• F9379919b325398ef43fb3d28b068111bc6d5356
  • Cb1f783a7cafa2602748005ef980ac5091c408e8
  • Ce86e9c3cdbfdf4d1f0cc2c5f44c4dbed09cc324
  • 3c22143d776d0d7b5fce1a517ff90b3b4613793f
  • Bc8383837cc036bb3bd3588d462ff2da0b250058

【徹底比較!】テプラのおすすめ人気ランキング10選

オフィスはもちろん、入学シーズンにも日用品の整理にも大活躍する「テプラ」。ラベルライターなどの別名でも呼ばれ、キングジムをはじめ、カシオのネームランドやブラザーのピータッチなど、タイプや価格も様々な商品が販売されています。名前ラベルはもちろん、カートリッジの交換でオリジナルのリボンやマスキングテープまで印刷でき、ガーリーな小物作りにも活用できます。パソコンやスマホなどと連携すればさらに便利に使えます。

今回は、「テプラ選びのポイント」と用途に合わせた「おすすめのテプラ」をランキング形式でご紹介していきます。きっと欲しい商品が見つかるはずですよ!

最終更新日:2017年07月19日 | 191,257views

テプラとラベルライターの違いとは?

テプラとは、一般的にシールテープに文字を印刷する機械のことです。入園・入学前のお子さんの名前シールや事務用品の仕分けラベルなど、様々なシーンで活用されています。

実は「テプラ」とは株式会社キングジムが販売しているラベルプリンターのことであり、その名称が他社メーカーの類似商品に使われていることがしばしばあります。名称は「テプラ」「ラベルライター」「ラベルプリンター」と分かれていますが、使用用途は同じです。

テプラの選び方のポイント

まずは、テプラの選び方のポイントをご紹介します。

テプラを選ぶ時は、どんな時に一番使いたいのか?を明確にしてから選ぶことが重要です。「活躍できるテプラ」を選ぶには、自分が欲しい機能と不必要な機能をきちんと把握しておくことが大切です。

どんな種類のテープを使いたいのかによって、選ぶ機種も変わってきます。また、電源式なのか電池式なのか?サイズはどうか?といった部分も大切なポイントです。持ち運んで使いたいのに電源式のものやサイズの大きいものを選んでしまうと、使い勝手が悪くなってしまいます。

機能から選ぶ

テプラは機種やメーカーによって様々な機能があります。まずは機能について細かく見ていきましょう。

連続印刷・自動カッター(オートカッター)機能

お子さんの入園・入学に合わせて必要になってくる「名前付け」。そんな時にあると大活躍するのがテプラです。名前シールを作ることを目的にしているのなら、「連続印刷」「自動カッター(オートカッター)」機能付きのものを選ぶと便利です。

連続印刷はできるけれども、自動カッターがついていないものを選んでしまうと、自分でシールを切る必要が出てきます。数枚ならいいですが、色鉛筆やクレヨンなど何十枚と必要になってくると大変な作業です。他のラベルを作成する時でも、あると便利な機能だと思いますよ。

ハーフカット機能

ラベルシールの弱点として、印刷されたシールを台紙からはがしにくいという点があります。テプラの端を折り曲げたり、爪でひっかけたりと、シールをはがすのに苦労している人は多いようです。

新しくテプラを買い替えたいという人は、「ハーフカット」機能付きのものはいかがでしょうか。ラベルの印字面にあらかじめ切れ込みが入っており、スムーズにはがすことができますよ。

パソコン・スマホとの接続機能

パソコンやスマホと接続することで、パソコン内のフォントやサイズを選ぶことができたり、画像ファイルやエクセルファイルを取り込むことも可能です。上位モデルになると、有線LAN、無線LAN機能で複数台のパソコンと共有して使うこともできます。

特殊テープの種類から選ぶ

通常のラベルテープの他に、「マスキングテープ」「リボン」「アイロン転写テープ」「マグネットテープ」などにも印刷できます。

キャラクターシールや模様シールの場合は通常のラベルテープに分類されていますが、特殊テープは対応している機種でしか作成できません。

マスキングテープ

貼ってはがせるマスキングテープは、ペーパークラフトをする人に特に人気があります。柄の種類も豊富なので、可愛いラベルテープを作りたい!という人にもおすすめです。

ただし、通常のマスキングテープは使えません。マスキングテープラベルを作成したい場合は、専用テープが使用できる機種を選ぶ必要があります。

リボン

プレゼントのラッピングや小物作りに、オリジナルのリボンを作りたいという人におすすめなのがリボンテープに印字できるテプラです。リボンの種類も豊富で、印字の色も選べます。

アイロン転写テープ

洋服やハンカチになどにも名前をつけたいという人におすすめです。洗濯やドライクリーニングに強い「アイロンラベル」と、ラベルは残さずに印字部分だけが転写できる「アイロン転写テープ」の2種類があります。

マグネットテープ

オフィスの社員スケジュール管理など、ホワイトボードでの使用を考えている人におすすめです。

サイズから選ぶ

同じメーカーでも大きさや形は様々です。買ってから後悔しないようにサイズもよく確認しておきましょう。

据え置きタイプ

据え置きタイプのテプラは、主にパソコンに接続して使う・オフィスで使うという人に向いた機能が充実しています。

持ち運び可能なタイプ

卓上で使う「ノート型」「箱型」のタイプ、片手で使えるコンパクトタイプなどがあります。

座って使うという人にはノート型、色んな場所で使いたいという人はコンパクトタイプ、デザイン重視という人は箱型がおすすめです。

電源タイプで選ぶ

電源コード(AC)タイプ・乾電池タイプ・併用タイプの3種類があります。それぞれ見ていきましょう。

電源アダプタ(AC)タイプ

電源が確保できる場所でしか使えませんが、長時間使えるのが特徴です。乾電池と併用できるタイプもあります。

電池タイプ

電源がない場所でも使えるという点が最大のメリットです。アダプタを必要とせず、コードレスなので場所を選ばずに使いたいという人におすすめです。

テプラの人気おすすめランキング10選

それでは、おすすめのテプラを人気ランキング順にご紹介していきます。求めている機能が備わった、お気に入りのテプラがきっと見つかるはずです!

10位:キングジム ラベルライター テプラ PRO SR45

キングジム テプラ PRO SR45
4,500円(税込)

・連続印刷機能:なし
・オートカッター機能:なし
・ハーフカット機能:なし
・パソコン・スマホとの接続:不可
・印刷可能なテープ:マスキングテープ・リボン・アイロン転写テープ(鏡文字指定で印刷可)・マグネットテープ
・サイズ:W173×D109×H58mm
・重量:約400g
・電源タイプ:電池(単3形乾電池×6本)

小物を整理したい人向け

自動カッター機能がないので、一度にたくさん印刷する人には向かない機種です。しかし、10種類のデザインと文字を組み合わせてオリジナルマークを作る機能が付いています。子どものクラス名などを記入して可愛いラベルが作れます。

本体は173(W)×109(D)×58(H)mmとコンパクトな作りになっており、乾電池6本でいつでもどこでも持ち運べるのが特徴です。

便利機能はありませんが、とにかく価格重視!という人にはおすすめのテプラです。普段使いに必要な機能は十分あります。

「キングジム ラベルライター テプラ PRO SR45」の評判・口コミ

子供の入園準備に購入しました。とても使いやすいです。
アイロンテープも使えると言うことなのでこのタイプにしました。

出典:Amazon.co.jp: キングジム ラベルライター「テプラ」PRO アッシュブルー SR45アオのAmazon カスタマーさんのレビュー

9位:キングジム ラベルライター テプラ PRO SR670

キングジム テプラ PRO SR670
15,560円(税込)

・連続印刷機能:あり
・オートカッター機能:あり
・ハーフカット機能:あり
・パソコン・スマホとの接続:可
・印刷可能なテープ:マスキングテープ・リボン・アイロン転写テープ・マグネットテープ
・サイズ:約W193×D238×H66mm
・重量:約990g
・電源タイプ:電池(単3形乾電池×6本)

徹底的に使いやすさを追求

テプラSR550と比べると、印刷速度はなんと2倍!動作音の少ない設計になっているので、何枚もラベルを作りたいという人にはおすすめのテプラです。特に、会社で使うテプラを探しているという方は印刷速度の速いものを選ぶべきです。

もちろん、使いやすさを重視して「ハーフカット機能付きオートカッター」が搭載されています。連続印刷ではハーフカット機能を使用したまま、つなげて印刷か、切り離して印刷かを選択することも可能です。ラベルを配布する時に特に便利ですね。ラベルの角を丸くするオートトリマー機能もありPCとも接続可能など、使い勝手は抜群です。

「キングジム ラベルライター テプラ PRO SR670」の評判・口コミ

初代モデルを30年?くらい前に買いました。あたりまいですが、進歩してますね。MACにも繋いで使えるので便利です。

出典:Amazon.co.jp: キングジム ラベルライター「テプラ」PRO SR670のまささんのレビュー

8位:カシオ メモプリ

カシオ メモプリ MEP-F10
4,177円(税込)

・連続印刷機能:なし
・オートカッター機能:なし
・ハーフカット機能:なし
・パソコン・スマホとの接続:可
・印刷可能なテープ:専用テープのみ
・サイズ:W61×D118×H68mm 
・重量:約240g
・電源タイプ:ACアダプタ・メモプリ専用モバイル電源

スマホ・タブレット端末から簡単に入力できる

出典:arch.casio.jp

専用アプリをダウンロードすれば、Wi-Fi機能でAndroid、iPhone、iPod touch、iPadから入力、印刷することができます。メールやスケジュールを簡単にラベルにできるので、スケジュール管理を簡単にしたいという人にはぴったりです。手書き入力にも対応しています。

電源はアダプタ・専用電源パックの2Way仕様となっており、コンパクトサイズなので置き場所にも困りません。ただ、本体自体に飾り文字やかわいいフォントなどは入っていないので、シンプルなものが欲しいという人向きです。家庭用、オフィス用としても大人気の機種です。

「カシオ メモプリ」の評判・口コミ

Wi-Fi対応でスマホからも印刷できるのがとても便利です。
家の中でふと思ったときにスマホで文字を送信し、印刷した付箋をノートに貼り付けています。

出典:Amazon.co.jp: カシオ メモプリ Wi‐Fi対応 MEP-F10-BU ブルーのしおたろうさんのレビュー

7位:ダイモ ラベルバディ キューティコン

ダイモ ラベルバディ キューティコン DM20008
1,382円(税込)

・連続印刷機能:なし
・オートカッター機能:なし
・ハーフカット機能:なし
・パソコン・スマホとの接続:不可
・印刷可能なテープ:専用テープのみ
・サイズ:W78×D75×H140mm
・重量:-
・電源タイプ:なし

文字を打刻して作成!レトロなラベルがお洒落

他の機種とは違い、プラスチックテープに文字を打刻して作成するタイプのラベルライターです。エンボス加工の文字で、レトロでお洒落なテープに仕上がります。人とは違うラベルが欲しいという人にはぴったりのアイテムです。

なんといっても嬉しいのがこの価格!2台目、3台目のラベルライターとして購入してみてはいかがでしょうか?通常のラベルテープと使い分けるのもいいですね!このラベルライターを使えば、誰でも簡単にオシャレ上級者になれますよ。

「ダイモ ラベルバディ キューティコン」の評判・口コミ

黒テープを使うと、白文字が浮き上がりますが、意外にこれが何にでも合うのです。また、プリントラベルにありがちなチープな出来栄えはなく、手作りの良さと言いますか、多少文字間隔が怪しいところが、逆に良いニュアンスを出しています

出典:Amazon.co.jp: ダイモ ラベルバディ キューティコン イエロー DM20008のきうまんさんのレビュー

6位:カシオ ネームランド

カシオ ネームランド KL-P40
3,795円(税込)

・連続印刷機能:あり
・オートカッター機能:なし
・ハーフカット機能:なし
・パソコン・スマホとの接続:不可
・印刷可能なテープ:アイロン布テープ・布転写テープ等135種類
・サイズ:W189×D115×H54.5mm
・重量:約430g
・電源タイプ:ACアダプター・電池(単3形乾電池×6本)

使用可能なテープは135種類!

出典:casio.jp

カシオが販売しているラベルライターの中でも、コンパクトで使いやすく使えるテープは、なんと135種類もあります。スタンダードなテープに加えて、アイロン布テープ、布転写テープも使用可能なので、子供のお名前付けにぴったりです。

蛍光色テープ、白抜きなどにも対応しているので、とにかく可愛いテープが作りたい!という人は、ぜひこの機種をおすすめします!

「カシオ ネームランド」の評判・口コミ

テプラ、ピータッチと悩みましたがテプラは本体がちょっと高いしピータッチはテプラ、ネームランドと比べてテープがすごく高かった(電気屋で買うと1本当り200〜400円も高かった)のでネームランドを選択しました。

出典:Amazon.co.jp: カシオ ラベルライター ネームランド KL-P4AD-SET エントリーモデル アダ...のAmazon カスタマーさんのレビュー

5位:キングジム ラベルライター テプラ PRO SR5900P

キングジム テプラPRO SR5900P
18,790円(税込)

・連続印刷機能:あり
・オートカッター機能:あり
・ハーフカット機能:あり
・パソコン・スマホとの接続:可
・印刷可能なテープ:マスキングテープ・リボン・アイロン転写テープ・マグネットテープ等
・サイズ:W123×D153×H139mm
・重量:約1100g
・電源タイプ:ACアダプタ

高速印刷・ネットワーク対応でオフィス向け

有線・無線LAN接続で、複数台のパソコンと繋げることが可能です。連続印刷時にテープがなくなっても、テープ交換後に印字できなかったラベルから再開できる「印刷再開機能(テープエンド検出)」がついているため、オフィスでも人気がありますよ。

「キングジム ラベルライター テプラ PRO SR5900P」の評判・口コミ

SR3900Pからの買い替えです。WiFi対応は想像以上に便利です。特にiPadからの出力はiPad 内蔵のMacの綺麗なフォントが使えます。静かさと印刷速度はもともと不満に感じていなかったですが、確かにかなり改善されています。

出典:Amazon.co.jp: キングジム キングジム テプラPRO SR5900P SR5900PのSHさんのレビュー

ソフトに慣れないと使いづらいが、慣れてしまえば文字のサイズも自由に変えることができて便利です。無線LAN・有線LAN・USBと接続の自由度も高く、場所を選ばないところも便利です。

出典:Amazon.co.jp: キングジム キングジム テプラPRO SR5900P SR5900Pのおっちゃんさんのレビュー

4位:キングジム ラベルライターテプラ PRO SR250

キングジム テプラPRO SR250
6,147円(税込)

・連続印刷機能:なし
・オートカッター機能:あり
・ハーフカット機能:なし
・パソコン・スマホとの接続:不可
・印刷可能なテープ:マスキングテープ・リボン・アイロン転写テープ・マグネットテープ等
・サイズ:W183×D216×H60mm
・重量:約600g
・電源タイプ:電池(単3形乾電池×6本)

PRO SR150の上位モデル

シンプルで使いやすいと評判の「キングジム ラベルライター テプラ PRO SR150」の上位モデルです。ラベルの印刷行数は4行から6行に増え、さらには転写テープも対応になっています。

PC接続対応ではありませんが、オフィス・事務向けのテプラとして圧倒的な人気を誇っています!オートカッターも搭載されており、この低価格で必要十分な機能を備えていると言えるのではないでしょうか?

「キングジム ラベルライターテプラ PRO SR250」の評判・口コミ

カシオのネームランドと比較すると入力・印字がスムーズな印象。テプラPROテープは36mm幅までありますが、このSR250は、18mm幅までしか対応していません。テプラPRO製品は、実際に業務使用してテープの強度を比較したところ、カシオのネームランドより、印字強度(消えにくさ)、テープ自体の強度ともに勝っているように感じました。

出典:Amazon.co.jp: キングジム ラベルライター テプラPRO SR250 ダークグレーの*Hexagramanさんのレビュー

見出しや子供の名前付けに。
テプラ初だけど、説明読まなくても、使いやすいです。
テプラで統一すると、綺麗にまとまりがでました

出典:Amazon.co.jp: キングジム ラベルライター テプラPRO SR250 ダークグレーのママさんのレビュー

3位:ブラザー ピータッチ

ブラザー工業 P-touch J100
3,100円(税込)

・連続印刷機能:あり
・オートカッター機能:なし
・ハーフカット機能:なし
・パソコン・スマホとの接続:不可
・印刷可能なテープ:布テープ・リボン・強粘着テープ等
・サイズ:W110.9×D158.8×H59.8mm
・重量:約365g
・電源タイプ:電池(単4乾電池×6本)

手のひらに収まるコンパクトサイズ!

いつでも側に置いておけるコンパクトサイズの商品ですので、思い立った時にすぐラベルの作成ができます。大型液晶画面を採用しているため、入力した文字が見やすいのも特徴です。入力した文字をデコレーションしてアレンジできるデコラベル機能や、ラベルのデザインを作れる機能もついています。

こちらはブラザーから販売されているラベルライターの中でも圧倒的な人気を誇っています。携帯を操作するように文字を入力できるのですが、この使い心地が抜群にいいんです!大型液晶画面で見やすく操作もシンプルで、誰でもササッと簡単にラベルを作成できるため、かなりおすすめです。

「ブラザー ピータッチ」の評判・口コミ

子供の幼稚園グッズ、自宅の保存瓶や収納箱のラベルに使用。ほとんど12mmで事足ります。凝ったラベルは作らないので十分でした。

出典:Amazon.co.jp: ブラザー工業 ラベルライター P-touch J100 ホワイト PT-J100Wのドナルドさんのレビュー

此処に貼りたい!と思ったときにすぐにピッとだせます。非常に便利です。

出典:Amazon.co.jp: ブラザー工業 ラベルライター P-touch J100 ホワイト PT-J100WのAmazon カスタマーさんのレビュー

2位:キングジム ラベルライター テプラ PRO SR-GL1

キングジム テプラPRO SR-GL1
5,529円(税込)

・連続印刷機能:あり
・オートカッター機能:あり
・ハーフカット機能:なし
・パソコン・スマホとの接続:不可
・印刷可能なテープ:マスキングテープ・リボン・アイロン転写テープ(鏡文字指定で印刷可)・マグネットテープ等
・サイズ:W154×D108×H62.5mm
・重量:約530g
・電源タイプ:ACアダプタ・電池(単4乾電池×6本)

これ1台で様々なオリジナルラベルが作成できる!

「ラベルライター テプラPRO SR-GL1」の最大の魅力は、「リボン」「マスキングテープ」「アイロンラベル・アイロン転写テープ」の特殊テープが使えるという点です。対応テープ幅は4mm~18㎜。オートカッター機能の他、電源は別売のACアダプタで2way仕様となっています。(購入時は乾電池式)

ジュエリーBOXのような可愛らしい見た目だけではなく、かな・英数字のフォントが可愛いのが特徴です。他のテプラと比較すると、文字と組み合わせてつくるイニシャルマーク、絵文字のデザイン性は群を抜いています。もちろん、通常のラベルテープも使えるので様々なシーンで活躍してくれるはずです。

女性からの圧倒的な支持を受けている本機、特にリボンテープはハンドメイドをしている人にも人気です。洋服のタグやラッピングにオリジナルリボンはいかがですか?あれもこれも作りたい!可愛いラベルが作りたい!友達に素敵って言われたい!などの夢を叶えてくれる1台です。テプラ購入で迷ったらまずこれをおすすめします!

「キングジム ラベルライター テプラ PRO SR-GL1」の評判・口コミ

操作がわかりやすく、子供が自分で名前を作ることができます(小学2年です。ローマ字対応表をみて作ってました)。マスキングテープもリボンも作れるのは大活躍しています。
たまに使うくらいでしたら、電池で十分です。置いてあってもかわいいので、ディスプレイしてもおかしくありません。文字もかわいいです。

出典:Amazon.co.jp: キングジム ラベルライター テプラPRO SR-GL1 シェルピンクのAmazon カスタマーさんのレビュー

知り合いからリボンに自分の名前の入ったプレゼントをもらって感激。自分もこれでプレゼントをラッピングしたらとても喜ばれました。他にも用途がたくさんあって,一生使える素敵な一品です。

出典:Amazon.co.jp: キングジム ラベルライター テプラPRO SR-GL1 シェルピンクのさざえさんさんのレビュー

1位:キングジム ラベルライター テプラ PRO SR150

キングジム テプラPRO SR150
4,647円(税込)

・連続印刷機能:なし
・オートカッター機能:あり
・ハーフカット機能:なし
・パソコン・スマホとの接続:不可
・印刷可能なテープ:マスキングテープ・リボン・アイロン転写テープ・マグネットテープ等
・サイズ:W178×D213×H56mm
・重量:約560g
・電源タイプ:ACアダプタ・電池(単3乾電池×6本)

操作が簡単!シンプル機能で使いやすい

4mm~18㎜幅のテープに対応しており、使える記号&絵文字は947文字あります。連続印刷機能はありませんが、オートカッター機能が付いているので1枚1枚切り離す必要がなく便利です。全体のサイズは、約178(W)×213(D)×56(H)mmと小型ですから、持ち運びも楽々。電源コード(AC)、乾電池の2Wayで使用が可能なので、使いたい時にすぐラベルを作成できます。

上位機種と比較検討している人は、PC接続機能などが本当に自分に必要かどうか検討しましょう。PC接続なしで、テプラだけで入力から印刷まで完結するものほど、手軽で簡単なものはありません!必要十分な機能を備えており、テープカートリッジの交換も蓋を開けて、テープをはめるだけで完了です。何よりキングジムのカートリッジは、ホームセンターや家電量販店ですぐに手に入れることができますよ。

テプラが欲しいけれどどれがいいのか分からない!低価格でもある程度の機能は欲しい!という人は、この1台が全て解決してくれます。Amazon・楽天市場・価格.comでも、常に売れ筋ランキング、注目ランキングに入っている本機。操作が簡単で使いやすいものを求めている人には、絶対におすすめできる商品です。

「キングジム ラベルライター テプラ PRO SR150」の評判・口コミ

人気が高いのはよくわかる。
コスパ最高だと思います。
しっかりした商品です。

出典:Amazon.co.jp: キングジム ラベルライター テプラPRO SR150 オフホワイトのtaku272さんのレビュー

あまり複雑な使い方はしないので、機能的にはコレで十分です。
電源は、電池もACアダプタも両方使えるのは便利ですね。
お値段以上の商品だと思います。

出典:Amazon.co.jp: キングジム ラベルライター テプラPRO SR150 オフホワイトのa_really_chillさんのレビュー

まとめ

様々なテプラの中から、厳選して「おすすめのテプラ」だけを紹介しましたが、気になるものはありましたか?ご紹介した商品は、どれも使いやすく人気の高いモデルばかりです。

テプラを購入する前に、自分が求めている機能は何か?どんなラベルシールが作りたいのか?をはっきり決めて選ぶと、満足のいくテプラを手に入れることができるはずです。あると大活躍間違いなし!ぜひじっくり悩んで、手放せなくなるほどの1台を選んで下さいね♪今は、一家に一台「テプラ」の時代ですよ!

関連記事

人気の記事