちゃんの肌のトラブルの緩和や予防ができるものを見つけてくださいね。

なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年2月21日時点)をもとにして順位付けしています。

専門家の
マイベスト

ベビーワセリンのおすすめ人気ランキング7選

さあ、いよいよここからはおすすめのベビーワセリンをランキング形式でご紹介していきます。ぜひ参考にしてくださいね!
7位
ベビーワセリン コスメティックローランド ロッシベビー ワセリンピュアN 1枚目
出典:amazon.co.jp

コスメティックローランドロッシベビー ワセリンピュアN

399円 (税込)

内容量65g
成分ワセリン
6位
内容量60g
成分ワセリン
5位
内容量100g
成分ワセリン
4位
内容量80g
成分白色ワセリン
3位
ベビーワセリン ユニリーバ ヴァセリン ペトロリュームジェリー ベビ 1枚目
出典:amazon.co.jp

ユニリーバヴァセリン ペトロリュームジェリー ベビ

780円 (税込)

内容量368g
成分ワセリン・香料
2位
内容量60g
成分ワセリン
1位
内容量60g
成分白色ワセリン

人気ベビーワセリンの比較一覧表

商品画像
1
ベビーワセリン 健栄製薬 ベビーワセリン 1枚目

健栄製薬

2
ベビーワセリン ピジョン ワセリン 1枚目

ピジョン

3
ベビーワセリン ユニリーバ ヴァセリン ペトロリュームジェリー ベビ 1枚目

ユニリーバ

4
ベビーワセリン 日興リカ サンホワイトシルキー 1枚目

日興リカ

5
ベビーワセリン ピジョン ピジョン 無添加 ワセリン 1枚目

ピジョン

6
ベビーワセリン 近江兄弟社 メンターム ワセリン 1枚目

近江兄弟社

7
ベビーワセリン コスメティックローランド ロッシベビー ワセリンピュアN 1枚目

コスメティックローランド

商品名

ベビーワセリン

ワセリン

ヴァセリン ペトロリュームジェリー ベビ

サンホワイトシルキー

ピジョン 無添加 ワセリン

メンターム ワセリン

ロッシベビー ワセリンピュアN

特徴赤ちゃんの肌に優しい白色ワセリン伸びがよくベタつきにくい世界90ヵ国以上で愛されているワセリンの定番べたつきが気になる方にピッタリ!100gのたっぷりサイズ!持ち運びも便利なチューブタイプ無添加・無香料の低刺激!やわらかな質感で使いやすい生ワセリン100%配合!敏感肌の赤ちゃんでも安心
最安値
323
送料別
詳細を見る
392
送料要確認
詳細を見る
780
送料要確認
詳細を見る
1,480
送料要確認
詳細を見る
621
送料別
詳細を見る
286
送料要確認
詳細を見る
399
送料要確認
詳細を見る
内容量60g60g368g80g100g60g65g
成分白色ワセリンワセリンワセリン・香料白色ワセリンワセリンワセリンワセリン
商品リンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はベビーワセリンの正しい選び方とおすすめ人気ランキングをご紹介させて頂きました。

大切な赤ちゃんの肌を乾燥や刺激によるトラブルから保護してくれるベビーワセリン。でも成分に注意して選ばないと、逆にかぶれなどを引き起こす原因にも…。今回ご紹介した選び方のポイントを参考に、赤ちゃんに優しいワセリンを選んであげてくださいね!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す