• フォノイコライザーのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像1枚目
  • フォノイコライザーのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像2枚目
  • フォノイコライザーのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像3枚目
  • フォノイコライザーのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像4枚目
  • フォノイコライザーのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像5枚目

フォノイコライザーのおすすめ人気ランキング10選

レコードプレーヤーでアナログ音源を聴くために欠かせないフォノイコライザー。オーディオテクニカやフェーズメーションなどのメーカーから販売されています。さらにMM型やMC型などの種類があり、持っているレコードプレーヤーに合わせて選ぶ必要があるので、どのように選べばよいかわからないという方も多いのではないでしょうか。


そこで今回は、フォノイコライザーの選び方やおすすめ人気ランキングを紹介していきます。ぜひ、自分の好みに合ったフォノイコライザーを見つけてみてくださいね。

  • 最終更新日:2019年08月01日
  • 511  views
目次

フォノイコライザーの選び方

売れ筋ランキングを見る前に、まずフォノイコライザーの選び方を確認していきましょう。

レコードプレーヤーに合った型を選ぶ。MM・MC両対応タイプが◎

レコードプレーヤーに合わせて型を選びましょう。レコードの溝から音源を取り出す「カートリッジ」には、MM型とMC型の2種類があります。対応していない商品を選ぶと、使えないこともあるので注意してください。


MM型は、アナログレコードプレーヤーに多いカートリッジ。基本的に、特に商品に説明がない場合はMM型と言われるほど流通しており、フォノイコライザー自体も安価です。レコードのカートリッジが何か分からない方はこちらを選んでおけば安心でしょう。


一方、MC型カートリッジはマイナーで、本格的な音質を楽しむ中級者以上の方におすすめの商品。流通量は少ないので、商品がMC型かどうかは事前によく調べてからフォノイコライザーを購入しましょう。また、出力が低いため、フォノイコライザーと合わせて、昇圧トランスという機材が必要です。


自宅のレコードのカートリッジが分からない場合や、MM型・MC型のレコードプレーヤーを使い分けている方など、どちらを選ぶか迷った時には、MM型とMC型両方に対応した商品がおすすめですよ。

機能やボディにこだわって音質の良いフォノイコライザーを選ぶ

レコード音源をより楽しむためには、音質にこだわることも大切です。フォノイコライザーによって、パフォーマンスが異なるため、音質を重視したフォノイコライザーの選び方をご紹介していきます。

音質を調整できる機能があるフォノイコライザーがおすすめ

音質にこだわる方は、音の調整ができるフォノイコライザーを選びましょう。


主にRIAAカーブの種類・ノイズを調整する抵抗値の切替、出力を変えるゲイン調節機能などがあります。中には、音質をクリアにしたい・迫力のある音にしたい・低音を強くしたいなどのさまざまなニーズに合わせた機能を搭載しているものも。


細かな調整以外にも、ステレオ音質とモノラル音質を切り替えるだけで音に臨場感や広がりを与えることが出来るフォノイコライザーもあるので、音質にこだわりたい方は調整機能についてぜひチェックしてみてください。

アルミボディのフォノイコライザーは振動に強く音質も安定

フォノイコライザーのボディがアルミでつくられていると、振動に強いため、音質が安定します。スピーカーの振動などでブレないため、最高の音質でレコード音源を楽しめるでしょう。音質にこだわりたいなら、機能だけでなくボディの素材にも注目して、フォノイコライザーを選ぶことが大切です。

購入前にレコードプレーヤーとアンプにフォノイコライザーが内蔵されていないかをチェック!

レコードプレーヤーやアンプの中には、フォノイコライザー機能が内蔵されている商品も販売されていて、フォノイコライザーがなくても、レコードプレーヤーで音源を再生することができます。フォノイコライザーを選ぶ前に、内蔵されているかを確認しておきましょう。

フォノイコライザーのおすすめ人気ランキング10選

フォノイコライザーの選び方を参考にした上で、フォノイコライザーのおすすめ人気ランキング10選を見ていきましょう!

10位
対応カートリッジMM型
機能デジタル出力
ボディ素材
9位
対応カートリッジMM型
機能
ボディ素材
8位
対応カートリッジMC型
機能ノイズ軽減
ボディ素材
7位
フォノイコライザー LUXMAN(ラックスマン) MC/MMフォノイコライザー 1枚目
出典:amazon.co.jp

LUXMAN(ラックスマン)MC/MMフォノイコライザー

119,299円 (税込)

対応カートリッジMM型/MC型対応兼用型
機能抵抗値切替・モノラルモード・ローカットスイッチ
ボディ素材
6位

バード電子フォノイコライザー

32,208円 (税込)

対応カートリッジMM型/MC型対応兼用型
機能
ボディ素材
5位
フォノイコライザー iFi Audio 据置型 フォノイコライザー 1枚目
出典:amazon.co.jp

iFi Audio据置型 フォノイコライザー

59,800円 (税込)

対応カートリッジMM型/MC型対応兼用型
機能RIAAカーブ切替・抵抗値切替・ゲイン調節
ボディ素材
4位

CAMBRIDGE AUDIO(ケンブリッジオーディオ) フォノイコライザー

20,340円 (税込)

対応カートリッジMM型
機能
ボディ素材アルミ・スチール
3位
フォノイコライザー Audio Technica(オーディオテクニカ) フォノイコライザー 1枚目
出典:amazon.co.jp

Audio Technica(オーディオテクニカ)フォノイコライザー

15,299円 (税込)

対応カートリッジMM型/MC型対応兼用型
機能
ボディ素材アルミ
2位
フォノイコライザー Phasemation(フェーズメーション) フォノイコライザー 1枚目
出典:amazon.co.jp

Phasemation(フェーズメーション)フォノイコライザー

192,526円 (税込)

対応カートリッジMM型/MC型対応兼用型
機能ステレオ/モノラル切替・ローカットスイッチ
ボディ素材
1位
フォノイコライザー Audio Technica(オーディオテクニカ) フォノイコライザー 1枚目
出典:amazon.co.jp

Audio Technica(オーディオテクニカ)フォノイコライザー

6,250円 (税込)

対応カートリッジMM型
機能
ボディ素材

人気フォノイコライザーの比較一覧表

商品画像
1
フォノイコライザー Audio Technica(オーディオテクニカ) フォノイコライザー 1枚目

Audio Technica(オーディオテクニカ)

2
フォノイコライザー Phasemation(フェーズメーション) フォノイコライザー 1枚目

Phasemation(フェーズメーション)

3
フォノイコライザー Audio Technica(オーディオテクニカ) フォノイコライザー 1枚目

Audio Technica(オーディオテクニカ)

4
フォノイコライザー CAMBRIDGE AUDIO(ケンブリッジオーディオ)  フォノイコライザー 1枚目

CAMBRIDGE AUDIO(ケンブリッジオーディオ)

5
フォノイコライザー iFi Audio 据置型 フォノイコライザー 1枚目

iFi Audio

6
フォノイコライザー バード電子 フォノイコライザー  1枚目

バード電子

7
フォノイコライザー LUXMAN(ラックスマン) MC/MMフォノイコライザー 1枚目

LUXMAN(ラックスマン)

8
フォノイコライザー ORTOFON フォノイコライザー  1枚目

ORTOFON

9
フォノイコライザー BEHRINGER PP400 1枚目

BEHRINGER

10
フォノイコライザー Rega フォノイコライザー 1枚目

Rega

商品名

フォノイコライザー

フォノイコライザー

フォノイコライザー

フォノイコライザー

据置型 フォノイコライザー

フォノイコライザー

MC/MMフォノイコライザー

フォノイコライザー

PP400

フォノイコライザー

特徴高音質・軽量コンパクト・コスパが揃った大人気フォノイコ...ダイナミックな音質が特徴の多機能フォノイコライザー!高音質な回路と振動に強いアルミボディで良質な音源を再生!音質劣化を防ぐアルミパネルを採用。見た目もスタイリッシ...6種類の切り替えで、好みの音質に。低域から高域まで幅広...音質重視・MM型・MC型対応でどんなレコードプレーヤー...MM型・MC型に対応した多機能フォノイコライザー良音質とノイズ軽減にこだわったフォノイコライザーコスパ抜群の初心者向けMM型フォノイコライザーUSB端子でデジタル出力にも対応したフォノイコライザー
最安値
5,988
送料要確認
詳細を見る
12,304
送料無料
詳細を見る
15,299
送料無料
詳細を見る
20,340
送料要確認
詳細を見る
59,700
送料別
詳細を見る
26,400
送料無料
詳細を見る
118,188
送料無料
詳細を見る
要確認
3,687
送料無料
詳細を見る
19,148
送料無料
詳細を見る
対応カートリッジMM型MM型/MC型対応兼用型MM型/MC型対応兼用型MM型MM型/MC型対応兼用型MM型/MC型対応兼用型MM型/MC型対応兼用型MC型MM型MM型
機能ステレオ/モノラル切替・ローカットスイッチRIAAカーブ切替・抵抗値切替・ゲイン調節抵抗値切替・モノラルモード・ローカットスイッチノイズ軽減デジタル出力
ボディ素材アルミアルミ・スチール
商品リンク

フォノイコライザーの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、フォノイコライザーのAmazonの売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

まとめ

フォノイコライザーを選ぶためには、レコードプレーヤーのカートリッジに対応しているかを確かめる必要があります。MM型・MC型のどちらかを確認し、対応したフォノイコライザーを選びましょう。MM型・MC型対応兼用型フォノイコライザーであれば、どちらのカートリッジでも使うことができます。


またフォノイコライザーの機能やボディ素材によって、音質に違いが生まれます。今回ご紹介したフォノイコライザーのおすすめ人気ランキングを参考に、レコード音源の良さを最大限に引き出すフォノイコライザーを選んでみてくださいね!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す