• 米ぬか石鹸のおすすめ人気ランキング10選【美白・シミ対策に!】のアイキャッチ画像1枚目
  • 米ぬか石鹸のおすすめ人気ランキング10選【美白・シミ対策に!】のアイキャッチ画像2枚目
  • 米ぬか石鹸のおすすめ人気ランキング10選【美白・シミ対策に!】のアイキャッチ画像3枚目
  • 米ぬか石鹸のおすすめ人気ランキング10選【美白・シミ対策に!】のアイキャッチ画像4枚目
  • 米ぬか石鹸のおすすめ人気ランキング10選【美白・シミ対策に!】のアイキャッチ画像5枚目

米ぬか石鹸のおすすめ人気ランキング10選【美白・シミ対策に!】

「お肌が明るくなった」「洗い上がりがしっとりツルツルになる」など、口コミでも評判の「米ぬか石鹸」。米ぬかに含まれる美容成分によって、洗顔しながら美肌効果も得られると言われています。。しかし、一口で米ぬか石鹸といっても、たくさんの商品が販売されているため、どれを選んだらいいかわからない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、そんな女性に嬉しい魅力いっぱいの米ぬか石鹸の選び方のポイントと、口コミやレビューの評価をもとに厳選したおすすめの米ぬか石鹸をランキング形式でご紹介します。米ぬか石鹸で、透明感のあるお肌を手に入れちゃいましょう♪
  • 最終更新日:2018年11月29日
  • 12,487  views
目次

米ぬか石鹸が注目される理由とは?

米ぬか石鹸が注目される理由とは?
ぬか床を混ぜる母の手は、しっとりと白く美しいという言葉の通り、米ぬかには美肌効果があるといわれ、保湿効果や、年齢に応じたエイジングケアにぴったりと言われています。

また、米ぬかは洗浄力も高いため、肌のくすみを予防するだけでなく、ニキビや肌荒れにもおすすめ。一般的に、洗浄力の高い洗顔料は刺激も強くなりがちですが、天然成分である米ぬかで洗顔することで、しっかり洗浄しなら美容成分もたっぷりと取り入れることができるのです。

しかし、いくら美容効果が高いとはいえ、米ぬかで洗顔するのはなかなか手間がかかってしまうもの。そこで、「米ぬか」や「米ぬか成分」を配合した“米ぬか石鹸”が注目を集めています。米ぬか由来の美容成分で、すっきり透き通るような美肌を。このあとの選び方情報を参考に、あなたを美肌にしてくれる「米ぬか石鹸」を見つけましょう!

米ぬか石鹸の選び方

それでは、さまざまな美容効果が期待できる「米ぬか石鹸」の選び方のポイントについてお伝えしていきます。

米ぬかの美容成分に注目!

まずは、米ぬか由来の、これらの成分がきちんと明記されている石鹸を選ぶことがポイント。期待したい効果に応じて、成分を選んでくださいね。

「γ-オリザノール」は年齢に応じたエイジングケアにピッタリ

「γ-オリザノール」は年齢に応じたエイジングケアにピッタリ
米ぬかには、米ぬかにしか含まれないγ-オリザノールという、抗酸化作用を持つとされる成分が含まれています。

また、メラニンの生成を防ぎ、シミ・くすみを予防する美白効果もあるといわれています。即効性があるわけではありませんが、オリザノールが含まれている米ぬか石鹸を毎日使用することで効果を実感することができるかもしれませんよ。

美肌を目指したいならビタミンB類が含まれたものを

美肌を目指したいならビタミンB類が含まれたものを
米ぬかに含まれるビタミンB2・ビタミンB6などのビタミン類は、悩みがちなお肌のトラブルに効果的とされます。

その他にも、美肌成分として馬油や、植物由来の保湿成分を配合しているものを選ぶと、より高い効果を期待することができるかもしれません。洗浄力とのバランスを考慮して、自分にあったものを試行錯誤しながら選んでみてくださいね。

オレイン酸・米ぬかセラミドでしっとり柔らか肌に!

オレイン酸・米ぬかセラミドでしっとり柔らか肌に!
「米ぬか石鹸で洗顔すると、しっとりする」という方が多いのは、米ぬかに保湿効果があるとされるオレイン酸・植物性セラミドとして保湿効果が期待できる米ぬかセラミドが含まれているからです。

洗顔後の肌のつっぱりが気になる方や、乾燥肌が気になるという方は、オレイン酸・米ぬかセラミドをはじめとする保湿成分が配合されているものを選ぶのがおすすめです。

合成添加物を使用していない石鹸を選ぶ

合成添加物を使用していない石鹸を選ぶ
たくさん種類のある石鹸の中には、泡立ちを良くしたり、洗浄力を上げるために界面活性剤や合成添加物を使用した石鹸が販売されています。

米ぬか配合石鹸でも、「洗い上がりがつっぱる」「乾燥しやすくなった」と感じる場合は、お肌に良くない添加物が入ってる可能性も少なくありません。商品を選ぶ際には、無添加と明記されているものや、香料や防腐剤・界面活性剤などが含まれていないものがおすすめです。

有機栽培・無農薬栽培の米ぬか使用ならより安心

有機栽培・無農薬栽培の米ぬか使用ならより安心

出典:amazon.co.jp

米ぬかはご存知のように、米の精米によって作られます。米は栽培方法によって美味しさが違ったりしますよね。米ぬかも同様に、栽培方法の違いで含有成分も異なります。

石鹸は食べるわけではないので、そこまで影響があるわけではありませんが、農薬は合成添加物と同じようにアレルギーやかゆみの原因になり場合があります。敏感肌の方は、有機栽培や無農薬栽培の米ぬかを使用している石鹸がより安心です。

「全身用・洗顔専用」用途に合わせて選ぶ

「全身用・洗顔専用」用途に合わせて選ぶ
米ぬか石鹸も、他の石鹸と同じように、全身洗い用石鹸と洗顔専用石鹸に分かれています。洗顔用石鹸でも全身を洗うことができますが、洗顔用は全身用に比べて比較的値段が高い傾向にあるため、洗顔用の石鹸を全身用に使うことはコスパ的にはおすすめできません。

なかには、顔はもちろん全身や髪の毛にも使用できるものがあるので、どのように使用したいかに合わせて石鹸のタイプを選ようにすると良いでしょう。

米ぬか石鹸のおすすめ人気ランキング10選

それでは、ここからは、口コミやレビューの評価をもとに選定した「おすすめの米ぬか石鹸」をご紹介していきます。

なお掲載商品は、上記の選び方で記載した効果・効能があることを保証したものではありません。ご購入にあたっては、各商品に記載されている効果・効能をご確認ください。

10位:スクワナチュレ 米ぬか化粧石けん

スクワナチュレ 米ぬか化粧石けん
出典:amazon.co.jp
スクワナチュレ 米ぬか化粧石けん

828円 (税込)

詳細情報
・原材料:石ケン素地・コメヌカ・ステアリン酸ブチル・スクワラン・グリセリン・水・米胚芽油・香料・他
・美容成分:コメヌカ・スクワラン・グリセリン・他
・添加物:ー
・原産国:日本
・用途:全身用
・内容量:140g×2

”ぬか袋洗顔”をお手本に作られた米ぬか石鹸

”ぬか袋洗顔”をお手本に作られた米ぬか石鹸

出典:boso.co.jp

古くからの洗顔方法である、”ぬか袋”をイメージして作られた石鹸。お肌の透明感と、モチモチの洗い上がりが魅力です。米ぬかの他にも、美容成分である「コメ胚芽油」や「スクワラン」が配合されています。

9位:白鶴 鶴の玉手箱 米ぬか石けん

白鶴 鶴の玉手箱 米ぬか石けん
出典:amazon.co.jp
白鶴 鶴の玉手箱 米ぬか石けん

666円 (税込)

詳細情報
・原材料:石けん素地・日本酒・米ぬか
・美容成分:グリセリン・オレイン酸・アミノ酸・他
・添加物:パラベン不使用・無香料・無着色
・原産国:日本
・用途:全身用
・内容量:100g

米ぬか・日本酒で作った石鹸

米ぬかの美容成分に加え、日本酒を原料にすることで、お肌に必要なアミノ酸や、優しいピーリング効果のあるフルーツ酸が含まれる石鹸になりました。アミノ酸は、肌の潤いを保つ効果があり、フルーツ酸はお肌に残る古い角質の除去に効果的です。

8位:築野ライスファインケミカルズ 米糠石けん 稲穂

築野ライスファインケミカルズ 米糠石けん 稲穂
出典:amazon.co.jp
築野ライスファインケミカルズ 米糠石けん 稲穂

1,066円 (税込)

詳細情報
・原材料:石ケン素地・イノシトール・グリセリン・オリザノール・フィチン酸・コメ胚芽油・エチドロン酸・塩化ナトリウム
・美容成分:グリセリン・オリザノール・コメ胚芽油
・添加物:エデト酸塩不使用・無香料・無着色
・原産国:日本
・用途:全身用
・内容量:100g

天然成分イノシトール配合!泡立ち・肌なじみが◎

天然成分イノシトール配合!泡立ち・肌なじみが◎

出典:tsunorice.com

米糠から抽出した天然成分、イノシトールを使用しています。泡だちや肌馴染みが良く、とても使いやすい石鹸です。お肌の潤いを保ちながら洗い上げてくれるので、普段遣いにぴったりですよ。

7位:ネオナチュラル 池田さんの米ぬか白石けん

ネオナチュラル 池田さんの米ぬか白石けん
出典:amazon.co.jp
ネオナチュラル 池田さんの米ぬか白石けん

1,852円 (税込)

詳細情報
・原材料:石けん素地・温泉水・グラニュー糖・グリセリン・エタノール・海塩・コメヌカエキス・ラベンダー水・他
・美容成分:オリザブラン・米ぬかエキス・オキナワモズクエキス・桜の花エキス・他
・添加物:無添加(合成界面活性剤・合成香料・防腐剤)
・原産国:日本
・用途:洗顔用
・内容量:80g

釜焚き製法の馬油石鹸に米ぬかエキス配合

釜焚き製法の馬油石鹸に米ぬかエキス配合

出典:cosme.net

「食べられるほどやさしい石鹸作り」をモットーに、実際に出来上がりを確かめる際、一釜ごとに”試食”して作られているこだわりの石鹸。人間の皮脂成分に一番近い油脂、馬油から作られた石けん素地に米ぬかエキスをはじめとする、様々な美容成分が配合されています。

6位:カウブランド 自然派石けん 米ぬか

カウブランド 自然派石けん 米ぬか

299円 (税込)

詳細情報
・原材料:石けん素地・パーム脂肪酸・グリコシルトレハロース・コメヌカ油・グリセリン・香料・他
・美容成分:グリセリン・コメヌカオイル
・添加物:ー
・原産国:日本
・用途:全身用
・内容量:100g×3

優しい使い心地!高コストパフォーマンス!

無香料の米ぬか石鹸が多い中、ほのかなウッディフローラルの香りがする石鹸です。牛乳石鹸シリーズには他に通称「赤箱・青箱」という有名な石鹸がありますが、米ぬかオイルが配合されているだけあって、この「米ぬか」石鹸が一番しっとりとした洗い上がりです。赤箱・青箱をご愛用の方も一度試してみてはいかがでしょう?

5位:美人ぬか 純米洗顔石鹸

美人ぬか 純米洗顔石鹸
出典:amazon.co.jp
美人ぬか 純米洗顔石鹸

364円 (税込)

詳細情報
・原材料:石ケン素地・グリセリン・スクロース・ソルビトール・コメヌカエキス・オリザノール・イノシトール・他
・美容成分:ガンマオリザノール・グリセリン・コメヌカセラミド
・添加物:ー
・原産国:日本
・用途:洗顔用
・内容量:80g

つるつるの洗い上がりでスッキリ!

つるつるの洗い上がりでスッキリ!

出典:amazon.co.jp

米ぬか石鹸の中では、”超しっとり”というよりは“しっとり&さっぱり”と言った使用感で、さらっと洗いあがるタイプの石鹸が好きな方におすすめです。泡立ちは多くはありませんが、しっかりとした洗浄力が特徴で、幅広い世代に人気があります。

4位:杉食 米ぬか石けん

杉食 米ぬか石けん

350円 (税込)

詳細情報
・原材料:石けん素地・水・エチドロン酸・PEG-75・コカミドDEA・甘草エキス・コメ胚芽油・オリザノール
・美容成分:ガンマオリザノール・甘草エキス
・添加物:エデト酸塩不使用・無着色・無香料
・原産国:日本
・用途:全身用
・内容量:80g

お肌のカサカサが気になる時におすすめのロングセラー

お肌のカサカサが気になる時におすすめのロングセラー

出典:amazon.co.jp

ラジオパーソナリティ河村通夫さん考案の米ぬか石鹸。約30年にもわたるロングセラー商品です

米ぬかから抽出した保湿成分であるガンマオリザノールや天草エキスを配合しているため、しっとりとした洗い心地に。乾燥肌の方におすすめです。全身にはもちろん、食器洗いにも使用できます。

3位:天使の石鹸 米ぬか純石鹼

天使の石鹸 米ぬか純石鹼
出典:amazon.co.jp
天使の石鹸 米ぬか純石鹼

1,080円 (税込)

詳細情報
・原材料:石ケン素地・コメヌカ
・美容成分:コメヌカ・フェルラ酸・ビタミンB1・B6・Eやミネラル・鉄分・他
・添加物:完全無添加
・原産国:日本
・用途:全身用
・内容量:130g

昔ながらの釜焚き製法で有効成分たっぷり!

昔ながらの釜焚き製法で有効成分たっぷり!

出典:amazon.co.jp

釜焚き製法で作られた石鹸は、 原料に含まれる有効成分が残り、作られる過程で天然の保湿成分であるグルセリンが発生します。優しい使い心地としっとりとした洗い上がりが特徴で、顔や身体はもちろん、洗髪にも使用可能。完全無添加石鹸なので、幅広い年齢の方に安心してお使いいただけます。

2位:カリス ナチュラルソープ工房 米ぬか石鹸

カリス ナチュラルソープ工房 米ぬか石鹸
出典:amazon.co.jp
カリス ナチュラルソープ工房 米ぬか石鹸

864円 (税込)

詳細情報
・原材料:石ケン素地・コメヌカ
・美容成分:米ぬか油・グリセリン
・添加物:無添加
・原産国:日本
・用途:全身用
・内容量:130g

無農薬栽培の米ぬかを使用した安心石鹸

無農薬栽培の米ぬかを使用した安心石鹸

出典:amazon.co.jp

安心の無農薬栽培でできたお米からとれる米ぬかを使用しています。原材料は「石ケン素地」と「コメヌカ」だけということで、米ぬかそのもので洗う”米ぬか洗顔”に最も近い石鹸と言ってもいいでしょう。もちろん、洗顔だけではなく洗髪・全身洗いにも適しています。少しお値段が高いので、大切に使いたい石鹸ですね。

1位:M-mark 米ぬかせっけん

M-mark 米ぬかせっけん
出典:amazon.co.jp
M-mark 米ぬかせっけん

518円 (税込)

詳細情報
・原材料:石ケン素地・コメヌカ油・コメヌカ・コメデンプン・トコフェロール
・美容成分:米ぬか油・グリセリン
・添加物:無添加(合成界面活性剤・香料・鉱物油・防腐剤)
・原産国:日本
・用途:全身用
・内容量:100g×2

米デンプン入りでふんわりもっちりの泡立ち!

米デンプン入りでふんわりもっちりの泡立ち!

出典:amazon.co.jp

泡立ちが良く、肌馴染みの良い石鹸です。昔ながらの釜焚き製法で作られており、天然のグリセリンの効果でしっとりとした洗い上がりになります。保存料や香料などの余計な成分が入っていないので、アトピーの子供にも安心して使用できるとの声も多いようです。

優しい使い心地も人気の秘密です。無添加せっけんなので、長期間安心して使い続けられるのも嬉しいですね。ただ、やや柔らかめの石鹸なので、湿度・温度が高いと溶けてしまいます。浴室で使用した後はしっかりと水を切って保管することだけ注意しましょう。

美白におすすめの洗顔料はコレ!

今回紹介した商品に、お気に入りのものが見つからなかった方は、以下の記事もおすすめ。美白におすすめの洗顔料を紹介していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

まとめ

米ぬか石鹸の選び方とおすすめの米ぬか石鹸をご紹介しましたが、いかがでしたか。

米ぬか石鹸を使うと、まずはじめに感じるのはしっとりとした洗い上がり!この使用感のとりこになってしまう方が多いと言います。シミやくすみの効果の方はすぐにあらわれるわけではありませんが、石鹸を1つ使い終わる頃に実感できることが多いようですよ。

米ぬか洗顔は効果抜群ですが、手間と時間がかかってしまうもの。お手軽な米ぬか石鹸で、米ぬかパワーを実感してみてはいかがでしょう?石鹸選びの参考にしていただけたら嬉しいです。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す