• ピアノ椅子のおすすめ人気ランキング15選【背もたれ・ベンチタイプ】のアイキャッチ画像1枚目
  • ピアノ椅子のおすすめ人気ランキング15選【背もたれ・ベンチタイプ】のアイキャッチ画像2枚目
  • ピアノ椅子のおすすめ人気ランキング15選【背もたれ・ベンチタイプ】のアイキャッチ画像3枚目
  • ピアノ椅子のおすすめ人気ランキング15選【背もたれ・ベンチタイプ】のアイキャッチ画像4枚目
  • ピアノ椅子のおすすめ人気ランキング15選【背もたれ・ベンチタイプ】のアイキャッチ画像5枚目

ピアノ椅子のおすすめ人気ランキング15選【背もたれ・ベンチタイプ】

ピアノを弾く上で最も重要なアイテムと言えば何と言っても「ピアノ椅子」。椅子の高さ調節や座り方1つでピアノの上達ぶりも変わってくるものです。しかし、ヤマハ・甲南・吉澤など取り扱っているメーカーも多く、背もたれタイプのトムソン椅子やベンチタイプなどもあるため、どれを選べばいいかよくわからないという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ピアノ椅子を選ぶときのポイントとともに、おすすめの商品を種類ごとに分けてランキング形式でご紹介します。ピアノ椅子は一度買ったら長く付き合うもの。ぜひ納得のいくピアノ椅子を見つけて、ピアノの腕を上げてくださいね♪
  • 最終更新日:2019年04月17日
  • 35,105  views
目次

ピアノ椅子の選び方

ピアノを弾く際に姿勢を保つための「ピアノ椅子」。椅子で失敗するとピアノも嫌になってしまうほど重要なアイテムです。そこでまずは、どんなところに気をつけて選べばいいのか選び方のポイントをご紹介します。

使う人や用途にあわせて椅子のタイプを決めよう

ピアノ椅子には大きく分けて「背もたれタイプ」と「ベンチタイプ」の2種類があります。使い方や使う人によって選ぶべき椅子が違うため、それぞれの特徴をおさえて最適な椅子を見つけていきましょう。

【背もたれタイプ】高さ調節が簡単!沢山の人が使う場合におすすめ

【背もたれタイプ】高さ調節が簡単!沢山の人が使う場合におすすめ

出典:jp.yamaha.com

ピアノ椅子と言えばこれを思い浮かべる人が多いくらいオーソドックスなピアノ椅子。「トムソン椅子」とも呼ばれます。背もたれがついていて、後ろのタブで簡単に座面の高さを変えられるのが特徴です。

背もたれは演奏中には使用しませんが、背もたれがついているおかげで椅子自体の重心が後ろになり、前に体重をかけても椅子が浮きにくいという点も優れています。

高さが簡単に変えられるのでピアノ教室や学校、発表会など沢山の人が使う場合におすすめです。ただ、ベンチタイプに比べ値段が高く、クッション性がないので長時間の練習には向きません。

【ベンチタイプ】高さの微調整が可能!お家練習におすすめ

【ベンチタイプ】高さの微調整が可能!お家練習におすすめ

出典:amazon.co.jp

ピアノを購入する際についてくるのはこちらの椅子が多いのではないでしょうか。ベンチタイプで、サイドのネジで無段階に細かい高さ調節ができるのが特徴です。

座面はクッション性があるので長時間座って練習していても疲れません。しかし、高さ調節に時間がかかるため、複数人で使用する際には面倒なのが難点です。

裾の大きく広がったドレスでもラインを邪魔しないので、コンサートなどでよく用いられるのもこのタイプ。背もたれタイプに比べ値段も安く、お家で練習するのには最適の椅子になります。

大切なのは椅子の高さ!細かく調節できるものがおすすめ

大切なのは椅子の高さ!細かく調節できるものがおすすめ

出典:jp.yamaha.com

ピアノを弾く際に大切なのは椅子の高さ。高すぎても低すぎても力が伝えづらく良い音が出せません。一番良い高さは鍵盤に手をおいた時に肘の高さが水平、もしくは少し上くらいになる高さです。

きちんと高さを保ってあげることで背筋も伸び、しっかりとした演奏ができるようになります。ただし、高さを出すために椅子の下や上に物を乗せて調節するのは危険ですのでやめましょう。

小さいお子さんの場合はなるべく座面が高く上がり、細かい調節も可能なものがおすすめです。また、その際足もブラブラしていては力が入りませんので、体にあった足台も用意するようにしましょう。

適度なクッション性があるものを選ぼう

毎日練習するのに必要なピアノ椅子はクッション性も大切です。クッションが薄く硬い椅子は座っていても疲れてしまうため、長時間の練習には向きません。また、逆にやわらかすぎるのも姿勢を保ちにくくなります。適度にクッション性があるものを選びましょう。

演奏中でも安定性が高いものを選ぼう

演奏中でも安定性が高いものを選ぼう
ピアノ椅子はただ座るものではなく、演奏中の激しい動きにも耐えられる安定性も必要です。小さいうちはただ座って弾いているだけですが、上達するにつれフォルテのときなどに少し腰を浮かせたり体重をかけたりして演奏します。

そのため、演奏中に椅子がぐらついたりひっくり返ってしまわないよう、バランスを保てるものがベスト。ピアノ椅子の中でも電子ピアノ用などは軽めで安定性もやや低く、高級なものや重厚感のあるものになるほどずっしりとして安定性があります。

電子ピアノ椅子はNG

電子ピアノ椅子はNG

出典:amazon.co.jp

ピアノ椅子と同様に電子ピアノ椅子も安価で販売されています。カラーが豊富でお部屋のインテリアのじゃまにならないものが多いのも特徴。高さ調節可能なものが多いため、ピアノ椅子として使いたくなるかもしれません。

しかし、電子ピアノ椅子は、作りが簡易的で重厚感がないものが多いので、ピアノ演奏を本格的にするには不向きです。椅子は長く使うものなので、ちょっと使うくらいなら問題ありませんが、せっかくならピアノ用のものを用意するようにしましょう。

【背もたれタイプ】ピアノ椅子のおすすめ人気ランキング5選

それでは、おすすめの人気ピアノ椅子を「背もたれタイプ」と「ベンチタイプ椅子」「こだわりのピアノ椅子」に分けてランキング形式でご紹介していきます。まずは、高さを変えやすい背もたれタイプ(トムソン椅子)から見ていきましょう!
5位
サイズ41×45×89cm
座面高さ46~57cm
重量10kg
仕様木製/合皮レザー張り/本体黒塗り
4位
サイズ40×45×88cm
座面高さ44~55.5cm
重量8.5kg
仕様木製/合皮レザー張り/本体黒塗り
3位
サイズ38×41.5×90cm
座面高さ43~55cm
重量8.7kg
仕様木製/合皮レザー張り/本体黒塗り
2位
サイズ39×41.5×90cm
座面高さ43~55cm
重量7.5kg
仕様木製/合皮レザー張り/本体黒塗り
1位
サイズ40×47×88.3cm
座面高さ43~55cm
重量8kg
仕様木製/塩ビレザー張り/艶出塗装

おすすめ人気【背もたれタイプ】ピアノ椅子の比較一覧表

商品画像
1
ピアノ椅子 ヤマハ ピアノ椅子 1枚目

ヤマハ

2
ピアノ椅子 甲南 ピアノ椅子 1枚目

甲南

3
ピアノ椅子 イトマサ ピアノ椅子 1枚目

イトマサ

4
ピアノ椅子 甲南  ピアノ椅子 1枚目

甲南

5
ピアノ椅子 吉澤 ピアノ椅子 1枚目

吉澤

商品名

ピアノ椅子

ピアノ椅子

ピアノ椅子

ピアノ椅子

ピアノ椅子

特徴ピアノ椅子と言えばこれ!一番売れてる背もたれ付きピアノ椅子!背もたれのクッションがうれしい!価格を抑えた中国製・足が太めのずっしりタイプ抜群のクッション性!ワンランク上のピアノ椅子
価格36,500円(税込)33,600円(税込)23,800円(税込)25,800円(税込)39,800円(税込)
サイズ40×47×88.3cm39×41.5×90cm38×41.5×90cm40×45×88cm41×45×89cm
座面高さ43~55cm43~55cm43~55cm44~55.5cm46~57cm
重量8kg7.5kg8.7kg8.5kg10kg
仕様木製/塩ビレザー張り/艶出塗装木製/合皮レザー張り/本体黒塗り木製/合皮レザー張り/本体黒塗り木製/合皮レザー張り/本体黒塗り木製/合皮レザー張り/本体黒塗り
商品リンク

【ベンチタイプ】ピアノ椅子のおすすめ人気ランキング5選

高さが微調整でき、座り心地がよく疲れにくいベンチタイプのおすすめ人気ランキングをご紹介します!
5位
サイズ50.5×30.5cm
座面高さ44.5~51.5cm
重量6.3kg
仕様木製/合皮レザー張り/本体黒塗り
4位
サイズ56×35cm
座面高さ46~54cm
重量10.3kg
仕様木製/合皮レザー張り/本体黒塗り
3位
サイズ57×35cm
座面高さ46~54cm
重量9.3kg
仕様木製/合皮レザー張り/本体黒塗り
2位
サイズ55×34.5cm
座面高さ45.5~53cm
重量8kg
仕様木製/合皮レザー張り/本体黒塗り
1位
サイズ53.2×34cm
座面高さ48~54.5cm
重量9.1kg
仕様木製/塩ビレザー張り/本体黒塗り

おすすめ人気【ベンチタイプ】ピアノ椅子の比較一覧表

商品画像
1
ピアノ椅子 ヤマハ ピアノ椅子 1枚目

ヤマハ

2
ピアノ椅子 甲南 ピアノ椅子 1枚目

甲南

3
ピアノ椅子 イトマサ ピアノ椅子 1枚目

イトマサ

4
ピアノ椅子 吉澤 ピアノ椅子 1枚目

吉澤

5
ピアノ椅子 甲南 ピアノ椅子 1枚目

甲南

商品名

ピアノ椅子

ピアノ椅子

ピアノ椅子

ピアノ椅子

ピアノ椅子

特徴これを買えば間違いない!定番のイス日本製・高スペックなのにこの価格!座面が6つボタンの高級タイプ国内産の6つボタンタイプ!低価格で人気のピアノ椅子
価格17,280円(税込)11,000円(税込)10,000円(税込)12,900円(税込)7,380円(税込)
サイズ53.2×34cm55×34.5cm57×35cm56×35cm50.5×30.5cm
座面高さ48~54.5cm45.5~53cm46~54cm46~54cm44.5~51.5cm
重量9.1kg8kg9.3kg10.3kg6.3kg
仕様木製/塩ビレザー張り/本体黒塗り木製/合皮レザー張り/本体黒塗り木製/合皮レザー張り/本体黒塗り木製/合皮レザー張り/本体黒塗り木製/合皮レザー張り/本体黒塗り
商品リンク

一味違うこだわりのピアノ椅子おすすめ人気ランキング5選

ピアノ椅子は使う人によってこだわりがあります。普通のピアノ椅子とはちょっと違うこだわりのピアノ椅子をランキング形式でご紹介します。
5位
ピアノ椅子 ディスカチャーチ  ピアノ椅子 丸椅子  1枚目
出典:amazon.co.jp

ディスカチャーチ ピアノ椅子 丸椅子

38,800円 (税込)

サイズ直径35cm
座面高さ45~60cm
重量4.5kg
仕様木製/ゴールドorグリーン布張り・つや消しウォルナット調/エンジ布張り・本体黒塗り
4位
サイズ41×35×95cm
座面高さ49.5~58.5cm
重量10kg
仕様木製/エンジ布張り/本体黒塗り
3位

イトマサ ピアノ椅子 楽譜収納タイプ

Itomasa AX

15,800円 (税込)

サイズ56×34.5cm
座面高さ47~54.5cm
重量13.5kg
仕様木製/合皮レザー張り/本体黒塗り
2位
ピアノ椅子 甲南 ピアノ椅子ガススプリング椅子 1枚目
出典:amazon.co.jp

甲南ピアノ椅子ガススプリング椅子

GSP-55

13,900円 (税込)

サイズ55×34cm
座面高さ41~54cm※ガススプリングの為、着座時1~2cm下がります。
重量8.3kg
仕様金属フレーム/合皮レザー張り/油圧式
1位

甲南ピアノ椅子 メモリーチェア

E-565

24,300円 (税込)

サイズ56.5×37cm
座面高さ50~67cm
重量13.5kg
仕様木製/合皮レザー張り/本体黒塗り/無断階&ラック式上下

おすすめ人気一味違うこだわりのピアノ椅子の比較一覧

商品画像
1
ピアノ椅子 甲南 ピアノ椅子 メモリーチェア  1枚目

甲南

2
ピアノ椅子 甲南 ピアノ椅子ガススプリング椅子 1枚目

甲南

3
ピアノ椅子 イトマサ  ピアノ椅子 楽譜収納タイプ  1枚目

イトマサ

4
ピアノ椅子 HIDRAU  ピアノ椅子 1枚目

HIDRAU

5
ピアノ椅子 ディスカチャーチ  ピアノ椅子 丸椅子  1枚目

ディスカチャーチ

商品名

ピアノ椅子 メモリーチェア

ピアノ椅子ガススプリング椅子

ピアノ椅子 楽譜収納タイプ

ピアノ椅子

ピアノ椅子 丸椅子

特徴無段階調節とラック式調節が可能!家族みんなで使えるベンチ椅子ガススプリングで高さ調節ラクラク!座面に楽譜が収納できて便利!無段階調節式!スペイン製のおしゃれなピアノ椅子2台目のイスにぴったり!イタリア製の丸椅子
価格24,300円(税込)13,900円(税込)15,800円(税込)68,500円(税込)38,800円(税込)
サイズ56.5×37cm55×34cm56×34.5cm41×35×95cm直径35cm
座面高さ50~67cm41~54cm※ガススプリングの為、着座時1~2cm下がります。47~54.5cm49.5~58.5cm45~60cm
重量13.5kg8.3kg13.5kg10kg4.5kg
仕様木製/合皮レザー張り/本体黒塗り/無断階&ラック式上下金属フレーム/合皮レザー張り/油圧式木製/合皮レザー張り/本体黒塗り木製/エンジ布張り/本体黒塗り木製/ゴールドorグリーン布張り・つや消しウォルナット調/エンジ布張り・本体黒塗り
商品リンク

ピアノカバーと合わせておしゃれに!

納得のピアノ椅子を見つけたら、大切なピアノと椅子を長く使い続けるためにも、ピアノカバーも揃えてみませんか?ピアノだけではなく椅子カバーもセットの商品なら、インテリアとしても素敵に演出できますよ。ぜひ下記の記事も参考にしてみてくださいね。

ピアノ椅子の売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、ピアノ椅子のAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

まとめ

いかがでしたか?定番の背もたれタイプやベンチタイプの他、こだわりのピアノ椅子など幅広くご紹介させていただきました。ピアノ椅子はどれも同じようにみえるので選ぶのも大変ですが、是非参考にしてみてくださいね。

小さなお子さんが使う場合は、なるべく高めに調節できる椅子を選び、座った時に肘の高さが鍵盤と水平もしくは上にくる位置になるか確認するようにしましょう。ピアノの上達は姿勢が重要なポイント。それを作る椅子は最重要アイテムです。

小さいうちに間違った癖をつけてしまうと上達も遅く、後々苦労することになってしまいます。ぜひ体にピッタリあった椅子を用意し、ピアノの上達を支えてあげましょう。また、ピアノの椅子が用意できたら足台もそれに合わせて必ず準備するようにしてくださいね。最高のピアノ椅子に出会えますように。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す