1. TOP
  2. >
  3. 生活雑貨
  4. >
  5. 掃除用具・清掃用品
  6. >
  7. デッキブラシのおすすめ人気ランキング10選【収納に便利な伸縮タイプも!】
  • デッキブラシのおすすめ人気ランキング10選【収納に便利な伸縮タイプも!】のアイキャッチ画像1枚目
  • デッキブラシのおすすめ人気ランキング10選【収納に便利な伸縮タイプも!】のアイキャッチ画像2枚目
  • デッキブラシのおすすめ人気ランキング10選【収納に便利な伸縮タイプも!】のアイキャッチ画像3枚目
  • デッキブラシのおすすめ人気ランキング10選【収納に便利な伸縮タイプも!】のアイキャッチ画像4枚目
  • デッキブラシのおすすめ人気ランキング10選【収納に便利な伸縮タイプも!】のアイキャッチ画像5枚目

デッキブラシのおすすめ人気ランキング10選【収納に便利な伸縮タイプも!】

玄関やベランダなど、主に屋外の床の掃除で使われる「デッキブラシ」。どれも同じに見えますが、実用的なものからおしゃれなものまで種類が豊富です。ブラシの素材も、柔らかいものから固めのものなどいろいろですし、伸縮式で収納しやすいもの、奥まで届きやすい幅狭タイプなど使い勝手もまちまち。どれを選んでいいか迷ってしまいますよね。

そこで今回は、デッキブラシの選び方とともに、通販サイトでも購入できるおすすめ商品を、人気順にランキング形式でをご紹介します。1つ持っていれば、大掃除などでも大活躍。この記事を参考に、使いやすいデッキブラシを見つけて下さいね。
  • 最終更新日:2020年05月20日
  • 76,223  views
目次

面倒な場所の掃除が楽に!デッキブラシの魅力とは?

面倒な場所の掃除が楽に!デッキブラシの魅力とは?
土や小石の入り込んだ屋外の目地の掃除など、どうやって掃除しようか困ったことはありませんか?そんなシーンで活躍してくれるのが、「デッキブラシ」。長い柄の先にブラシが付いたデッキブラシは、立ったまま広いスペースを楽に掃除できる、便利なアイテムです。

学校や工場などの業務用のイメージの強いアイテムですが、家庭でも、お風呂場・玄関・ベランダ・ウッドデッキなど、使える場所はいろいろ。体重をかけて掃除できるので、洗剤なしでもある程度の汚れが落とせるのもポイントです。


家庭に1本あれば、後回しになりがちな面倒な場所の掃除の負担も軽減。最適なデッキブラシを準備して、気になる場所を徹底的に掃除してみませんか?

デッキブラシの選び方

ここからは、デッキブラシを選ぶときの基本的なポイントについてご紹介します。使用する場所によって最適なデッキブラシが変わってきますので、しっかりチェックしておきましょう。

用途に合わせてブラシの素材を選ぶ

デッキブラシのブラシ部分の素材には、いくつかの種類がありますが、代表的な素材としては、化学繊維・植物系・金属系の3種類。各種類の特徴や、それぞれの最適な用途を把握しておきましょう。

ナイロンなどの化学繊維は、玄関やベランダなどの普段使いに最適

ナイロンなどの化学繊維は、玄関やベランダなどの普段使いに最適
玄関やベランダなどの普段使いには、化学繊維のデッキブラシがおすすめです。ポリ塩化ビニルやナイロンなどのデッキブラシは、耐摩耗が高く薬品に強いところが特徴。毛にコシがあるので、隙間・溝などの汚れもバッチリ落としてくれます。

また、比較的安価なため、買い替えやすいのもポイント。日常的にお掃除が必要な玄関やベランダなどの掃除は、使用頻度の高さにより毛先が摩耗しやすいので、気軽に買い替えられると助かりますね。

シダなどの植物系素材は、お風呂など水回りの掃除にぴったり

シダなどの植物系素材は、お風呂など水回りの掃除にぴったり
お風呂場など、水気が多い場所の掃除には、亀の子たわしなどにも使われる、植物系素材のデッキブラシがぴったり。シダやパームなど植物性由来の素材を使用したデッキブラシは、吸水性に優れ、洗浄力が高いのが特徴です。

へたりにくいことから、洗剤なしでゴシゴシ掃除するのにも適しており、プールサイドの清掃などにもおすすめ。他素材に比べ毛先がやわらかい商品も販売されているので、そういったものであればデリケートな床材にも使用OKです。

金属製のワイヤーブラシは、錆び落としや頑固な汚れに

金属製のワイヤーブラシは、錆び落としや頑固な汚れに
通常の用途ではあまり使う機会はありませんが、大掃除のときなどにあると便利なのが、金属製のワイヤーブラシ。亜鉛メッキやステンレスなどの金属製ワイヤーブラシは、こびりついてしまった錆びや、頑固でなかなか落ちない強力な汚れを落とすのに最適です。

ただし、普通のタイルをワイヤーブラシでこすると、傷が付いてしまう場合があります。木製や樹脂製の床材にも使えませんので注意してくださいね。なお、金属製ブラシは専門性が高いため、清掃用品やガーデニング用品の専門メーカーで探すと見つかりやすいですよ。

ブラシの幅は、掃除する範囲に合わせてチョイス

ブラシの幅は、掃除する範囲に合わせてチョイス
デッキブラシの幅は、掃除をしたい場所に合わせて選びましょう。お風呂や玄関掃除など、限られた範囲の掃除には、15cm~20cmほどの幅が使いやすくおすすめです。ほとんどのご家庭はこのサイズで十分。逆に大きすぎると、扱いづらく感じることもあります。

広めのベランダや庭などは、ある程度小回りがきく30cm幅が便利ですし、駐車場等の広い範囲を掃除する場合は、60cm前後のワイド型がイチオシ。60㎝は、学校でも使われる業務用サイズ。大きすぎても小さすぎても扱いづらいため、場所に合わせてほど良いものを選びましょう。

柄の長さもポイント!伸縮機能付きも便利

柄の長さもポイント!伸縮機能付きも便利

柄の長さは、掃除する場所や収納スペースにあわせて選びましょう。90cmほどのショートタイプは、小回りがきいて、収納しやすいのがメリット。お風呂掃除や玄関等の掃除にピッタリです。110cm以上のロングタイプは、庭などの広い場所の掃除におすすめ。腰の負担も少なく、男性でも使いやすいですよ。


また、収納面や、汎用性の高さを重視するなら、柄の長さが変えられる伸縮機能付きもチェック。使用する人や場所によって自在に長さ変更でき、使用後はコンパクトにしまうことができます。


しかし、どんなにしっかり固定できるものでも、伸縮機能のないものと比べると強度が劣ります。お風呂場等を軽い掃除がメインであれば伸縮機能付き、力を込めてしっかり掃除したいなら伸縮機能のないものを選びましょう。

隙間掃除にはヘッドが自由に動かせるものを

ヘッド部分にも注目してみましょう。おすすめは、ブラシと柄の接合部が可動することで、ヘッドがくるくると自在に動くタイプ。狭いスペースにも、楽な姿勢のままブラシを入れやすいので、隙間掃除にも便利です。ベランダの室外機の下や、安易に動かせないものの下を掃除たいときにも、この機能が活躍してくれますよ。

ただし、商品によっては力が入れにくいものもあるので注意が必要。また、接続部の耐久性が低いものもあるのでチェックしておきましょう。商品詳細ではわかりにくい部分なので、口コミなども参考にするといいですね。

プロも愛用する、専門メーカー品を選ぶのもあり

プロも愛用する、専門メーカー品を選ぶのもあり

業務用として使われているような信頼性の高い商品が欲しいなら、清掃専門のメーカーから選ぶのもおすすめです。代表的なメーカーは、ホームクリーニング事業も行う「アズマ」、100年以上の歴史を持つ「高砂」、学校や企業向けの商品を取り扱うプロ仕様の「テラモト」などが挙げられます。


プロ向けのメーカーでも、家庭向け商品を販売しているところも多いので、迷うなら、チェックしてみる価値ありですよ。老舗メーカーやプロ向け商品を扱っているメーカーの商品には、そのノウハウが詰まっており、利便性や耐久性にも期待が持てます。

デッキブラシのおすすめ人気ランキング10選

人気のデッキブラシをランキング形式でご紹介します。なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年4月9日時点)をもとにして順位付けしています。

10位
ブラシ素材ポリエステル
ブラシの横幅18cm
全長130cm
伸縮機能
ヘッドの可動
9位
ブラシ素材PVC(ポリ塩化ビニル)
ブラシの横幅18cm
全長111cm
伸縮機能
ヘッドの可動
8位
ブラシ素材塩化ビニル
ブラシの横幅21cm
全長113cm
伸縮機能
ヘッドの可動
7位
ブラシ素材ナイロン
ブラシの横幅18cm
全長115cm
伸縮機能
ヘッドの可動
6位
ブラシ素材-
ブラシの横幅19cm
全長113cm
伸縮機能
ヘッドの可動
5位
ブラシ素材シダ
ブラシの横幅18cm
全長113cm
伸縮機能
ヘッドの可動
4位
ブラシ素材ポリエチレン
ブラシの横幅20cm
全長126.5cm
伸縮機能
ヘッドの可動
3位
ブラシの素材植物繊維毛(プラントファイバー)
ブラシの横幅20cm
全長100cm
伸縮機能
ヘッドの可動
2位
ブラシ素材ポリエチレンテレフタレート
ブラシの横幅20cm
全長124cm
伸縮機能
ヘッドの可動
1位
ブラシ素材パルミラファイバー
ブラシの横幅19cm
全長114cm
伸縮機能
ヘッドの可動

人気デッキブラシの比較一覧表

商品画像
1
デッキブラシ 高砂 極上シダデッキ 木柄 1枚目

高砂

2
デッキブラシ 山崎産業 デッキブラシ 1枚目

山崎産業

4
デッキブラシ アズマ工業 縦横デッキブラシ 1枚目

アズマ工業

5
デッキブラシ 八ツ矢工業 地球シダデッキブラシ 1枚目

八ツ矢工業

6
デッキブラシ 日本クリンテック デッキブラシ  1枚目

日本クリンテック

7
デッキブラシ 江部松商事 デッキブラシ 竹柄  1枚目

江部松商事

8
デッキブラシ 八ツ矢工業 YATSUYA 化繊デッキブラシ  1枚目

八ツ矢工業

9
デッキブラシ 早川工業 オークランド デッキブラシ 1枚目

早川工業

10
デッキブラシ テラモト ワイドデッキブラシ 1枚目

テラモト

商品名

極上シダデッキ 木柄

デッキブラシ

縦横デッキブラシ

地球シダデッキブラシ

デッキブラシ

デッキブラシ 竹柄

YATSUYA 化繊デッキブラシ

オークランド デッキブラシ

ワイドデッキブラシ

特徴熱湯や薬品に強いシダのブラシは、お風呂掃除にぴったり取り替え可能なヘッド・抗菌仕様の握りやすいハンドルも魅力汚れ落ち抜群!ブラシの向きを縦と横に付け替えられる機能型気軽に買い替えられる価格設定が魅力柄が太くしっかりした丈夫なデッキブラシ小回りが利く横幅18cmサイズ。リーズナブルなのも◎塩ビのブラシに竹の柄で使いやすい!ベランダ掃除に役立つ水切れの良さとコシコンクリートやタイルの汚れ落としに最適
最安値
946
送料別
詳細を見る
657
送料要確認
詳細を見る
1,859
送料要確認
詳細を見る
649
送料要確認
詳細を見る
448
送料要確認
詳細を見る
614
送料別
詳細を見る
1,650
送料無料
詳細を見る
623
送料要確認
詳細を見る
995
送料要確認
詳細を見る
ブラシ素材パルミラファイバーポリエチレンテレフタレートポリエチレンシダ-ナイロン塩化ビニルPVC(ポリ塩化ビニル)ポリエステル
ブラシの横幅19cm20cm20cm18cm19cm18cm21cm18cm18cm
全長114cm124cm126.5cm113cm113cm115cm113cm111cm130cm
伸縮機能
ヘッドの可動
商品リンク

デッキブラシを上手に使いこなそう!

デッキブラシを上手に使いこなそう!
デッキブラシは水だけでも汚れが落とせますが、水の使えない場所ではその威力を完全に発揮できません。そのため、水を使えないベランダなどを掃除するときは、汚れが落としにくくなる前にデッキブラシで目地や溝を掃除し、ほうきなどを使って浮き出た汚れを片付けましょう。

水を使ったときほどの汚れ落としの効果は期待できませんが、楽な姿勢でブラシを使えるという点は変わりませんので、ぜひ活用してください。


また、デッキブラシを長く使うためには、汚れを落として水洗いしたあと、十分に乾燥させることが重要。ブラシを上にして完全に乾燥させましょう。お手入れ後にしっかり乾かしておくだけで、ブラシが長持ち!半乾きでなまま収納するのは、カビや雑菌のもと。傷みやすくなるので注意してくださいね。

毎日のお掃除には「ほうき+ちりとり」が便利

今回は、しっかり汚れを落とせるデッキブラシをご紹介しましたが、毎日のお掃除には、手軽な「ほうき」が便利。以下の記事では、日常使いにぴったりの「ほうき」と「ちりとり」のおすすめセット商品をご紹介していますので、合わせて参考にしてくださいね。

デッキブラシの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、デッキブラシのAmazon・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

まとめ

今回は、デッキブラシの人気ランキング商品をご紹介しましたが、気になる商品は見つかりましたか?デッキブラシは買い替え頻度も少なく、比較的長く付き合っていくアイテム。冒頭でご紹介した選び方のポイントも参考にして、ぜひお気に入りの1本をゲットしてください。

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す