• 布用ボンド(粘着剤)のおすすめ人気ランキング7選のアイキャッチ画像1枚目
  • 布用ボンド(粘着剤)のおすすめ人気ランキング7選のアイキャッチ画像2枚目
  • 布用ボンド(粘着剤)のおすすめ人気ランキング7選のアイキャッチ画像3枚目
  • 布用ボンド(粘着剤)のおすすめ人気ランキング7選のアイキャッチ画像4枚目
  • 布用ボンド(粘着剤)のおすすめ人気ランキング7選のアイキャッチ画像5枚目

布用ボンド(粘着剤)のおすすめ人気ランキング7選

アクセサリーや小物などを作る際に役立つ「布用ボンド」。最近では、単に強力なだけではなく、衣類に使えたり洗濯までできるものも出ており、裁縫が苦手な方や手間を軽減したい方に人気があります。しかし、同じメーカーから多種多様の布用ボンド・接着剤が販売されており、パッケージや内容量の違いはわかるけれど、一体何を見て購入すればよいのか分からないという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、布用ボンド(粘着剤)のおすすめをランキング形式でご紹介していきたいと思います。「使ってみたはいいけれど、失敗してしまった」なんてことがないよう、選び方も併せてご紹介していきますので、ぜひ購入時の参考にしてみてくださいね。
  • 最終更新日:2019年06月10日
  • 134,547  views
目次

布用ボンド(粘着剤)の選び方

たくさんの種類がある布用ボンド。どのような点に注意しながら選べば良いのでしょうか。まずは布用ボンド(粘着剤)の選び方から一緒に見ていきましょう。

衣類に使いたいなら「衣類可」のものを選ぶ

衣類に使いたいなら「衣類可」のものを選ぶ
接着可能な布素材であっても、目的のものへの使用に適さないものがあります。例えば、衣類などの修復などに布用ボンドをお探しの方が、クラフト・ハンドメイド用などのボンドを購入した場合、思い通りの効果が出なかったり、使えなかったりする可能性があります。

また、衣類に使えない場合には基本的に洗濯もできません。衣類を洗濯せず、ずっと着るということはあまりないと思いますので、衣類に使いたい場合には「衣類可」となっている商品を選ぶようにしましょう。

接着不可素材のチェックを入念に

接着不可素材のチェックを入念に
布同士を接着させるのに役立つ布用ボンドではありますが、使用する布によっては、乾いた後に固くパリパリになったり、シミになったりして、うまく接着出来ないことがあります。布をダメにしたり、新しい物を購入しなければならないなど、余計な出費になることもありえます。

そういったことが起こらないよう、メーカーは「接着不可」である素材を、ウェブサイトや商品パッケージなどに情報として載せていますので、購入や使用の前には必ず接着不可素材を確認しましょう。また、接着可能なものでも、ボンドが染みこんでシミになる可能性があります。うまく行かなくても大丈夫なもので試したり、目立たない所で試してから使用したほうがよいでしょう。

衣類に使えるものでも、基本的に薄いものには向きません。また、撥水や防水などの特殊加工された生地への使用ができないとしている商品が多くありますので、例えば作業服などに使う場合は要注意です。

容器底部に注目して選ぶ

容器底部に注目して選ぶ
半固形物を充填する容器には「アルミチューブ」「ポリチューブ」「ラミネートチューブ」などがあります。「アルミチューブ」は、光・空気・水などから中身を守ってくれ、また、中身を出した後、空気などの逆流を防ぐことができるので、絵の具・塗り薬・接着剤などの容器として多く使われています。

しかし、こういった容器の底部を思い浮かべてみてください。折り曲げることで閉じられていますよね。万一、チューブの口に内容物が詰まって固まってしまったような場合、力づくで勢い良く押し出そうとすると、この底部が開いたり、折り曲がった部分が破れたりして中身が出てきてしまうことがあります。ボンドが大量に出てきてしまうと大変なことになりますので、このタイプの容器に入ったボンドを選ぶ場合には使用に注意しましょう。

他には、アルミと樹脂などでできた「ラミネートチューブ」に入れられているものもあります。このタイプは底面が接着されており、中身が飛び出しにくくなっています。心配であればこういったものを選ぶと良いでしょう。

成分に「水」が含まれているものは硬化時間にゆとりあり

成分に「水」が含まれているものは硬化時間にゆとりあり
同じように思える布用ボンドも、商品により硬化スピードが異なります。蒸発によって硬化するものもあれば、空気中の成分と反応して硬化するものもあるなど様々です。

成分によく用いられている「シリル化ウレタン樹脂」や「変性シリコーン樹脂」などは、空気中の湿気と反応して硬化していきます。水が加えられているものは、水が蒸発してから硬化していきます。

つまり、「シリル化ウレタン樹脂」や「変性シリコーン樹脂」といった成分が100%の場合は、基本的に硬化が速いでしょう。水が加えられているものは、硬化がやや遅い場合が多いため、広範囲に塗る場合などに適しています。

使用頻度が低い場合は、内容量少なめがベター

使用頻度が低い場合は、内容量少なめがベター
価格がリーズナブルで容量が多いと、お得な感じがしますよね。でも、中身は接着を目的としたボンドです。開封後、長く放置していると中身が固まってしまい、使おうと思った時に使えなかったなんてことになりかねません。

適切な量のボンドを購入するようにしたほうが結果的にお得な場合がありますので、どのくらいの頻度で使うのかをあらかじめ予想してから購入するようにしましょう。

布用ボンド(粘着剤)のおすすめ人気ランキング7選

ここからは、布用ボンド(粘着剤)のおすすめをランキングでご紹介していきましょう。選び方なども参考に、どういった用途で使いたいのかをよくよく吟味しながら、最適なものを選んでくださいね。なお、今回ご紹介するボンドの色は硬化後すべて透明になります。
7位

ハマナカ木・紙・布・革 手芸用 クラフトボンド

380円 (税込)

容量100g
種類水溶性接着剤
成分酢酸ビニール樹脂50%・水
洗濯不可
衣類不可
接着不可-※木・布(綿)・厚紙・皮革(裏皮)以外のもの
6位
容量30g
種類水性形接着剤
成分エチレン酢酸ビニル樹脂53%・水47%
洗濯可※但し水で手洗い
衣類不可
接着不可ポリエチレン・ポリプロピレン・フッ素樹脂・シリコーン樹脂・ナイロン・ゴム・ガラス・金属・陶器・石
5位

コニシボンドウルトラ多用途クラフト 手芸用接着剤

431円 (税込)

容量10g
種類化学反応形接着剤
成分シリル化ウレタン樹脂100%
洗濯-
衣類-
接着不可ポリエチレン・ポリプロピレン・フッ素樹脂・貴金属・高価格品
4位
容量10g
種類化学反応形接着剤
成分変性シリコーン樹脂等(100%)
洗濯-
衣類不可
接着不可ポリエチレン・ポリプロピレン・シリコーン樹脂・フッ素樹脂
3位
容量55g
種類水性形接着剤
成分シリル化ウレタン樹脂36%・水64%
洗濯
衣類
接着不可薄手の生地・撥水加工などの特殊加工生地・ポリエチレン・ポリプロピレン・シリコーン樹脂・フッ素樹脂・貴金属・高価格品(スーツ・ドレスなど)
2位

クロバー布用強力ボンド 貼り仕事

654円 (税込)

容量40g
種類水性形接着剤
成分ウレタン樹脂35%・水65%
洗濯可※接着後24時間以内不可
衣類
接着不可ナイロン・シルク・特殊加工(防水・撥水・コーティング・表面加工)したもの
1位
容量17g・45g・120g
種類水性形接着剤
成分シリル化ウレタン樹脂35%・水65%
洗濯
衣類
接着不可薄手の生地・撥水加工などの特殊加工生地・熱に弱い生地・凹凸のある生地・毛足の長い生地・ポリエチレン・ポリプロピレン・シリコーン樹脂・フッ素樹脂・貴金属・高価格品(スーツ・ドレスなど)

おすすめ人気布用ボンド(粘着剤)の比較一覧表

商品画像
1
布ボンド コニシ  裁ほう上手 1枚目

コニシ

2
布ボンド クロバー 布用強力ボンド 貼り仕事  1枚目

クロバー

3
布ボンド コニシ ボンド布上手 布専用接着剤 1枚目

コニシ

4
布ボンド KAWAGUCHI 多目的クラフトボンド  1枚目

KAWAGUCHI

5
布ボンド コニシ ボンドウルトラ多用途クラフト 手芸用接着剤 1枚目

コニシ

6
布ボンド カワグチ フェルト・布用ボンド 1枚目

カワグチ

7
布ボンド ハマナカ 木・紙・布・革 手芸用 クラフトボンド 1枚目

ハマナカ

商品名

裁ほう上手

布用強力ボンド 貼り仕事

ボンド布上手 布専用接着剤

多目的クラフトボンド

ボンドウルトラ多用途クラフト 手芸用接着剤

フェルト・布用ボンド

木・紙・布・革 手芸用 クラフトボンド

特徴発売以来、使い勝手の良さで人気集中!折り目つけゲージやヘッド部分など工夫盛りだくさん最後まで無駄なく使える容器が嬉しい同社の従来商品よりも接着力アップ乾くのが早い!即効性を求めるならこちら粘度が高く、出しすぎを防げる大容量・リーズナブルで手芸用に最適
価格399円(税込)654円(税込)631円(税込)398円(税込)431円(税込)680円(税込)380円(税込)
容量17g・45g・120g40g55g10g10g30g100g
種類水性形接着剤水性形接着剤水性形接着剤化学反応形接着剤化学反応形接着剤水性形接着剤水溶性接着剤
成分シリル化ウレタン樹脂35%・水65%ウレタン樹脂35%・水65%シリル化ウレタン樹脂36%・水64%変性シリコーン樹脂等(100%)シリル化ウレタン樹脂100%エチレン酢酸ビニル樹脂53%・水47%酢酸ビニール樹脂50%・水
洗濯可※接着後24時間以内不可--可※但し水で手洗い不可
衣類不可-不可不可
接着不可薄手の生地・撥水加工などの特殊加工生地・熱に弱い生地・凹凸のある生地・毛足の長い生地・ポリエチレン・ポリプロピレン・シリコーン樹脂・フッ素樹脂・貴金属・高価格品(スーツ・ドレスなど)ナイロン・シルク・特殊加工(防水・撥水・コーティング・表面加工)したもの薄手の生地・撥水加工などの特殊加工生地・ポリエチレン・ポリプロピレン・シリコーン樹脂・フッ素樹脂・貴金属・高価格品(スーツ・ドレスなど)ポリエチレン・ポリプロピレン・シリコーン樹脂・フッ素樹脂ポリエチレン・ポリプロピレン・フッ素樹脂・貴金属・高価格品ポリエチレン・ポリプロピレン・フッ素樹脂・シリコーン樹脂・ナイロン・ゴム・ガラス・金属・陶器・石-※木・布(綿)・厚紙・皮革(裏皮)以外のもの
商品リンク

布用ボンド(粘着剤)の売れ筋ランキングもチェック!

参考までに、布用ボンド(粘着剤)のAmazonの売れ筋ランキングは以下のリンクからご確認ください。

まとめ

今回は、布用ボンドのおすすめや選び方をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。特に衣類用として布用ボンドをお探しの方は、失敗してしまうと大変なことになりかねません。購入前によくよく考慮し、注意しながら使ってくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す