• 8e01fe6edf1ad999f2ccad57d4aeab1c5562d558
  • 5825be6d1dd6a2f89bf75f50d1e67b1da3116e87
  • B8a461c2fdb3189981586a351ac1581fdfb2ea8c
  • 795918fb0ce19eda083c67f3eb377794c96e36be
  • B6cfbd156cb4a0b67dfefdbd9858431584805e8c

羽毛布団のおすすめ人気ランキング10選【お手頃価格のものも!】

掛け布団と一口に言ってもさまざまありますが、中でも「羽毛布団」は、夏は爽やかで冬は暖かいと不動の人気を誇っています。でも、ひと口に羽毛布団と言っても、グースやダックといった使用しているダウン(羽毛)の違いはもちろんのこと、寝具メーカーや羽毛の産地、側生地の素材といった違いがあったり、価格も1万円以下の安い製品から、100万円を超えるような高級品まで存在したりするため、どれを選んだらよいか迷ってしまいますよね。

しかし今は、詳細な製品情報や多くの口コミ・評判から品質を確認できるネット通販で、じっくりと選ぶことができるようになりました。今回はそんな羽毛布団の選び方とおすすめ商品10選をランキング形式でご紹介します!睡眠の質を高めてくれる軽くて暖かな羽毛布団をぜひ見つけてくださいね。

最終更新日:2017年09月01日 | 35,716views

羽毛布団の選び方

羽毛布団の製品情報を見ると、ダウンパワー・側生地・ゴールドラベルなど馴染みのない言葉が並んでいます。でも、これらの意味を理解すれば、羽毛布団の品質と価格の関係性も理解できるようになるはず。これからご紹介する選定方法を参考にして、コスパに優れたフワフワの羽毛布団を見つけてください!

ダウン比率を確認しよう!

羽毛布団にとって最も大切なのが、ダウン比率。ダウン(羽毛)とは、水鳥の胸の辺りに生える綿毛のようなフワフワな毛のことで、吸湿性や発散性に優れています。

ダウンの比率が下がると、軸のついたフェザー(鳥の羽)の量が増えることになり、ダウン比率が50%未満になるとそれはもはや羽毛布団ではなく、羽根布団と呼ばれる別物です。超特価の羽毛布団だと思って購入したら実は羽根布団だった、なんてことも…。くれぐれもご注意ください。

ただし、ダウン比率が高いだけでは、必ずしも良い羽毛布団とは言えません。産地や品種などによって、ダウンのふくらみは大きく異なりますし、品質の悪いダウンが詰まっている可能性もあります。とはいっても、羽毛布団はダウンの比率によってグレードが変わるので、購入の際にはまず比率を確認するようにしましょう!

フワフワ感の見極めは「ダウンパワー」で

羽毛布団を選ぶ際のダウン比率と合わせて重要な指標となるのが、「ダウンパワー」。ダウンパワーとは、ダウンのフワフワ感、いわゆる弾力性を数値で示したもの。この数値が高いほど、高品質なダウンということになります。ダウンパワーは、ダウン1g当たりの体積のことで、単位は「dp」。フワフワの羽毛布団が欲しいなら、できるだけこの数値が高い製品を選べばよい、というわけです。

日本羽毛製品協同組合では、ダウンパワーを「ニューゴールド」(300dp以上)、「エクセルゴールド」(350dp以上)、「ロイヤルゴールド」(400dp以上)、「プレミアムゴールド」(440dp以上)という、4つのグレードに分けてゴールドラベルを付与。羽毛布団購入の際に、目安として活用することができますよ。

製品によっては、日本で唯一の羽毛専門の公的検査機関「CIL(コンフォートインデックスラボ)」が発行するCILギャランティーラベルによって品質保証をしている場合もあります。いずれにしても、440dpを超えるダウンであれば、最高級品と考えてよいでしょう。

寒い場所で採れたダウンほど暖かい

羽毛布団を購入する際は、ダウンの産地も確認しましょう。ダウンの主な原産国は、ポーランド・ハンガリー・ロシア・ドイツ・イングランド・フランス・中国など。寒い地域で育ったダウンほど大きく、保温性に優れていると言われています。

なお、私たちが比較的安価なダウン製品を購入できるようになったのは、中国産をはじめとする安価なアジアのダウンのおかげ。ただし、コストカットを重視するあまり、品質の低下を懸念する声があるという事実も知っておきましょう。

いずれにせよ、産地についてはダウンパワーのような客観的数値に基づく基準ではないので、予算に糸目を付けないという人以外は、あまり気にしなくてもいいのかもしれません。

アヒルの毛よりもガチョウの毛が上質

ダウンには、ガチョウの毛を使用したグースダウンと、アヒルの毛を使用したダックダウンがあるのをご存じですか?ダウンの品質は、一般的にダックよりもグース、グースよりもマザーグース(親鳥)のほうがグレードが高いとされています。ダウンのカラーについては、シルバーよりも見栄えのするホワイトの方が人気ですが、性能の違いはありません。

一方で、ダウンの品質は飼育期間や飼育地域の環境の影響も大きく、グースとダックの違いだけで一概に優劣を判断することはできないといわれています。

寝具としての価値を高める側生地と縫製

羽毛布団とはいえ、大事なのは中身のダウンばかりではありません。布団を生かすも殺すも、最後は側生地(がわきじ)。直接肌に触れる生地の素材が、やはり寝心地を大きく左右します。側生地の材質を見ると、綿やポリエステルなどが使われていますが、おすすめは綿。中でも、繊維が長くてしなやかな超長綿の肌触りは抜群です。

さらに、注目したいのは縫製。縫製が悪いと中の羽毛が飛び出す恐れもあります。丁寧にキルティング加工がされていれば、羽毛が片寄ることもなく、快適な寝心地を約束してくれるでしょう。側生地や縫製を重視するなら、やはり大手の寝具メーカーを選んでおくと安心です。

羽毛布団のおすすめ人気ランキング10選

ここでは、おすすめの羽毛布団10選を発表していきます。掛け布団には、シングル・ダブル・セミダブルなど色々なサイズがありますが、今回は一般的なシングルサイズに限定しました。ただし、商品によってはサイズやカラーなどのバリエーションも取り揃えているので、必要に応じて選んでくださいね。

10位:アイリスプラザ 羽毛布団

アイリスプラザ 羽毛布団 シングル
7,980円(税込)

・ダウン比率:90%
・ダウンパワー:350dp(日羽協・エクセルゴールドラベル)
・ダウンの種類:ホワイトダックダウン
・ダウンの産地:不明
・側生地:綿15%、ポリエステル85%

羽毛布団入門に最適なコスパに優れた1枚

お手頃価格ながら、ダウン比率は90%、ダウンパワーは350dpでエクセルゴールドラベル取得と、コスパに優れた製品です。保温力がアップする2層式立体キルト構造で、ダウンパワー以上のふっくら感を感じることができます。

原料のダウンは国内洗浄&高温加熱処理済みで清潔。ダウンの産地が不明なのは、安価な製品なので致し方ないのかもしれません。とりあえず、羽毛布団を試してみたいという人にはおすすめです。

9位:東京西川 羽毛布団

東京西川 羽毛布団 シングル KA06002058A1
19,800円(税込)

・ダウン比率:85%
・ダウンパワー:不明
・ダウンの種類:ホワイトダックダウン
・ダウンの産地:不明
・側生地:綿100%

安心の大手メーカー「西川」のお手頃羽毛布団

こちらは、皆さんお馴染みの東京西川の羽毛布団です。西川グループは日本を代表する布団メーカーなので、「布団を買うなら西川一択」という人も多いのでは?「西川ダウン」の羽毛掛け布団は、2015グッドデザイン賞を受賞している定評のある製品です。こちらの製品も、ダウンは西川独自のフレッシュアップ加工で、ふっくらやわらか。側生地は綿100%で、抗菌防臭加工を施しています。

ただし、ダウンパワーや産地は不明。西川独自の厳しい基準をクリアしたダウンだけを使用していますが、客観的な基準で製品を比較したい人にとっては、不満かもしれません。

8位:グッドフェザー 羽毛布団

グッドフェザー 羽毛布団 シングル
16,300円(税込)

・ダウン比率:90%
・ダウンパワー:320〜330dp(日羽協・ニューゴールドラベル)
・ダウンの種類:シルバーダウン
・ダウンの産地:不明
・側生地:綿100%

良品質なのにリーズナブルに手に入る!

ニューゴールドラベルでダウン比率90%、側生地は綿100%、1層立体キルト加工、価格もリーズナブルと、寝具としてバランス良く仕上がっています。量販店などでは、通常3万円相当で販売される品質とのことですが、工場直販によりこの価格が実現されました。

商品情報では、ダウンの種類がグースなのかダックなのか判別できませんが、グースにこだわらないなら、買いの1枚でしょう。

7位:安眠工場 羽毛布団 ホワイトダックダウン

安眠工場 羽毛布団 ホワイトダックダウン シングル
9,980円(税込)

・ダウン比率:85%
・ダウンパワー:320dp(日羽協・ニューゴールドラベル)
・ダウンの種類:ホワイトダックダウン
・ダウンの産地:不明
・側生地:綿20%、ポリエステル80%

価格重視ならコレで決まりかも!

1万円を切る低価格の羽毛布団です。安価とはいえ、ダウンパワーはニューゴールドラベル、ダウン比率85%と、羽毛布団としての基準は大きくクリアしています。羽毛量も増量タイプ1.2kgとたっぷり。春・秋なら十分な暖かさでしょう。

1点気になるのは、においが気になるというレビューが散見されること。当たり外れがあるかもしれないので、においに敏感な人は要注意です。

6位:Body&Soul 羽毛布団

Body&Soul 羽毛布団 シングルロング
14,980円(税込)

・ダウン比率:85%
・ダウンパワー:350dp(日羽協・エクセルゴールドラベル)
・ダウンの種類:ホワイトダックダウン
・ダウンの産地:フランス
・側生地:綿15%、ポリエステル85%

憧れのヨーロッパ製ダウンを良心的な価格で楽しめる

フランス産の上質なダウンを手頃な価格で楽しめる1枚です。フランスでは、高級食材として知られるフォアグラの副産物として、ダウンが生産されています。ヨーロッパのダウンにこだわるなら、選択肢の一つになるでしょう。

布団のサイズがシングルロングなので、背の高い男性にもおすすめです。

5位:安眠工場 羽毛布団 ホワイトマザーダウン

安眠工場 羽毛布団 ホワイトマザーダウン シングル
28,800円(税込)

・ダウン比率:93%
・ダウンパワー:400dp(日羽協・ロイヤルゴールドラベル)
・ダウンの種類:ホワイトマザーダウン
・ダウンの産地:フランス・ローヌ=アルプ産
・側生地:綿70%、ポリエステル30%

シルク触感&フランス産のフワフワ羽毛布団

シルク触感を誇る綿70%の側生地が自慢の1枚です。加えて、ダウンパワー400dp、産地はフランス・ローヌ=アルプ産と、全てにおいて高い基準をクリアしている羽毛布団に仕上がりました。

加工は、国内洗浄・抗菌・パワーアップの3ステップクリーン加工、仕立てもボリュームアップ2層式キルトで羽毛量は1.3kgとフワフワ。シルキーな手触り感と、清潔で暖かな寝心地を楽しんでください。

4位:日本寝具通信販売 羽毛布団 ホワイトマザーダックダウン

日本寝具通信販売 羽毛布団 ホワイトマザーダックダウン
29,800円(税込)

・ダウン比率:95%
・ダウンパワー:440dp(CIL・ブラックラベル)
・ダウンの種類:ホワイトマザーダックダウン
・ダウンの産地:ハンガリー産
・側生地:綿100%

ハンガリー産ダウンをお手頃価格で手に入れる

こちらは、ダウンパワー440dp以上の軽くて暖かい羽毛布団です。高品質であることを証明する、CILのブラックラベルを取得しています。ダウンの産地は長い伝統を誇るハンガリー産で、ホワイトマザーダックダウンを95%使用した贅沢な1枚です。

製造工程においても、衛生的なクリーンオゾン加工、ダウンをリフレッシュするファインアップ加工、アレルギーの原因を除去するアレルGプラス加工など、ダウンの処理は万全。縫製も2層立体キルト加工で、暖かい空気を逃しません。

3位:日本寝具通信販売 羽毛布団 ホワイトマザーグースダウン

日本寝具通信販売 羽毛布団 マザーグースダウン 400dp
29,800円(税込)

・ダウン比率:93%
・ダウンパワー:400dp(CIL・ゴールドラベル)
・ダウンの種類:ホワイトマザーグースダウン
・ダウンの産地:ハンガリー産
・側生地:綿100%

上質なマザーグースダウンにこだわるならコチラ

こちらもハンガリー産ダウンを使用していますが、4位にランクインした同メーカー製品と比較すると、ダウンパワーは400dp(CILゴールドラベル)で、ワンランク下。一方で、ダウンは上質なホワイトマザーグースダウンを使用しており、こちらに軍配が上がります。手の届く価格でグースダウンを試してみたい方には、おすすめの1枚です。

他の日本寝具通信販売と同様に、クリーンオゾン加工・ファインアップ加工・アレルGプラス加工・2層立体キルト加工が施されています。

2位:日本寝具通信販売 羽毛布団 ホワイトマザーグースダウン

日本寝具通信販売 羽毛布団 ホワイトマザーグースダウン 440dp
44,800円(税込)

・ダウン比率:95%
・ダウンパワー:440dp(CIL・ブラックラベル)
・ダウンの種類:ホワイトマザーグースダウン
・ダウンの産地:ハンガリー産
・側生地:綿100%

440dpを誇るハンガリー産ホワイトマザーグースダウンがこの価格!

2位も3位・4位と同じく日本寝具通信販売の製品です。こちらは、マザーグースダウンでダウンパワー440dpと品質は申し分ありません。当然のことながら、それ相応に価格は高くなりますが、高価な製品の多い羽毛布団の中ではまだまだ手の届く価格帯です。

厳しい寒さのハンガリーで育った水鳥の上質なダウンを、存分に堪能できる1枚と言っていいでしょう。多少予算に余裕があるなら、ぜひ検討してみてください。

他の日本寝具通信販売と同様に、クリーンオゾン加工・ファインアップ加工・アレルGプラス加工・2層立体キルト加工が施されています。ダウンの品質に注目しがちですが、綿100%の側生地も嬉しいポイントです。

1位:タンスのゲン 羽毛布団

タンスのゲン 羽毛布団
11,800円(税込)

・ダウン比率:90%
・ダウンパワー:350dp(CIL・シルバーラベル)
・ダウンの種類:ホワイトダックダウン
・ダウンの産地:不明
・側生地:綿15%、ポリエステル85%

1万円で立派な羽毛布団が手に入る時代になりました!

約1万円で手に入るコスパの高い羽毛布団です。ダウンパワー350dp以上で、CILシルバーラベルを獲得。製品加工においては、消臭・抗菌のアレルGプラス・オゾン加工・国内パワーUP加工・立体キルトなど、至れり尽くせりです。

安価なこともあり、ダウンパワーや産地など、100点満点とはいきませんが、気軽に羽毛布団を購入するならおすすめ。さらに、7年保証付きの安心感が、購入意欲を後押ししてくれます。

安くても質の良い羽毛布団はきっと見つかる!

羽毛布団を探している人にとってなんと言っても気になるのは、その価格でしょう。

羽毛布団というと、高額で商品を売りつける悪質商法のイメージもつきまといます。確かに数年前までは、ウン十万円も当たり前の世界でしたが、昨今の価格競争の結果、比較的手頃な価格で手に入れることができるようになりました。ネット上の口コミをしっかりと吟味して、確かな品質で適切な価格の羽毛布団を見つけましょう。

羽毛布団は綿や羊毛布団に比べると、お手入れもカンタンな上に、長期間使えて経済的。お気に入りの羽毛布団が見つかったのなら、少しぐらい奮発してしまってもいいのかもしれません!?

羽毛布団にはカバーをつけて長持ちさせよう!

掛け布団の中でも値の張る羽毛布団。せっかく買ったのなら、長持ちさせたいですよね。掛け布団カバーをつければ、皮脂や汗などの汚れから守ってくれるだけでなく、ダメージも防いでくれるため、穴が開いて羽毛が飛び出してきてしまうというような状態も起こりにくくしてくれます。

カバーには色々なデザインのものがあるので、お部屋の雰囲気や気分に合わせられるのも嬉しいですね。掛け布団カバーについては以下のリンクで詳しく解説しているので、ぜひ併せてチェックしてみてください!

まとめ

いかがでしたでしょうか?高品質な羽毛布団に出会うことができれば、吸湿性と放湿性に富んだダウンの力を肌で実感することができるはず。優しい空気に包まれて眠る感覚は、これまでの睡眠の概念さえ変えてしまうかもしれません。

質の良い眠りで体をしっかりと休めれば、起きている時間のパフォーマンスも高めてくれます。これからの人生に先行投資するつもりで、ちょっぴり高価な羽毛布団を試してみませんか?

関連記事

人気の記事

関連キーワード