1. TOP
  2. >
  3. DIY・工具
  4. >
  5. 農業資材・ガーデニング用品
  6. >
  7. 播種機のおすすめ人気ランキング10選【条播式・点播式・散播式】
  • 播種機のおすすめ人気ランキング10選【条播式・点播式・散播式】のアイキャッチ画像1枚目
  • 播種機のおすすめ人気ランキング10選【条播式・点播式・散播式】のアイキャッチ画像2枚目
  • 播種機のおすすめ人気ランキング10選【条播式・点播式・散播式】のアイキャッチ画像3枚目
  • 播種機のおすすめ人気ランキング10選【条播式・点播式・散播式】のアイキャッチ画像4枚目
  • 播種機のおすすめ人気ランキング10選【条播式・点播式・散播式】のアイキャッチ画像5枚目

播種機のおすすめ人気ランキング10選【条播式・点播式・散播式】

野菜や穀物などの種まきを効率よく行うために欠かせない「播種機(はしゅき)」。「種まき機」とも呼ばれますね。しかし、種子の蒔き方により、条播式・点播式・散播式などのタイプに分かれ、機能・サイズ・重さもさまざま。さらに、向井工業・みのる産業など、数多くのメーカーから販売されているため、どれを選べばいいか悩んでしまう人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、播種機の選び方を徹底解説。さらに、通販レビューでも評判のおすすめ商品を人気ランキング形式でご紹介していきます。地面に屈んで種子を蒔き、立って歩いて移動して、と種まきの作業は意外と大変です。体への負担を軽くする便利な播種機を選んで、効率よく作物を育てましょう。



  • 最終更新日:2020年01月20日
  • 5,780  views
目次

播種機の選び方

播種機は、次のポイントに沿って選んでいきましょう。

畑・菜園の規模に合わせてタイプを選ぼう

播種機は種子のまき方によって、次の3つのタイプに分類できます。畑の規模や目的にあったタイプを選んでいきましょう。

「条播式」は大規模菜園におすすめ

「条播式」は大規模菜園におすすめ

出典:amazon.co.jp

作付面積の大きい畑や菜園で使用するなら、「条播式」がおすすめ。畑の上を押していくだけで種を一定間隔で、すじ状に一気に巻くことができます。本体が大きいため小さい畑では使いにくいですが、条数が多いほど作業効率が良くなるので、大規模な畑でも安心。種子を蒔く間隔は商品ごとに違い、調整もできますので、作りたい品種にあわせて選びましょう。

小規模菜園や初心者には「点播式」が気軽

小規模な畑や、家庭菜園初心者のファースト播種機には「点播式」がおすすめです。スティック状になっており、ピンポイントに必要な数のタネを蒔けるのが一番の特徴。屈まなくても良いので、年配の方でも楽に農作業ができるでしょう。無駄な種子を蒔かずに済むので、間引きの手間も軽減。しかし、やはり時間はかかるので、大規模な畑での作業には向きません。

「散播式」は育苗箱での苗作りに大活躍

屈んで腰を傷めがちな水稲などの苗作りには「散播式」が楽チン。牧草や穀類などのタネを、薄く均一にばらまくことができ、スピーディーに作業できます。専用の苗箱がセットになっている商品もありますが、メーカーや苗箱の種類を問わずに使える商品がおすすめです。

作りたい作物に合わせて選ぶ

播種機は一台でどの作物の種まきにも使えるわけではありません。作りたい作物にあった機種を選ぶことも大事なポイントです。

適応する種子やサイズをチェック

種子の大きさは、品種によって違います。作りたい品種の種子が蒔ける播種機であるかは、取説や商品説明で確認しておきましょう。さまざまな種類の野菜を作りたい場合は、送り出し口のカバー調整や種子を入れるホッパーやロール入れ替えで、大きさの違う種子に対応できる商品を選んでください。

作業工程が耕作計画にあっているかも確認

種まきには溝付・播種・鎮圧・覆土などの工程が必要ですから、一台で多種多様な工程に対応できるほうが、作業効率が良くなります。とはいえ、品種や畑の状況によっては、すべてが必要な工程ではないことも。育てたい野菜や自分の耕作計画に応じた作業工程で使えるか、についても確認しておきましょう。

作業しやすいものを選ぼう

播種機選びは、使いやすさを見極めることも大事です。使い方や使う人のことも考えながら、効率よく種を蒔けるものを選んでいきましょう。

大容量で確認しやすい種子ケースが便利

播種機には種子を入れておくケースやホッパーが付属していますが、容量はさまざま。容量が少ないと種子の補充に時間がかかるため、作付面積が大きい場合は容量が多い商品を選びましょう。ケースがスケルトン仕様であれば残りが見えやすく、種子切れを防いで無駄な時間をカットできます。

女性・高齢者が使うなら軽さを重視

播種機の重量は商品によってさまざまですが、動かすには力が必要です。作業を長時間続けるためにも、腕力に自信がない人は軽量な商品を選びましょう。ただし、タイヤで進む条播式の場合は、重量があってもタイヤ径が大きいほうが押しやすく、排水の悪い畑でも安定して使えますよ。

初心者は操作・メンテナンスが簡単なものが◎

初心者は操作・メンテナンスが簡単なものが◎

出典:amazon.co.jp

家庭菜園初心者やお庭の片隅で野菜を作っている場合など、播種機の使用頻度が少なめな人は、操作やメンテナンスがしやすい商品を選びましょう。複雑な操作が必要なものは、取説の確認が面倒で使わなくなってしまう可能性もあります。ササッと使えて片付けられる、手間のかからない播種機が理想です。

家庭用には収納しやすいコンパクトサイズがおすすめ

小規模の家庭菜園用なら保管しやすい小型サイズや、折り畳んでコンパクトに収納できる商品を選びましょう。とくに、手押し式の場合、ハンドル部分が折りたためると、収納しやすく持ち運びにも便利です。


播種機のサイズは、メーカーや商品によってさまざま。一般的に大型の商品ほどたくさんの種子を一度に蒔く能力に優れていますが、大きければ大きいほど収納スペースが必要になります。いざ届いたら思っていたより大きかった、ということのないよう、サイズもしっかり確認しておきましょう。

播種機の人気ランキング10選

それでは、播種機のおすすめ商品10個を、人気ランキング形式でご紹介していきます。
10位
タイプ 点播式
適応種子 白菜・カブ・ニンジン・レタス・大根・ゴボウ・ホウレン草等
作業工程 播種・鎮圧・覆土
種子容量0.35L
重量1.6kg
サイズ 幅9.0×奥行30.0×高さ72.0㎝
9位
タイプ 散播式
対応種子
作業工程播種
種子容量3.8L
重量2.7kg
サイズ幅49.0×奥行34.5x高さ17.8㎝
8位
タイプ 点播式
対応種子 ホーレン草・大根・小豆・大豆・コーン等
作業工程 播種
種子容量1L
重量2.3kg
サイズ幅64.2x奥行17.0x高さ14.4㎝
7位
タイプ 条播式(2条・播種間隔30〜260㎜で調整可能)
対応種子 ほうれん草・大根・小松菜・カブ等
作業工程播種
種子容量1.2L×2個
重量18.5kg
サイズ幅127.0×奥行33.0×高さ78.0㎝
6位
タイプ 条播式(1条・播種間隔50㎜)・点播式(1条・播種間隔1~60㎜)
対応種子 ほうれん草・大根・小松菜・カブ・ネギ等
作業工程作溝・播種・覆土・鎮圧
種子容量1L
重量6.6kg
サイズ幅125.0×奥行60.0××高さ88.0㎝
5位
タイプ 条播式(1条・播種間隔45㎜)
対応種子 1~5mmまでの種子に対応
作業工程播種
種子容量表示なし
重量0.33kg
サイズ幅30.0×奥行13.0×高さ8.0
4位
タイプ 条播式(1条・播種間隔は11段階で調節可能)
対応種子 ホーレン草・大根・小豆・大豆・コーン・稲等
作業工程播種
種子容量1L
重量9kg
サイズ幅40.0×奥行130.0×高さ90.0㎝
3位
タイプ 散播式
対応種子
作業工程土入れ・播種・覆土
種子容量約16L
重量約9kg
サイズ幅72.0×奥行36.0×高さ33.0㎝
2位
タイプ 点播式
対応種子 落花生・コーン・枝豆等
作業工程播種
種子容量-
重量約1kg
サイズ長さ95.0:筒部75.0㎝
1位
タイプ 条播式(1条・播種間隔は4段階で調節可能)
対応種子 小松菜・カブ・ほうれん草・キャベツ・大豆・麦・稲等
作業工程播種
種子容量4L
重量12.4kg
サイズ幅97.5×奥行22.5×高さ44.0㎝

人気播種機の比較一覧表

商品画像
1
播種機 シバタ 種まき ごんべえ

シバタ

2
播種機 槍木産業 植えまき君

槍木産業

3
播種機 啓文社 手押し播種機

啓文社

4
播種機 アグリテクノ矢崎 クリーンシーダ

アグリテクノ矢崎

5
播種機 ウルフガルテン 種まき機

ウルフガルテン

6
播種機 みのる産業 ベジタブルシーダー菜々子

みのる産業

7
播種機 啓文社製作所 真空播種機 シードエース

啓文社製作所

8
播種機 麻場 ミニマ人力播種機

麻場

9
播種機 廣田産業 みくに式 種まき機

廣田産業

10
播種機 みのる産業 マルチ播種機 スキップシーダー

みのる産業

商品名

種まき ごんべえ

植えまき君

手押し播種機

クリーンシーダ

種まき機

ベジタブルシーダー菜々子

真空播種機 シードエース

ミニマ人力播種機

みくに式 種まき機

マルチ播種機 スキップシーダー

特徴大きめタイヤが凸凹した悪条件の畑で大活躍!高い人気を誇...軽量で操作簡単。女性やお年寄りにも使いやすい点播式種まき機たっぷりの容量で覆土もできる!水稲の苗作りにおすすめの散播式急に雨が降っても安心して種まきできる防雨仕様の播種機初心者でも気軽に使える種まき機。小規模家庭菜園におすすめ播種深さや覆土厚さも調整可能。多様な作物に使える点播・...真空ポンプで細かい種子を正確に蒔ける!大規模菜園に最適小種から大種までOK!1時間に2500回種まきできるパ...薄播きも厚播きも自由自在に調整可能。育苗箱全メーカー対応種まき~覆土まで立ったままでOK!幅広い野菜の種に対応
最安値
37,800
送料無料
詳細を見る
11,901
送料要確認
詳細を見る
35,800
送料要確認
詳細を見る
46,080
送料要確認
詳細を見る
2,640
送料別
詳細を見る
40,400
送料要確認
詳細を見る
299,800
送料要確認
詳細を見る
28,202
送料別
詳細を見る
8,360
送料別
詳細を見る
7,060
送料要確認
詳細を見る
タイプ 条播式(1条・播種間隔は4段階で調節可能)点播式散播式条播式(1条・播種間隔は11段階で調節可能)条播式(1条・播種間隔45㎜)条播式(1条・播種間隔50㎜)・点播式(1条・播種間隔1~60㎜)条播式(2条・播種間隔30〜260㎜で調整可能)点播式散播式点播式
対応種子 小松菜・カブ・ほうれん草・キャベツ・大豆・麦・稲等落花生・コーン・枝豆等ホーレン草・大根・小豆・大豆・コーン・稲等1~5mmまでの種子に対応ほうれん草・大根・小松菜・カブ・ネギ等ほうれん草・大根・小松菜・カブ等ホーレン草・大根・小豆・大豆・コーン等白菜・カブ・ニンジン・レタス・大根・ゴボウ・ホウレン草等
作業工程播種播種土入れ・播種・覆土播種播種作溝・播種・覆土・鎮圧播種播種播種播種・鎮圧・覆土
種子容量4L-約16L1L表示なし1L1.2L×2個1L3.8L0.35L
重量12.4kg約1kg約9kg9kg0.33kg6.6kg18.5kg2.3kg2.7kg1.6kg
サイズ幅97.5×奥行22.5×高さ44.0㎝長さ95.0:筒部75.0㎝幅72.0×奥行36.0×高さ33.0㎝幅40.0×奥行130.0×高さ90.0㎝幅30.0×奥行13.0×高さ8.0幅125.0×奥行60.0××高さ88.0㎝幅127.0×奥行33.0×高さ78.0㎝ 幅64.2x奥行17.0x高さ14.4㎝幅49.0×奥行34.5x高さ17.8㎝幅9.0×奥行30.0×高さ72.0㎝
商品リンク

ハンディタイプの種まき機も便利

ハンディタイプの種まき機も便利

出典:amazon.co.jp

畑に直接種子をまくだけでなく、苗を作ってから野菜を栽培する人もいますよね。そんなときは、大きい畑用の播種機は使えないため、ハンディタイプの種まき機が便利です。

ケースに種子を入れて育苗ポッドの縁に沿って動かしていくだけで、1粒づつ種子が送り出されるので簡単。サイズの小さい種子をより分けてつまむ必要がないので、手にも目にも負担をかけずに苗作りができるでしょう。

シーダーテープも活用しよう

発芽後の間引きにかける手間を省きたい場合には、種子を等間隔でテープに封入した、「シーダーテープ」を使うという手もあります。水に溶ける素材やバクテリアが分解するテープを使っていますから、シーダーテープ専用の播種機を使って土に埋めれば、簡単に1粒まきができて便利ですよ。


代表的な品種であれば、シーダーテープは通販で購入できます。希望する種子でテープを作ってくれる大手種苗メーカーもありますので、活用してみましょう。

日本プラントシーダー手押式テープシーダー

TSA-7

47,757円 (税込)

種まき前の土起こしには耕運機が大活躍!

種まきの前の土起こしや畝立てには「耕運機」が大活躍。ミニタイプのものなら、小さな家庭菜園でも便利に使えます。播種機と一緒に耕運機も手に入れて、手軽に野菜作りを楽しみましょう!ぜひ以下の記事もチェックしてみてくださいね。

まとめ

播種機のおすすめ商品10個を、人気ランキング形式でご紹介しました。お気に入りの商品は見つかりましたか?

手作業で種まきをすると、立ったり座ったりで、とても疲れてしまいます。時間もかかって農作業は大変ですが、播種機があれば効率アップ!体への負担も減って時間にも余裕がもてるようになりますよ。ぜひ自分の菜園にピッタリの播種機を選んで、楽しく作物を育てましょう。

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す

アクセスランキングよく見られている人気記事