• 野菜用肥料のおすすめ人気ランキング10選【家庭菜園に!】のアイキャッチ画像1枚目
  • 野菜用肥料のおすすめ人気ランキング10選【家庭菜園に!】のアイキャッチ画像2枚目
  • 野菜用肥料のおすすめ人気ランキング10選【家庭菜園に!】のアイキャッチ画像3枚目
  • 野菜用肥料のおすすめ人気ランキング10選【家庭菜園に!】のアイキャッチ画像4枚目
  • 野菜用肥料のおすすめ人気ランキング10選【家庭菜園に!】のアイキャッチ画像5枚目

野菜用肥料のおすすめ人気ランキング10選【家庭菜園に!】

最近は、ご自宅の庭やベランダなどで家庭菜園を楽しむ方も増えてきていますよね。自分で育てた植物が実をつけると、やはりとても嬉しいものです。美味しい野菜を育てるには、準備しなければならないものもたくさんありますが、なかでも欠かせないのが「野菜用の肥料」。しっかりと必要な成分を与えてあげることで元気な野菜が育ってくれます。しかし、液体肥料から固形肥料まで種類も多く、さまざまな成分が配合されているため、どれを選んだらいいかわからない方も多いはず。

そこで今回は、家庭菜園用の野菜づくりに適した肥料の選び方と、アマゾンや楽天などの通販で気軽に購入できるおすすめの商品をランキング形式でご紹介します。適切な肥料を上手に使い分ければ、美味しい野菜が育ってくれること間違いなし!自分で作った野菜の味は格別ですよ。
  • 最終更新日:2018年11月08日
  • 35,506  views
目次

野菜用肥料の選び方

それでは、野菜用肥料の選び方をお伝えしていきます。肥料の基礎知識なども合わせて説明しますので、育てたい野菜の種類や聖域生育状況などに合わせて適切な肥料を使い分けていきましょう。

窒素・リン・カリウムがバランス良く配合されたものを選ぶ

窒素・リン・カリウムがバランス良く配合されたものを選ぶ
肥料の栄養素の中で最も重視されるのが、「窒素」「リン」「カリウム」です。これらは三大栄養素と呼ばれ、野菜の生育に欠かせない成分になります。もちろん、これら以外にも必要な成分は多数ありますが、普通に栽培している分には、土からなくなることはまずありません(マグネシウムなど例外もあります)。

しかし、窒素・リン・カリウムは野菜を育てると土からなくなってしまうため、肥料として土に与えてあげることが必要です。多くの肥料はこの三大成分を基軸として配合されており、窒素は葉の生育に、リンは実の生育に、カリウムは根の生育に効果を発揮してくれます。成分表示にそれぞれの割合が表記されているため、3つの成分がバランス良く配合されているものを選びましょう。

野菜の種類別に選ぶ

肥料がどれくらいの量必要かどうかは、野菜の種類によっても変わってきます。それぞれの野菜の特徴に合わせて適切な肥料を選びましょう。

トマト・なす・きゅうりには、効果が長続きするものを

トマト・なす・きゅうりには、効果が長続きするものを
トマト・なす・きゅうりなどは、比較的収穫期間が長い野菜として分類されます。このような野菜は、やはり肥料の効果も長続きさせることが必要。遅効性・緩効性肥料、あるいはじっくり土壌に効いていく有機肥料がおすすめです。

葉物野菜には窒素が多めの肥料を

葉物野菜には窒素が多めの肥料を
ほうれん草やキャベツなどの葉物野菜には、窒素が多めの肥料がおすすめです。窒素は「葉肥」ともよばれ、葉を大きくするのに役立ちます。葉の育ちが悪いときに、窒素が多めの肥料を追肥することで元気を取り戻すことも。また、光合成を促すマグネシウムが配合されているものも有効です。

実のなる野菜にはリンとマグネシウムを

実のなる野菜にはリンとマグネシウムを
ピーマン・キュウリ・かぼちゃなど、花が咲いて実がなるタイプの野菜には、「花肥・実肥」と呼ばれるリンが多く含まれている肥料を選びましょう。リンの吸収を高めるために、マグネシウムも配合されているものがおすすめです。

根菜類はカリウムが味方に

根菜類はカリウムが味方に
大根・にんじん・ゴボウ・じゃがいもなどの「根菜」は、根の発育を助けてくれるカリウム成分が強力な味方になってくれます。また窒素も重要で、窒素によって育った枝や葉が太陽の光を吸収して根菜の実部分に栄養を与えてくれますよ。

1種類だけを育てるなら専用の肥料もおすすめ

野菜づくりははじめてで、とりあえず1種類だけ育てているという場合は、その野菜専用の肥料を使用してみてもいいでしょう。トマト専用、ジャガイモ専用などさまざまなものがあります。専用の肥料なら、初めての方でも安心して使えますね。

元肥には有機肥料、追肥・プランター栽培には無機肥料を

元肥には有機肥料、追肥・プランター栽培には無機肥料を
有機肥料と無機肥料もうまく使い分けることが重要です。有機肥料は天然の成分を元にしているもので、代表的なものに「油かす」や「米ぬか」があります。一方、無機肥料は化学的に合成された化学肥料のことです。

有機肥料と無機肥料では、なんとなく有機肥料のほうが良さそうな気がしますが、無機肥料もきちんと研究改良されているため優劣はありません。ただし、有機肥料の場合、匂いが強く虫が発生しやすいことが難点になります。

庭などで栽培する場合、種まき時に土壌に栄養を与える(元肥)ためには有機肥料が効果的ですが、生育途中に栄養を与える(追肥)場合やベランダなどでプランター栽培する場合は、無臭の無機肥料がおすすめです。

速効性を求めるなら液肥、効果を持続させたいときは固形肥料を

速効性を求めるなら液肥、効果を持続させたいときは固形肥料を
野菜の生育状況に合わせて、液体肥料(液肥)と固形肥料も使い分けていきましょう。液体肥料は速効性肥料とも呼ばれ、効果が早く現れやすいのが特徴。固形肥料は数ヶ月から1年くらいの時間をかけて、ゆっくり効いてくるのが特徴で、弛緩性肥料・遅効性肥料とも呼ばれます。

野菜の種類や生育状況にもよりますが、野菜の生育期に栄養を与える場合や、生育が悪いときなど即効性を求める場合は液体肥料を、効果を長続きさせたい場合は固形肥料を選ぶとよいでしょう。

野菜用肥料のおすすめ人気ランキング10選

それではここからは、おすすめの野菜用肥料の人気ランキング10選をご紹介したいと思います。多くのものは三大成分がバランスよく配合されていますが、中には一つの成分が多いものもありますので、比較データを参考に適切なものを購入してくださいね。

10位:協和 ハイポニカ液体肥料

協和 ハイポニカ液体肥料(A・Bセット)040001
出典:amazon.co.jp
協和 ハイポニカ液体肥料(A・Bセット)040001

1,198円 (税込)

詳細情報
・種類:液肥
・内容量:500ml・1リットル・4リットル
・窒素・リン・カリウム:-
・効き方:即効性
・有機無機:無機

2液タイプ!水耕栽培にもおすすめ

まずご紹介するのは、2液を混ぜて使用するタイプの液体肥料です。水耕栽培(土を使用しない野菜などの栽培)や花など、あらゆる植物に使用でき、即効性が期待できます。スポイトも付いているので、液の配合も簡単です。

口コミでは、かいわれ大根やミニトマトなど、比較的小さな野菜に使用しているという声がたくさん。ちょっと元気がなくなりかけた野菜に使用してみてはいかがですか?

9位:粂谷商店 バッドグアノ 粒状

粂谷商店 バットグアノ 粒状 20kg
出典:amazon.co.jp
粂谷商店 バットグアノ 粒状 20kg

3,480円 (税込)

詳細情報
・種類:固形(粒状)
・内容量:20kg
・窒素・リン・カリウム=0.03:27.75:0.17
・効き方:遅効性・緩行性
・有機無機:有機

大容量20kgの有機肥料!肥料やけの心配なし

1袋20kgという大容量の固形有機肥料。リンの配合が突出して多いため、リン不足の土壌を改善するのに効果的です。与えすぎてもいわゆる「肥料やけ」を起こす心配が少ないので安心して使えますね。実の生育に有効な「リン」が多いので、実の味が良くする効果も期待できます。

有機肥料のため即効性は期待できませんが、生育状況に応じて液肥と共用するとよいでしょう。有機肥料の使用が不安な方は、詳しい方の指導を受けるのがおすすめです。

8位:万田酵素 万田アミノアルファ

万田酵素 万田アミノアルファ
出典:amazon.co.jp
万田酵素 万田アミノアルファ

4,554円 (税込)

詳細情報
・種類:液肥
・内容量:100ml・500ml・1000ml
・窒素・リン・カリウム=5:5:5
・効き方:即効性
・有機無機:無機

植物の発酵を利用した特別な肥料

酵素を使用したサプリメントなどで有名な万田酵素の液体肥料。植物の発酵を利用して作り出された肥料が野菜に栄養を与え、健やかに成長させてくれます。花や多くの野菜に使用可能で、公式ホームページには野菜の種類に合わせた希釈の方法や与え方も掲載されています。

同シリーズには「アミノアルファプラス」というものもあり、そちらはマグネシウムも配合されていますので、葉の緑が薄くなってきたり、黄色みを帯びてきたときは、そちらを利用してみてもいいかもしれませんね。

7位:アイリスオーヤマ 化成肥料

アイリスオーヤマ 化成肥料
出典:amazon.co.jp
アイリスオーヤマ 化成肥料

780円 (税込)

詳細情報
・種類:固形(粒状)
・内容量:5kg
・窒素・リン・カリウム=8:8:8
・効き方:緩行性・遅効性
・有機無機:無機(有機質入り)

有機入り肥料があらゆる植物に効く

家具で有名なアイリスオーヤマですが、実は肥料も販売しています。こちらは三大成分の割合がそれぞれ8:8:8と比較的栄養分が豊富で、しかも3つとも同率の配合となっているため初心者にも使いやすいのが特徴。肥料の説明には各野菜への与え方なども掲載されており、追肥としても使用できます。

有機肥料入りではありますが、基本は無機肥料ですので匂いが少なく、ベランダなどでプランター菜園を作る際にもおすすめです。有機と無機のいいところ取りをしている商品ですね。

6位:刀川平和農園 家庭菜園の有機肥料

刀川平和農園 家庭菜園の有機肥料
出典:amazon.co.jp
刀川平和農園 家庭菜園の有機肥料

2,017円 (税込)

詳細情報
・種類:固形(粒状)
・内容量:10kg
・窒素・リン・カリウム=2:6:3
・効き方:遅効性・緩行性
・有機無機:有機

肥料やけしにくい安心の有機肥料

鳥の糞、米ぬかなどが配合された、ゆっくりと土に効いてくれる有機肥料。肥料やけもしづらくまた匂いも少ないので安心して使用できますね。1袋10kgと比較的内容量も多く、これ一つを買っておけば、幅広く使うことができるでしょう。

ミネラル分を多く含み、リンの成分量も多いので、野菜の実部分をよく生育させたい場合にたくさん用いると良さそうですね。

5位:ハイポネックス ハイグレード 野菜&ハーブ

ハイポネックス ハイグレード野菜&ハーブ
出典:amazon.co.jp
ハイポネックス ハイグレード野菜&ハーブ

539円 (税込)

詳細情報
・種類:液肥
・内容量:180ml・450ml
・窒素・リン・カリウム=6:6:6
・効き方:即効性
・有機無機:無機

コストパフォーマンス抜群!信頼のハイポネックス

植物への液肥を多数販売していることで知られている、ハイポネックスの野菜とハーブ用の液肥です。3つの基本成分だけではなく、15種類の豊富な栄養素を配合しているため、野菜がすくすく育ちます。液肥なので、すぐ効果が期待できるのも嬉しいですね。

価格も他の肥料に比べて安いため、コストパフォーマンスも抜群。野菜だけではなくハーブ類にも使用ができますよ。

4位:東商 有機100% 野菜の肥料

東商 有機100% 野菜の肥料
出典:amazon.co.jp
東商 有機100% 野菜の肥料

225円 (税込)

詳細情報
・種類:固形
・内容量:650g・1.8kg・4kg
・窒素・リン・カリウム=4:4:1.5
・効き方:遅効性・緩行性
・有機無機:有機

マグネシウム・カルシウムも配合!有機肥料で土壌改善

家庭園芸用肥料の製造販売を行う東商の有機固形肥料です。豊富なアミノ酸やカルシウム、マグネシウムが配合されているので、土壌の改善にも効果的。リンがやや多めに入っていますので、実付きが良くなります。もちろん、元肥にも追肥にも使用可能。効果がゆっくり長続きするので、土壌の栄養状態を保ってくれます。

最大内容量の4kg入でも2000円以下という安さで、手頃に肥料を購入できるのも嬉しいところですね。国産肥料ですので、安心感もありますよ。

3位:ハイポネックス ハイポネックス 原液

ハイポネックス ハイポネックス 原液
出典:amazon.co.jp
ハイポネックス ハイポネックス 原液

615円 (税込)

詳細情報
・種類:液肥
・内容量:160ml・450ml・800ml
・窒素・リン・カリウム=6:10:5
・効き方:即効性
・有機無機:無機

花にも野菜にも!有名で安心なハイポネックス

5位でもご紹介したハイポネックスの液肥です。花の肥料として紹介されることもあるハイポネックスですが、野菜の肥料としても大活躍。野菜や花などあらゆる植物に使用できる液肥で、カルシウムなどの三大成分以外の成分もたっぷり含まれているため、土が元気になりますよ。

野菜だけではなく盆栽や観葉植物などにも使用できますので、家の中のすべての植物は、これだけでカバーできるでしょう。コストパフォーマンスの良さにも注目してみてくださいね。

2位:自然応用科学 おいしい野菜の肥料

自然応用科学 おいしい野菜の肥料
出典:amazon.co.jp
自然応用科学 おいしい野菜の肥料

697円 (税込)

詳細情報
・種類:固形(粒状)
・内容量:2kg
・窒素・リン・カリウム=5:4:4:3(マグネシウム)
・効き方:遅効性・緩行性
・有機無機:有機

アミノ酸をたっぷり含んだ100%有機肥料

2位として紹介するのは、自然応用科学の有機固形肥料。国産で有機肥料、まきやすい小さい粒状など、まさに理想的。かゆいところに手が届いている肥料で、アミノ酸やビタミンなどの成分も豊富に配合されています。元肥にも追肥にはもちろん、どちらにも使用が可能であり果樹になどの樹木にも使用できますよ。

有機肥料ではありますが匂いもそれほど多いものではないという口コミもありますので、ベランダの隅でプランター菜園を行うのにもいいかもしれませんね。

1位:住友化学園芸 マイガーデン ベジフル

住友化学園芸 マイガーデンベジフル
出典:amazon.co.jp
住友化学園芸 マイガーデンベジフル

800円 (税込)

詳細情報
・種類:固形(粒状)
・内容量:700g・1.6kg
・窒素:リン:カリウム=7:7:10:1.5(マグネシウム)
・効き方:即効性・緩行性
・有機無機:無機(有機質入り)

あらゆる野菜果物に使用可能、豊富な栄養分!

1位となったのは、住友化学園芸の「マイガーデン ベジフル」です。3大栄養素とマグネシウムを比較的多く配合。特許取得済みの技術を使用した肥料となっています。無機肥料ではありますが有機質をたっぷり含んでいますので、土壌改善にももちろん効果的。公式ホームページには、かなり詳しい使用方法も掲載されています。

野菜だけではなくベリー類などの果物にも使ってもOK。まきやすい粒状でオールマイティーに使用できる便利な肥料です。

お花も育てているなら花用肥料もチェック

お花も野菜も同じ肥料を使えることが多いですが、なかにはバラやランなどの育てるのが難しい品種専門のものや、鉢植えにおすすめの肥料なども販売されています。野菜と一緒にお花も育てているという方は、ぜひ以下の記事もチェックしてみてくださいね。

野菜用肥料の売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、野菜用肥料のAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認して下さい。

まとめ

一生懸命育てた野菜が大きくて美味しい実をつけてくれたらとっても嬉しいものですよね。そんな野菜生育をお助けするため、肥料メーカーは日夜肥料の改善を行っています。家庭菜園で取れた野菜が食卓に並んだらきっと本当に心楽しい気分になれるでしょう。

最初は基礎知識を学ぶのは大変かもしれませんが、覚えてしまえばどの成分がどこに効くのかわかって楽しくなると思いますよ。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す