• D20f0fdaffb2c69d89e8811be52942f1a6bf4889
  • Ced24734a7385748dd861f2fe3553edce3e63ae1
  • 8e7e6599118fae5dfbda2d9ea723a479a65a613e
  • D8d0ac7965e94f936fc408fd3fcce45f6f20a8fa
  • Cd4647bc220b6bef765e2cb1034e767772b08771

掛け布団のおすすめ人気ランキング10選【シングル・セミダブル・ダブル】

寒い季節には暖かく、暑い季節には汗を吸って涼しくしてくれる掛け布団。昔ながらの木綿布団をはじめ、暖かい羽毛布団だけでなく、丸ごと洗えるクォロフィル布団など、機能性に優れたものもたくさん増えてきています。

そこで今回は、そんな掛け布団の選び方のポイントをおさらいしつつ、口コミやAmazon・楽天などの通販でのレビューなどをもとにピックアップしたおすすめ商品を人気ランキング形式でご紹介していきます。軽くて暖かい掛け布団に換えるだけで、朝まで気持ちよくぐっすり眠れるようになりますよ!

最終更新日:2017年10月12日 | 1,366views

掛け布団の選び方

快適な睡眠を得るための条件のひとつが、自分にピッタリの掛け布団を選ぶこと。中の素材だけでなく、布団の厚さやサイズなど、自分にあうものを見つけるためのポイントを見ていきましょう。

素材の特徴で選ぶ

掛け布団の中身にどんな素材を使っているかで、快適さも変わってきます。まず、それぞれの素材の特徴を押さえていきましょう。軽さ・保温性・吸放湿性、そして、お手入れのしやすさがポイントになります。

長く使い続けたい人におすすめの「木綿」

日本に昔からある木綿布団。おばあちゃんの家やご実家で使っているという人もいるでしょう。木綿布団の特徴は、吸湿性と保温性の良さ。また、ぺちゃんこになっても打ち直しをしてふんわりした厚みを取り戻せるので、使い方次第では10年以上も使い続けられるのが魅力です。

リーズナブルな化学繊維の布団が多い中で、日干しされた天然素材のふわふわ感を好む方も多いはず。湿気に弱かったり、ホコリが出やすいなどお手入れが大変ではありますが、環境にもやさしく、ひとつの布団を長く使い続けたいという方におすすめです。

軽さと暖かさで選ぶなら「羽毛」がベスト

とにかく軽くて暖かい布団がいいという方におすすめなのは、やはり「羽毛」です。羽毛布団なら、真冬の寒い時期でも1枚で十分。また熱いときには熱を放出して調整する性質もあるので、快適で圧迫感がなく、それでいて体にフィットするのもメリットです。

他の素材に比べお値段が高めなのが難点ですが、ふっくら感がなくなってきたときに、新しい羽毛を足して新品同様にできるものを選べば、長く使うこともできます。軽さだけでなく暖かさにもこだわりたいなら、寒い地域の羽毛を使ったものを選ぶとよいでしょう。

もし、羽毛の掛け布団をお探しなら以下の記事もぜひ参考にしてくださいね。

価格・機能性のバランスで選ぶなら「羊毛」がおすすめ

木綿布団は重くて不便、羽毛はお値段が負担、化学繊維の布団ではなかなか暖まらない…とお悩みの方におすすめしたいのが、羊毛(ウール)の布団。保温性が高いため冬は暖かく、吸放湿性にも優れているので夏は汗を吸収して逃し、快適な眠りをサポートしてくれます。価格が抑えめなのも嬉しいポイントですね。

ただし、市販されている掛け布団は、羊毛混というポリエステルと合わせたものが多くなっています。もし素材にこだわるなら、ウール100%のものを選ぶのがおすすめです。また、不衛生に保管していると虫に喰われる可能性があるため、陰干しかクリーニングで衛生を保つことだけご注意ください。

価格とお手入れのしやすさ重視なら「ポリエステル」を

軽くてお手入れが簡単なものがいい、とにかくリーズナブルなものがいいという方におすすめなのが「ポリエステル」の布団。簡単に家で洗濯できる製品が多いため、小さなお子さんやペットがいるご家庭にも便利。へたってきたり汚れてしまっても、負担が少ないので買い替えやすいこともメリットです。

他の素材に比べ吸湿性に劣るのが難点ですが、最近では機能的な商品もたくさん販売されているので、吸汗・速乾機能をプラスしたものや通気性を考慮したものなどを選ぶとよいでしょう。これから一人暮らしを始める場合や予備の布団を一枚用意したいときなどにもおすすめですよ。

肌触りの良さで選ぶなら「シルク」が一押し

他の素材に比べ抜群の肌触りの良さを誇るのが、高級素材のシルク。真綿布団とも呼ばれ、軽くて保温性があることも特徴です。何といっても、布団に入ったときの滑らかな肌触りにこだわりたい方におすすめの素材と言えるでしょう。

吸放湿性にも優れており、綿埃が出にくいなどメリットもたくさんありますが、摩擦や紫外線にも弱いため、長く使い続けるためには、きちんとしたお手入れと保管が必要になります。

季節にあった厚さを選ぶ

掛け布団は、季節に合わせて厚さを調整することで快適な眠りにつながります。暖かさの度合いは、前に述べた素材や環境によっても変わりますが、ここではシンプルに厚みについてチェックしていきましょう。

あいまいな季節には「肌掛け布団」が便利

中綿のボリュームが一番少なく、薄い布団が「肌掛け布団」です。夏にはこれ一枚で大丈夫。厚めの布団を掛けるほどではないけれど、何かを掛けないと物足りない…という、曖昧な季節におすすめです。だんだん涼しくなってきたら、季節の変わり目に毛布を足すなどして調整すると、長く使うことができますよ。

秋から春の肌寒い季節には「合い掛け布団」がおすすめ

この次に出てくる本掛け布団と肌掛け布団の中間のボリュームが「合い掛け布団」。季節としては秋から春まで長い期間使えます。これ1枚だけで寝るのも良し、毛布を一枚足しても良しと、使い勝手がいいこともメリットです。初めての布団を購入するときや、お客様用の予備の布団を選ぶなら、合い掛け布団を選んでおくと良いでしょう。

冬用の布団をお探しなら「本掛けタイプ」を

他のものに比べて中綿のボリュームが一番多いのが「本掛け布団」。冬用の布団をお探しなら、やはり本掛け布団がおすすめです。ただ、厚みがあるため、夏場など使わない時期の収納が不便という場合は、次にご紹介する「デュエットタイプ」を選んでみても良いでしょう。

収納スペースが少ない方におすすめの「デュエットタイプ」

「デュエットタイプ」は、肌掛け布団と合い掛け布団を2枚合わせたタイプになります。2枚をくっつけて使うと本掛け布団になり、それぞれをバラバラに1枚ずつ使ったりとフレキシブルな使い方ができることが最大の特徴。布団を収納する十分なスペースがない方や、真冬の1~2ヶ月の間だけ使える厚い布団が欲しいという方にもおすすめです。

洗えるタイプがおすすめ

お布団のお悩みは、やはり衛生面。風邪をひいて寝込んだ後などは、特に気になるものです。そんなときに助かるのが、洗濯できるタイプの布団。クルッと丸めて布団専用のネット等にいれれば、洗濯機で簡単にキレイにできます。特に小さなお子さんや介護が必要な方、ペットがいるご家庭には便利ですね。

ただ、洗うことにより布団の中の素材を包んでいる側生地も傷みやすくなります。破れたり、縫製がほつれてしまうと、中の素材が出てきてハウスダストの原因にもなるため、頻繁に洗う場合は布団の状態をこまめにチェックするようにしましょう。

アレルギーの人にはホコリの出にくいタイプを

部屋を掃除するときに感じるのは、やはり布団のある部屋にはホコリが積もりやすいということ。特に敷き布団派のお宅なら、朝晩の布団の上げ下ろしの度にホコリがたくさん舞ってしまいます。アレルギー持ちの方にとっては、そのホコリが刺激となって、目がかゆくなったり、くしゃみが出たりと辛い症状を引き起こす原因にもなりかねません。

そんなお悩みをお持ちの方には、ホコリの出にくい掛け布団がおすすめです。中綿にポリエステル素材を使用していたり、側生地の素材の目が細かく中の素材が外に出にくいものを選ぶとよいでしょう。

サイズで選ぶときの注意点

掛け布団のサイズは、敷き布団やベッドマットレスがシングルならシングルを、ダブルならダブルをと考えがちですが、それでは快適な睡眠につながらないという場合もあります。

例えば、身体の大きな人の場合、敷き布団のサイズと同じではやや足りなくなることも。特に冬場は寝返りを打つと隙間が出やすくなるため、1つ大き目のサイズにしたり、ロングサイズの長さを選ぶのがおすすめです。

また、ダブルやクイーンサイズベッドを2人で使うときは、1枚の掛け布団ですと、1人の寝相が悪かった場合、もう1人が布団を剥がれた状態になってしまうことも起こりがち。そんなときは、1人に1枚ずつシングル用掛け布団を用意すれば夜中に寒い思いをせずにすみますよ。

掛け布団のおすすめ人気ランキング10選

どんな掛け布団を選んだらよいか、おわかりいただけましたか? それでは、ここからはいよいよおすすめ人気ランキングの発表です。実際の商品を全部で10選ご紹介しますので、ご購入の際の参考にして下さいね。

10位:エムール クラッセ/ロココ 掛け布団

エムール クラッセ/ロココ 掛け布団 シングル
4,840円(税込)

・サイズ:約150x210cm(中わた量約1.5kg)※6ヶ所ループ付き
・素材:中わた/ポリエステル100%(帝人マイティトップ2 ECO、50%使用)・側地/綿100%200本ブロード
・機能:防ダニ(防虫)・抗菌・防臭機能わた

綿100%でオールシーズン使える

中綿にポリエステルの「帝人マイティトップ2 eco」を使用しており、防虫・抗菌・防臭もバッチリ。側生地は綿100%で200本ブロード(1インチあたり200本の糸を使用して織り上げられた生地)のため、織目が細かくしっかりしています。中綿は1.5kgと非常に軽く、オールシーズン使えるので1枚あると何かと便利ですよ。

9位:東京西川 真綿 肌掛け布団

東京西川 真綿 肌掛け布団 シングル AGA0501178
21,090円(税込)

・サイズ:150x210cm
・素材:ふとんがわ/綿70%ポリエステル30%・詰め物/絹100% 0.5kg
・機能:洗える

シルク100%なのに洗える

東京西川の肌掛け真綿布団。軽くて蒸れにくく、身体を優しく包みこんでくれるシルク100%素材で、快適な寝心地を実現。吸湿性・放湿性も抜群です。シルクといえば洗えないというのが常識でしたが、こちらは洗えるシルクを使用しているので清潔を保てます。年間を通して使えるので、合い掛け布団とあわせて使うのもおすすめです。

8位:アイリスオーヤマ プレミアムウール100% 掛け布団

アイリスオーヤマ プレミアムウール100% 掛け布団 セミダブル
7,908円(税込)

・サイズ:150x210cm
・素材:側生地/綿100%・中綿/フレンチウール100%・ウールマーク付
・機能:吸汗・放湿

フランス産プレミアムウール100%の日本製

暖かく蒸れにくいのが特徴のウール100%の掛け布団。英国産のウォッシャブルウールを使用しています。ちょっと嬉しい工夫は、四隅と中ほどのループがあること。これがあれば布団カバーが外れて中で偏ったりすることも防げます。厚すぎず薄すぎずの程よい厚みで、春~秋に活躍してくれるでしょう。

7位:東京西川 羽毛肌掛け布団

東京西川 東京西川 羽毛肌掛け布団 シングル
3,627円(税込)

・サイズ:150x210cm
・素材:ふとんがわ/ポリエステル85%綿15% ・詰めもの/ホワイトダックダウン50% 0.25㎏
・機能:洗える

家庭で洗えるダウン50%の肌掛け布団

9位に続いてこちらも東京西川の製品。洗える羽毛布団です。ダウン50%の肌掛けタイプは暑さ寒さの調節に重宝するオールシーズン対応。羽毛はサニタイズ加工・衛生加工がされているので安心です。羽毛布団なのにリーズナブルなお値段で購入できるのも嬉しいですね。

6位:日本寝具通信販売 洗える羽毛肌布団

日本寝具通信販売 ハンガリー産ホワイトダウン93% 洗える羽毛肌布団 シングル
7,800円(税込)

・サイズ:150x210cm
・素材:中素材/ハンガリアンホワイトダックダウン93%・スモールフェザー7% 側生地/ポリエステル80%・綿20% 内容量/0.3kg
・機能:立体キルト加工・ダウンプルーフ加工・クリーンオゾン加工・ファインアップ加工・アレルGプラス加工・SEK加工・洗える

ハンガリー産のダウン93%!さらに洗濯ネット付き

7位に続いて6位のこちらも肌掛け布団。洗えるダウンで、嬉しいことに洗濯ネットも付いてきます。春から秋まで1枚で、寒くなったら布団を足して毛布の代わりとしても使えるので、一年中大活躍。立体加工のキルトでボリュームを感もあります。また、抗菌・防臭・抗アレルギー作用をもたらすアレルG加工を施しているため、ダニ・花粉・ハウスダストなども安心です。

5位:日本寝具通信販売 二層立体キルト羽毛布団

日本寝具通信販売 二層立体キルト羽毛布団 シングル
29,800円(税込)

・サイズ:150x210cm
・素材:中素材/ハンガリー産ホワイトマザーグースダウン93%・スモールフェザー7%・側生地/綿100%(60サテン超長綿) 内容量/1.1kg
・機能:二層立体キルト加工・ダウンプルーフ加工・クリーンオゾン加工・アレルGプラス加工・SEK加工(抗菌・防臭)

ホワイトマザーグースダウン93%使用の高級タイプ

CILゴールドラベル付きで羽毛の品質はお墨付き。ダウンといってもグース、ダックなど種類があり、品質も違いますが、中でもマザーグースダウンは最高級品になります。また、アレルG加工でダニ・花粉・ハウスダストを除去して臭いも抑え、さらに抗菌・抗ウイルス作用もあるので安心。キルトは2層性で保温性もバツグンです。

4位:ナイスデイ モフア掛け布団 extradown

ナイスデイ モフア掛け布団 extradown シングル 50140815
5,358円(税込)

・サイズ:約150x210cm
・素材:ピーチスキン生地
・機能:抗菌・防臭綿使用・丸洗いOK(手洗い)

手洗いできる新素材エクストラダウンを採用!

抗菌防臭効果を持つポリエステルわた100%の新素材「エクストラダウン」を使用した掛け布団。マイクロファイバー繊維をポリエステル繊維にブレンドして作られたもので、暖かく弾力もあり、羽毛布団に代わるともいわれる優れた素材です。さらに、側生地も高密度のため物理的にダニを寄せ付けません。もちろん、洗えるので衛生的です。羽毛布団に比べ、リーズナブルなのもポイントですね。

3位:アイリスオーヤマ 帝人アクフィット(R) 掛け布団

アイリスオーヤマ 帝人アクフィット(R) 掛け布団 シングル 57430106
4,480円(税込)

・サイズ:幅150x奥行210cm
・素材:ポリエステル100%帝人「アクフィット」・中綿重量/1.1kg
・機能:抗菌・防臭・吸汗・速乾・洗える

抗菌・防臭・防ダニ・吸湿・速乾で、その上軽い!

抗菌・防臭・吸湿・速乾性に優れた「帝人アクフィットeco綿」を中綿に使用した掛け布団です。中綿の重さもわずか1.1kgと非常に軽く、中には羽毛布団よりも軽いといった口コミもあるほど。家庭で洗濯もできるので、お手入れも簡単です。

程よい厚みがあって身体にフィットしてくれるので、寝心地もバツグン。通気性も良いため、湿気の多い季節でも快適に使用できますよ。

2位:タンスのゲン 二枚合わせ羽毛布団

タンスのゲン 二枚合わせ羽毛布団 シングルロング 10119055 01
23,800円(税込)

・サイズ:150x210cm
・素材:表地/綿15%・ポリエステル85% 裏地/綿15%・ポリエステル85% 詰め物/ホワイトダックダウン93%・フェザー7% 合掛け/重量約1.6kg (充填量0.9kg)・肌掛け/重量約1.1kg (充填量0.4kg)
・機能:アレルGプラス

2枚合わせたり1枚ずつ使ったりフレキシブルなダウンケット

2位は、オールシーズン使える2枚合わせ掛け布団。夏には肌掛け1枚、春と秋には合い掛け1枚、そして寒い冬には肌掛けと合い掛けを留めて1枚の本掛け布団として使用できる点が魅力です。2枚で実質3枚分の役割を果たしてくれるため、収納スペースの節約にもつながります。

ダウンは最高級羽毛を93%も使用。抗菌・消臭加工に加え、アレルGという新技術でダニや花粉もシャットアウトしてくれるので安心です。さらに、国内にて3Dパワーアップ加工を施し、ふわふわの仕上りに。至れり尽くせりの掛け布団です。

1位:アイリスオーヤマ 洗える掛け布団

アイリスオーヤマ 洗える掛け布団 シングル FPK-S
3,180円(税込)

・サイズ:5x150x210cm
・素材:側生地/ポリエステル100%・詰めもの/ポリエステル100%
・機能:洗える・ホコリが出にくい

嬉しいお手頃価格!洗えてホコリも出にくい掛け布団

これから新生活を始める人や、ちょっと一枚増やしたいというときに気軽に買えるリーズナブルな掛け布団。Amazonでもベストセラーを獲得した人気商品です。ポリエステル綿だから軽くて持ち運びやすく、女性やお年寄りでも負担になりません。

お手入れは洗濯ネットに入れて洗濯機で気軽に洗えるので楽チン。何かと汚しやすい小さなお子さんのいるご家庭や介護が必要な方にもおすすめです。ホコリが出にくいので、アレルギー持ちの方にも嬉しいですね。専用の収納ケースも付いてくるので、使わないときもさっと収納できるので便利ですよ。

快眠のためには敷き布団選びも重要!

快適な寝心地を実現するためには、掛け布団だけでなく敷き布団選びも重要です。掛け布団に比べ、お手入れが面倒に思える敷き布団も、最近では機能性も高く自宅で洗えるものもたくさん登場しています。以下の記事でもおすすめ商品を紹介していますので、ぜひあわせてチェックしてみてくださいね。

売れ筋ランキングリンクもチェック!

なおご参考までに、掛け布団のAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

まとめ

掛け布団の人気ランキング10選はいかがでしたか? 皆さんのお宅で使ってみたい掛け布団は見つかったでしょうか。洗える布団やホコリの出にくい布団は健康面でも助かりますね。放っておくと病気の原因にもなってしまうことにもなるため、快適な寝心地を得るためにも、しっかりお手入れして清潔を保つようにしてくださいね。

関連記事

人気の記事

関連キーワード