• 56b83dbd9cc71c23ca0bc9620b33c11797b6143f
  • E538b387bf75b7c1fb96f3b283364acb774022ad
  • 3149911ee180042a8af62555ad1de73b5f3b1bf4
  • E319e6f629fcbff4093672800023295a0af06664
  • Fa8f64d3202b989e967482005dd8b5b1eb789495

油はねガードのおすすめ人気ランキング10選

油はねガードやレンジガードは、コンロ周りの汚れ防止に欠かせないアイテムです。ガスコンロだけでなくIHやアイランドキッチンで使えるタイプもあり、ガラス製やステンレス製のものは見た目にもおしゃれで、油はね防止だけでなくインテリアとしても人気があります。また最近では、ニトリなどのリーズナブルなものをはじめ、100均などで購入したアイテムでDIYする方もいらっしゃいますね。

今回はそんな便利な油はねガードの選び方と、Amazonや楽天など通販で人気の商品をランキング形式でご紹介します。使い捨てタイプばかりを使っていた方は、油はねガードの進化に驚くこと間違い無し!便利で使い勝手のいい、ご自宅のキッチンにぴったりな油はねガードを見つけてくださいね。

最終更新日:2017年06月21日 | 10,125views

油はねガードの選び方のポイント

一口に油はねガードと言っても、スタンダードな揚げもののときに使うタイプだけでなく、コンロの後ろの壁を守るシートタイプや、お掃除しづらい排気口を守る排気口カバータイプなど形状もいろいろ。どの商品もお掃除の手間を省いてくれるとても便利なアイテムですが、選び方を間違えると本来の機能を発揮してくれません。

まずは油はねガードの選び方のポイントをご紹介しますので、ぜひ参考にして、使い勝手の良い油はねガードを見つけてくださいね。

自宅のコンロのサイズやタイプに合わせて選ぶ

油はねガードを選ぶときは、まず最初にコンロのサイズをチェックしなければなりません。サイズが合わない油はねガードは、使いづらいだけではなくとても危険です。

また、ビルトインやシステムキッチン用など、特定のコンロのタイプ専用の油はねガードもありますので、サイズと合わせてコンロのタイプもチェックしておきましょう。

お手入れや使い方に合わせてタイプを選ぶ

油はねガードにはエコタイプや使い捨てタイプなどいくつかタイプがありますが、各タイプごとにメリットやデメリットがあります。それぞれ用途によって向き不向きがあるので、ご家庭での使い方に合わせて選んでいきましょう。

繰り返し使える「エコタイプ」

昔は使い捨てタイプの油はねガードが主流でしたが、最近では繰り返し使えるエコタイプの油はねガードも人気です。折りたたみ式のものが多いため、使わないときは収納できるのも人気の秘密。初期費用は使い捨てタイプよりもかかりますが、丸洗いできるものが多いためいつもキッチンを清潔に保てます。

ただし、ステンレス製やスチール性などの硬い素材が多いため、しっかりしている分コンロのサイズやタイプを選ぶというデメリットも。エコタイプの油はねガードを選ぶときは、ご自宅のコンロで使えるかを特にしっかりチェックしておきましょう。

また、使い勝手を考えれば食器洗浄機で洗えるものや、折りたたみできる油はねガードがおすすめです。使い捨てタイプのように、使いづらいからと買い換えるには少し高価なので、事前に具体的な使い方を考えてから購入しましょう。

リーズナブルでお手入れのいらない「使い捨て」

昔ながらの使い捨ての油はねガードは今でも主流です。100円ショップなどでも販売していてリーズナブル。キッチンの使用頻度の低いご家庭なら、買い替えの回数も少なくすみます。また、お手入れが必要ないのも使い捨てのメリット。お手入れが面倒な方は使い捨てタイプがおすすめです。

使い捨てタイプのデメリットは、安定感と捨て時の見極め。気がつけば油でベトベトになっていることも多いので、使い捨てタイプを選ぶときは予備の油はねガードも一緒に購入しておきましょう。

タイル地などにおすすめ、貼るだけ「シートタイプ」

シートタイプの油はねガードは、コンロ周りのお手入れを楽にするのに欠かせないアイテムです。特にコンロの周りの壁がタイルの方は、目地に入り込む油汚れを防いでくれるのでおすすめ。また、1度貼ってしまえばセッティングの必要がないので、いつもコンロ周りを清潔に保ってくれます。

そんなシートタイプの油はねシートを選ぶときは、少し厚手のものがおすすめです。貼りやすく剥がしやすいので、間に気泡が入る心配も最小限ですみますよ。リーズナブルなものに目が行きがちですが、1度貼ったら長く使うものですから、しっかりしたお手入れのしやすい丈夫なタイプを選びましょう。

魚焼きグリルをホコリや汚れから守る「排気口カバー」

コンロ周りのお手入れで意外に盲点なのが排気口です。魚焼き用のグリルの熱を逃がす排気口は、汚れるとお掃除が難しいので「汚れを防ぐ」ことが必須課題。そんなときに便利なのが排気口カバーです。また、油はねだけではなくホコリや食材からも排気口を守ってくれるので、シートタイプ同様常備しておきたい油はねガードです。

しかし、魚焼きグリルを使うときはいちいち動かさなければいけないので少し面倒。そんな手間を省くためにも、向きを変えるだけで排気口の口が開くタイプがおすすめです。また、他の油はねガード同様お手入れのしやすさも重要ポイント。丸洗いができて油汚れが落としやすいタイプを選びましょう。

油はねガードのおすすめ人気ランキング10選

ここからは油はねガードの人気ランキングをご紹介します。スタンダードな使い捨てタイプや、使いたいときだけ使える折りたたみ式、お掃除が面倒な排気口の汚れを防いでくれる排気口カバーなどタイプはいろいろ。ご自宅のコンロのサイズやタイプをしっかりチェックして、使い勝手のいいものを選んでくださいね。

10位:川口工器 ステンレスフッ素コートの排気口カバー

川口工器 ステンレスフッ素コートの排気口カバー 18455
3,622円(税込)

・タイプ:排気口カバー
・サイズ:幅65cm・奥行cm・高さcm
・重量:-
・素材:18-8ステンレス製

両面フッ素加工のステンレス製だからお手入れが簡単

川口工器の「ステンレスフッ素コートの排気口カバー」は、排気口をカバーしてくれる油はねガードです。表面・裏面ともにフッ素加工が施されているのでお手入れが簡単。また、先端に返しがついているので油はねだけではなく、噴きこぼれも防いでくれます。

幅は65cm・78cmに加え、伸縮式の3タイプ。ご自宅のコンロに合わせて選べるのもうれしいポイントですね。

9位:池永鉄工 コーナーレンジガード

池永鉄工 コーナーレンジガード クリア IR-800
13,824円(税込)

・タイプ:エコタイプ
・サイズ:幅70cm・奥行50cm・高さ30cm・厚さ0.6cm
・重量:1200g
・素材:本体・強化ガラス (耐熱温度200度 飛散防止フィルム付き)/金具・ステンレス製材質強化ガラス

スタイリッシュキッチンにおすすめなガラス製

池永鉄工の「コーナーレンジガード」は、スタイリッシュなキッチンにぴったりのガラス製の油はねガードです。クリアなガラス製の油はねガードは、対面キッチンにもおすすめ。圧迫感なくおしゃれなキッチンを演出できます。

いつもピカピカにしておくのに少し手間はかかりますが、あこがれのキッチン作りにぴったりの商品です。

8位:東洋アルミ 油はねガードフラワー

東洋アルミ 油はねガードフラワー S2685
198円(税込)

・タイプ:使い捨て
・サイズ:幅84cm・高さ32.5cm・厚み0.2cm
・重量:-
・素材:アルミはく

キッチンが明るくなるキュートな花柄の使い捨てタイプ

東洋アルミの「油はねガードフラワー」は、キュートな花柄がうれしい使い捨ての油はねガードです。エコタイプよりもやっぱり使い捨てが良い!という方におすすめ。同じ使い捨ての油はねガードでも、模様が入るだけで一気に華やかさが増しますよ。

価格は普通の使い捨てタイプより少し高めですが、楽しいキッチンには見た目も重要。東洋アルミの「油はねガードフラワー」で、リーズナブルにステキなキッチンを演出しましょう!

7位:下村企販 サッとその場で油はねガード

サッとその場で油はねガード 35175
2,160円(税込)

・タイプ:エコタイプ
・サイズ:片面・幅27cm・高さ28.3cm・厚み0.4cm
・重量:490g
・素材:材質:スチール(フッ素樹脂加工)

コンパクトでスタイリッシュなビルトイン専用の油はねガード

下村企販の「サッとその場で油はねガード」は、コンパクトサイズの使いやすい油はねガードです。折りたためば厚さはわずか8mm。隙間収納や立て掛けて収納も可能です。

また、コンパクトサイズなので圧迫感がないのもポイント。油はねガードを常備しておきたい方にもおすすめです。ビルトインタイプ専用なので、普通のガスコンロをご利用されている方は注意してくださいね。

6位:伸晃 Belca システムキッチン用レンジガード

伸晃 Belca システムキッチン用レンジガード RGS-3
3,480円(税込)

・タイプ:エコタイプ
・サイズ:幅66cm・奥行44cm・高さ35.3cm
・重量:1800g
・素材:本体・亜鉛メッキ鋼板(塗装・ベラスコート)/シャフト・ステンレス/すべり止め・合成ゴム

バツグンの安定感で2口コンロをしっかりガード

2口コンロをしっかりガードできる油はねガードをお探しの方におすすめなのが、伸晃の「Belca システムキッチン用レンジガード」です。重さ1.8kgのすべり止めつきで、安定感のある使用感。また表面はベラスコート塗装なので、洗剤を使わずに油汚れを拭き取れます。

もちろん折りたたみ式なので、使わないときは収納も可能。ホワイトの他にブラックもありますので、キッチンの雰囲気に合わせて選んでくださいね。

5位:下村企販 システムキッチン用オイルガード

下村企販 システムキッチン用オイルガード L型 20426
1,401円(税込)

・タイプ:エコタイプ
・サイズ:幅47cm・奥行47cm・高さ30cm
・重量:-
・素材:スチール鋼板(フッ素樹脂加工)

システムキッチンにおすすめのワイドサイズ

普通のコンロより少し大きめのシステムキッチンは、幅が広いので油はねガードのサイズがなかなか見つかりません。そんなときにおすすめなのが下村企販の「システムキッチン用オイルガード」です。

幅47cm・奥行47cmのコーナータイプの油はねガードで、気になる油はねをしっかりガード。折りたたみ式なので使いたいときだけ取り出せるのもポイントです。両サイドに油はねガードが欲しい場合は2枚使いがおすすめですよ。

4位:東洋アルミ キッチン壁用汚れ防止シート

東洋アルミ キッチン壁用汚れ防止シート 2829
453円(税込)

・タイプ:シートタイプ
・サイズ:幅25cm・奥行0.125cm・高さ45cm
・重量:100g
・素材:ポリエステル

厚みがあって貼りやすい汚れ防止シート

誰しも1度は使ったことのあるシートタイプの油はねガード。とても便利ですが、貼るのが少し難しいと感じたことのある方も多いのではないでしょうか?東洋アルミの「キッチン壁用汚れ防止シート」は、厚みとコシのある貼りやすいシートなのでシートタイプは便利だけど貼るのが面倒という方にもおすすめです。

また、壁の模様やタイルを隠さないクリアタイプなので、コンロ周りのイメージを変えずに利用できますよ。

3位:伸晃 お手入れ簡単!コンパクトレンジガード

伸晃 お手入れ簡単!コンパクトレンジガード RGC-W
3,369円(税込)

・タイプ:エコタイプ
・サイズ:幅72.5cm・奥行0.35cm・高さ32cm(まっすぐに広げた状態)
・重量:830g
・素材:スチール(塗装・ベラスコート)

洗剤を使わずに油汚れが拭き取れるベラスコート加工

伸晃の「お手入れ簡単!コンパクトレンジガード」は、形が自由に変えられる4つ折りタイプ。一口コンロ用に小さく折り曲げたり、2口コンロの背面を覆ったりと使いたい場所に合わせて形が変えられます。

高い親水性を持つベラスコート加工を施してあるため、油はねの汚れも洗剤いらずで拭き取れるのもお手入れが簡単なポイント。伸晃の「お手入れ簡単!コンパクトレンジガード」があれば、コンロ周りのお掃除が激的に楽になりますよ。

2位:山崎実業 排気口カバープレート

山崎実業 排気口カバープレート 2405
1,380円(税込)

・タイプ:排気口カバー
・サイズ:幅45~82cm・奥行8cm・高さ7.5cm
・重量:850g
・素材:スチール(粉体塗装)

コンロのサイズに合わせて幅を変えられる排気口カバー

山崎実業の「排気口カバープレート」は、汚れたら掃除がしにくい排気口をしっかり守ってくれる油はねガードです。幅が45~82cmまで伸縮自在に変えられるので、お使いのコンロのサイズに合わせて利用が可能。三角形の使いやすいフォルムで、魚焼きグリルを使用するときには向きを変えるだけなので移動する必要がありません。

丸洗いが可能なのでお手入れも簡単。油はねだけでなく、ホコリや細かく切った食材からもコンロを守ってくれますよ。

1位:オダジマ 使うときだけレンジガード

オダジマ 使うときだけレンジガード 1510208
1,485円(税込)

・タイプ:エコタイプ
・サイズ:幅33cm・奥行24.5cm・高さ29.5cm
・重量:800g
・素材:材質:スチール(フッ素樹脂加工)

使いたいときだけ使える油はねガード!丸洗いできるからお手入れも楽々

オダジマの「使うときだけレンジガード」は、油を使う料理のときにだけ取り出して使える折りたたみ式の油はねガードです。使わないときは折りたたんでコンパクトに収納できるので、油はねガード特有の圧迫感を気にせずコンロを利用できます。

また、お手入れが簡単なフッ素樹脂加工もおすすめポイントの1つ。お料理に使って汚れても汚れが落としやすいので安心です。シンクでの手洗いだけでなく芯棒を抜けば簡単に3つのパーツに分解できるので、食器洗浄機で洗うことも可能。油はねをしっかりガードしてくれる上に、手軽に洗えるのでいつまでも清潔に使えます。

コンロ周りを油はねガードなしで使うと掃除が面倒、でも油はねガードはいつも置いておくと邪魔になる。そんな方はオダジマの「使うときだけ レンジガード」で、必要なときにだけセットしてキッチンを清潔に使いましょう!

油はねガードの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、油はねガードのAmazonの売れ筋ランキングは以下のリンクからご確認ください。

まとめ

今回は油はねガードの人気ランキングをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?油はねガードは種類がいろいろ。キッチンの壁をガードするシートタイプや、揚げ物のときの強い味方のスタンダードな油はねガード。1度汚れたら掃除の難しい排気口カバータイプもありますので、用途に合わせて選んでくださいね。

また、よりキッチンをきれいな状態で保ちたいなら、組み合わせて使用するのがおすすめ。3タイプを用意しておけば最強ですよ!

関連記事

人気の記事

関連キーワード