1. TOP
  2. >
  3. スポーツ
  4. >
  5. スポーツウェア
  6. >
  7. サイクルパンツのおすすめ人気ランキング10選【ビブショーツ・インナーパンツも!】
  • サイクルパンツのおすすめ人気ランキング10選【ビブショーツ・インナーパンツも!】のアイキャッチ画像1枚目
  • サイクルパンツのおすすめ人気ランキング10選【ビブショーツ・インナーパンツも!】のアイキャッチ画像2枚目
  • サイクルパンツのおすすめ人気ランキング10選【ビブショーツ・インナーパンツも!】のアイキャッチ画像3枚目
  • サイクルパンツのおすすめ人気ランキング10選【ビブショーツ・インナーパンツも!】のアイキャッチ画像4枚目
  • サイクルパンツのおすすめ人気ランキング10選【ビブショーツ・インナーパンツも!】のアイキャッチ画像5枚目

サイクルパンツのおすすめ人気ランキング10選【ビブショーツ・インナーパンツも!】

「サイクルパンツ」または「レーサーパンツ」と呼ばれる、サイクリング用専用パンツ。ロードバイクやクロスバイク、マウンテンバイクなどに乗る方が、快適に走行できるよう工夫が施されています。しかし、一口で「サイクルパンツ」といっても、ショートタイプからビブショーツ・インナーパンツ・ロングパンツまでいろんな種類があり、値段やスタイルもさまざま。


そのうえ、パールイズミ・サンボルトなどたくさんのメーカーから販売されているため、どれを選べば良いか迷ってしまいますよね。そこで今回は、初心者でも失敗しないサイクルパンツの選び方をご紹介。さらに、通販でも人気の商品をメンズ用・レディース用をあわせてランキング形式でご紹介します。着用感抜群の一着を見つけて、快適にサイクリングを楽しみましょう!

  • 最終更新日:2020年07月17日
  • 47,210  views
目次

サイクルパンツの選び方

サイクリングに欠かせないサイクルパンツ。まずは知っておくと便利な選び方を紹介します。

目的に合ったタイプを選ぼう

サイクルパンツには肩紐が付いたものからアンダーウェアタイプまで、さまざまなタイプが揃っています。それぞれの目的に合わせて、より快適に着用できるタイプを選びましょう。

ショートライド・トレーニングならパンツタイプでOK

ショートライド・トレーニングならパンツタイプでOK

初めてサイクルパンツを着用する方やトレーニング用には、膝上までのパンツタイプがおすすめです。大まかにサイクルパンツは、膝上までの「パンツ(ショーツ)タイプ」・上下が繋がった「ビブショーツ」・足首まである「タイツ」・ビブショーツとタイツを組み合わせた「ビブタイツ」の4種類。そのうち、一番着脱しやすいのが「パンツタイプ」です。


サイクルパンツは、体のラインに沿ったぴったりとしたシルエットが大きな特徴。パンツが素肌に擦れにくく空気抵抗が少ないことが魅力ですが、パンツタイプの場合、前傾姿勢の状態が長く続くとずれやすいため、短時間のライディング向きと言えるでしょう。

ロングライドなら機能性重視のビブショーツが便利!

ライド中に股間のパッドがずれるのが気になる方、お腹に掛かる圧迫感が好きではないという方におすすめなのが「ビブショーツ」。肩ひもが付いたタイプのパンツで、ペダリング中に背中が露出する・パンツが徐々に下がっていくなどの煩わしさを解消してくれます。

さらにお腹周りが締め付けられない・お腹が冷えにくい、というメリットがありロングライドに人気のサイクルパンツです。ただし見た目が仰々しいということ、トイレの際に肩ひもを外して脱ぐ必要があるため時間がかかる、というデメリットも持ち合わせています。

初心者におすすめ!さりげなく穿けるインナーパンツ

初心者におすすめ!さりげなく穿けるインナーパンツ
サイクルパンツ特有のピチピチとした見た目が苦手な方、快適にサイクリングはしたいけれどサイクルパンツを穿いていると知られたくない、という方におすすめなのが下着の代わりに穿ける「インナーパンツ」。

普段と変わらないボトムスの下に着用するため、自転車から離れてレストランやカフェなどに入店しても、周囲と違和感のないのが大きなメリットです。本格的なサイクルパンツに比べてフィット感や機能性は劣りますが、比較的安価で購入できるのも魅力のひとつ。


初心者で本格的なサイクルパンツを穿くのに抵抗がある方、頻繁にロードバイクには乗らないけれどお尻の痛みは解消したい、という方に特におすすめです。

紫外線対策にはロングパンツをチョイス

足首まで伸びた「ロングパンツ」はタイツとも呼ばれ、足首まで足全体を覆うことから、日差しが気になる時期の紫外線対策や風が冷たい時期の防寒対策にも万能です。


生地もUV対策のある速乾性を重視したタイプから、保温対策に裏起毛などが起用されたものまで、目的やシーズンに合わせて幅広く展開されているのが特徴ですよ。

衝撃をやわらげるパッドにも注目!

骨盤がサドルに当たる部分や股間にかかる圧力を分散し、痛みを和らげてくれるサイクルパンツ。その効果をより高めるためにも、股間部分に取り付けられたパッドの厚さや素材にも注目しましょう。

ショートライドなら通気性が良くハリのある素材のパッドを

短距離のサイクリングには、通気性に長けたスポンジなどで作られた、薄めでハリのあるパッドがおすすめです。分厚すぎないためゴワゴワ感も少なく、初めてサイクリングパンツを穿く方でも違和感なく着用できるでしょう。

ロングライドには振動吸収性が高い3Dゲル・シリコン製が◎

ロングライドには振動吸収性が高い3Dゲル・シリコン製が◎

一方、長距離なら柔らかめのパッドがおすすめです。半日以上のロングライド目的であれば、立体的な構造の3Dゲルやシリコン素材で作られたものを選びましょう。パッドが厚めでクッション性の強いものなら、振動吸収性が高いため、ロングライドでも快適に過ごせます。ただし、厚すぎると蒸れやすい・歩きにくいといったデメリットもあるので、注意が必要です。

快適で動きやすいサイズ・デザインを選ぼう

実際に試着してサイズ感を試したいスポーツウェアですが、オンラインショップの方が細かなサイズ展開が揃っている場合もあります。より快適で動きやすいサイズ・デザインを選ぶポイントも押さえておきましょう。

長さより太さを基準に。骨盤サイズを重点に選ぶのがポイント

長さより太さを基準に。骨盤サイズを重点に選ぶのがポイント

サイクルパンツを選ぶ際は、長さより太さを基準に選びましょう。特に下腹部から大腿部をカバーする骨盤部のサイズに重点を置いて決めるのがおすすめです。この骨盤部がしっかりフィットしていればパッドの安定感も増し、ペダリングの向上に繋がります。


また太もも部分のサイズがきちんとフィットしていると、ライド中にサイクルパンツがずり上がってしまうストレスも軽減。加えてサイクルパンツは伸縮性に優れているため、選ぶ際にご自身のサイズが真ん中である場合や選びづらい場合は、小さめを選ぶとより快適ですよ。

シームレスやフラット縫製ならフィット感抜群!

シームレスやフラット縫製ならフィット感抜群!

できるだけ風の抵抗を少なくサイクリングを楽しみたい方、ペダリングの際に縫い目部分が肌に接触する感触が気になる方などにおすすめなのが「シームレス縫製」や「フラット縫製」の商品です。


シームレス縫製とは、糸を使って縫製するのではなく熱や糊で接着したものを指し、生地の繋ぎ目がスムーズなのが特徴。またフラット縫製は、できるだけ突起のないように縫われたウェアのことで、包み込まれるような着用感で風の抵抗を少なくしてくれるほか、身体にフィットして筋肉の振動を最小限に抑えることで疲労を抑えるメリットがあります。


さらに、縫い目部分が肌に直接擦れにくいことから股ずれなどの原因を防ぐほか、縫い目部分が直接肌に当たることをストレスを感じてしまう方にも最適です。30km/hを超える速度でのライドを楽しみたい方は特に、空気抵抗が負荷になりにくいシームレスやフラット縫製がおすすめですよ。

色と素材選びも重要

サイクルパンツの色や素材を意識するとより快適なライドに繋がります。

最初の1枚はシンプルな黒を。安全性に配慮した工夫があればベスト

最初の1枚はシンプルな黒を。安全性に配慮した工夫があればベスト

最初の1枚として揃えるなら、まずはシンプルな黒がおすすめです。トップスに着るジャージの色やデザインと合わせやすく、着痩せ効果も抜群。太陽光の耐光効果が高いことから、光を吸収して肌を守ってくれることもメリットです。


さらに、反射ストライプがサイドやレッグ部分などに付いたデザインなら、夜の走行でも安心。ロードバイクの場合は特に車道を走ることから、至近距離を並走する車のドライバーに気付いてもらいやすいデザインが理想的です。無地のウエアを選ぶなら、トップスを派手なデザインにするなど、車から目に付きやすいデザインのものを着用しましょう。

吸汗速乾素材が基本。体温調節や季節に合わせて調整を

吸汗速乾素材が基本。体温調節や季節に合わせて調整を

サイクルパンツは基本的に体温調節が楽に行える吸汗速乾素材に加え、伸縮性と通気性があり、軽い生地がおすすめです。迷ったらまずは「ナイロンスパンデックス」や「ポリエステル」などを選びましょう。


さらに、冬は風を通しにくいフリース素材など裏起毛が付いているもの、夏は風を通しやすくUVカット機能が備わった「ナイロン」や「スパンデックス」など季節によっても選びたい素材は変化します。インナーパンツタイプは、その上にパンツを重ね着することから蒸れやすいため、「メッシュ素材」のものを選ぶとより快適に過ごせますよ。

サイクルパンツのおすすめ人気ランキング10選

人気のサイクルパンツをランキング形式でご紹介します。なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年6月21日時点)をもとにして順位付けしています。

10位
タイプパンツタイプ
パッドの素材3D-ネオ プラス
色展開
素材ナイロン・ポリウレタン
9位

パールイズミコールドブラック ビブパンツ

T293-3DNP

14,080円 (税込)

タイプビブショーツ
パッドの素材3D-ネオ プラス
色展開
素材ナイロン・ポリウレタン
8位
タイプパンツタイプ
パッドの素材高密度スポンジ
色展開黒・白黒・赤・青
素材ナイロン・スパンデックス
7位
タイプインナーパンツ
パッドの素材高密度スポンジ
色展開赤・青・黒・グレー
素材ポリエステル・ライクラ
6位
タイプビブショーツ
パッドの素材-
色展開黒・ネイビー
素材-
5位
タイプインナーパンツ
パッドの素材3Dゲル
色展開青・グレー・グリーン・レッド
素材ポリエステル・スパンデックス
4位

サンボルトビブレーシングパンツ 筧五郎氏監修モデル

9,778円 (税込)

タイプビブショーツ
パッドの素材-
色展開
素材-
3位
タイプインナーパンツ
パッドの素材3Dゲル
色展開白・黒
素材ポリエステル・スパンデックス
2位

ウェルクルズレーサーパンツ (レディース)

3,049円 (税込)

タイプパンツタイプ
パッドの素材3Dゲル
色展開
素材ポリエステル・スパンデックス
1位
タイプインナーパンツ
パッドの素材3Dゲル
色展開黒・グレー
素材ポリエステル・ライクラ

人気サイクルパンツの比較一覧表

商品画像
1
サイクルパンツ DABADA サイクリング インナーパンツ 1枚目

DABADA

2
サイクルパンツ ウェルクルズ レーサーパンツ (レディース)

ウェルクルズ

3
サイクルパンツ Kosho レディース インナーパンツ 1枚目

Kosho

4
サイクルパンツ サンボルト ビブレーシングパンツ 筧五郎氏監修モデル 1枚目

サンボルト

5
サイクルパンツ バリーフ サイクリング インナーパンツ 1枚目

バリーフ

6
サイクルパンツ サンボルト TEAM ビブパンツ 1枚目

サンボルト

7
サイクルパンツ Souke Sports サイクリング インナーパンツ 1枚目

Souke Sports

8
サイクルパンツ Souke Sports サイクルパンツ 1枚目

Souke Sports

9
サイクルパンツ パールイズミ コールドブラック ビブパンツ 1枚目

パールイズミ

10
サイクルパンツ パールイズミ コールドシェイド レーサーパンツ 1枚目

パールイズミ

商品名

サイクリング インナーパンツ

レーサーパンツ (レディース)

レディース インナーパンツ

ビブレーシングパンツ 筧五郎氏監修モデル

サイクリング インナーパンツ

TEAM ビブパンツ

サイクリング インナーパンツ

サイクルパンツ

コールドブラック ビブパンツ

コールドシェイド レーサーパンツ

特徴気軽に購入できるコスパの良さと厚みのあるパッドが魅力女性用レーサーパンツ。通気性と吸汗性のあるパッドでムレにくい中距離~長距離のライドに挑戦したい方に!サイズには注意締め付けが少なく快適に履ける!メッシュ素材を使用し夏に...お尻を衝撃から守りつつ、蒸れにくいインナーパンツ日本人向けのサイズ設計!程よいフィット感が魅力ウエストの締め付けが苦手な方に!中距離~長距離のライド...再帰反射付きで夜間にもぴったり!ワンポイントカラーがおしゃれ夏のロングライドをより快適に!遮熱機能で内側の温度上昇...縫い目がフラットなシームレス裁縫を採用。履き心地重視の方に
最安値
1,398
送料無料
詳細を見る
3,049
送料要確認
詳細を見る
1,680
送料無料
詳細を見る
9,778
送料要確認
詳細を見る
2,199
送料要確認
詳細を見る
12,800
送料要確認
詳細を見る
2,499
送料要確認
詳細を見る
3,299
送料無料
詳細を見る
14,080
送料要確認
詳細を見る
10,541
送料無料
詳細を見る
タイプインナーパンツパンツタイプインナーパンツビブショーツインナーパンツビブショーツインナーパンツパンツタイプビブショーツパンツタイプ
パッドの素材3Dゲル3Dゲル3Dゲル-3Dゲル-高密度スポンジ高密度スポンジ3D-ネオ プラス3D-ネオ プラス
色展開黒・グレー白・黒青・グレー・グリーン・レッド黒・ネイビー赤・青・黒・グレー黒・白黒・赤・青
素材ポリエステル・ライクラポリエステル・スパンデックスポリエステル・スパンデックス-ポリエステル・スパンデックス-ポリエステル・ライクラナイロン・スパンデックスナイロン・ポリウレタンナイロン・ポリウレタン
商品リンク

試着できるなら前かがみの体勢で快適なものが◎

試着できるなら前かがみの体勢で快適なものが◎
通販で購入する場合、試着してから選ぶことは難しいですが、もし試着することができるなら、直立の状態での着心地で選ばない、ということが重要。基本的にロードバイクやクロスバイクに乗った姿勢がディフォルトとなるため、腰が曲がった前傾状態で快適かどうか判断しましょう。

前かがみになった状態でタイトな部分はないか、フィット感は良いかどうかチェックする方法がおすすめです。さらにレース用であればぴったり感をより重視、サイクリングなどのレジャー用であれば締め付け感の少ないものを選ぶとより快適にサイクリングを楽しめますよ。

防寒対策にはウインドブレーカーを!

風の強い日はもちろん、急な気温の変化や突然の雨のときにも活躍してくれるウインドブレーカーは、ライド中の体温調節にも欠かせないアイテムですよね。ぜひ以下の記事もチェックして、ロードバイク用にぴったりの1枚も準備しておきましょう!

サイクルパンツの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、サイクルパンツのAmazon・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

まとめ

自転車のロングライドに欠かせないのがサイクルパンツ。しっかりと快適に下半身をサポートしてくれるサイクルパンツであれば、周りの景色や体感するスピードをより満喫できそうです。季節や目的に応じていろんなタイプのサイクルパンツを使い分けることで、さらにサイクリングを楽しめそうですね。

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す