• 693f4b7d7f57f37f47d89c314bd179fcfeb9e47a
  • Ad6bcb6518b74377592956275638940aeb932d48
  • 768a540018ebe6b6cf4c9df0cda680b8610a893f
  • 007f3b11d225c1e0e41f3f527b1b311ced793809
  • Fafce4f96f3d19c847bc3a6a4f4fe76dc6abd5bb

【美味しくてヘルシー!】納豆のおすすめ人気ランキング10選

発酵食品ブームもあり、今、改めて納豆が注目されています。最近では、ナットウキナーゼがダイエットや美肌に効果があることや、原料である大豆が免疫力を高めることも評判になった、栄養たっぷりの納豆。納豆巻きにしたり、大葉と混ぜるなどといったお馴染みの食べ方だけではなく、キムチと混ぜたりカレーに入れたりと、お好みの食べ方を追求している人もいるようです。

そこで今回は、通販でもお取り寄せできる、おすすめの納豆人気ランキング10選をご紹介します。わら納豆などが有名ですが、納豆はどんな種類があるの?水戸納豆以外に、美味しい納豆の産地はあるの?などから、納豆の選び方もポイントも解説しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね♪

最終更新日:2017年10月11日 | 19,895views

納豆の健康効果

まずは、納豆の健康効果を、注目のポイントに分けて掘り下げていきましょう。あなたの気になるポイントはあるでしょうか?

発酵食品ブームの立役者

塩麹や黒酢・甘酒など、近年ブームとなっている発酵食品。発酵食品には、微生物の力によって香りや旨みを作り出す・生食品からは得られない栄養成分が生まれる・保存性が高まる・抗酸化作用が強くなるなど、メリットがたくさんあります。

お馴染み過ぎて忘れそうになりますが、味噌・醤油・漬物も発酵食品。日本人は、古来から発酵食品を取り入れて、健康管理をしてきました。海外発ならキムチ・ザワークラウト・ヨーグルトやチーズといった発酵食品が有名ですよね。そして、納豆もそんな発酵食品の代表的なもののひとつ。大豆を納豆菌によって発酵させて作ります。簡単に手に入れやすいので、手軽に食卓に発酵食品を増やすことができる、優秀な食材です。

免疫力アップなど、健康維持に大豆は大活躍

納豆の原料である大豆は、「畑の肉」とも言われる良質な植物性タンパク源です。ほかにも、必須アミノ酸・脂質・ビタミン・ミネラルなど様々な栄養素を豊富に含み、免疫力アップに役立ちます。また、大豆の色素成分であるイソフラボンには、女性ホルモン「エストロゲン」と似た働きが。細胞にダメージを与える「活性酸素」の働きを抑えてくれる優れものです。

その効果は、更年期障害の予防や改善・美肌・がんのリスクを下げる・骨粗しょう症の予防など多岐にわたります。そして、大豆を発酵させた納豆には、大豆以上のパワーが!消化が良く、善玉菌を増やしてくれるナットウキナーゼによって、血液サラサラ効果も期待できるからです。 

ダイエットや美肌効果も注目

納豆には、様々なビタミン類が含まれており、なかでも美肌作りに重要な役割を果たすビタミンBが豊富です。さらに亜鉛が肌細胞を活性化させ、イソフラボンが女性ホルモンを安定させ、コンドロイチンが肌のきめを整え、サポニンがナットウキナーゼとともに血液をサラサラに。

そして、タンパク質が筋肉や髪・爪を美しくし、マグネシウムが頭痛やイライラを予防し、ムチンがプルプル肌作り役立つ……と、あらゆる栄養素が美肌をサポート。また、納豆は食物繊維がたくさん含まれているので、腸内がキレイになり、結果的に、便秘が改善されるので、ダイエットにも効果があります。

納豆の選び方

ここからは、具体的な納豆の選び方をご紹介します。上記の健康効果を踏まえて、ぜひ参考にしてみてくださいね。

豆の大きさで選ぶ

まず、大粒・小粒・ひきわりといった豆の大きさ。大粒は食べごたえがあり、そのままでも美味しく、小粒はご飯にかけるのにぴったり。ひきわりは食べやすいので、子どもにおすすめです。昔は大粒の納豆が主流でしたが、現在は極小粒納豆が人気。 ご飯との混ぜやすさや食べやすさが極小粒人気の理由になっています。なお、味としては同じですので、食べ方やお好みで選んでみてください。

豆の種類で選ぶ

さらに、黄大豆・青大豆・黒豆といった豆の違いも。クセのない味が特徴の黄大豆は納豆のみならず、味噌や豆腐などのほとんどの大豆加工商品の原料になっています。そして、風味の強い青大豆。きなこや煮豆に使われることが多いですが、最近では青大豆納豆もあります。また、おせち料理で有名な黒豆は、アントシアニンが豊富で栄養価が高く、黒豆納豆も独特の味わいがあり人気です。

風味や使い勝手のいい容器も

納豆は容器も重要。定番は、温度管理しやすく大量生産が可能な発泡スチロールです。最近では、手が汚れないように、蓋を割るだけでたれがかけられる便利な容器も開発されています。また、昔ながらのわらや松の経木に包まれた納豆も、風味豊かです。ただ、どちらも品質管理が難しいので、価格は高めになります。

納豆の産地

最も有名な納豆の産地といえば「水戸納豆」が名高い茨城県。実際に、茨城県の納豆の消費量はトップクラスになっています。そのほかには、横手市の金澤公園に納豆発祥の地とされる碑がある秋田県、全国展開している納豆製造会社が二つもある熊本県、さらに大豆の主要な産地である北海道などで、納豆作りが盛んです。

茨城には、納豆に切り干し大根を合わせた、シャキシャキ食感が美味しい「そぼろ納豆」など、各地ならではの名物納豆もあります。

納豆のおすすめ人気ランキング10選

いよいよ、おすすめの納豆人気ランキング10選を発表します。上記のポイントも参考にして、ぜひ、あなた好みの納豆を見つけてくださいね♪

10位:小杉食品 日本の黒豆納豆 大粒

小杉食品 日本の黒豆納豆 大粒
2,057円(税込)

・大きさ:大粒
・種類:黒豆
・産地:北海道産

おやつにもおすすめの黒豆納豆

業界トップクラスの30種類以上の納豆の品揃えを誇る、三重県桑名市の小杉食品。特にこの黒豆納豆は、第14回全国納豆鑑評会(平成21年2月)に「優良賞(納親会会長賞)」を受賞した力作です。北海道産の光黒(ひかりくろ)大豆を使用。光黒大豆はおいしいだけでなく、黒豆の中でも光沢がある美しい豆です。納豆臭が少なく、糸引きも通常の納豆に比べると弱いので、納豆が苦手な人にもおすすめ。

豆の甘みが生きているので、納豆かけご飯はもちろん、お茶のおともやお酒のつまみ、または、はちみつや黒蜜などをかけるとおやつにもなるという、納豆の概念を覆す逸品です。

9位:おかめ本舗 国産味つけそぼろ納豆 

国産味つけそぼろ納豆 おかめ本舗
2,100円(税込)

・大きさ:小粒
・種類:-
・産地:茨城県

やみつきの食感&味わいの「そぼろ納豆」

「おかめ納豆」で有名な茨城県のタカノフーズの、水戸本社工場にある直売店であるおかめ本舗発。茨城県を中心に、昔から親しまれている郷土食である「そぼろ納豆」です。そぼろ納豆とは、醤油漬け風の割り干し大根のパリパリした食感と、納豆の組み合わせが、一度口にすると癖になる味わい。

生産から加工まで一貫して国産にこだわった割り干し大根と国産小粒大豆を使用しています。もう一品おかずが欲しい時に役に立つ、納豆以上のボリュームも嬉しいところです。

8位:おはよう納豆 超・細か~い きざみ納豆

おはよう納豆 超・細か~い きざみ納豆
1,152円(税込)

・大きさ:きざみ
・種類:-
・産地:秋田県

ひきわり納豆よりも細かく、離乳食にもおすすめ

「おはよう納豆」で有名な秋田県のヤマダフーズ。特にひきわり納豆は東北地方で好まれているということもあり、おはよう納豆には、ひきわり納豆の種類が豊富。特におすすめがこの「きざみ納豆」です。「きざみ納豆」は、ひきわり納豆よりもさらに大豆を細かく、一粒を15等分くらいにした大きさが特徴。離乳食など小さな子どもにとってベストです。

食べやすいだけではなく、消化吸収にも優れており安心。また、トーストに載せるなどして、パンのお供にも使いやすいというメリットも。朝食のマンネリ化も防げますね。

7位:道南平塚食品 北海道のわら納豆大粒

道南平塚食品 北海道のわら納豆大粒
3,600円(税込)

・大きさ:大粒
・種類:-
・産地:北海道

北海道の大地に育まれたわら納豆

北海道・登別の道南平塚食品が送る、昔ながらのわら納豆。わら納豆作りの体験教室を開いているほど、わら納豆に力を入れている会社です。全国納豆鑑評会において優秀賞を受賞した逸品は、北海道で育った大粒の大豆が100%使われています。香りのよいイグサでできたわらを開くと、かぐわしい納豆の風味がとても魅力的。

ビニールなどで包まれていないので、混ぜる時にちょっとわらがはいりますが、それもまたおつなもの。ちょっと贅沢な朝食に、ぜひ楽しんで欲しいです。

6位:おとめ納豆中村五郎商店 三角経木納豆

おとめ納豆中村五郎商店 三角経木納豆
1,200円(税込)

・大きさ:中粒
・種類:-
・産地:神奈川県

ろう紙と松経木が生み出す、しっかりした粘り

神奈川県横浜市の中村五郎商店によるおとめ納豆。横浜で納豆?というと意外な気がしますが、3代にわたり継承されている、由緒正しい納豆です。最大の特徴は、おとめ納豆謹製のろう紙と松経木を梱包材に使用した、三角納豆であること。ろう紙とは和紙を加工し、撥水性をよくしたものであり、松経木は松を薄く、紙状にスライスしたもの。

今では納豆に使われることが少なくなったこの梱包材を使うことで、納豆菌が長く生き続けることができ、美味しさを維持、しっかりした粘りが人気です。

5位:あいあい 熊本マルキン元気納豆

あいあい 熊本マルキン元気納豆
215円(税込)

・大きさ:大粒
・種類:-
・産地:熊本県

九州産丸大豆100%の納豆と、それを引き立てる「和風だし」

納豆作りが盛んな土地のひとつ、熊本県発の熊本マルキン元気納豆。粒が大きい甘めの九州産丸大豆を100%使用し、ほくほくした食べごたえを感じられます。納豆そのものだけではなく、添付の「和風だし」も人気の秘密。かつお、昆布、しいたけ、ほたての和風だしがきいたたっぷりのたれが、納豆の美味しさを引き立てます。これだけでご飯をいっぱい食べられる、りっぱな「おかず」になる納豆です。

4位:ふくふく 大天元納豆

ふくふく 大天元納豆
2,000円(税込)

・大きさ:大粒
・種類:-
・産地:栃木県

一度は食べてみたい高級わら納豆

栃木県でわら納豆「ふくふく納豆」を生み出してきたフクダが誇る、「一生に一度は食べたい納豆」。わらに棲む天然の納豆菌で造る製造許可を50年振りに取得し、復活させた納豆です。使用している大豆は栃木県北部のある小さな集落に昔から伝わる大豆で、地元では通称「うんまい大豆」と呼ばれていたそう。

農薬や化学肥料を一切入れない畑で栽培されているので安心して食べることができますね。大粒で、醤油がなくても美味しく食べられるほど、味わい深い高級納豆です。

3位:保谷納豆 つるの舞

保谷納豆 つるの舞
140円(税込)

・大きさ:大粒
・種類:-
・産地:東京都

毎日の食卓にちょうどいい味わい

東京都東村山市の保谷納豆が送る、第17回全国納豆鑑評会にて優良賞を受賞した逸品です。日本一大きいだろうと言われている、北海道の美味しい大豆を100%使用。子どもにも安心して食べさせられる、国産大豆の旨みを味わってください。

添付のたれも、だしがきいていて親しみやすい味わい。手に入れやすいところも含めて、家族みんなで毎日の食卓で食べられる納豆です。

2位:まちの駅たぬみせ納豆工房 小粒納豆

まちの駅たぬみせ納豆工房 小粒納豆
1,750円(税込)

・大きさ:小粒
・種類:-
・産地:三重県

国産大豆100%!大ぶり小粒の旨みが抜群

三重県松阪市にて昭和25年から納豆を作り続けてきた奥野食品による、まちの駅たぬみせ工房の納豆は包装を省き価格を抑えた商品。たっぷり量が届きますが、冷凍しても美味しいですよ。

北海道産と三重県産の大豆を使った納豆は、小粒ながら、所謂「小粒」より大きめでお得感あり。たれは少なめですが、納豆そのものの味わいが強いので、十二分に美味しくいただけます。粘りが強いので、ご飯にかけてもぴったりです。

1位:竹之下フーズ 高千穂 丹念納豆

出典:www.e710.jp

・大きさ:大粒
・種類:-
・産地:宮崎県

まさに「丹念に」作られた、そのままで美味しい納豆

宮崎県都城市の竹之下フーズが誇る人気商品が、堂々のナンバー1!旨みのある佐賀県産大粒大豆を天然裂罅水(霧島山系の脈流地下100mの裂罅水)に一晩浸して、機械に頼らず一個一個丹念に手造りした贅沢な納豆です。大豆を洗うところ、釜で蒸した後も手作業。浸す、炊く、発酵、この昔ながらの製法を手作業で行うことで、機械では判断できない、天候や温度などの変化に対応し、ムラのない味に仕上がっています。

原料である大豆と水へこだわることと、ていねいな手作業にこだわることで、唯一無二の納豆を作り上げました。かき混ぜなくても旨みと粘りをまとった、究極の納豆です。

納豆の食べ方

最後に、納豆の栄養をさらに摂りやすくするための納豆の食べ方をご紹介します。これを知っていれば、美味しく栄養たっぷりな納豆を味わい尽くせること間違いなし!

夕食に食べて血液サラサラ効果を実感

納豆は朝食にいただくイメージが強いですよね。でも、実は「ナットウキナーゼ」の効果を期待するなら、夕食にいただく方がいいのです。ナットウキナーゼは血液サラサラ効果がありますが、体内で約8時間、その効果が継続します。就寝中は筋肉が動かず、血液が固まりやすい状況にあるため、夕食で納豆を食べておくと、就寝中に効果を発揮してくれるのだそうです。

また、納豆に含まれるアルギニンは、成長ホルモンの分泌を促します。人間は人間は眠りについて2~3時間たつと、成長ホルモンを分泌し始めるので、そういったところからも、夕食にも納豆を取り入れることがおすすめです。

キムチと一緒で便秘解消に期待

納豆をカレーに入れたり、納豆チャーハンにしたり、様々なアレンジで食べている人もいると思いますが、実はナットウキナーゼは熱に弱く、70度を超えると効果が失われはじめるので、加熱調理は控えた方が栄養を摂取できます。

逆におすすめの食べ方は、キムチ納豆です。韓国の代表的な発酵食品であるキムチには、乳酸菌が豊富。キムチと納豆を混ぜると、納豆菌によって乳酸菌が増殖するので、便秘解消などの相乗効果が期待できます。

さらに、キムチに入っているカプサイシンは脂肪燃焼率を高め、納豆の原料の大豆たんぱくは基礎代謝を上げるので、より脂肪を燃やす力が強くなり、大きなダイエット効果を得られます。 ダイエットにもおすすめの一品です。

まとめ

おすすめの納豆人気ランキング10選をお送りしましたが、いかがでしたでしょうか?日本人が昔から親しんできた納豆ですが、「納豆」と一口に言えども、様々です。粒の大きさだけではなく、容器や産地、たれの味など、細かくチェックして、毎日食べられるあなた好みの納豆を見つけてくださいね♪

関連記事

人気の記事