1. TOP
  2. >
  3. ペット・ペット用品
  4. >
  5. 爬虫類・両生類飼育用品
  6. >
  7. 亀の飼育におすすめの水槽人気ランキング7選
  • 亀の飼育におすすめの水槽人気ランキング7選のアイキャッチ画像1枚目
  • 亀の飼育におすすめの水槽人気ランキング7選のアイキャッチ画像2枚目
  • 亀の飼育におすすめの水槽人気ランキング7選のアイキャッチ画像3枚目
  • 亀の飼育におすすめの水槽人気ランキング7選のアイキャッチ画像4枚目
  • 亀の飼育におすすめの水槽人気ランキング7選のアイキャッチ画像5枚目

亀の飼育におすすめの水槽人気ランキング7選

亀の飼育に必要な水槽は、亀が1日の大半を過ごす場所です。自由に動きまわれる快適な大きさのものを用意してあげたいですよね。しかし、何を基準に広さを決めればよいのか、お世話をしやすい高さはどれくらいか、など迷うところも多いのではないでしょうか。

そこで今回は、亀の飼育に適した水槽の選び方とともに、通販で購入できる人気のおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。甲羅干しできる陸地付きのものや、大きくなっても飼える大型のものなど豊富に揃っていますので、参考にしてみてくださいね!
  • 最終更新日:2020年08月27日
  • 86,772  views
目次

亀の飼育用水槽の選び方

まずは、亀の飼育用水槽の選び方についてご紹介します。亀は1日の大半を水槽の中で過ごすため、快適に過ごせるものを選びましょう。

亀の大きさに合うサイズを選ぶ

亀の飼育用水槽を選ぶ際に重要なポイントは、ご自宅の亀の大きさに合ったサイズの水槽を選ぶことです。飼っている亀が成長するとどのくらいまで大きくなるかを知っておきましょう。

甲羅の大きさの3倍が目安

甲羅の大きさの3倍が目安
亀を飼育する水槽の大きさは、甲羅の大きさの3倍が理想とされています。亀はストレスに弱い動物で、狭い水槽の中では思うように動けずストレスが溜まってしまうことも。亀が頻繁に水槽の壁を引っ掻くようになると、水槽が窮屈に感じているサインなので、ストレスが溜まる前に気付いてあげられるようにしましょう。

また、水棲亀の場合は、日光浴するための陸場が必須です。亀が乗れるサイズの陸場を設置して、亀が自由に動くことのできるスペースを確保した水槽を用意しましょう。ニオイガメなどの小型の亀には45cm、クサガメ(ゼニガメ)やイシガメなどには60cmの大きさのものが最低でも必要です。亀の水槽は大きければ大きいほどいいので、設置場所が許す限り大きいものを選びたいですね。

注意していただきたいのが、ペットショップや縁日などでよく見かけるミドリガメは成長すると甲長が30cmとなり、最低でも90cmの大きさが必要になります。大きな水槽を置くスペースがない場合は、飼育はあまりおすすめできません。

子亀なら成長後の大きさを考えてチョイス

子亀なら成長後の大きさを考えてチョイス
ペットショップなどで販売されている亀の多くは小さな子亀ですが、子亀の成長スピードは早く、1年で2倍以上の大きさになることも少なくありません。子亀が十分に動きまわれるサイズの水槽でも、1年後には身動きできなくなってしまった、なんてことも。

そのため、子亀のサイズに合わせた水槽を購入するのは、あまりおすすめできません。買い替えの回数を減らすためにも、成長した後の亀の大きさを考慮して水槽を購入しましょう。

高さは低いものがおすすめ

高さは低いものがおすすめ
亀はゆっくり動くことから、上空のカラスのような天敵に狙われやすいため、臆病で神経質な性格をしています。水槽から外へ出してあげる際に、真上から手を入れて持ち上げると亀は驚いてストレスを感じてしまうため、横から亀をつかめるように高さが低い水槽がおすすめです。

亀用の水槽として販売されているものは、ほとんどが魚用の水槽より高さが低くなっていますので、ご安心を。魚用の水槽を使用する場合のみ、高さに注意して選んでくださいね。低い水槽が亀には適していますが、水深が必要な水棲亀を飼育する場合には水を入れるため、ある程度の高さは必要になります。このように、亀の種類や特徴に合わせた高さのものを選びましょう。

ガラス製のものは傷つきにくく掃除も楽チン

ガラス製のものは傷つきにくく掃除も楽チン
亀の飼育用水槽はガラス製のものがおすすめです。アクリル製の水槽だと亀の爪で傷ついてしまい、苔や雑菌が繁殖しやすくなってしまうため、あまりおすすめできません。ガラス製の水槽だと傷つきにくく耐久性もあり、掃除もしやすいため、亀の飼育に最適です。

また、亀を冬眠させない場合は水中ヒーターを使用し、水温を高める必要があります。プラスチック製の水槽だと水中ヒーターの温度で溶けてしまうことがあるため、水中ヒーターを使用する場合はガラス製の水槽を使用しましょう。メリットばかりのガラス製水槽ですが、割れやすいというデメリットもあります。持ち運びや掃除をする際には十分に注意してくださいね。

プラスチック製の水槽は傷がつきやすく、長期間の飼育には適していませんが、軽くて持ち運びがしやすいため移動用として使うことができます。掃除中の一時的な場所として、また、動物病院への移動中のケースとして1つ持っておくと便利ですよ。さらに、産卵した卵の管理や、生まれた子亀の飼育などにもプラスチック製水槽は大活躍します。

亀の飼育用水槽のおすすめ人気ランキング7選

それでは亀の飼育におすすめの水槽をご紹介します。どれも選び方のポイントをおさえたものばかりですので、お気に入りの水槽を見つけてください。

ランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年5月26日時点)をもとにして順位付けしています。

7位
サイズ幅60×奥行30×高26cm
素材ガラス
6位
サイズ幅31×奥行31×高20cm
素材ガラス
5位
サイズ幅39.5×奥行25.5×高18.8cm
素材ガラス
4位
サイズ幅31×奥行30.4×高20cm
素材ガラス
3位
サイズ幅45×奥行30×高25.4cm
素材ガラス
2位

ACHICOO爬虫類 亀 飼育ケース カバー付き

2,224円

サイズ幅33×奥行24×高17cm
素材PVC
1位
サイズ幅23.5×奥行18.5×高17.2cm
素材ガラス

人気亀の飼育用水槽の比較一覧表

商品画像
1
亀 水槽 ジェックス カメ元気 はじめて飼育セット 1枚目

ジェックス

2
亀 水槽 ACHICOO 爬虫類 亀 飼育ケース カバー付き 1枚目

ACHICOO

3
亀 水槽 ジェックス カメの楽園450 1枚目

ジェックス

4
亀 水槽 寿工芸 ヒュドラケース 3120 1枚目

寿工芸

5
亀 水槽 水作 タートルファミリーフラットエル 1枚目

水作

6
亀 水槽 三晃商会 グラスゾーン30WH 1枚目

三晃商会

7
亀 水槽 ジェックス マリーナガラス水槽 600L LOWタイプ 1枚目

ジェックス

商品名

カメ元気 はじめて飼育セット

爬虫類 亀 飼育ケース カバー付き

カメの楽園450

ヒュドラケース 3120

タートルファミリーフラットエル

グラスゾーン30WH

マリーナガラス水槽 600L LOWタイプ

特徴子亀の飼育に最適なコンパクトな水槽セット!小さなヤシの木が可愛い手頃な水槽のびのび飼育できる!大きくなった亀のお引越しにもガラスケースとスクリーンフレームのセット商品亀の飼育をすぐに始めたいならこれ!世話をしやすいメッシュのスライド扉付き幅60cm・奥行30cmの広々サイズ
最安値
1,354
送料要確認
詳細を見る
3,297
送料要確認
詳細を見る
3,980
送料要確認
詳細を見る
2,670
送料要確認
詳細を見る
4,750
送料別
詳細を見る
2,572
送料要確認
詳細を見る
サイズ幅23.5×奥行18.5×高17.2cm幅33×奥行24×高17cm幅45×奥行30×高25.4cm幅31×奥行30.4×高20cm幅39.5×奥行25.5×高18.8cm幅31×奥行31×高20cm幅60×奥行30×高26cm
素材ガラスPVCガラスガラスガラスガラスガラス
商品リンク

買い替えのタイミングも大切

買い替えのタイミングも大切
亀の寿命は長く、中には30年以上も生きる種類も。ガラス製の耐久性の高い水槽を使用していても、ゆくゆくは買い替えが必要になります。亀の成長に合わせて大きなサイズへと買い替えることも必要ですが、傷やひびが入った場合にもすぐに交換するようにしましょう。特にガラス製の水槽だと、思わぬ事故の原因にもなります。水槽が古くなってきたと感じたら、新しいものと交換してくださいね。

水槽の代用として衣装ケースも使える!

水槽の代用として衣装ケースも使える!
意外ですが、亀の飼育用水槽の代用として衣装ケースを使用している方は多くいます。衣装ケースはペットを飼育する目的には作られていませんが、温度管理がしやすく、汚れても簡単に丸洗いできるなどのメリットがあり、水槽よりも安価に購入することができますよ。大きさや形など種類が豊富なので、一度試してみるといいかもしれません。

一方でデメリットとしては、水槽よりも耐久性が劣ることや、ヒーターや照明などで溶けてしまう可能性があること。水棲亀を飼育するには水が必要になりますが、水漏れして床が水浸しになってしまった、なんてこともあり得ます。衣装ケースで亀を飼育する際には、耐久性を考慮して、安全面に気を付けて使用しましょう。

なお、衣装ケースについては以下のリンクで詳しく解説していますので、併せて見てみてくださいね!

亀用フィルターで掃除・水換えの負担を減らそう

亀は水を汚す生き物なので、水槽の掃除や水の入れ替えも一苦労。そこでおすすめなのが、亀用フィルターです。水槽に設置するだけで水をきれいに保ってくれ、面倒な水換えや掃除の手間も軽減されますよ。下記のリンクでは、亀用フィルターのおすすめ商品をご紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

まとめ

亀の飼育におすすめの水槽についてご紹介してきましたが、いかがでしたか。亀はストレスに弱く、狭い水槽だと水槽を引っ掻いてしまいます。亀が快適な環境で暮らせるように、選び方のポイントをおさえたぴぴったりの水槽を見つけましょう!

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す