• Bfe8575927c731c59e60c29e90950003fe372716
  • 9cf395357a82900d0b2bfdaeee8e38639ef7a353
  • 179fab40a576485deaebbba4eeff9fab2c6e0c0f
  • 2c3355927d0ad844d6a0dda37d2b1ef8098b2b4c
  • 9aec063da333596a5abc2bb935446e94b1729592

【使いやすい!】デッキブラシのおすすめ人気ランキング10選

玄関やベランダなど、主に屋外の硬い床の掃除で使われる「デッキブラシ」。一見どれも同じように思えてしまうかもしれませんが、ドイツのブランド「レデッカー」などのおしゃれなタイプからダイソーなど100円ショップで手に入るお手頃価格のものまで、様々なデッキブラシが販売されており、自分の用途にぴったりの商品を選ぶのはなかなか難しいものです。

今回は、Amazon・楽天といった通販サイトですぐに購入できる人気デッキブラシの中から、おすすめの商品を厳選して10個ご紹介します。デッキブラシの選び方についても解説していきますので、ぜひあなたにとってのベストな商品をゲットしてくださいね!

最終更新日:2017年06月12日 | 7,542views

デッキブラシの選び方

最初に、デッキブラシを選ぶときの基本的なポイントについてご紹介します。

ここでは、あなたに最適なデッキブラシをスムーズにゲットできるよう、選ぶ際の基準となるポイントを見ていきたいと思います。以下のポイントさえ押さえれば、デッキブラシ選びはぐっと簡単になりますよ!

ブラシ部分の素材から選ぶ

デッキブラシのブラシ部分の素材には、いくつかの種類があります。素材によって適した用途が異なりますので、選ぶ際にはまず「どの素材を使用したデッキブラシにするのか」という観点から商品を見る必要があります。

代表的な素材としては、化学繊維・植物系・金属系の3種類が存在します。各種類の特徴や、それぞれの最適な用途を把握しておきましょう。

化学繊維を使ったブラシ(ポリ塩化ビニルなど)

1つめはポリ塩化ビニルやナイロンといった化学繊維を使っているタイプです。家庭用デッキブラシとしては、最も一般的なタイプと言えるでしょう。お家の玄関やベランダなどでの通常のお掃除には最適なブラシです。

化学繊維ブラシは、強い汚れを集中的に取るというよりは、広いスペースをまんべんなくキレイにするときに向いています。家庭での普段使い用を探している場合は、とても使い勝手の良いぴったりの選択肢ではないでしょうか。

植物系素材のブラシ(シダなど)

2つめは、シダやパームなど植物性由来の素材を使用したタイプです。化学繊維と比べて吸水性に優れており、洗浄力が高いのが特徴。化学薬品に強いので、プールサイドなどの清掃にも適していますね。

植物系素材を使ったブラシは、特にお風呂場などの水を多く使うようなところのお掃除と相性抜群です。玄関・タイル・ベランダといった場所には耐久性の優れた化学繊維ブラシが最適ですが、広めのお風呂場や学校プール用などのデッキブラシを探している場合は、植物系ブラシの検討をおすすめします。

金属系素材のブラシ(ステンレスなど)

3つめのタイプは、亜鉛メッキやステンレスを素材として使用した金属系ブラシです。こびりついてしまったサビや、ガンコでなかなか落ちない強力な汚れを落とすには一番適しています。

通常の用途ではあまり使う機会はありませんが、金属に付いたサビを落としたいとき、あるいはどうしても落ちない濃い汚れを消したいときなどにおすすめです。ただ普通のタイルをこの金属系ブラシでこすってしまうと、傷が付いてしまう場合がありますので注意してください。

最適なサイズを見極める

どの素材のブラシにするかが決まったら、次はサイズを選びましょう。一番ぴったりのサイズを選ぶためには、「ブラシの大きさ・柄の長さ」の2つの観点から考慮することをおすすめします。

日々使うお掃除道具はやっぱりサイズが重要ですから、最適な大きさを見極めておきたいところです。

ブラシの大きさ

まずは、ブラシ部分の横幅をチェックしましょう。一般的な横幅は15cm〜20cmほどで、多くのデッキブラシはこれくらいのサイズです。ただ、広い場所を掃除する必要がある場合はこのサイズだと効率が良くないので、ワイド型のタイプを選びます。ワイド型は、60cmほどの横幅のものが多いです。

「ワイド型ほどの大きさはいらないけれど、15cmだとちょっと小さい」という方には、次に多いサイズである30cmタイプがおすすめ。こちらはプールサイドや広めのベランダなどに適しているサイズです。

柄の長さ

次に柄の長さですが、最も多いのは全長110cm前後のデッキブラシで、そこまで屈む必要もなく、かつ力も入れやすいので使いやすいのではないでしょうか。ただ身長によってはもちろん合わないということもありえます。他にも90cm程度のものから150cmくらいの商品は数も多めですから、使用される方の身長によって別のサイズを検討してみてください。

長さについては、短すぎると腰を痛めてしまう可能性がありますし、長すぎると力を入れづらくなり掃除の効率が悪くなります。バランス重視で選ぶようにしましょう。

デッキブラシのおすすめ人気ランキング10選

それではここからは、人気デッキブラシの中から、特におすすめの商品をランキング形式でご紹介していきます。

デッキブラシと相性が合うかどうかで、お掃除の効率は大きく左右されます。ぜひあなたにぴったりの、使いやすいデッキブラシを見つけてくださいね。

10位:YATSUYA 化繊デッキブラシ 8寸

YATSUYA 化繊デッキブラシ 8寸 42525
1,170円(税込)

・全長:143cm
・横幅:24cm
・ブラシ素材:ポリ塩化ビニル

頑丈な作りで普段使いに最適

目立った特徴こそないものの、作りがしっかりとしており頑丈になっています。力を入れても壊れづらく、日々のお掃除に使うにはもってこいですね。

ブラシの横幅は24cmと、一般的なサイズよりもやや大きめ。広いスペースに向いています。ちなみに、一回り小さい21cmのサイズも発売されていますよ。

「YATSUYA 化繊デッキブラシ 8寸」の評判・口コミ

主にマンションのベランダを掃除するのに使用しています。
丈夫で、長さもちょうどいいので重宝してます。

出典:Amazonレビュー

丈夫ですし、こする際にも適度な圧力をかけられます。

出典:Amazonレビュー

9位:高砂 ナイロンデッキ 60cm 金具付スチール柄

高砂 ナイロンデッキ 60cm 金具付スチール柄
3,495円(税込)

・全長:135cm
・横幅:62cm
・ブラシ素材:ポリ塩化ビニル

広い場所も楽々!ワイド型の定番

横幅62cmのワイド型デッキブラシです。柄の部分はポリエチレン、ブラシ部分との結合部は亜鉛メッキの金具で固定されており、長く使える一品ですよ。

「高砂」はデッキブラシの世界では高い人気を誇るブランドで、こちらの商品もワイド型の定番とも言えるデッキブラシ。安心して購入できます。

「高砂 ナイロンデッキ 60cm 金具付スチール柄」の評判・口コミ

取り付け部の金具の強度も良く、大変満足してます。

出典:楽天市場レビュー

いいものを安く手に入れられて大満足です。

出典:Yahoo!ショッピングレビュー

8位:高砂 ワイヤーデッキ 木柄

高砂 ワイヤーデッキ 木柄
1,201円(税込)

・全長:134cm
・横幅:21cm
・ブラシ素材:亜鉛メッキ鉄線

金属系ブラシで抜群の汚れ落とし効果

定番ブランド「高砂」の商品が続けてランクイン。こちらのデッキブラシは、ブラシ部分の素材が亜鉛メッキ鉄線となっており、サビ落としやガンコな汚れの掃除にぴったりです。

薬品成分や熱湯にも強いのが大きな特徴。普段用には向きませんが、金属やコンクリートが使われている箇所の洗浄には最適でしょう。

「高砂 ワイヤーデッキ 木柄」の評判・口コミ

ワイヤ-ブラシの柄つきそのままなので、コンクリ-ト部分の洗浄にはもってこいでした。
また、コストパフォ-マンスも良いと思います。

出典:Amazonレビュー

階段などのタイルにこびりついた頑固な汚れの掃除に最適です。

出典:Amazonレビュー

7位:アズマ 縦横デッキブラシ

アズマ 縦横デッキブラシ HW287
1,659円(税込)

・全長:126.5cm
・横幅:20cm
・ブラシ素材:ポリエチレン

ブラシの縦横を変更できる機能型

こちらのデッキブラシは、ブラシ部分を取り外して縦横の向きを変更することができます。取り外しもレバーを握るだけなので簡単。向きを変えることで、狭い隙間などを効果的に洗浄できます。

また内側と外側で硬さの異なったブラシが使用されており、汚れ落とし効果が高いのもポイント。実際のお掃除の場面を考え抜いて作られた、機能型の一品です。

「アズマ 縦横デッキブラシ」の評判・口コミ

場所によってヘッドの向きを変えることで今までよりも効率的に掃除ができました。

出典:Amazonレビュー

細かいところは柄を外してブラシのみでも使えるのはポイント高いです。

出典:Amazonレビュー

6位:レデッカー ミニデッキブラシ(Lサイズ)

REDECKER ミニデッキブラシ(Lサイズ)
2,100円(税込)

・全長:90cm
・横幅:20cm
・ブラシ素材:プラントファイバー

デザイン性と実用性が高いレベルで両立

ドイツの生活用品メーカー「レデッカー(REDECKER)」から出ているデッキブラシです。ブラシにはプラントファイバー(植物系素材)が採用されています。

ドイツ製らしい、シンプルでおしゃれな外観が一際目を引きますよね。植物繊維の使われているブラシはやや硬めにできているので、しつこい汚れでもしっかり落とせます。

「レデッカー ミニデッキブラシ(Lサイズ)」の評判・口コミ

汚くなってしまい、邪魔になってしまう掃除用品だからこそ、シンプルで可愛いデザインであるのは大事です。
置いておいても絵になるのはレデッカーだけだと思います。

出典:Amazonレビュー

見た目も可愛らしく、ブラシも固すぎず柔らかすぎず使いやすいです。

出典:Amazonレビュー

5位:高砂 SKナイロンデッキ

SKナイロンデッキ 木柄のデッキブラシ
1,209円(税込)

・全長:113cm
・横幅:18.5cm
・ブラシ素材:ナイロン

幅広く使える定番のロングセラー商品

5位にランクインしたこちらのデッキブラシは、数十年の長きに渡って販売されている定番のロングセラー商品。非常にオーソドックスな作りですが、長い間多くの人に愛用されているだけあって、そつのない安心の使い心地です。

ナイロン製のブラシは毛足が5cmで、力を入れて汚れを落としやすい最適な長さ。デッキブラシ選びに迷ったら、こちらの商品を選んでおけば大きな失敗はないと思います。

「高砂 SKナイロンデッキ」の評判・口コミ

しっかりとした造りで、ゴシゴシ汚れもきれいにおちます。
掃除が楽しくなりました。

出典:楽天市場レビュー

丈夫で気持ち良くゴシゴシできます。
長く使えそうで満足です。

出典:楽天市場レビュー

4位:YATSUYA 地球シダデッキブラシ

YATSUYA 地球シダデッキブラシ
690円(税込)

・全長:113cm
・横幅:18cm
・ブラシ素材:シダ

コストパフォーマンス抜群のシダ製デッキブラシ

お手頃価格で手に入る、シダ製ブラシを使用したデッキブラシです。毛先は少し硬めですが、植物素材なので床やタイルを痛めません。化学繊維のブラシと比べて、コシがあるのも特徴のひとつです。

植物系素材のデッキブラシの中ではスタンダードで人気のある一品となっています。何と言ってもお値段が非常に安いので、寿命が来ても簡単に買い替えできるのは嬉しいポイントですよね。

「YATSUYA 地球シダデッキブラシ」の評判・口コミ

適度に重さもあり柄も頑丈です。ブラシは固いかな?と思ったのですが、床面を傷つけずにゴシゴシ洗えました。気持ちよかったです。

出典:Amazonレビュー

ブラシにコシがあってつかいやすいです。

出典:Amazonレビュー

3位:EBM デッキブラシ 竹柄 ナイロン

EBM デッキブラシ 竹柄 ナイロン
794円(税込)

・全長:115cm
・横幅:18cm
・ブラシ素材:ナイロン

シンプル・丈夫で使いやすい万能デッキブラシ

シンプルな使い勝手と作りの丈夫さが売りのデッキブラシです。ブラシはハリがあって、弱い力でも汚れを落としやすくなっています。柄の部分は竹でできており、お掃除の際に握りやすいのもポイント。オーソドックスなタイプではありますが、用途をあまり選ばない万能なデッキブラシです。

柄が竹製であることもあり、軽くて扱いやすい一品に仕上がっています。作りはとてもしっかりしており、毛先が抜けてしまうようなこともありません。万人におすすめできる商品です。

「EBM デッキブラシ 竹柄 ナイロン」の評判・口コミ

使いやすいです。
竹の柄の部分も握りやすく、樹脂より見た目も良いです。

出典:Amazonレビュー

ベランダの掃除によいです。毛もぬけないし日光にも強いです。

出典:Amazonレビュー

2位:日本クリンテック ベランダ・玄関のための床ブラシ

日本クリンテック ベランダ・玄関のための 床ブラシ
703円(税込)

・全長:45cm〜65cm
・横幅:13cm
・ブラシ素材:ポリプロピレン

柄の長さは伸縮可能!狭いところにぴったりの小型ブラシ

狭いところや細かい部分を洗うのに最適な小型デッキブラシ。柄の長さは、掃除する箇所に合わせて45cm〜65cmまで伸縮可能です。そこまで広さのない玄関などには使い勝手が良くてちょうどいいサイズではないでしょうか。ベランダの溝にも最適ですね。

サイズが小さい分、しっかりと汚れを落としたいときや、普通のブラシでは掃除しきれない箇所のためのサブとして大活躍しますよ。また柄を短く縮めておけるので、収納場所に困らないという利点もあります。

「日本クリンテック ベランダ・玄関のための床ブラシ」の評判・口コミ

100均で買ったものはすぐにブラシの毛が抜けてきて使い物にならなかったのに比べ、この商品はブラシもしっかりしているし、ガタつくこともなく使いやすいです。

出典:Amazonレビュー

毛先がしっかりしているので、ホウキでは対応できない細かい砂も取り除くことができました。

出典:Amazonレビュー

1位:山崎産業 清掃用品 デッキブラシ

山崎産業 デッキブラシ PET-180
752円(税込)

・全長:120cm
・横幅:20cm
・ブラシ素材:ポリエチレン

軽くて頑丈、扱いやすさも抜群のベストセラー

Amazonなどの通販サイトの人気ランキングで常に上位に入っている、大人気ベストセラー商品が見事1位に輝きました!スチール製の柄は軽くて壊れにくく、化学繊維のブラシは熱にも強く頑丈にできています。

従来の木製デッキブラシよりも本体が痛みづらく、耐久性は抜群。デッキブラシの新たなスタンダードと言っても過言ではない商品でしょう。使いやすさ・丈夫さ・軽さのどれを取っても文句のない一級の仕上がりです。

「山崎産業 清掃用品 デッキブラシ」の評判・口コミ

お値段のわりに丈夫でしっかりしてます‼︎ベランダの掃除にゴシゴシつかってます‼︎

出典:Amazonレビュー

作りがしっかりしています。柄が長いので充分に力を入れてこすれます。

出典:Amazonレビュー

まとめ

今回は、厳選のおすすめデッキブラシを10個ご紹介してきましたが、気になる商品は見つかりましたか?

デッキブラシはそこまで買い替え頻度も高くなく、比較的長く付き合っていくものですから、冒頭でご紹介した選び方のポイントも参考にしてぜひお気に入りの一本をゲットしてください!

人気の記事

関連キーワード