1. TOP
  2. >
  3. インテリア・家具
  4. >
  5. インテリアファブリック
  6. >
  7. 絨毯・カーペットのおすすめ人気ランキング10選【洗濯機で洗えるタイプも!】
  • 絨毯・カーペットのおすすめ人気ランキング10選【洗濯機で洗えるタイプも!】のアイキャッチ画像1枚目
  • 絨毯・カーペットのおすすめ人気ランキング10選【洗濯機で洗えるタイプも!】のアイキャッチ画像2枚目
  • 絨毯・カーペットのおすすめ人気ランキング10選【洗濯機で洗えるタイプも!】のアイキャッチ画像3枚目
  • 絨毯・カーペットのおすすめ人気ランキング10選【洗濯機で洗えるタイプも!】のアイキャッチ画像4枚目
  • 絨毯・カーペットのおすすめ人気ランキング10選【洗濯機で洗えるタイプも!】のアイキャッチ画像5枚目

絨毯・カーペットのおすすめ人気ランキング10選【洗濯機で洗えるタイプも!】

敷くだけでお部屋のイメージをガラッと変えられるインテリアアイテム、絨毯・カーペット。保温や衝撃を吸収してくれる効果もあるため、人の集まるリビングなどの空間をより快適にしてくれます。でも、いざ選ぼうとすると、サイズや素材違いも多く、どれにすればいいのか、悩んでしまう方も多いようです。


そこで今回の記事では、カーペットの選び方と合わせ、人気の高い絨毯・カーペットをランキング形式でご紹介します。おすすめがたくさん登場しますよ!模様替えやお引越しで購入を検討されている方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

  • 最終更新日:2020年10月21日
  • 4,933  views
目次

ラグ・絨毯・カーペット・マットの違いとは?

ラグ・絨毯・カーペット・マットの違いとは?

床に敷く敷物の呼称には、ラグ・マット・絨毯・カーペットといった種類があります。それぞれ、どのような違いがあるのかご存じですか?例外はあるものの、一般的に、カーペットや絨毯は床全体をカバーするものラグやマットは床の一部を覆うものとされています。


また、カーペットと絨毯については英語での名称か、日本語での名称かの違いしかありません。商品名がどちらになっていても、同じものを指していると考えてOKですから、迷わず選んでくださいね!

絨毯・カーペットの選び方

人気製品をご紹介する前に、まずは絨毯・カーペットの選び方についてご説明します。店頭やネットショップで選ぶ際に役立ててくださいね!

まずは絨毯・カーペットのタイプをチェック!

絨毯・カーペットは大きく分けて、「ロールカーペット」と「タイルカーペット」の2タイプ。自分の部屋にはどちらが合うのか、まずはチェックしてみてくださいね!

継ぎ目のないシームレスな空間を作れる「ロールカーペット」

継ぎ目のないシームレスな空間を作れる「ロールカーペット」

継ぎ目がなく、柔らかな踏み心地が特徴のロールカーペット。採寸の手間はかかりますが、シームレスな空間を演出したい場合におすすめです。また、タイルカーペットよりもコストパフォーマンスが高いのもメリットとなっています。


ロールカーペットを導入する場合には、あらかじめ部屋の大きさを把握しておくことが重要。凹凸がある部屋にきれいに絨毯・カーペットを配置したい場合には、図面を書いてオーダーするのもおすすめですよ。

手軽に部屋のイメージを変えられる「タイルカーペット」

手軽に部屋のイメージを変えられる「タイルカーペット」

1枚20~50cm角のタイル状絨毯を敷き詰めて使うタイルカーペットは、部分的に床の色を変えてみたり、違う素材にしてみたりといったように、手軽にお部屋のイメージを変えることができますよ。


また、自分でカットすることもできるので、凹凸がある部屋に配置するのもらくらく。ただし、ロールカーペットに比べて質感はやや硬め。また、お値段もタイルカーペットのほうが高くなる傾向にあります。

サイズは部屋の畳数等に合わせて!

サイズは部屋の畳数等に合わせて!

カーペット選びで重要になるのがサイズ選び。基本的に、カーペットは部屋の畳数に合わせて選ぶのがおすすめです。


多くは1畳88cm×176cmの「江戸間」で畳数をカウントしますが、地方によっては「本間」などの異なった基準で畳数をカウントすることもあります。カーペットを敷きたい部屋の畳数の基準がどうなっているか、あらかじめ確認しておくことが大切です。


また、大きめのソファの前やベッドの脇に敷く場合などは、江戸間6畳の部屋に対し4畳半用のカーペットを敷くなど、部屋サイズより少し小さめのカーペットをチョイスしてみるのもいいですね。

素材にも注目してみよう

絨毯・カーペットに用いられる素材にはさまざまな種類があります。それぞれの特徴を把握して、用途や予算に合ったものを選びましょう。

冬は暖かく夏は涼しい「ウール」

冬は暖かく夏は涼しい「ウール」

絨毯・カーペットの素材としては最も古い歴史がある「ウール」。冬は暖かく、夏は涼しく過ごせるのが大きなメリットで、汚れにくく、多少潰れてしまっても元に戻る復元力があることも特筆すべき点です。


無駄毛が出やすかったり、動物系の繊維特有の匂いがあったりというデメリットもありますが、天然の抗菌防臭作用も期待できるなど、多くのメリットがある素材です。

強度が高く摩耗に強い「ナイロン」

強度が高く摩耗に強い「ナイロン」

ナイロンの絨毯・カーペットは、とにかく摩耗に強く、傷みにくいのが特徴。その強度を活かして、施設やホテルなどのカーペットによく用いられています。汚れが落ちやすく、乾きが早いことも大きなメリットですよ。


ただし、他の化学繊維よりもコストは高めの傾向があります。また、ナイロンは染色が難しいため、発色の良い製品は少ないといった面もありますので、こちらも押さえておきましょう。

しわになりにくく無駄毛も出ない「ポリエステル」

しわになりにくく無駄毛も出ない「ポリエステル」

現在、最も多く絨毯に用いられている化学繊維がポリエステル。しわになりにくく無駄毛も出ない上、発色も良いという特徴があります。価格が安いのも魅力的です。


最近では繊維技術が向上しているため、シルクやウールなど他の素材の質感を楽しめるポリエステル製品も多く登場してきています。「天然素材の質感が好きだけど、高くて買えない…」という方は、ポリエステル製品をチェックしてみるといいですね。

安価に導入できる「ポリプロピレン」

安価に導入できる「ポリプロピレン」

なるべくコストを抑えたいという方におすすめなのが、ポリプロピレン。大量生産できるため、大きなカーペットでも安価に手に入れることができますよ。摩擦に強いため、傷みにくいのも嬉しいポイントです。


非常に軽く、敷いたり片付けたりする際の負担が少ないのも特徴的。さらに、吸水性がほとんどないため、液体等が染み込まないのもいいところ。きれいにするのも簡単です。


ただし耐熱性がなく、熱で傷んでしまうという面も。また、触り心地はあまり良くないため、肌触り重視の方には物足りないといえるでしょう。

シルクのような光沢を持ち色褪せにくい「アクリル」

シルクのような光沢を持ち色褪せにくい「アクリル」

シルクのような上品な光沢を持つことが特徴のアクリル。強度が高い上、染色した色が褪せにくいので、きれいな色を長く保ちたい方におすすめです。また、虫や細菌などにも強いため、特に衛生的に使いたい場合にも適していますよ。


無駄毛が出やすいこと、耐熱性があまりないため、アイロンなどの熱を近づけることはできないことなど、お手入れの上で気をつける点があることは知っておきたいところです。

美しい光沢が特徴の「シルク」

美しい光沢が特徴の「シルク」

絨毯・カーペットに使用される素材の中でも最高級といえるのがシルク。非常に高価な繊維ではありますが、柔らかくなめらかな肌触りと光沢が大変魅力的。発色が良く、色鮮やかな製品が多いのも特徴です。


ただし、家庭での洗濯は非常に難しい素材。また、環境によっては虫に食われてしまうこともあります。ある程度気を使って扱う必要がある素材だといえるでしょう。

吸水性に優れ肌触りもよい「コットン」

吸水性に優れ肌触りもよい「コットン」
出典:amazon.co.jp

絨毯・カーペットの素材としては、特に夏用のものによく使われるコットンは吸水性が高く、また肌触りも良いのが特徴的。熱にも強く、発色のいいカラフルな製品が多いのも嬉しいポイントです。


メリットの多いコットンですが、反面、縮みやすく、しわになりやすいといった欠点も。また、日光に長時間当てると変色してしまうことがあるという点には注意です。

シャリッとした肌触りが魅力の「リネン」

シャリッとした肌触りが魅力の「リネン」

シャリッとしたさわやかで独特の肌触りが魅力のリネン。通気性がよく、吸水性や水分の発散性に優れているため、夏用の絨毯・カーペットの素材としてはうってつけです。リネン100%だと硬さが感じられるため、他の素材との混紡を選ぶのが特におすすめ。


リネンは、コットンと同じくしわになりやすい傾向も。また、使い込むと、毛羽立ってしまうこともあります。

フローリングのように見せたいなら「ウッド」カーペットも○

フローリングのように見せたいなら「ウッド」カーペットも○

「和室をフローリングのように見せたい!」という方には、ウッドカーペットがおすすめ。細長い木のパネルを繋いだ形状で敷きやすいのがポイントで、簡単にきれいなフローリング床をつくることができますよ。


ただし、長く使い続けると表面の木目の層がめくれ、ささくれ立ってしまうことも。長く使いたいなら、樹脂ワックスなどを塗ってあらかじめ保護しておくとよいでしょう。

踏み心地に関わる!パイルの形状も要チェック

パイルの形状によって、絨毯・カーペットの印象は大きく変わってくるもの。それだけではなく、機能性も変化します。パイルの形状もしっかり見て選びましょう!

やわらかいタッチの「カットパイル」

やわらかいタッチの「カットパイル」

カットパイルとは、毛の先端が平滑にカットされたもの。ふわっとしたやわらかいタッチが特徴です。ただし、弾力性はルーフパイルに劣るため、寝室やダイニングなどに使用するとよいでしょう。


カットパイルは、パイルの長さや加工のしかたなどによって、さらにブラッシュ・ベロア・サキソニー・ハードツイスト・シャギーといった種類に分けることが可能。


最も一般的な5mm〜10mm程度でカットされたものがブラッシュシャギーはパイル長が25mm以上のタイプ表面の加工で、ベルベット風の質感にしたものがベロア。そして、サキソニーやハードツイストは表面に熱加工を施し、弾力性を出したものを指します。

適度に硬く歩行性にすぐれた「ループパイル」

適度に硬く歩行性にすぐれた「ループパイル」

パイルを丸くループ状に仕上げたのが、こちらのループパイル。適度な硬さがあり、へたりにくく耐久性が高い上、毛玉ができづらいため、お手入れもらくらく。歩行性に優れているため、リビングにおすすめですよ。


ループパイルの中でも、パイルの高さが揃っているものはレベルループ凹凸感を表現したものはハイ&ローループと呼ばれます。

多彩な表情を演出できる「カット&ループパイル」

多彩な表情を演出できる「カット&ループパイル」

カットパイルとループパイルを組み合わせたのがこちら。カットパイルの表情の豊かさと、ループパイルの耐久性を持ち合わせているのが特徴で、多彩な表情を演出できます。リビングはもちろん、応接室などにもおすすめですよ。


カット&ループパイルもループパイルと同じく、パイルの高さが揃っているレベルループ凹凸感のあるハイ&ローループの2種類に分けられます。

機能性についても押さえておこう

絨毯・カーペットには、さまざまな機能が付加されているものも。カーペット選びの際には、機能性の部分もしっかりチェックしておきましょう!

安全・快適に使える「防炎・制電」機能付き

安全・快適に使える「防炎・制電」機能付き

燃えにくいよう防炎加工を施したもの、絨毯・カーペットによる不快な静電気を抑えたい方には、「防炎」「制電」機能を有した製品がおすすめ。


消防法施工規則に基づく防炎性能試験に合格した製品には「防炎」マークが、帯電しないよう金属繊維を織り込むなどの工夫で帯電性試験をクリアした製品には「制電」マークが付けられているため、これらもチェックしておきましょう。


ただし、「防炎」タイプの製品については、全く燃えないというわけではありません。あくまでも、燃えるのに時間がかかるため、その間に避難することができる…という機能ですので、この点にはご注意を。

階下に生活音が響かない「遮音」

階下に生活音が響かない「遮音」

アパートで使用する場合など、階下に生活音を響かせないようにしたいなら、遮音仕様のカーペットがおすすめ。遮音性能を高めるための工夫はさまざまですが、最も遮音性能が高いのは、絨毯・カーペットの裏にカンガパックというウレタンをつけたものとされています。


絨毯・カーペットの遮音性能は、JISで定められた「LL-」という遮音等級で表すのが一般的となっています。LL-35〜LL-45程度の製品を選べば、優れた遮音性能が得られますよ。

汚れにくく手入れしやすい「防汚」

汚れにくく手入れしやすい「防汚」

お手入れが楽な絨毯・カーペットを手に入れたいなら防汚仕様の製品がおすすめ。汚れがつきにくい、もしくは汚れがついても落としやすい加工が施されているため、食品の汚れがつきやすいキッチンやダイニングにぴったりです。


防汚仕様のカーペットはさらに、繊維についた汚れが落ちやすい「SR(ソイルリリース)」と、汚れが付着しにくい加工が施された「SG(ソイルガード)」の2種類に分かれますので注目してみてくださいね。

「抗菌・防ダニ」などの、清潔に使える機能も見逃せない

「抗菌・防ダニ」などの、清潔に使える機能も見逃せない

清潔にカーペットを使いたいなら、「抗菌」や「防ダニ」といった機能も見逃せません。ダニや菌の発生や増殖を防いで清潔さを保ってくれるため、アレルギー対策にもなりますよ。


また、より快適さを求めるなら、シックハウス症候群を防ぐ「ホルムアルデヒド吸着」や、嫌な臭いを防ぐ「防臭」といった機能にも注目してみるとよいでしょう。

丸洗い可能なタイプなら、お手入れもラクラク!

丸洗い可能なタイプなら、お手入れもラクラク!

特にタイルカーペットの中には、水洗いが可能なタイプもあります。汚れた部分だけ取り外して洗うことができるので、食べこぼしで汚れがちな小さなお子様がいるご家庭や、ペットを飼っている方にも最適。


洗濯機で丸洗いできるタイプも少なくないため、こちらも要チェックですよ。

アトピーの方には日本アトピー協会推薦品を

アトピーの方には日本アトピー協会推薦品を

アトピーに悩んでいる方は、汚れが溜まりやすい絨毯・カーペットの使用には慎重になりがちですよね。そんな方には、日本アトピー協会推薦品の商品もおすすめ。


こちらはカビやダニなどのアトピーを悪化させる原因を抑え、快適に使えるよう工夫されています。商品数は限られていますが、該当する製品には「日本アトピー協会推薦品マーク」が付いていますので、ぜひ注目してみてくださいね。

絨毯・カーペット(ロール)のおすすめ人気ランキング5選

ここからは、人気の絨毯・カーペットをロールタイプとタイルタイプに分けてランキング形式でご紹介します。まずは、ロールカーペットから。素敵な絨毯・カーペットを見つけるための参考にしてくださいね!


なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年3月28日時点)をもとにして、編集部独自で順位付けしています。

5位
サイズ江戸間2~8畳/本間2~8畳
素材ポリプロピレン
パイルの形状-
機能防カビ素材・撥水タイプ
丸洗い可(洗濯機不可)
4位

あるるの部屋ビニールタップスカーペット

4,580円 (税込)

サイズ江戸間2~10畳/本間2~8畳
素材ポリ塩化ビニール・レーヨン・綿・ポリエステル
パイルの形状-
機能撥水タイプ(表面ビニール)
丸洗い可(洗濯機不可)
3位
サイズ江戸間2畳・3畳・4.5畳・6畳・8畳
素材ポリプロピレン・不織布
パイルの形状-
機能床暖対応
丸洗い
2位
サイズ江戸間4.5畳・6畳・団地間6畳
素材メラミン樹脂
パイルの形状-
機能撥水タイプ
丸洗い-
1位

日本ベターリビング抗菌カーペット

1.134E+12

6,843円

サイズ江戸間2~10畳
素材ポリエステル
パイルの形状ループ
機能抗菌
丸洗い-

人気絨毯・カーペット(ロール)の比較一覧表

商品画像
1
絨毯 カーペット 日本ベターリビング 抗菌カーペット 1枚目

日本ベターリビング

2
絨毯 カーペット アイリスプラザ ウッドカーペット 1枚目

アイリスプラザ

3
絨毯 カーペット グラムスタイル カーペット 1枚目

グラムスタイル

4
絨毯 カーペット あるるの部屋 ビニールタップスカーペット 1枚目

あるるの部屋

5
絨毯 カーペット イケヒコ・コーポレーション カーペット 1枚目

イケヒコ・コーポレーション

商品名

抗菌カーペット

ウッドカーペット

カーペット

ビニールタップスカーペット

カーペット

特徴薄くて軽い。オールシーズン活躍敷くだけでお部屋を簡単にイメージチェンジハサミやカッターでカットもOK水やお茶をこぼしても簡単にふき取れる和室にも洋室にも合うモダンなデザイン
最安値
15,480
送料無料
詳細を見る
13,900
送料要確認
詳細を見る
4,580
送料要確認
詳細を見る
7,087
送料要確認
詳細を見る
サイズ江戸間2~10畳江戸間4.5畳・6畳・団地間6畳江戸間2畳・3畳・4.5畳・6畳・8畳江戸間2~10畳/本間2~8畳江戸間2~8畳/本間2~8畳
素材ポリエステルメラミン樹脂ポリプロピレン・不織布ポリ塩化ビニール・レーヨン・綿・ポリエステルポリプロピレン
パイルの形状ループ----
機能抗菌撥水タイプ床暖対応撥水タイプ(表面ビニール)防カビ素材・撥水タイプ
丸洗い--可(洗濯機不可)可(洗濯機不可)
商品リンク

絨毯・カーペット(タイル)のおすすめ人気ランキング5選

次にご紹介するのは、タイルカーペット。自分で手軽に敷き詰められるこちらのタイプも、ぜひチェックしてみてくださいね!

5位
サイズ28☓28×0.4cm
素材ポリエステル・ポリ塩化ビニール
パイルの形状-
機能抗菌
丸洗い可(洗濯機)
4位
サイズ30×30×0.4cm
素材ポリエステル・アクリル樹脂
パイルの形状ループ
機能-
丸洗い可(洗濯機)
3位
サイズ30×30cm
素材表面:ポリエステル/裏面:アクリル樹脂
パイルの形状-
機能床暖対応・撥水タイプ
丸洗い可(洗濯機)
2位
サイズ25×25×0.4cm
素材ポリエステル・アクリル樹脂
パイルの形状-
機能はっ水加工・床暖対応・アンモニア消臭加工
丸洗い可(洗濯機)
1位
サイズ50×50cm
素材ポリプロピレン
パイルの形状ループ
機能制電・防炎・中歩行
丸洗い-

人気絨毯・カーペット(タイル)の比較一覧表

商品画像
1
絨毯 カーペット サンゲツ カーペットタイル NT-350シリーズ 1枚目

サンゲツ

2
絨毯 カーペット サンコー ずれないジョイントマット 1枚目

サンコー

3
絨毯 カーペット YIZEN タイルマット 1枚目

YIZEN

4
絨毯 カーペット レック ぴたQ吸着タイルマット 1枚目

レック

5
絨毯 カーペット Bittop ジョイントマット 1枚目

Bittop

商品名

カーペットタイル NT-350シリーズ

ずれないジョイントマット

タイルマット

ぴたQ吸着タイルマット

ジョイントマット

特徴多彩な色・柄の組み合わせを楽しもう薄手のカーペットでドアの開閉もスムーズ自由な組み合わせで部屋を簡単にアレンジ汚れたタイルだけ繰り返し洗濯可能銀イオン配合繊維でしっかり抗菌
最安値
5,930
送料要確認
詳細を見る
9,618
送料無料
詳細を見る
1,199
送料無料
詳細を見る
694
送料無料
詳細を見る
2,680
送料要確認
詳細を見る
サイズ50×50cm25×25×0.4cm30×30cm30×30×0.4cm28☓28×0.4cm
素材ポリプロピレンポリエステル・アクリル樹脂表面:ポリエステル/裏面:アクリル樹脂ポリエステル・アクリル樹脂ポリエステル・ポリ塩化ビニール
パイルの形状ループ--ループ-
機能制電・防炎・中歩行はっ水加工・床暖対応・アンモニア消臭加工床暖対応・撥水タイプ-抗菌
丸洗い-可(洗濯機)可(洗濯機)可(洗濯機)可(洗濯機)
商品リンク

日頃のお掃除は、カーペットクリーナーにおまかせ!

ちょっとしたホコリや髪の毛などを取ってくれるコロコロ系から、浸透してしまった汚れに対応できる泡タイプまで、カーペットクリーナーの種類もさまざま。


揃えておけば汚れの度合いに合わせて柔軟に対応できるので、ぜひ合わせてチェックしてみてくださいね。

まとめ

今回の記事では、人気の絨毯・カーペットについてご紹介しましたが、いかがでしたか?


この記事を参考にしながらお気に入りの絨毯・カーペットを見つけて、お部屋をもっとステキにしてみてくださいね!

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す