1. TOP
  2. >
  3. ペット・ペット用品
  4. >
  5. 昆虫飼育用品
  6. >
  7. カブトムシ用腐葉土のおすすめ人気ランキング5選【さなぎから羽化させよう!】
  • カブトムシ用腐葉土のおすすめ人気ランキング5選【さなぎから羽化させよう!】のアイキャッチ画像1枚目
  • カブトムシ用腐葉土のおすすめ人気ランキング5選【さなぎから羽化させよう!】のアイキャッチ画像2枚目
  • カブトムシ用腐葉土のおすすめ人気ランキング5選【さなぎから羽化させよう!】のアイキャッチ画像3枚目
  • カブトムシ用腐葉土のおすすめ人気ランキング5選【さなぎから羽化させよう!】のアイキャッチ画像4枚目
  • カブトムシ用腐葉土のおすすめ人気ランキング5選【さなぎから羽化させよう!】のアイキャッチ画像5枚目

カブトムシ用腐葉土のおすすめ人気ランキング5選【さなぎから羽化させよう!】

幼虫からカブトムシを育てるとき、餌とともに需要なのが飼育箱に使う土です。昆虫マットのように専用の商品を使えば確実ですが、夏場を過ぎると手に入りにくいことも…。そんなときにもカブトムシの飼育に合う腐葉土があれば、大切な幼虫をさなぎから羽化させる上でも役立ちます。

そこで今回は、カブトムシの飼育に最適な腐葉土の選び方とあわせて、通販で購入できるおすすめ商品を人気ランキング形式でご紹介します。幼虫を育てるために大切な飼育床は、あらかじめしっかり準備しておきたいものです。ぜひ記事を参考に、カブトムシが育ちやすい腐葉土を見つけてくださいね。
  • 最終更新日:2020年06月12日
  • 42,169  views
目次

カブトムシ用に腐葉土は使えるの?

カブトムシ用に腐葉土は使えるの?
秋や冬に枯れて落ちた葉っぱや枝がバクテリアやミミズなどにより長い時間をかけて土状にされた「腐葉土」は、選び方に気を付ければカブトムシ用のマットとして使用することが可能です。

初心者にも安心なよう、水分調整などを行なった専用の昆虫マットも販売されていますが、お店によっては10月頃には並んでいないことも…。簡単にスタートできるので夏の時期にはそちらを利用するのがおすすめですが、手に入りにくい時には今回ご紹介するポイントを押さえた腐葉土を利用する手もありますよ!

カブトムシ用腐葉土の選び方

まずはカブトムシ用腐葉土の選び方のポイントをご紹介したいと思います。ほとんどの腐葉土は園芸用として売られているので、カブトムシ用に使えるか否かをしっかりと自分で見極める必要があります。以下にポイントをまとめましたので、こちらを参考にカブトムシに使用できる腐葉土を見つけてくださいね。

殺虫成分が入っていないものを選ぶ

殺虫成分が入っていないものを選ぶ
腐葉土のほとんどは園芸用として販売されています。園芸用に売られている腐葉土には殺虫剤や消毒薬が入っている商品も多いのですが、これをカブトムシ用に使用するのはNGです。殺虫成分が含まれている腐葉土を使用すると、最悪の場合はカブトムシの幼虫が死んでしまうということも…。

最近では殺虫剤入りの腐葉土は減ってきておりほとんど見かけませんし、ほとんどは袋に殺虫剤入りの表記があるので分かりやすくなっていますが、不安であればお店の方などに確認してから購入するようにしましょう。

針葉樹を使用していないかチェック!

針葉樹を使用していないかチェック!
木には平べったい形の葉っぱが多い広葉樹と、先がとがって細い形が多い針葉樹があります。カブトムシの飼育に向いているのは、広葉樹だけを使用した腐葉土です。針葉樹には虫を殺す成分が入っていることもあるので、カブトムシ用の腐葉土にはおすすめできません。また、針葉樹を入れてもカブトムシの幼虫は食べないため、餓死してしまうことも。

腐葉土については国産の広葉樹を100%使用しているものも多く販売されているので、このようなタイプを選べば安心して使用できますが、中には理由があって海外の広葉樹を使用しているものもあるので、よく確認しておきましょう。海外のものを使っている場合、輸入の際に殺虫剤が使用されてないかも見ておくとより安心ですね。

適度に発酵しているものを選ぶ

適度に発酵しているものを選ぶ
手に取った時にぽろぽろと崩れる程度になっていれば幼虫用として十分ですが、腐葉土はあえて葉っぱの形を残す程度までの発酵に留めてあることが多く、完全に発酵させてはいないことも。そういった場合は米ぬかを適量加え、かきまぜて発酵を進めてあげましょう。

なお、中には発酵にこだわり、半年~1年もの間自然発酵を行った完熟の腐葉土もあります。発酵状態については届いてみないと分からないことも多いので、いくつか試してお気に入りを見つけるのもいいですね。

時期でも適した土は違う?

時期でも適した土は違う?
幼虫の時期とさなぎの時期では、適した土も少し違ってくるようです。幼虫の時期には、広葉樹だけで使った腐葉土をふるいにかけて細かくしたものに、乾燥しないように定期的に霧吹きで水をかけてあげるのがおすすめ。幼虫が小さなうちは、細かい腐葉土が食べやすいのです。

冬眠から目覚めた幼虫は、5月頃からさなぎになるための準備をはじめます。その時にさなぎになるための部屋である「蛹室」を作るのですが、ふわふわの土だけではいい蛹室ができないので、粘り気のある土が必要になってきます。今まで使用していた腐葉土に加え、赤玉土や昆虫マットを適宜混ぜてあげるのがおすすめですよ。

カブトムシ用腐葉土のおすすめ人気ランキング5選

それでは、人気のカブトムシ用腐葉土をランキング形式でご紹介します。


なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年6月12日時点)をもとに、編集部独自で順位付けしました。

5位
殺虫成分-
原料-
発酵-
4位
殺虫成分-
原料-
発酵-
3位
殺虫成分
原料落ち葉(国産)
発酵半年間
2位
殺虫成分
原料チーク落ち葉(インドネシア産)
発酵-
1位
カブトムシ腐葉土 プランティーションイワモト 完熟 腐葉土 1枚目
出典:amazon.co.jp

プランティーションイワモト完熟 腐葉土

1,350円 (税込)

殺虫成分
原料広葉樹(ナラ、クヌギなど)の落ち葉(関東平野産)
発酵期間1年間(堆積発酵)

人気カブトムシ用腐葉土の比較一覧表

商品画像
1
カブトムシ腐葉土 プランティーションイワモト 完熟 腐葉土 1枚目

プランティーションイワモト

2
カブトムシ腐葉土 鹿沼興産 厳選完熟腐葉土 1枚目

鹿沼興産

3
カブトムシ腐葉土 カネア 金の腐葉土 1枚目

カネア

4
カブトムシ腐葉土 野々山商事 岐阜県産 完熟腐葉土 100% 1枚目

野々山商事

5
カブトムシ腐葉土 秋本天産物 スーパーネオ完熟腐葉土 1枚目

秋本天産物

商品名

完熟 腐葉土

厳選完熟腐葉土

金の腐葉土

岐阜県産 完熟腐葉土 100%

スーパーネオ完熟腐葉土

特徴発酵期間は1年!ふるい通し済みで扱いやすい人気商品広葉樹のチークを発酵させた大容量腐葉土安心感を高めるための自然採集・自然発酵微量要素を豊富に含んだ国産品通気性・保水性・排水性にこだわった完熟腐葉土
最安値
1,350
送料要確認
詳細を見る
896
送料要確認
詳細を見る
1,380
送料要確認
詳細を見る
2,728
送料別
詳細を見る
413
送料別
詳細を見る
殺虫成分--
原料広葉樹(ナラ、クヌギなど)の落ち葉(関東平野産)チーク落ち葉(インドネシア産)落ち葉(国産)--
発酵期間1年間(堆積発酵)-半年間--
商品リンク

腐葉土を幼虫好みに変えよう!

腐葉土を幼虫好みに変えよう!
腐葉土はカブトムシの幼虫にとって家であり、エサでもあります。自然界では微生物やミミズによって分解された腐葉土を食べてカブトムシの幼虫は大きくなるのですが、購入した腐葉土で大きなカブトムシを育てるためには、少し工夫をしてあげる必要があります。最後に、幼虫が好きな腐葉土に変える方法をお伝えしておきますね。

まず、買ってきた腐葉土が粗い場合はふるいにかけて細かくします。小さい方が幼虫も食べやすいため、大きく育ちやすいんですね。その後は、定期的に霧吹きで腐葉土を湿らせましょう。目安としては軽く握れば固まり、それを指でつつくと簡単に崩れるくらいです。

もう一つ。幼虫はかなり食べるので、腐葉土だと思っていたら、全部フンだったという事もよくあるようです。フンが増えて来たらきれいに取り除き、腐葉土を足してあげてましょう。餌不足でカブトムシが死んでしまう原因にもなりますので、腐葉土の量にはよく注意してあげてくださいね!

カブトムシ用マットも上手に活用しよう

今回はカブトムシの飼育に使える腐葉土に絞ってご紹介しましたが、飼育用マットと上手に使い分けるのがおすすめです。以下の記事では、おすすめのマットを紹介していますので、こちらもあわせて参考にしてくださいね。

まとめ

今回は人気のあるカブトムシ用の腐葉土をランキング形式でご紹介してきましたが、いかがでしたか?カブトムシ専用の飼育マットを使用するのもいいですが、試行錯誤しながら腐葉土を幼虫好みに育てていくのも挑戦しがいがありそうです。今回ご紹介したのはいずれも質の良い腐葉土ばかりなので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す