• ファーストミットのおすすめ人気ランキング10選【使いやすいものばかりを厳選!】のアイキャッチ画像1枚目
  • ファーストミットのおすすめ人気ランキング10選【使いやすいものばかりを厳選!】のアイキャッチ画像2枚目
  • ファーストミットのおすすめ人気ランキング10選【使いやすいものばかりを厳選!】のアイキャッチ画像3枚目
  • ファーストミットのおすすめ人気ランキング10選【使いやすいものばかりを厳選!】のアイキャッチ画像4枚目
  • ファーストミットのおすすめ人気ランキング10選【使いやすいものばかりを厳選!】のアイキャッチ画像5枚目

ファーストミットのおすすめ人気ランキング10選【使いやすいものばかりを厳選!】

野球やソフトボールの守備で一塁手が使う「ファーストミット」。ミズノやローリングス、ウイルソンなどたくさんのメーカーから出ていますが、どのように選べばよいか難しいですよね。ファーストミットも一般的なグローブと同様、軟式用と硬式用があり、同じように見えてもどんなプレイをしたいかによって最適なミットが異なるため、しっかり選び方を知っておくことが大事です。


そこで今回は、そんなファーストミットの選び方と、通販レビューでも人気の商品をランキング形式でご紹介します。早速人気モデルをチェックして、自分にピッタリの使いやすいファーストミットを手に入れてくださいね!

  • 最終更新日:2018年11月08日
  • 17,950  views
目次

ファーストミットが必要な理由とは?

ファーストミットが必要な理由とは?
野球やソフトボールのチームで、ファーストの守備を任されたら、ぜひ、自分専用のファーストミットを用意しましょう。小学6年生まではオールラウンド用のグローブが使いやすいですが、ポジションが固定されるようになったら、ポジションに合わせたグローブを選ぶことが必要です。

なかには、ポジションによってグローブの形状が異なることに気付いていない方や、長年使われている、ちょっぴりくたびれたチーム所有のファーストミットを使っている方もいるかもしれません。しかし、それではイメージ通りボールをキャッチするのは難しいのが現状です。


ファーストのポジションは、キャッチャーの次に捕球する回数が多いポジション。他のポジションのグローブよりも捕球しやすい、自分の手に合ったファーストミットを使うことが、プレーの安定につながります。安定感のあるファーストは、チームに安心を与えるもの。ぜひ、自分専用のファーストミットを手に入れて、チームの成績アップに貢献しましょう!

ファーストミットの選び方

それでは早速、ファーストミットの選び方を見ていきましょう。

使い方に合わせて選ぼう

ファーストミットを選ぶ際、一番気になるのが素材ですよね。素材によってお手入れの仕方や使い心地も大きく異なるため、使い方に合うものを選んでいきましょう。

お試し用ならリーズナブルな合成皮革でOK

お試し用ならリーズナブルな合成皮革でOK

出典:amazon.co.jp

合皮で作られたファーストミットはリーズナブルで、最初から柔らかく扱いやすいので、お試しで使ってみたい方におすすめ。ジュニア期前半の使用にも向いています。


水濡れや湿気に強く、素材の劣化も少ないため細かなお手入れも不要。初めて使用する方でも使いやすいでしょう。ただし、長く使用したり、手に馴染むことはあまり期待できません。本格的に野球を始める方には不向きです。

本格的に長く使うなら天然皮革がおすすめ

本格的に長く使うなら天然皮革がおすすめ

出典:amazon.co.jp

ファーストミットで一番多いのは、天然皮革でできたタイプ。長く使うつもりで、自分の使いやすいファーストミットを作りたいと考える方におすすめです。ポジションごとにグローブを揃える場合、合皮素材のファーストミットでは物足りないですよね。

皮革の種類はさまざまですが、基本的には全て牛革でできており、皮をとる牛の年齢などによって品質が異なるのが特徴。例えば、生後3~6カ月の間に去勢し、2年以上経過して大人になった牛の革はステアレザーといい、質の良いグローブの素材として定評があります。

平裏の着用感にもこだわろう

次に、ミットの内側、手のひらが触れる「平裏」の素材もチェックしてみましょう。ファーストミットはオール天然皮革の商品が多いですが、中には表面は天然皮革で平裏部分は合皮でできているものも。平裏に使用している素材によって着用感や使用感が異なるため、自分の好みや使い方に合ったものを選ぶのがポイントです。


たとえば、天然皮革の中でも、表皮で使っている皮をそのまま裏革に使用する共皮タイプは、ミットが少し硬めに仕上がるものの、耐久性が最も良く、毎日練習がある学生さんにおすすめ。また、柔軟性に富み、柔らかい手触りのソフトステア(成牛の腹皮)や、汗の吸収も良く手に馴染みやすいディアスキン(鹿皮)は、耐久性は低いですが、手に馴染む感覚が好きな方におすすめです。

プレースタイルにあわせて選ぼう

ファーストは1塁を守るポジションですが、プレースタイルは人それぞれ。自分のプレースタイルに合ったファーストミットを選ぶことも重要なポイントです。

ゴロ処理重視派は、ポケットが深すぎないものを

ゴロ処理重視派は、ポケットが深すぎないものを

出典:amazon.co.jp

ベースに付いての送球キャッチだけでなく、ゴロ処理も頻繁に行うアクティブ派なら、ポケットが深すぎないファーストミットがおすすめです。ポケットが少し小さめのものを選ぶことで、握り替えもしやすくなり、送球しやすくなるでしょう。


昔からファーストミットは縦長で大きいものが良いとされてきましたが、近年は他の選手との連携やカットボール、ファールボールの処理など守備のしやすさも重視され、小型化されてきています。

捕球重視派なら、大きめのオーソドックスなタイプが◎

捕球重視派なら、大きめのオーソドックスなタイプが◎

出典:amazon.co.jp

一方、チームでの役割がはっきりとしていて、ファーストの役割に専念するプレースタイルの方には、安定感のある大き目のファーストミットも人気です。ポケットが大きいと、その分広範囲のボールを捕球しやすくなるのが一番のメリット。


ファーストミットが小型化してきていますが、大きいファーストミットでどっしりと構えてくれると、やはり他のメンバーの安心感にもつながります。大き目のファーストミットを選ぶ時には、ポケットが深めでも、振り回しやすいと感じる重さまでのものを選ぶようにしましょう。

使いやすさを高める工夫にも注目!

ファーストミットには、構造や素材により、使いやすい工夫がされているモデルもあります。使いやすいファーストミットをお探しという方は、そんな点にも注目してみましょう!

ピンセットのように挟んで捕るスタイルなら「小指2本入れタイプ」を

ピンセットのように挟んで捕るスタイルなら「小指2本入れタイプ」を

出典:amazon.co.jp

キャッチャーや外野手のように、挟んで捕るプレースタイルの方は、小指側にも指の力をしっかりと伝えられる「小指2本入れ」タイプがおすすめです。ピンセットのような感覚でファーストミットを使うことができますよ。

操作性を高めたいなら軽量芯入りをチョイス

操作性を高めたいなら軽量芯入りをチョイス

出典:amazon.co.jp

操作性重視、軽さ重視という方は、アシックスやローリングスなどのメーカーが採用している”軽量芯”を使ったファーストミットを選んでみてはいかがでしょう。軽くて取り回しやすく、柔軟性もあるタイプは、大き目のファーストミットを使いたい小学生にもおすすめです。

ファーストミット(硬式用)の人気ランキング5選

それでは、ここからはに人気のファーストミットを硬式用、軟式用に分けてご紹介します。まずは、硬式用ファーストミットからみていきましょう。
5位

MIZUNOグローバルエリート Hselection02 コネクトバック型

1AJFH18310

43,146円 (税込)

素材表革・裏革/テラフィレザー
ポケット深め
サイズ
特徴コネクトバック型(ボックス仕立て小型)
4位

ローリングスローリングスゲーマー

GH8FG3ACD

26,610円 (税込)

素材表革・裏革/天然皮革(北米ステアハイド 素上げタイプ) ポケット/デュアルパームテック補強レザー
ポケット
サイズ12.5
特徴柔軟・軽量モデル
3位
ファーストミット ゼット ファーストミット プロステイタス
出典:amazon.co.jp

ゼットファーストミット プロステイタス

BPROFM23

50,544円 (税込)

素材表革・裏革/プロステイタスレザー(天然皮革)
ポケット深め
サイズ
特徴小指2本入れ
2位

ハタケヤマ硬式ファーストミット

K-F1JY

45,200円 (税込)

素材(表革)スペシャルジャパンハイド・(裏革)和牛革
ポケット型付け可能
サイズ30・31・32cm
特徴コンパクト~オーソドックス
1位

UNDER ARMOURUAベースボール 硬式ミット

QBB0061 BLK

62,000円

素材天然皮革(ステア)
ポケット
サイズワンサイズ
特徴オーソドックス

人気ファーストミット(硬式用)の比較一覧表

商品画像
1
ファーストミット UNDER ARMOUR UAベースボール 硬式ミット

UNDER ARMOUR

2
ファーストミット ハタケヤマ 硬式ファーストミット

ハタケヤマ

3
ファーストミット ゼット ファーストミット プロステイタス

ゼット

4
ファーストミット ローリングス ローリングスゲーマー

ローリングス

5
ファーストミット MIZUNO グローバルエリート Hselection02 コネクトバック型

MIZUNO

商品名

UAベースボール 硬式ミット

硬式ファーストミット

ファーストミット プロステイタス

ローリングスゲーマー

グローバルエリート Hselection02 コネクトバック型

特徴キャッチングエリアが広いオーソドックスなファーストミット使い込むほどに和牛のしなやかな革が活きる!ZETTの最上級であるプロステイタスシリーズのファース...デュアルパームテック補強レザー使用で捕球がより自然に!パワーレイヤー構造で耐久性を追求した人気のミット
価格62,000円45,200円(税込)50,544円(税込)26,610円(税込)43,146円(税込)
素材天然皮革(ステア)(表革)スペシャルジャパンハイド・(裏革)和牛革表革・裏革/プロステイタスレザー(天然皮革)表革・裏革/天然皮革(北米ステアハイド 素上げタイプ) ポケット/デュアルパームテック補強レザー表革・裏革/テラフィレザー
ポケット型付け可能深め深め
サイズワンサイズ30・31・32cm12.5
特徴オーソドックスコンパクト~オーソドックス小指2本入れ柔軟・軽量モデルコネクトバック型(ボックス仕立て小型)
商品リンク

ファーストミット(軟式用)の人気ランキング5選

続いて、軟式用ファーストミットのランキングです。

5位
素材ソフトスムースレザー(天然皮革)
ポケット
サイズR(レギュラー)・L(ラージ)
特徴柔らか・オーソドックス
4位

久保田スラッガー少年軟式ファーストミット

JFMP

15,550円 (税込)

素材トップグレインステアハイド
ポケット
サイズジュニア
特徴やや大きめ
3位

ハタケヤマファーストミット

WN-18F1

36,720円 (税込)

素材天然皮革(和牛)
ポケット
サイズ
特徴硬め・オーソドックス
2位

ゼットファーストミット プロステイタス

BRFB30713

27,335円 (税込)

素材表革・平裏/プロステイタスRレザー (天然皮革)
ポケット深め
サイズ
特徴小指2本入れ設計
1位

久保田スラッガー軟式ファーストミット

KSF-333

22,400円 (税込)

素材牛革(コーティングなし)
ポケットやや深め
サイズ
特徴オーソドックス

人気ファーストミット(軟式用)の比較一覧表

商品画像
1
ファーストミット 久保田スラッガー 軟式ファーストミット

久保田スラッガー

2
ファーストミット ゼット ファーストミット プロステイタス

ゼット

3
ファーストミット ハタケヤマ ファーストミット

ハタケヤマ

4
ファーストミット 久保田スラッガー 少年軟式ファーストミット

久保田スラッガー

5
ファーストミット SSK 軟式スーパーソフト

SSK

商品名

軟式ファーストミット

ファーストミット プロステイタス

ファーストミット

少年軟式ファーストミット

軟式スーパーソフト

特徴プロ野球選手使用の軟式モデル。手によく馴染むと人気!小指2本入れ設計でしっかりとつかめるファーストミット耐久性重視ならコレ!硬式用にも使用する高級レザーを採用使いやすい少年野球用のファーストミットやわらかなビギナー向けファーストミット
価格22,400円(税込)27,335円(税込)36,720円(税込)15,550円(税込)13,650円(税込)
素材牛革(コーティングなし)表革・平裏/プロステイタスRレザー (天然皮革)天然皮革(和牛)トップグレインステアハイドソフトスムースレザー(天然皮革)
ポケットやや深め深め
サイズジュニアR(レギュラー)・L(ラージ)
特徴オーソドックス小指2本入れ設計硬め・オーソドックスやや大きめ柔らか・オーソドックス
商品リンク

試着して選ぶ時のポイント

最後に、実際に試着してから選ぶときのポイントをご紹介します。試着できる場合には、以下の点に注目してファーストミットを選んでみてくださいね。

指袋の隙間は少ない方が◎

手にはめたらまず、指袋(それぞれの指が入る部分)と指の太さのマッチ具合をチェックしましょう。指の太さに対して、グローブが大きいと指袋に隙間が大きく開いてしまい、ボールを掴んでいる時と掴んでいない時で、ズレが大きく安定しません。特に指が細く手が小さい少年期には、指袋に余裕があり過ぎるファーストミットは適しません。

指が届いているかは第2関節をチェック

指が届いているかは第2関節をチェック

出典:amazon.co.jp

大きめのファーストミットを選ぶときに気を付けたいのが、指がグラブの4本指まできちんと届いているかどうか。目安としては、手の甲部分の”窓”からチラッと見える指の第2関節が隠れるか、ヘリ皮にかかっているくらいがベストです。しっかり指が届いていないと、ファーストミットの操作性にも影響するので、しっかり確認しましょう。

専用オイルでメンテナンスすればしっかり長持ち

お気に入りのファーストミットは、グローブ専用のオイルを使ってしっかりメンテナンスしていきましょう。グローブの汚れ具合に合わせて使い分けると、よりキレイな状態を保つことができますよ。ぜひ以下の記事もチェックしてみてくださいね。

まとめ

おすすめのファーストミットをご紹介しましたがいかがでしたか?選び方を参考に、自分にピッタリのファーストミットを探してみてくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す