• 電工ナイフおすすめ人気ランキング10選【電気工事士の必須工具!】のアイキャッチ画像1枚目
  • 電工ナイフおすすめ人気ランキング10選【電気工事士の必須工具!】のアイキャッチ画像2枚目
  • 電工ナイフおすすめ人気ランキング10選【電気工事士の必須工具!】のアイキャッチ画像3枚目
  • 電工ナイフおすすめ人気ランキング10選【電気工事士の必須工具!】のアイキャッチ画像4枚目
  • 電工ナイフおすすめ人気ランキング10選【電気工事士の必須工具!】のアイキャッチ画像5枚目

電工ナイフおすすめ人気ランキング10選【電気工事士の必須工具!】

電気工事士として、ケーブルの加工などするために必要なアイテム「電工ナイフ」。タジマ・デンサン・未来工業など、さまざまなメーカーから販売されている電工ナイフは、折りたたみタイプ・鞘付きタイプと形状の違いだけでなく、グリップの違い・刃の長さ・刃の素材などにも違いがあるので、どれを購入しようか迷うこともありますよね。

そこで今回は、通販で購入できる電工ナイフのおすすめ人気ランキングを折りたたみタイプと鞘付きタイプに分けてご紹介します。作業をスムーズにできる、自分にピッタリのアイテムを見つけてくださいね♪
  • 最終更新日:2019年03月26日
  • 21,120  views
目次

電工ナイフの選び方

最初に選ぶ電工ナイフは、長い付き合いになる場合が多いので、よく検討することが必要。まずはじめは、選び方を見ていきましょう。

使用目的に合った形状を選ぶ

電工ナイフを大きく分けると、折りたたみタイプと鞘付きタイプの2種類に分かれます。それぞれのメリット・デメリットを見ていきましょう。

携帯性を重視するなら「折りたたみタイプ」

携帯性を重視するなら「折りたたみタイプ」

出典:amazon.co.jp

折りたたみタイプは、携帯するのにコンパクトなので、作業する空間が狭くても扱いやすいことで人気です。しかし、勝手に開いてしまい手を切るなどの怪我につながらないため、硬く折りたたまれていることが多いため、取り出しに時間が掛かってしまうことも…。携帯性を重視している方には便利ですが、その点は気を付けてくださいね。

作業効率・頑丈さ重視なら「鞘付きタイプ」

作業効率・頑丈さ重視なら「鞘付きタイプ」

出典:amazon.co.jp

近年、人気になっている鞘付きタイプ。取り出しにくさがなく、サッと作業をしたい方に支持されています。持ち手と一体化しているので、硬いものでも比較的壊れにくく頑丈!作業効率・頑丈さを重視の方には、鞘付きタイプが特におすすめです。

グリップの素材は滑りにくいラバー加工がおすすめ

グリップの素材は滑りにくいラバー加工がおすすめ

出典:amazon.co.jp

グリップの素材は大きく分けて、木製・プラスチック・ラバー加工の3種類があります。その中でもおすすめは、汗をかいても比較的滑りにくく、正確な作業ができるラバー加工タイプ。木製は、天然木なら、手の油分を吸い手に馴染みが良いのが特徴。スタイリッシュな見た目も◎です。プラスチックタイプは、握り心地は硬いものが多いですが、軽量で丈夫なものが多く、長く使い続けることができます。

それぞれメリット・デメリットがあるので、好みも考慮して選んでくださいね!

刃の素材を確認する

刃物は刀部に使われている金属によって、錆びにくかったり研ぎやすかったりと特徴が違います。そこで、後々どのように使っていくか想定し、合ったほうを購入しましょう。なお同じ刃物である包丁も、選び方は同じですので知っておくと役立ちますよ!

錆びにくくお手入れが楽なステンレス製

錆びにくくお手入れが楽なステンレス製

出典:amazon.co.jp

金属は錆びやすいので、使ったら拭き取るなどメンテナンスが必須。ところがステンレス製なら錆びにくいので、ほとんどメンテナンス必要なく気軽に使っていけます。電工ナイフも同じで、たまに使うならこちらがおすすめです。

1つ問題があるとすれば、切れ味が鈍ったら一応研げるものの硬く技術が必要なこと。特に電工ナイフは切れ味はほどほどに抑える必要があるので、その点も考慮すると高い技術が必要になります。なおメンテナンスが楽とはいっても、水で塗れたら拭き取るくらいはしないと錆びるので気を付けましょう。

錆びやすいが研ぎが楽で長く使える鋼製

錆びやすいが研ぎが楽で長く使える鋼製

出典:amazon.co.jp

こちらは鉄に炭素を一定の割合で混ぜて作る、鋼(はがね)で作った電工ナイフ。ステンレスよりも錆びやすいのですが、研ぎが比較的に簡単にできるのでメンテナンスしつつ長く使っていけます。電気工事士として長年、電工ナイフを使っていくならこちらを使いましょう。

切れ過ぎない適度な切れ味が必要

切れ過ぎない適度な切れ味が必要

出典:amazon.co.jp

電工ナイフは、他の刃物とは違う切れ味の良さが求められます。特に、ケーブルを扱う場合「心線」を傷つけないためには、適度な鈍さが必要になります。商品を見ただけでは、切れ味のことはわからないので、レビュー・口コミを参考にするのが良いですね。意外と多くの方が使い心地を報告してくれています!

刃長と全長をしっかりとチェック

刃長と全長をしっかりとチェック

出典:amazon.co.jp

一般的にサイズは、長いか短いかの2パターンの選び方になります。しかし電工ナイフには、作業スピードを上げるために、10cmや2cmといった全長や刃長になっているものを選ぶ方法もあります。

これは電線の先端から10cmや2cmなどだけ被覆を剥ぎ取りますが、そのサイズに合わせた刃長や全長だと、いちいちメジャーを出さずとも電工ナイフを当てれば分かります。作業スピードを上げたいなら、全長や刃長がよく使うサイズになっている電工ナイフを選ぶとはかどりますよ!

必要に応じてプラス機能があると便利

電工ナイフには、便利な機能を持たせたタイプも販売されています。ここでは、そのような便利な機能には何があるのかご紹介しますね。

VVFケーブルを楽に処理できる割線・皮むき機能

VVFケーブルを楽に処理できる割線・皮むき機能

出典:amazon.co.jp

VVFケーブルを電工ナイフで剥くのは少々大変で、剥きたいところの周囲に傷を入れて、先端の真ん中から刃を入れて2つに分けます。この際にうっかり芯線を傷つけると、またやり直しに…。

このような手こずるVVFを簡単に処理できるように、割線と皮むき機能があると便利です。割線はちょうどVVFケーブルが入る楕円形の穴の真ん中に、刃が入っているタイプ。これにケーブルを通せば、簡単に2つに分かれます。皮むきは2つに分かれた細いケーブルの片方を、刃の下にある穴に通せば簡単に剥けます。

ノミのように叩いて穴をあけられる

ノミのように叩いて穴をあけられる

出典:amazon.co.jp

現場で工事をしていると、コンパネを電工ナイフで付いて穴を開けることがあります。しかしこれは本来の使い方ではないので、普通の電工ナイフだと刃を痛めてしまいます。そこで便利なのが、ノミのように使える機能が付いたタイプ。

このタイプはケーブルを剥く電工ナイフとしての機能だけでなく、刃先を頑丈にしてノミのように使えます。また底のほうをハンマーで叩いても大丈夫なので、効率的に穴あけができます。

もしものときに助かる絶縁タイプ

もしものときに助かる絶縁タイプ

出典:amazon.co.jp

電気工事の前には、安全のために電気が通っていないことを確認するのが基本です。しかしどれほど気を付けていても、人間ですからうっかりはありますね。そのため安全確保として、このような絶縁タイプの電工ナイフを使うのも手です。

このタイプは高電圧でも大丈夫なように、絶縁性をかなり高めているので安心ですよ。

大手メーカー製なら替え刃も入手しやすい

大手メーカー製なら替え刃も入手しやすい

出典:amazon.co.jp

うっかり刃が折れてしまったり、切れ味が悪くなり同じものを購入したくても生産終了などの理由で手に入らなくなってしまうこともしばしば…。どの商品を購入しようか迷っている場合は、比較的入手しやすい大手メーカーやロングセラーの電工ナイフを選ぶのもおすすめです。

【折りたたみタイプ】電工ナイフのおすすめ人気ランキング5選

それではおすすめの電工ナイフを、折りたたみタイプと鞘付きタイプに分けてご紹介します。まずは、コンパクトさが魅力な折りたたみタイプをチェックしましょう。
5位
サイズ(全長)196mm
サイズ(刃長)70mm
重量120g
4位

レノックスユーティリティーナイフ ゴールドロッキング

2,690円 (税込)

サイズ(全長)240mm
サイズ(刃長)-
重量158g
3位
サイズ(全長)195mm
サイズ(刃長)65mm
重量100g
2位
サイズ(全長)195mm
サイズ(刃長)80mm
重量110g
1位
サイズ(全長)195mm
サイズ(刃長)70mm
重量120g

おすすめ人気【折りたたみタイプ】電工ナイフの比較一覧表

商品画像
1
電工ナイフ ホーザン 電工ナイフ 1枚目

ホーザン

2
電工ナイフ マーベル  電工ナイフ 1枚目

マーベル

3
電工ナイフ デンサン  電工ナイフ  1枚目

デンサン

4
電工ナイフ レノックス ユーティリティーナイフ ゴールドロッキング 1枚目

レノックス

5
電工ナイフ SK11 電工ナイフ 割込 1枚目

SK11

商品名

電工ナイフ

電工ナイフ

電工ナイフ

ユーティリティーナイフ ゴールドロッキング

電工ナイフ 割込

特徴試験用の電工ナイフとして人気。コスパ抜群でおすすめしっかりした作りで、高評価の電工ナイフ100gと軽く扱いやすい!試験用に使う人も多数折れにくい刃と、金属製の本体で頑丈!機能も豊富で使いやすい刃の形状が変わっていて、多目的に使える!
価格745円(税込)2,527円(税込)870円(税込)2,690円(税込)1,310円(税込)
サイズ(全長)195mm195mm195mm240mm196mm
サイズ(刃長)70mm80mm65mm-70mm
重量120g110g100g158g120g
商品リンク

【鞘付きタイプ】電工ナイフのおすすめ人気ランキング5選

続けて、鞘付きタイプのランキングをチェックしていきましょう。
5位
サイズ(全長)250mm
サイズ(刃長)65mm
重量-
4位
サイズ(全長)185mm
サイズ(刃長)49mm
重量65g
3位
サイズ(全長)240mm
サイズ(刃長)88mm
重量272g
2位
サイズ(全長)234mm
サイズ(刃長)80mm
重量250g(鞘込み)・150g(ナイフのみ)
1位

タジマ タタックナイフホルスター付

DK-TN80HST2

2,950円 (税込)

サイズ(全長)234mm
サイズ(刃長)89mm
重量246g

おすすめ人気【鞘付きタイプ】電工ナイフの比較一覧表

商品画像
1
電工ナイフ タジマ  タタックナイフホルスター付  1枚目

タジマ

2
電工ナイフ マーベル ザ・ナイフ 1枚目

マーベル

3
電工ナイフ 未来工業  デンコーマック  1枚目

未来工業

4
電工ナイフ 3.peaks  絶縁電工ナイフ  1枚目

3.peaks

5
電工ナイフ エスコ 240mm電工ナイフ 1枚目

エスコ

商品名

タタックナイフホルスター付

ザ・ナイフ

デンコーマック

絶縁電工ナイフ

240mm電工ナイフ

特徴評判のタタックナイフ。ノミのように使える多機能さが魅力持ち手の滑り止め加工で、まず滑らないVVFケーブル用の機能付き。割線と皮むきが簡単にできます重量は何と65g!軽く扱いやすい絶縁電工ナイフ持ち手が滑りにくく柔らかい。長時間の作業に向いている
価格2,950円(税込)2,126円(税込)2,327円(税込)1,471円(税込)2,952円(税込)
サイズ(全長)234mm234mm240mm185mm250mm
サイズ(刃長)89mm80mm88mm49mm65mm
重量246g250g(鞘込み)・150g(ナイフのみ)272g65g-
商品リンク

電工ナイフのお手入れ方法

包丁やナイフといった他の刃物と同様に、電工ナイフもメンテナンスをしないとすぐに買い替えになってしまいます。そうならないように、研ぎ方や普段の手入れから、錆が出てきてしまったときの対処法をこちらにまとめました。

鈍った切れ味を研いで復活させる

鈍った切れ味を研いで復活させる

出典:amazon.co.jp

電工ナイフを研ぐなら、まずは角砥石を用意します。砥石は粒度により、荒砥・中砥・仕上げ砥があります。このうち電工ナイフで使うのは、荒砥と中砥の2種類。刃こぼれが大きいなら、荒砥を使い一気に刃先を整えて、中砥を使って切れるように研ぎます。

包丁ならこの後に仕上げ砥を使いますが、電工ナイフだと切れ味が良すぎて芯線まで傷つけるのでやりません。なお鋼製なら研ぎは楽なものの、ステンレス製だと硬く時間もかかり難しいので注意しましょう。

長く使っていくなら毎日の手入れが必要

長く使っていくなら毎日の手入れが必要

出典:amazon.co.jp

こちらは研ぎ以外のお手入れ方法です。そこまで難しくはなく、基本は汚れたら柔らかい布で拭くだけで大丈夫。水分や油分、汚れが付いたままだと固着したり錆びたりするので、取り除いてあげればびっくりするほど長持ちします。

特に仕事で電工ナイフをよく使う方は、汚れや水分などが付きやすいので使うたびにお手入れをおすすめします。

さびが出たら慌てず対処しよう

さびが出たら慌てず対処しよう
電工ナイフに限らず、刃物類に錆が出てしまった場合は基本的に錆の部分を削り落として対処します。削り落とすには砥石やヤスリを使いますが、問題が削り落とした後の傷の処理。こちらが大変で全体的に研いで、傷が分からなくなるくらいまで研磨して整えます。手作業だと大変なので、グラインダーなど電動工具があると便利ですよ。

また多少の錆なら包丁に使われる、粉末クレンザーをかけて消しゴム状の錆落としや、水で濡らしたコルク栓などでこする方法で落とせます。

腰周り道具もそろえておくと便利

電工ナイフと合わせて、腰周り道具もそろえておくと便利。気になる方は、以下の記事もチェックしてくださいね。

電工ナイフの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、電工ナイフのAmazonの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認して下さい。

まとめ

おすすめの電工ナイフを、折りたたみタイプと鞘付きタイプに分けてご紹介しました。

こちらは電気工事には必須の工具で、電気工事士を目指してる方は試験でも使うので必要になります。最初にしっかりと検討して、自分に合った電工ナイフを入手し、練習を繰り返して試験突破を目指しましょう!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す