• 窓用飛散防止フィルムのおすすめ人気ランキング10選【UVカット・目隠し効果のあるものも!】のアイキャッチ画像1枚目
  • 窓用飛散防止フィルムのおすすめ人気ランキング10選【UVカット・目隠し効果のあるものも!】のアイキャッチ画像2枚目
  • 窓用飛散防止フィルムのおすすめ人気ランキング10選【UVカット・目隠し効果のあるものも!】のアイキャッチ画像3枚目
  • 窓用飛散防止フィルムのおすすめ人気ランキング10選【UVカット・目隠し効果のあるものも!】のアイキャッチ画像4枚目
  • 窓用飛散防止フィルムのおすすめ人気ランキング10選【UVカット・目隠し効果のあるものも!】のアイキャッチ画像5枚目

窓用飛散防止フィルムのおすすめ人気ランキング10選【UVカット・目隠し効果のあるものも!】

窓のガラスが割れた際に、破片の飛び散りを防ぐ効果がある「窓用飛散防止フィルム」。手軽に取り入れられる防災グッズとして人気が高まってきています。しかし、3Mやサンゲツなど多くのメーカーから、UVカットや目隠しなどさまざまな機能がある商品が販売されているため、どれを選んだらよいのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。


そこで今回の記事では、窓用飛散防止フィルムの選び方と、人気が高いおすすめ商品のランキングをご紹介します。厚みや価格など商品によって異なるので、ぜひ比較検討してみてください。災害や空き巣はいつ訪れるかわからないもの。自分にぴったりのフィルムを選んで、しっかり備えておきましょう!

  • 最終更新日:2019年10月04日
  • 79,853  views
目次

災害時の怪我防止に!窓用飛散防止フィルムのメリット

災害時の怪我防止に!窓用飛散防止フィルムのメリット

地震や台風などの災害時に窓が割れてしまうと、破片が周囲に飛び散り、怪我をするリスクが高まります。それを防ぐのに便利なのが「窓用飛散防止シート」。その名の通り、ガラスに貼ると割れても破片が飛び散らず、そのままの形状を保つ効果があります。


シートはペットボトルと同じ材質で透明なので、外から見てもシートを貼っていることはわかりません。見栄えを気にせず自宅の災害対策を行えるのもメリットの一つです。また、中にはUVカット・目隠しといった+αの機能が備わっている商品もあり、窓に関するお悩みを一気に解決できることも。


特にお子さんや高齢者のいるご家庭では、災害時の窓ガラスの破片対策はとっても重要。普段から窓用飛散防止フィルムを貼り付けておいて、いざというときの危険を最小限に減らしましょう!

窓用飛散防止フィルムの選び方

実際に、災害や犯罪から身を守るために、どのような窓用飛散防止フィルムを選べばよいのでしょうか。安全性の高い窓用飛散防止フィルムの選び方のポイントをご紹介していきます。

ガラスの大きさ・目的にあわせて厚さをチェック!

ガラスの大きさ・目的にあわせて厚さをチェック!

一般的なサイズの窓には、主流となっている50ミクロン程度の厚さでOKです。ただし2mを超すようなガラスに貼る場合は、50ミクロン程度では十分な飛散防止効果が得られないことがあります。そのため、大きなガラスに貼るなら、70ミクロン以上の厚さのものを目安に選ぶとよいでしょう。


また、防犯効果を重視したい場合は、少なくとも100ミクロン以上の厚さのフィルムがおすすめ。厚いフィルムならば、外から大きな衝撃が加わったとしても貫通されず、中に侵入される危険を大幅に減らすことができますよ。

内貼り用・外貼り用もしっかり確認!場所にあわせて選ぼう

内貼り用・外貼り用もしっかり確認!場所にあわせて選ぼう

飛散防止フィルムには、室内側に貼り付ける「内貼り」用と、室外側に貼り付ける「外貼り」用があるので、適切なものを選ぶことが大切です。


通常、お部屋の窓に防災・防犯目的で取り付けるならば、数が多く安価な内貼り用で十分。しかし、お部屋の設置物などの関係で内側からフィルムを設置することが難しい場合は、外貼りのフィルムを選ぶようにしましょう。


屋外側に内貼り用のフィルムを使ってしまうと、フィルムの劣化が早まり、いざというときに十分な効果が発揮できないことも。どちら側から貼るかを考えて選んでくださいね。

特殊ガラスに貼る場合は、対応しているかどうかチェック

特殊ガラスに貼る場合は、対応しているかどうかチェック

凸凹があるガラスやすりガラスに貼りたい場合は、特殊ガラスに対応しているか確認してから購入するようにしましょう。


特殊ガラスに対応していないフィルムを貼ると、「熱割れ」という破損に繋がる危険性もあります。割れたときの対処のためのフィルムのせいで破損してしまっては元も子もないので、窓のタイプと合っているかどうかも重要ですよ。

+αの機能があると、より便利に使える!

窓用飛散防止フィルムの中には、飛散防止以外の機能が備わっているものもあります。対応したいお悩みにあわせて、機能もチェックしてみましょう。

UVカット効果にも要注目!90%以上かUPF25以上がベスト

UVカット効果にも要注目!90%以上かUPF25以上がベスト

窓用飛散防止フィルムを選ぶ際には、UVカット効果にも注目してみましょう。パーセント表記なら90%以上、UPF表記なら「UPF25」以上のものを選ぶのがおすすめです。窓に貼り付けるだけで、畳や家具などの日焼けによる劣化を防止してくれますよ。


なおパーセント表記もUPFも、UVカット効果の高さを表す指標です。いずれも、数値が高ければ高いほどより高機能です。パーセント表記の場合には100%が最高値ですが、UPFは「UPF50+」が最高値となります。

日当たりのいい窓や騒音の多い場所には、遮熱・断熱機能がおすすめ

日当たりのいい窓や騒音の多い場所には、遮熱・断熱機能がおすすめ

日当たりのいい窓や大きな窓に使うなら、遮断・断熱効果があるフィルムが便利。室内の空気が逃げにくくなり、冷暖房が効きやすくなる効果があります。冷暖房費節約にも役立ちますよ。


さらに、遮断・断熱効果があるフィルムを使えば、多少の防音効果を得ることも可能。線路の近くに住んでいる場合など、外の騒音に悩んでいる方にもおすすめです。

人目につきたくない窓には目隠し機能のあるフィルムを

人目につきたくない窓には目隠し機能のあるフィルムを

人通りが多い場所に面した窓や寝室の窓には、目隠し効果があるフィルムが最適です。外から室内の様子が見えにくくなるので、プライバシーを守りたい空間にぴったりですよ。


なお、目隠し機能のあるフィルムにも、いくつかの種類があります。すりガラスのようになっているものや鏡面効果があるもの、おしゃれな柄が入っているものなど、見たときの印象はさまざま。インテリアや窓周辺の雰囲気に合うものを選びましょう。

品質を保証されているJIS規格適合品を選ぼう

品質を保証されているJIS規格適合品を選ぼう

信頼できる品質のものを使うためにも、JIS規格適合品を選ぶのがおすすめです。JIS規格適合品は、フィルム自体の強さや透明性、そして紫外線透過率などの項目で、厳しい試験をクリアしています。そのため、安心して使うことができますよ。


店頭でJIS規格適合品を探すなら、「JIS A 5759適合品ラベル」が貼られているかどうかをチェックするとよいでしょう。これは、日本ウインドウ・フィルム工業会が発行しているもので、JIS規格に適合した優良商品に貼り付けられています。

窓用飛散防止フィルムのおすすめ人気ランキング10選

それでは、実際にどのような飛散防止フィルムが人気なのでしょうか?おすすめ商品をランキングでご紹介していきます。
10位
窓用飛散防止フィルム 3M ファサラ ガラスフィルム クラウド 1枚目
出典:amazon.co.jp

3Mファサラ ガラスフィルム クラウド

SH2FGCL

9,097円 (税込)

厚さ82ミクロン
内貼り・外貼り内貼り
対応ガラス通常ガラス
JIS規格適合品
UVカット99%カット
遮熱・断熱効果
目隠し効果
9位

3Mファサラ ガラスフィルム ローザンヌ

SH2EMLA

3,888円 (税込)

厚さ113ミクロン
内貼り・外貼り内貼り
対応ガラス通常ガラス
JIS規格適合品
UVカット99%カット
遮熱・断熱効果
目隠し効果
8位

3Mスコッチティント ウィンドウフィルム

SH2CLAR

2,117円 (税込)

厚さ76ミクロン
内貼り・外貼り内張り
対応ガラス通常ガラス
JIS規格適合品
UVカット99%カット
遮熱・断熱効果
目隠し効果
7位

3Mファサラ ガラスフィルム ミルキークリスタル

SH2MLCRX

7,282円 (税込)

厚さ126ミクロン
内貼り・外貼り外貼り
対応ガラス通常ガラス
JIS規格適合品
UVカット99%
遮熱・断熱効果
目隠し効果
6位
厚さ50ミクロン
内貼り・外貼り内貼り
対応ガラス通常ガラス
JIS規格適合品
UVカット99%カット
遮熱・断熱効果
目隠し効果
5位
厚さ120ミクロン
内貼り・外貼り内貼り
対応ガラス通常ガラス・網入りガラス
JIS規格適合品
UVカット98%
遮熱・断熱効果
目隠し効果
4位
厚さ75ミクロン
内貼り・外貼り内貼り
対応ガラス通常ガラス
JIS規格適合品
UVカット99%カット
遮熱・断熱効果
目隠し効果
3位
窓用飛散防止フィルム アサヒペン UVカット防災超強飛散防止シート 1枚目
出典:amazon.co.jp

アサヒペンUVカット防災超強飛散防止シート

BH-1

1,686円 (税込)

厚さ125ミクロン
内貼り・外貼り内貼り
対応ガラス通常ガラス
JIS規格適合品
UVカット99%カット
遮熱・断熱効果
目隠し効果
2位
厚さ166ミクロン
内貼り・外貼り外貼り
対応ガラス通常ガラス
JIS規格適合品
UVカット99%カット
遮熱・断熱効果
目隠し効果
1位
窓用飛散防止フィルム リンテックコマース UV99%カット防災フィルム50クリアー 1枚目
出典:amazon.co.jp

リンテックコマースUV99%カット防災フィルム50クリアー

4,950円 (税込)

厚さ50ミクロン
内貼り・外貼り内貼り
対応ガラス通常ガラス・網入りガラス・複層ガラス
JIS規格適合品
UVカット99%カット
遮熱・断熱効果
目隠し効果

人気窓用飛散防止フィルムの比較一覧表

商品画像
1
窓用飛散防止フィルム リンテックコマース UV99%カット防災フィルム50クリアー 1枚目

リンテックコマース

2
窓用飛散防止フィルム サンゲツ ガラスフィルム 1枚目

サンゲツ

3
窓用飛散防止フィルム アサヒペン UVカット防災超強飛散防止シート 1枚目

アサヒペン

4
窓用飛散防止フィルム サンゲツ ガラスフィルム 1枚目

サンゲツ

5
窓用飛散防止フィルム NEXFIL 飛散防止フィルム 1枚目

NEXFIL

6
窓用飛散防止フィルム サンゲツ ガラスフィルム 1枚目

サンゲツ

7
窓用飛散防止フィルム 3M ファサラ ガラスフィルム ミルキークリスタル 1枚目

3M

8
窓用飛散防止フィルム 3M スコッチティント ウィンドウフィルム 1枚目

3M

9
窓用飛散防止フィルム 3M ファサラ ガラスフィルム ローザンヌ 1枚目

3M

10
窓用飛散防止フィルム 3M ファサラ ガラスフィルム クラウド 1枚目

3M

商品名

UV99%カット防災フィルム50クリアー

ガラスフィルム

UVカット防災超強飛散防止シート

ガラスフィルム

飛散防止フィルム

ガラスフィルム

ファサラ ガラスフィルム ミルキークリスタル

スコッチティント ウィンドウフィルム

ファサラ ガラスフィルム ローザンヌ

ファサラ ガラスフィルム クラウド

特徴網入りガラス・複層ガラスにも貼り付け可能!防犯目的にも使える166ミクロンのフィルム125ミクロンの分厚いフィルムが窓をガードフロストガラスのような質感で目隠し効果も期待!より強靭な防災用フィルムをお探しの方に!ハードコート加工で飛散防止効果バッチリ飛散防止×目隠しで安全もプライバシーも守る貼っていることがほとんどわからないガラスフィルム113ミクロンの厚さでガラスを保護!グラデーションカラーがおしゃれ!
最安値
4,950
送料要確認
詳細を見る
8,591
送料要確認
詳細を見る
1,686
送料要確認
詳細を見る
3,176
送料要確認
詳細を見る
4,200
送料要確認
詳細を見る
4,975
送料要確認
詳細を見る
7,282
送料要確認
詳細を見る
2,117
送料要確認
詳細を見る
3,888
送料要確認
詳細を見る
9,097
送料要確認
詳細を見る
厚さ50ミクロン166ミクロン125ミクロン75ミクロン120ミクロン50ミクロン126ミクロン76ミクロン113ミクロン82ミクロン
内貼り・外貼り内貼り外貼り内貼り内貼り内貼り内貼り外貼り内張り内貼り内貼り
対応ガラス通常ガラス・網入りガラス・複層ガラス通常ガラス通常ガラス通常ガラス通常ガラス・網入りガラス通常ガラス通常ガラス通常ガラス通常ガラス通常ガラス
JIS規格適合品
UVカット99%カット99%カット99%カット99%カット98%99%カット99%99%カット99%カット99%カット
遮熱・断熱効果
目隠し効果
商品リンク

割れやすいタイプの窓から優先してフィルムを貼ろう

割れやすいタイプの窓から優先してフィルムを貼ろう

「窓用飛散防止フィルムを導入したいけれど、家中のすべての窓に貼るのは大変!」と考えている方も多いのではないでしょうか。すべての窓に導入するのが理想的ですが、まずはガラス割れの危険性がより高い窓から優先してフィルムを貼るのがおすすめです。


ガラス割れの危険性が高い窓は、部屋のコーナーの窓・大きくはめられた窓(開けられない)・木や鉄製のサッシの窓・三連以上の連続した窓など。これらに該当する窓があれば、真っ先にフィルムを貼ったほうがよいでしょう。


一方、比較的ガラス割れの危険性が低いのは、障子を動かして開ける窓・窓の周りがゴムなどの枠で覆われている窓・合わせガラス・網入りガラスなど。こういったタイプの窓については、多少後回しにしておいても大丈夫ですよ。

窓用防犯ブザーと組み合わせればさらに安心

防犯目的で窓用飛散防止フィルムを使用するなら、窓用防犯ブザーと組み合わせて使うのもおすすめ。窓用防犯ブザーとは、窓への衝撃や開放など異常を感知して鳴るブザーのこと。2つを組み合わせれば、より高い防犯効果が期待できますよ。


こちらの記事では、おすすめの防犯ブザーとその選び方についてまとめられています。ぜひ、合わせてチェックしてみてくださいね!

まとめ

今回は、おすすめの窓用飛散防止フィルムについてご紹介しましたが、いかがでしたか?


窓用飛散防止フィルムは、手軽に取り入れられる防災・防犯グッズのひとつ。いざという時に危険から身を守るためにも、お家の窓にぴったりの窓用飛散防止フィルムを見つけてくださいね!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す