• 振動ドリルのおすすめ人気ランキング10選【DIY上級者に!】のアイキャッチ画像1枚目
  • 振動ドリルのおすすめ人気ランキング10選【DIY上級者に!】のアイキャッチ画像2枚目
  • 振動ドリルのおすすめ人気ランキング10選【DIY上級者に!】のアイキャッチ画像3枚目
  • 振動ドリルのおすすめ人気ランキング10選【DIY上級者に!】のアイキャッチ画像4枚目
  • 振動ドリルのおすすめ人気ランキング10選【DIY上級者に!】のアイキャッチ画像5枚目

振動ドリルのおすすめ人気ランキング10選【DIY上級者に!】

今回ご紹介するのは、振動ドリルです。普通の電動ドリルとの違いは、回転に打撃が加わることです。打撃を加えながらドリルが回転することで、普通の電動ドリルでは難しいコンクリートの穴開けも行うことができます。マキタ・boschといったメーカーが有名で、様々な振動ドリルを販売しています。

普通の電動ドリルや電動ドリルドライバーについてはDIY初心者でも持っている人が多いと思いますが、振動ドリルはやや特殊な電動工具です。選び方に困る場合もあるかもしれませんが、以下の記事では選び方とおすすめの振動ドリルをランキング形式でご紹介しています。価格や性能だけでなく、口コミの評判なども参考にランキングをしていますので、是非参考にしてください。振動ドリルを手に入れると、できる作業の幅が広がりますから、あなたのDIYライフをもっと充実させることができますよ!
  • 最終更新日:2019年03月07日
  • 29,533  views
目次

振動ドリルとは

振動ドリルとは
まず振動ドリルについて、他の電動工具との差異を含めて簡単にご説明します。先端部を回転させて、穴を開けたり、ネジを締めたりする電動工具には、電動ドリル、電動ドライバー、インパクトドライバー、振動ドリル、ハンマードリルなどがあります。

電動ドリルと電動ドライバーの違いは、ネジを締め付け過ぎないようにする「クラッチ機能」があるかどうかです。クラッチ機能がある電動ドライバーなら、ネジを強く締めすぎてネジ山をつぶしてしまうことを防げます。電動ドリルと電動ドライバーの2つの機能を切り替えることができる製品のことを電動ドリルドライバーといいます(ドライバドリルと表記するメーカーもあります)。

インパクトドライバーは、回転に打撃を加えて、より強力にネジを締めることができる電動ドライバーです。そして、振動ドリルも「回転+打撃」機能を持っています。インパクトドライバーとの違いは、インパクトドライバーが回転方向に打撃を加えるのに対して、縦方向に打撃を加えることです。振動ドリルは、打撃を加えることで、普通の電動ドリルでは難しいコンクリートなどにも穴を開けることができます。

振動ドリルよりも強力な打撃力を加えることで、コンクリートなどにより大きな穴を開けたり、砕いたりすることができるのがハンマードリルです。ハンマードリルは基本的にプロ用の工具です。電動工具には、これらの工具の機能を併せ持った製品もあります。

振動ドリルの選び方

振動ドリルは、普通の電動ドリルでは穴を開けることができないコンクリートやタイルなどにも穴を開けることができます。プロ用の高機能で高価なものから、DIY用の安価なものまで色々な製品がありますから、自分に合ったものを選ぶのが重要です。

最初の一台なら、ドライバー機能があるものを選ぶ

最初の一台なら、ドライバー機能があるものを選ぶ

出典:amazon.co.jp

振動ドリルには、打撃をオフにして回転のみにする機能があります。つまり、振動ドリルは、普通の電動ドリルと兼用できます。これに対して、電動ドライバーの機能(チャック機能)は付いていないのが普通です。振動ドリルはやや特殊な電動工具なので、振動ドリルを買い求める人には、既に電動ドライバーや電動ドリルドライバーを持っている人が多いと思いますが、もしこれらの道具を持っていないなら、最初の一台には電動ドライバーとしても使える製品を選ぶのがおすすめです。

ドライバー機能がない電動ドリルであってもネジ締めに使えないわけではありませんが、ネジ山を潰してしまう危険性が高いのであまりおすすめできません。もっとも、ドリル機能のみの製品を買った方が安く買えますし、振動ドリルそのものとしての機能は、それに特化した製品の方が高い場合が多いので、電動ドライバーを既に持っている人はドリル機能のみの製品を買った方がいいでしょう。

用途に合わせて「穴あけ能力」をチェックする

用途に合わせて「穴あけ能力」をチェックする

出典:amazon.co.jp

振動ドリルを使うのは、コンクリートプラグ(カールプラグ)やアンカーボルトなどを埋め込む穴を開けるときが多いと思います。コンクリートプラグというのは、上の写真のようなコンクリートにもネジが効くようにするための器具のことをいいます。アンカーボルトは、機械などを固定するためにコンクリートに埋め込んで使うボルトのことをいいます。

重量物を固定する場合は太いアンカーを使うので、穴も大きなものを開ける必要がありますが、一般的には家庭用としては8~10mmの穴が開けられれば十分です。メーカーによって記載方法は若干異なりますが、穴あけ能力は必ず記載されています。振動ドリルを買うときは、自分が開けたい大きさの穴が開けられるかどうかをチェックした上で購入してください。

振動ドリルのおすすめ人気ランキング10選

ここからは、おすすめの振動ドリルをご紹介します。自分に合った製品を選ぶための参考にしてください。
10位

Panasonic振動ドリル&ドライバー

EZ7950

58,328円 (税込)

回転数(毎分)160~1,650(高速)、50~430(低速)
打撃数(毎分)2,880~29,700(高速)、900~7,740(低速)
穴あけ能力コンクリートブロック(径6.5×深さ40mm)約230穴、コンクリートブロック(径10.5×深さ40mm)130穴※フル充電での目安
チャック能力1.5~13mm
サイズ(長さ×幅×高さ)235×63×248mm(バッテリー含み、補助ハンドル除く)
重量2.25kg(バッテリー含み、補助ハンドル除く)
9位

マキタ充電式4モードインパクトドライバ

TP141DRFX

47,075円 (税込)

回転数(毎分)0~2,700(高速)、0~700(低速)
打撃数(毎分)0~32,400(高速)、0~8,400(低速)
穴あけ能力コンクリート8mm
チャック能力-
サイズ(長さ×幅×高さ)171×79×250mm
重量1.7kg(バッテリー含む)
8位
回転数(毎分)0~2,600
打撃数(毎分)0~46,800
穴あけ能力コンクリート13mm、鉄工13mm、木工18mm
チャック能力1.5~13mm
サイズ(長さ×幅×高さ)278×66×212mm
重量1.6kg
7位

マキタ充電式震動ドライバドリル

HP330DWX

15,059円 (税込)

回転数(毎分)0~1,500(高速)、0~400(低速)
打撃数(毎分)0~22,500(高速)、0~6,000(低速)
穴あけ能力コンクリートブロック8mm、鉄工10mm、木工21mm
チャック能力0.8~10mm
サイズ(長さ×幅×高さ)201×53×183mm
重量1.0kg(バッテリー含む)
6位

BOSCHコードレス振動ドライバードリル

PSB10.8LI-2

10,705円 (税込)

回転数(毎分)0~1,300(高速)、0~400(低速)
打撃数(毎分)0~19,500
穴あけ能力鉄工8mm、木工20mm、コンクリート6mm
チャック能力1.5~10mm
サイズ(長さ×幅×高さ)197×44×176mm
重量1.0kg(バッテリー含む)
5位
振動ドリル Black + Decker コード式振動ドリル 1枚目
出典:amazon.co.jp

Black + Deckerコード式振動ドリル

KR554RE

4,510円 (税込)

回転数(毎分)0~2,800
打撃数(毎分)0~44,800
穴あけ能力木工20mm、金工13mm、コンクリート13mm
チャック能力2~13mm
サイズ(長さ×幅×高さ)270×70×200mm
重量1.8kg
4位
回転数(毎分)0~3,100
打撃数(毎分)0~49,600
穴あけ能力コンクリート18mm、鉄工13mm、木工30mm
チャック能力1.5~13mm
サイズ(長さ×幅×高さ)-
重量1.7kg
3位
回転数(毎分)800~2200(50hz)、300~2100(60hz)
打撃数(毎分)-
穴あけ能力鉄工10mm、木工25mm、コンクリート10mm
チャック能力1.5~30mm
サイズ(長さ×幅×高さ)240×170mm
重量1.9kg
2位

髙儀EARTH MAN AC100V 振動ドリル

DR-110V

4,713円 (税込)

回転数(毎分)0~2,800
打撃数(毎分)0~44,800(回転数×16)
穴あけ能力木材18mm、鉄工10mm、コンクリート13mm
チャック能力1.5~13mm
サイズ(長さ×幅×高さ)270×65×195mm
重量1.9kg
1位
回転数(毎分)0~3,200
打撃数(毎分)0~48,000
穴あけ能力コンクリート16mm、鉄工13mm、木工30mm
チャック能力1.5~13
サイズ(長さ×幅×高さ)296×75×204mm
重量1.9kg

おすすめ人気 振動ドリルの比較一覧表

商品画像
1
振動ドリル マキタ 振動ドリル 1枚目

マキタ

2
振動ドリル 髙儀 EARTH MAN AC100V 振動ドリル 1枚目

髙儀

3
振動ドリル 振興製作所 変速振動ドリル 1枚目

振興製作所

4
振動ドリル 日立工機 振動ドリル 1枚目

日立工機

5
振動ドリル Black + Decker コード式振動ドリル 1枚目

Black + Decker

6
振動ドリル BOSCH コードレス振動ドライバードリル 1枚目

BOSCH

7
振動ドリル マキタ 充電式震動ドライバドリル 1枚目

マキタ

8
振動ドリル RYOBI 振動ドリル 1枚目

RYOBI

9
振動ドリル マキタ 充電式4モードインパクトドライバ 1枚目

マキタ

10
振動ドリル Panasonic 振動ドリル&ドライバー 1枚目

Panasonic

商品名

振動ドリル

EARTH MAN AC100V 振動ドリル

変速振動ドリル

振動ドリル

コード式振動ドリル

コードレス振動ドライバードリル

充電式震動ドライバドリル

振動ドリル

充電式4モードインパクトドライバ

振動ドリル&ドライバー

特徴高い信頼性を誇るマキタ製のDIY用振動ドリルレビューでも高評価を集めるおすすめの振動ドリルコストパフォーマンスが高い振動ドリルDIY用としては最高クラスの720Wハイパワーモーター搭載550Wのパワフルな振動ドリル安価なバッテリー式振動ドリルドライバー3モードで使えるマキタ製の振動ドライバドリル軽量で扱いやすい振動ドリル4つのモードが搭載され、多用途に使える高い防塵・耐水性能でタフな使い方もできる振動ドリルドライバー
価格10,080円(税込)4,713円(税込)4,400円(税込)9,840円(税込)4,510円(税込)10,705円(税込)15,059円(税込)6,990円(税込)47,075円(税込)58,328円(税込)
回転数(毎分)0~3,2000~2,800800~2200(50hz)、300~2100(60hz)0~3,1000~2,8000~1,300(高速)、0~400(低速)0~1,500(高速)、0~400(低速)0~2,6000~2,700(高速)、0~700(低速)160~1,650(高速)、50~430(低速)
打撃数(毎分)0~48,0000~44,800(回転数×16)-0~49,6000~44,8000~19,5000~22,500(高速)、0~6,000(低速)0~46,8000~32,400(高速)、0~8,400(低速)2,880~29,700(高速)、900~7,740(低速)
穴あけ能力コンクリート16mm、鉄工13mm、木工30mm木材18mm、鉄工10mm、コンクリート13mm鉄工10mm、木工25mm、コンクリート10mmコンクリート18mm、鉄工13mm、木工30mm木工20mm、金工13mm、コンクリート13mm鉄工8mm、木工20mm、コンクリート6mmコンクリートブロック8mm、鉄工10mm、木工21mmコンクリート13mm、鉄工13mm、木工18mmコンクリート8mmコンクリートブロック(径6.5×深さ40mm)約230穴、コンクリートブロック(径10.5×深さ40mm)130穴※フル充電での目安
チャック能力1.5~131.5~13mm1.5~30mm1.5~13mm2~13mm1.5~10mm0.8~10mm1.5~13mm-1.5~13mm
サイズ(長さ×幅×高さ)296×75×204mm270×65×195mm240×170mm-270×70×200mm197×44×176mm201×53×183mm278×66×212mm171×79×250mm235×63×248mm(バッテリー含み、補助ハンドル除く)
重量1.9kg1.9kg1.9kg1.7kg1.8kg1.0kg(バッテリー含む)1.0kg(バッテリー含む)1.6kg1.7kg(バッテリー含む)2.25kg(バッテリー含み、補助ハンドル除く)
商品リンク

まとめ

おすすめの振動ドリルをご紹介しました。「電動ドリルドライバーで十分」、「あえて振動ドリルを買う必要はない」と思っている人も多いかもしれませんが、コンクリートやレンガ、タイルなどに穴を開けられるようになると、できる作業の幅がぐっと広がります。新しいDIYの分野に挑戦するためにも、この機会に振動ドリルを手に入れてみてはいかがでしょうか。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す