• ベイトフィネスロッドのおすすめ人気ランキング10選【トラウト釣り・バス釣りに最適なものを厳選!】のアイキャッチ画像1枚目
  • ベイトフィネスロッドのおすすめ人気ランキング10選【トラウト釣り・バス釣りに最適なものを厳選!】のアイキャッチ画像2枚目
  • ベイトフィネスロッドのおすすめ人気ランキング10選【トラウト釣り・バス釣りに最適なものを厳選!】のアイキャッチ画像3枚目
  • ベイトフィネスロッドのおすすめ人気ランキング10選【トラウト釣り・バス釣りに最適なものを厳選!】のアイキャッチ画像4枚目
  • ベイトフィネスロッドのおすすめ人気ランキング10選【トラウト釣り・バス釣りに最適なものを厳選!】のアイキャッチ画像5枚目

ベイトフィネスロッドのおすすめ人気ランキング10選【トラウト釣り・バス釣りに最適なものを厳選!】

通常のベイトロッドとは違い、軽量ルアーを使った繊細な釣りが楽しめる「ベイトフィネスロッド」。シマノ・ダイワ・アブガルシアなど、人気メーカーが多数販売していますよね。しかし、長さ・硬さ・適合ラインもさまざま。そのうえ、釣りポイントや自分のレベルに合わせて選ばなければならないため、どれがよいのか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。


そこで今回は、ベイトフィネスロッドの選び方と、通販レビューでも評価の高いおすすめロッドを人気ランキング形式で紹介します。早速、自分にピッタリのロッドを手に入れて、バス釣りを楽しみましょう!

  • 最終更新日:2018年11月08日
  • 4,824  views
目次

ベイトフィネスロッドで釣りの幅を広げよう!

ベイトフィネスロッドで釣りの幅を広げよう!

軽量ルアーをキャストして、繊細な釣り(フィネス)を楽しみたいときに欠かせない「ベイトフィネスロッド」。従来のベイトロッドでは、重量級のワームやルアーを使用した釣りがメインでしたが、ベイトでも軽量ルアーが使えるようになったことで、釣り方の幅が一気に広がっています。


スピニングとは違い、ベイトフィネスでは太めのラインを扱えるため、障害物が多い杭の横やテトラ周りでも細かなアプローチが可能。他の人が狙いにくい場所へキャストして、太いラインとベイトリールのパワーで魚を引き上げられる魅力的なロッドです。ベイトフィネスロッドを使えば、スピニング向けだった軽量ルアーでも、繊細且つ大胆な釣りを楽しむことができますよ。

ベイトフィネスロッドの選び方

では、さっそくベイトフィネスロッドの選び方を見ていきましょう。

釣り場所に合ったスペックを選ぼう

まず何よりも、どこで釣るのか、どんな場所を狙うのかに合わせて選ぶことがポイントです。ベイトフィネスロッドの特性も把握したうえで、ロッドを絞っていきましょう。

オカッパリなら1.5m前後、海釣りなら1.8m以上を目安に

オカッパリなら1.5m前後、海釣りなら1.8m以上を目安に
オカッパリや渓流釣りに利用するなら約1.5m(5フィート)前後ソルトでも利用できるキャスト性能も欲しいなら約1.8m(6フィート)以上がおすすめです。ベイトフィネスロッドは、基本的に短いロッドが多いので、取り回しのしやすさが抜群。周りに障害物がある場所でも使いやすく、いろんな場所を狙えるのが魅力です。

中距離程度のキャスト性能が欲しい場合は、1.5m以上のベイトフィネスロッドを購入し、それ以上の距離を狙う場合は、別のロッドを使用するなどして使い分ければ、さまざまなポイントで釣りを楽しめます。

障害物のある場所を狙うなら適合ラインIb8以上がおすすめ

障害物のある場所を狙うなら適合ラインIb8以上がおすすめ

障害物周りに潜んでいる魚や大きな魚を狙いたい場合は、太めのIb8~のラインが使用できるロッドがおすすめです。河川や湖の杭周りやブッシュが多い場所へキャストしたり、海ならテトラ周りへ落として魚を狙う場合には、ラインの太さが重要なポイントになります。


太めのラインを使用して、ベイトフィネスロッドの良さを引き出し、狙ったポイントにキャストできれば、より釣りの楽しみの幅が増えるでしょう。

使いたいルアーに合った硬さを選ぼう

使いたいルアーに合った硬さを選ぼう

軽量ルアーをキャストして細かくコントロールできる「ベイトフィネスロッド」。数あるルアーの中でも、10g以下の超軽量ワームを使用するなら、ロッドの硬さはウルトラライトやライトがおすすめです。一方、ワームよりも少し重めのプラグ系ルアーなら、ライトからミディアムライトを目安にするとよいでしょう。


他のロッドでは分かりにくい軽量ルアーのアタリも、ベイトフィネス用のロッドならしっかり手に伝えてくれます。より感度にこだわるなら、テーパー(調子)や、ロッド先端部のティップの仕様にもこだわってみるとよいでしょう。

メーカーの特徴でロッドを絞るのもあり

ベイトフィネスロッドを販売しているメーカーの特徴を把握して、ロッドを絞るのも1つの方法です。それぞれのメーカーの特徴も確認しておきましょう。

初心者でも扱いやすいロッドなら「メジャークラフト」

低コストで初心者向けのロッドを手に入れたいなら、メジャークラフトがおすすめ。初心者でも選びやすい、さまざまな価格帯のモデルがラインナップしています。もちろん、価格は抑えめですが、必要な機能はしっかり完備。予算に合ったベイトロッドキャストを手にしたいなら、「メジャークラフト」から検討してみましょう。

感度を重視するなら「アブガルシア」

渓流でもソルトでも利用できる、感度の高いロッドを手に入れたいなら、アブガルシアのロッドを検討してみましょう。釣り具メーカーとしての歴史あるアブガルシアが販売しているロッドは、長年のノウハウが詰まった商品がラインナップされています。


ロッドのパワーを生かしやすく、感度の良いマイクロガイド設計になっているのが特徴。グリップ周りの設計にもこだわりがあり、クレストマークのロゴが入っているデザインもスタイリッシュですよ。

キャスト性能重視で選ぶなら「フィッシュマン」

キャスト性能重視で選ぶなら「フィッシュマン」

出典:fish-man.com

キャストのしやすさで選ぶなら、フィッシュマンがおすすめです。ベイトロッドとスピニングロッドの中間的な性能のベイトフィネスロッドですが、フィッシュマンのロッドは、飛距離と高精度キャストをコンセプトに設計されたロッドを販売しているのが特徴。キャストしやすく、小さな動きで狙ったポイントまで飛ばしたい人におすすめのメーカーです。

軽量性を重視するなら「ダイワ」

軽量性を重視するなら「ダイワ」

出典:daiwa.com

ロッドの軽さにこだわるなら、ダイワが◎。大手の人気釣具メーカーのひとつであるダイワは、オリジナル設計のロッドを多くラインナップしており、軽量設計のモデルもたくさん揃っています。


ベイトフィネスロッドの重量が軽量であることはもちろん、リールを装着したときの使用感のバランスも良く、同じダイワ製品リールと合わせたときの軽さも魅力。商品数も豊富にありますので、一度ベイトフィネスロッドを試してみたい人にもおすすめのメーカーです。

軽さと高感度両方欲しいなら「シマノ」

初心者~上級者まで、自分のこだわりに合わせて商品を選択したい人におすすめなのが、シマノです。ダイワと並ぶ大手釣具メーカーだけあり、ロッド・リール・ルアーのラインナップが豊富。ねじれに強いカーボン素材や、感度が高く軽量のロッドが多いのも特徴です。商品ラインナップが豊富で利用者多いので、安心して選ぶことができますね。

ベイトフィネスロッドの人気ランキング10選

では、ここまで見てきたベイトフィネスロッドの選び方を踏まえて人気商品をランキング形式で見ていきましょう!
10位
ベイトフィネスロッド シマノ ロッド トラウトワン
出典:amazon.co.jp

シマノロッド トラウトワン

NS B50UL

16,735円 (税込)

長さ1.52m
適合ラインナイロン(Ib2~6)・PE(Ib0.2~0.6)
硬さウルトラライト
重量73g
9位
ベイトフィネスロッド ダイワ トラウトロッド ベイト シルバークリーク
出典:amazon.co.jp

ダイワトラウトロッド ベイト シルバークリーク

AGS 52L-B

41,881円 (税込)

長さ1.58m
適合ラインナイロン(Ib2~6)
硬さライト
重量79g
8位

アブガルシアTroutinMarquis Nano

TMNC-516L-TE MGS

15,060円 (税込)

長さ1.55m
適合ラインナイロン(Ib2~8)
硬さライト
重量72g
7位
ベイトフィネスロッド ダイワ ピュアリスト 52ULB・V ネイティブ
出典:amazon.co.jp

ダイワピュアリスト 52ULB・V ネイティブ

13,042円 (税込)

長さ1.58m
適合ラインIb2~6
硬さウルトラライト
重量77
6位
ベイトフィネスロッド ダイワ スティーズ ベイトキャスティングモデル
出典:amazon.co.jp

ダイワスティーズ ベイトキャスティングモデル

631MLFB-SV

49,480円 (税込)

長さ1.91m
適合ラインナイロン(Ib6~16)・フロロ(Ib5~12)
硬さミディアムライト
重量84
5位
長さ1.34m
適合ラインIb2~6
硬さウルトラライト
重量71g
4位

メジャークラフトスピードスタイル ベイトフィネス

SSC-S642L/BF

14,572円 (税込)

長さ約1.95m(6.4フィート)
適合ラインIb4~12
硬さ
重量
3位
長さ1.52m
適合ラインナイロン(Ib2~6)・PE(Ib0.2~0.6)
硬さウルトラライト
重量75g
2位
ベイトフィネスロッド フィッシュマン フィッシュマン Beams blancsierra5.2UL
出典:amazon.co.jp

フィッシュマンフィッシュマン Beams blancsierra5.2UL

47,463円 (税込)

長さ1.54m
適合ラインIb3~8
硬さウルトラライト
重量104g
1位
ベイトフィネスロッド シマノ ポイズン グロリアス
出典:amazon.co.jp

シマノポイズン グロリアス

162L-BFS

39,792円 (税込)

長さ1.88m
適合ラインナイロン(Ib6~12)
硬さ
重量82g

人気ベイトフィネスロッドの比較一覧表

商品画像
1
ベイトフィネスロッド シマノ ポイズン グロリアス

シマノ

2
ベイトフィネスロッド フィッシュマン フィッシュマン Beams blancsierra5.2UL

フィッシュマン

3
ベイトフィネスロッド シマノ カーディフ

シマノ

4
ベイトフィネスロッド メジャークラフト スピードスタイル ベイトフィネス

メジャークラフト

5
ベイトフィネスロッド ダイワ ワイズストリーム

ダイワ

6
ベイトフィネスロッド ダイワ スティーズ ベイトキャスティングモデル

ダイワ

7
ベイトフィネスロッド ダイワ ピュアリスト 52ULB・V ネイティブ

ダイワ

8
ベイトフィネスロッド アブガルシア TroutinMarquis Nano

アブガルシア

9
ベイトフィネスロッド ダイワ トラウトロッド ベイト シルバークリーク

ダイワ

10
ベイトフィネスロッド シマノ ロッド トラウトワン

シマノ

商品名

ポイズン グロリアス

フィッシュマン Beams blancsierra5.2UL

カーディフ

スピードスタイル ベイトフィネス

ワイズストリーム

スティーズ ベイトキャスティングモデル

ピュアリスト 52ULB・V ネイティブ

TroutinMarquis Nano

トラウトロッド ベイト シルバークリーク

ロッド トラウトワン

特徴感度・操作性抜群!大人気の軽量ベイトフィネスロッド小型から大型まで幅広く狙える渓流向けロッド近距離~中距離のコントロール性能の良いロッド太めのラインにも対応したミドルクラスロッド軽量さとコンパクトを重視するならこれバス釣りとの相性が良いベイトフィネスロッド渓流釣りでの汎用性を求めるならこれ初心者でも扱いやすい高精度・高感度ロッド大きい魚にも負けないパワーを求める人にルアーを選ばず利用しやすいロッドならこれ
価格39,792円(税込)47,463円(税込)20,724円(税込)14,572円(税込)13,870円(税込)49,480円(税込)13,042円(税込)15,060円(税込)41,881円(税込)16,735円(税込)
長さ1.88m1.54m1.52m約1.95m(6.4フィート)1.34m1.91m1.58m1.55m1.58m1.52m
適合ラインナイロン(Ib6~12)Ib3~8ナイロン(Ib2~6)・PE(Ib0.2~0.6)Ib4~12Ib2~6ナイロン(Ib6~16)・フロロ(Ib5~12)Ib2~6ナイロン(Ib2~8)ナイロン(Ib2~6)ナイロン(Ib2~6)・PE(Ib0.2~0.6)
硬さウルトラライトウルトラライトウルトラライトミディアムライトウルトラライトライトライトウルトラライト
重量82g104g75g71g847772g79g73g
商品リンク

場所に合わせてロッドの種類を使い分けよう

場所に合わせてロッドの種類を使い分けよう
河川・湖・海どこでもそうですが、すべてのポイントへ1つのロッドで完璧に対応するのは難しいのが現状。特にベイトフィネスロッドは、近距離キャストで障害物があるような場所を軽量ワーム使ってコントロールし、狙いたい人におすすめのロッド。それ以外の狙いには、そのほかのロッドを使い分けるのがおすすめです。

重量級ルアーをキャストして大物を狙いたい場合は、ベイトロッドが最適。ロングキャストしてベイトでは狙えないポイントを狙うなら、スピニングロッドが適しています。それぞれ、適したポイントや狙える魚が分かれていますので、複数のロッドを準備して使い分けられるようになれば、さらに釣りを楽しめるでしょう。

ルアー回収機があれば根がかりしても安心

障害物が多い所でも釣りを楽しめるベイトフィネス。とはいえ、お気に入りのルアーが根がかりしてロストしてしまうのは避けたいですよね。そんなときにあると便利なのが、ルアー回収機。状況に合わせて上手く使い分ければ、大切なルアーをしっかり回収できますよ。ぜひ以下の記事もチェックしてみてくださいね。

まとめ

今回は、ベイトフィネスロッドを選ぶときのポイントを紹介してきましたが、いかがでしたか?ロッドを選ぶときは、まずよく釣りをする場所を考え商品を絞り、メーカーや他のスペックを考慮して商品を選択するといいでしょう。


ランキングでも紹介した商品は人気メーカーの商品ばかりです。ぜひこの記事で紹介した選び方も参考にして、自分にピッタリのベイトフィネスロッドを手に入れてくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す