• クラシックギターの弦のおすすめ人気ランキング10選【ダダリオ・オーガスチンも】のアイキャッチ画像1枚目
  • クラシックギターの弦のおすすめ人気ランキング10選【ダダリオ・オーガスチンも】のアイキャッチ画像2枚目
  • クラシックギターの弦のおすすめ人気ランキング10選【ダダリオ・オーガスチンも】のアイキャッチ画像3枚目
  • クラシックギターの弦のおすすめ人気ランキング10選【ダダリオ・オーガスチンも】のアイキャッチ画像4枚目
  • クラシックギターの弦のおすすめ人気ランキング10選【ダダリオ・オーガスチンも】のアイキャッチ画像5枚目

クラシックギターの弦のおすすめ人気ランキング10選【ダダリオ・オーガスチンも】

金属弦のアコースティック・ギターとは異なった、やわらかでやさしい音色を持つことが特徴のクラシックギター。ボサノバやジャズなど、クラシックギターが大活躍するジャンルも多くあります。

クラシックギターの弦にはさまざまな種類がありますが、パッケージからは特徴が分かりづらく、一体どれを選べばよいのかと迷った経験がある方も多いことでしょう。そこで今回の記事では、おすすめのクラシックギターの弦についてご紹介します。ぜひチェックしてみてくださいね!
  • 最終更新日:2019年11月18日
  • 21,465  views
目次

クラシックギター弦の選び方

おすすめのクラシックギターの弦をご紹介する前に、まずはクラシックギターの弦の選び方についてご説明します。選び方のポイントをしっかり押さえて、弦選びに活かしましょう!

テンションの強さで選ぶ

テンションとは、弦の張りの強さのこと。クラシックギターの弦のテンションには、主に「ライト・テンション」「ノーマル・テンション」「ハード・テンション」の3種類があります。それぞれの特徴を見比べ、自分に合うものを選びましょう。

やわらかく落ち着いた響きが得られる「ライトテンション」

やわらかく落ち着いた響きが得られる「ライトテンション」
「ライトテンション」の弦は「ローテンション」とも呼ばれ、弱めの張り感が特徴です。弦を押さえやすく、また軽い力で鳴らすことができるので、手の力が弱めの女性の方でも扱いやすい弦だと言えるでしょう。

音色はやわらかく落ち着いており、速い立ち上がりを味わえます。また、繊細なタッチにもしっかり反応してくれるため、細かい音色の変化を楽しみたい方にも適していますよ。

ただし、チューニングが安定しにくく、弦がビビりやすいといったデメリットもあります。また、ハーモニクスも鳴りにくいので、ハーモニクス奏法を多用したい方はもう少しテンションが強い弦を選ぶのがおすすめです。

癖がなく、安定して鳴らせる「ノーマルテンション」

癖がなく、安定して鳴らせる「ノーマルテンション」
「ノーマルテンション」の弦は「ミディアムテンション」とも呼ばれており、ライトテンションとハードテンションの中間の特徴を持ちます。中庸的で癖がなく、安定してバランスの良い音を鳴らすことが可能です。

なお、ほとんどのクラシックギターには、出荷時にこのテンションの弦が張られています。最初に張られた弦に違和感を感じなければ、ひとまずこのテンションの弦を選んでおくとよいでしょう。

芯があり、力強い音が欲しいなら「ハードテンション」を

芯があり、力強い音が欲しいなら「ハードテンション」を
「ハードテンション」の弦は「ハイテンション」とも呼ばれており、強い張り感が特徴です。そのため芯のある、力強い響きを味わえます。繊細な奏法には向きませんが、広いホールなどでしっかり鳴らしたい際におすすめです。

強く弾いても音がつぶれにくく、存在感のある演奏ができるのも嬉しいポイント。ただし、弦を押さえるのには他のテンションのものよりも力が要るため、ある程度クラシックギターの演奏に慣れてから使用するとよいでしょう。

また張りが強いため、ネックが反りやすいというデメリットも。演奏しない際には弦をゆるめておくなど、取り扱いには少し注意が必要となります。

弦の材質をチェック

標準的なクラシックギターの弦はナイロンですが、最近ではフロロカーボンや、チタニウム製のものも広く使われています。また少数ながら、動物の腸を材料にしたガット弦や、ガットの質感を模したナイルガットのものなども。それぞれの特徴を比べて、使いやすい弦を探してみましょう!

落ち着いたぬくもりのある音色を持つ「ナイロン」

落ち着いたぬくもりのある音色を持つ「ナイロン」

出典:amazon.co.jp

ナイロン弦は最もスタンダードな弦です。弦選びに迷った場合には、まずナイロン弦を選ぶことをおすすめします。落ち着いたぬくもりのある音色で、どんなジャンルの音楽にも違和感なく合わせられます。

ただし材質の特性上、弦が太くなると音色がややぼやける傾向にあります。そのため、太い弦のみ他の材質の弦を組み合わせて使っているという方もいるようです。

細身なボディとクリアな音色の「フロロカーボン」

細身なボディとクリアな音色の「フロロカーボン」

出典:amazon.co.jp

ナイロン弦の「音色がぼやける」というデメリットを克服するために生まれたのが、フロロカーボン製の弦。ナイロンよりももっときらびやかで輪郭のある音が欲しいという方におすすめです。

表面硬度が高いため強度があり、また耐久性もあるフロロカーボン。音の安定感もあり、ナイロン弦と並んでギタリストに愛されている弦です。ただしナイロン弦に比べてややテンションが高めで、押さえにくくなってしまう傾向があるのにはご注意を。

ナイロンの音色に華やかさをプラスした「チタニウム」

チタニウム弦は、ナイロン弦に混成物を加えることによって表面硬度を高めたもの。ナイロン弦とフロロカーボン弦の中間のような特徴を持つため、華やかさと上品さを兼ね備えた音が欲しい方にぴったりです。

ナイロンよりも弦の硬度は増していますが、フロロカーボンよりは弦の伸びが安定するまでの時間が長くかかってしまう傾向があります。

倍音成分を豊富に含み、立体感のある音を奏でられる「ガット」

倍音成分を豊富に含み、立体感のある音を奏でられる「ガット」

出典:amazon.com

ガットは、ナイロン弦が普及する前には主流だった、牛や羊などの動物の腸から作られた弦です。ガットならではの、やわらかく渋みのある倍音を含んだ独特の音色を奏でたい方におすすめですよ。

ガット弦は、本物の動物の腸を使っているためとてもデリケート。切れやすく、また湿度や温度の変化でコンディションが変わってしまうため、やや扱いづらい弦だとも言えます。しかし、その魅力的な音色を求めて、ガットにこだわる奏者も少なくありません。

ガットの音色をナイロンで再現した「ナイルガット」

ガットの音色をナイロンで再現した「ナイルガット」

出典:amazon.co.jp

ナイルガットは、ガットをナイロンで再現することを目指した弦です。ガットは扱いづらいけれど、ガットに近い響きの音を出してみたい…という方に合った弦だと言えるでしょう。

音色はガットに近づけられていますが、ややクリアな印象も感じられます。一般的なナイロン弦より手触りがややカサカサとしており、弾く際に指に引っかかるような感覚が感じられるため、滑りやすい弦では困難な奏法も行うことが可能です。

メーカーごとの特徴も押さえておこう

クラシックギターの弦のメーカーは多数あり、それぞれメーカーごとに特徴のある弦を製造しています。メーカーごとの特徴を把握することは、弦選びの大切な要素のひとつだと言えるでしょう。ここでは、中でもよく知られているメーカーの特徴をご紹介します。

精度が高く、世界的にも標準の弦とされている「D'Addario」

精度が高く、世界的にも標準の弦とされている「D'Addario」

出典:daddario.com

老舗の弦メーカーとして有名なD'Addario。落ち着いた音で使い勝手もよく、世界的にも標準の弦とされています。「どんな弦を買ったらいいか迷う!」という方は、ひとまずD'Addarioを選んでおけば間違いはないでしょう。

また、D'Addarioの弦は非常に精密なコンピューターで測定されているので、精度が高いのも嬉しいポイント。弦の精度の高さは音程の良さに直結するため、精度の高いを使えば、安定した音程で演奏を行うことができますよ。

甘くロマンティックなトーンが特徴の「AUGUSTINE」

AUGUSTINEは、世界で初めて実用的なクラシックギター用ナイロン弦を販売したことで知られるメーカーです。甘くロマンティックな音色を持つため、歌心のある音楽を奏でたい方に向いているでしょう。

このメーカーの弦の開発には、「現代クラシックギター奏法の父」といわれるアンドレス・セゴビアが携わっていたため、セゴビアらしい音を求めてAUGUSTINEの弦を手にする方も。弦の精度にばらつきがあり、音程の不安定さを感じるという声も聞かれるメーカーでしたが、新たに開発されたシリーズではその弱点も克服しつつあります。

革新的でユニークな弦の開発で知られる「SAVAREZ」

革新的でユニークな弦の開発で知られる「SAVAREZ」

出典:amazon.co.jp

革新的なアイディアでユニークな弦を開発していることで知られるフランスのメーカー、SAVAREZ。有名なフラメンコギタリストのトマティート氏が開発に携わった弦や、フロロカーボンを利用した歯切れのよい音を奏でられる弦など、さまざまなキャラクターの弦を販売しています。他のメーカーにないユニークな音色を手に入れたい方におすすめです!

そのラインナップの豊富さから、SAVAREZの弦を組み合わせて使用しているという方も多いようです。自分にとってぴったりの弦の組み合わせを探してみるのも楽しいですね!

テンションのバリエーションが豊富な「HANNABACH」

テンションのバリエーションが豊富な「HANNABACH」

出典:amazon.co.jp

HANNABACHの弦は、テンションのバリエーションが非常に豊富なことが特徴です。通常はライト・ノーマル・ハードの3種類のテンションが用意されるものですが、HANNABACHには5種類のテンションの弦が用意されています。そのため、よりテンションの選択肢を増やしたい方には特におすすめです。

音色の傾向はD'Adarioと似ていますが、D'Adarioよりもやや明るめ。軽めのタッチで音を鳴らすことができるため、初心者にとっても使いやすい弦だと言えるでしょう。

クラシックギターの弦のおすすめ人気ランキング10選

ここからは、おすすめのクラシックギターの弦をランキング形式でご紹介します。クラシックギター奏者のみなさん、要チェックですよ!
10位
テンションスーパーライトテンション
材質ナイロン
9位
テンションノーマルテンション
材質ナイロン
8位
テンションノーマルテンション
材質ナイロン
7位
テンションノーマルテンション・ハードテンション
材質ナイロン
6位
テンションノーマルテンション
材質フロロカーボン(高温弦)・ナイロン(低音弦)
5位
テンションノーマルテンション
材質チタニウム
4位
テンションライトテンション・ノーマルテンション・ハードテンション・エクストラハードテンション
材質ナイロン
3位
テンションノーマルテンション
材質ナイロン
2位
テンションノーマルテンション
材質ナイロン
1位
テンションノーマルテンション
材質ナイロン

おすすめ人気クラシックギター弦の比較一覧表

商品画像
1
クラシックギター
弦 SAVAREZ 510CR

SAVAREZ

2
クラシックギター
弦 D'Addario Silver Wound Normal

D'Addario

3
クラシックギター
弦 AUGUSTINE REGAL/RED SET

AUGUSTINE

4
クラシックギター
弦 D'Addario ProArte Silver/Clear Normal

D'Addario

5
クラシックギター
弦 D'Addario ProArte Dynacore Normal

D'Addario

6
クラシックギター
弦 SAVAREZ 500AR

SAVAREZ

7
クラシックギター
弦 SAVAREZ Tomatito

SAVAREZ

8
クラシックギター
弦 SAVAREZ ピンクラベルセット

SAVAREZ

9
クラシックギター
弦 AUGUSTINE RED SET

AUGUSTINE

10
クラシックギター
弦 HANNABACH 815SLT

HANNABACH

商品名

510CR

Silver Wound Normal

REGAL/RED SET

ProArte Silver/Clear Normal

ProArte Dynacore Normal

500AR

Tomatito

ピンクラベルセット

RED SET

815SLT

特徴透明感のある高音としなやかで歌心のある低音が特徴EJ45の弾きやすさはそのままに、耐久性を向上甘い音色はそのままに、精度を高めた弦癖のない、均質でしなやかな定番弦!クールでモダンな印象の音色が特徴的歯切れが良く、芯のある音で演奏できる弦フラメンコらしいキレのある音を楽しめる軽やかで明るい音色を奏でられる丸みのある甘い音が特徴繊細な奏法にも敏感に反応してくれる弦
最安値
1,107
送料要確認
詳細を見る
1,300
送料要確認
詳細を見る
888
送料要確認
詳細を見る
980
送料要確認
詳細を見る
1,689
送料要確認
詳細を見る
1,296
送料要確認
詳細を見る
1,400
送料別
詳細を見る
1,160
送料要確認
詳細を見る
734
送料要確認
詳細を見る
2,785
送料要確認
詳細を見る
テンションノーマルテンションノーマルテンションノーマルテンションライトテンション・ノーマルテンション・ハードテンション・エクストラハードテンションノーマルテンションノーマルテンションノーマルテンション・ハードテンションノーマルテンションノーマルテンションスーパーライトテンション
材質ナイロンナイロンナイロンナイロンチタニウムフロロカーボン(高温弦)・ナイロン(低音弦)ナイロンナイロンナイロンナイロン
商品リンク

クラシックギター弦の売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、クラシックギター弦の楽天・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認して下さい。

まとめ

今回は、おすすめのクラシックギターの弦についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?弦にはさまざまな種類があり、音色やキャラクターもいろいろ。ぜひ今回の記事を自分のギターに合う弦探しに役立ててみてくださいね!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す