1. TOP
  2. >
  3. ペット・ペット用品
  4. >
  5. 昆虫飼育用品
  6. >
  7. 爬虫類用ヒーターのおすすめ人気ランキング13選
  • 爬虫類用ヒーターのおすすめ人気ランキング13選のアイキャッチ画像1枚目
  • 爬虫類用ヒーターのおすすめ人気ランキング13選のアイキャッチ画像2枚目
  • 爬虫類用ヒーターのおすすめ人気ランキング13選のアイキャッチ画像3枚目
  • 爬虫類用ヒーターのおすすめ人気ランキング13選のアイキャッチ画像4枚目
  • 爬虫類用ヒーターのおすすめ人気ランキング13選のアイキャッチ画像5枚目

爬虫類用ヒーターのおすすめ人気ランキング13選

爬虫類の飼育に必要不可欠なのが、「爬虫類用ヒーター」です。変温動物である爬虫類にとって、寒さは大敵。真冬の寒い時期はもちろんのこと、クーラーを使用している場合には夏でもヒーターでケージの中を暖めておくことが必要です。しかし爬虫類用ヒーターには電球型の保温球・シートのようなパネルヒーターや温熱マット・渦巻き模様が目立つセラミックヒーターなど色々な種類があるため、どれを選べばよいのか迷ってしまいますよね。

そこで今回は、爬虫類用ヒーターの選び方と、Amazonや楽天・Yahoo!ショッピングなどの通販で購入できるおすすめ商品ををランキング形式でご紹介します。自分のペットに合ったヒーターを見つけて、寒い冬でも快適に過ごせるようにしてあげましょう。
  • 最終更新日:2020年03月30日
  • 42,947  views
目次

爬虫類用ヒーターの選び方

それでは爬虫類用ヒーターの選び方をご紹介します。自分の飼っている爬虫類とケージに合ったヒーターを見つけて、元気に活動する姿を見られるようにしましょう。

使いやすいパネルヒーターがおすすめ

使いやすいパネルヒーターがおすすめ
一口に爬虫類用ヒーターといっても様々な種類がありますが、中でも一番おすすめなのが、パネルヒーター。シートのように薄くなっており、ケージの下に置いて下から温めたり、蓋に取り付けて上からケージ全体を温めてくれます。下に敷いた場合は、ケージ内が温まるだけではなく、ペットの爬虫類がシートの上に乗って暖を取るのにも便利です。

コード穴や取り付け場所を確保する必要がなく、基本的にケージの下に置くだけなので簡単。蓋につけるタイプもそれほど難しい作業はいりません。ケージの外側に設置するため、ペットが直接触れて火傷をする心配も不要。ケージ内の湿度を保つために霧吹きを使うこともできます。

自動で温度調節をする機能があるタイプと自分で温度を設定できるタイプがありますが、どちらも使用電気量が少なく、電気代が比較的安くすむのも魅力。ケージ下に置くタイプなら、基本的にコンセントを差すだけで使うことができるので、初心者の方にもおすすめです。

サイズはケージ底面積の1/3程度が◎

サイズはケージ底面積の1/3程度が◎
ケージの下に置くパネルヒーターの場合は、底面積の大体1/3くらいの大きさが目安です。ヒーターを全面に敷き詰めてしまうと、熱い時にペットが逃げるスペースがなくなってしまいます。ケージの外に置くのでケージが小さくても熱くなりすぎる心配もなし。薄くて場所を取らないため、ケージ周囲にスペースが無くても設置することができます。

温度は自動設定でOK

温度は自動設定でOK
温度調節は自動設定のものがおすすめです。なかでも、コンセントを入れるだけですぐに温まってくれるものなら、手間いらずで便利。ほとんどの場合、温度が高くなると自動的に制御して必要以上に温度が上がらないようにしてくれる機能がついているため、熱くなりすぎる心配もありません。

一方、温度設定ができるタイプは、自分でペットに最適な温度を設定してあげられることが魅力。夏場は低めに、冬場は高めになど環境に合わせて温度を変えられるので、省エネにもなります。どちらのタイプも、サーモスタットなどを使ってケージ内の温度を一定に保ってあげましょう。

爬虫類用ヒーターのおすすめ人気ランキング13選

それではここからは、通販で購入できる人気の爬虫類用ヒーターをランキング形式で紹介します。設定温度や設置場所なども載せているので、選ぶ際の参考にしてください。

なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年2月19日時点)をもとにして順位付けしています。

13位
サイズ32.5×25.5㎝
適応ケージサイズ-
タイプパネルヒーター・温度自動設定
設定温度38~42℃
設置場所-
12位
爬虫類ヒーター highshop(ハイショップ) 爬虫類加熱パッド M 1枚目
出典:amazon.co.jp

highshop(ハイショップ)爬虫類加熱パッド M

1,473円 (税込)

サイズ28.0×15.0cm
適応ケージサイズ-
タイプ温度手動設定
設定温度30〜39℃
設置場所-
11位
サイズ35×20cm
適応ケージサイズ-
タイプパネルヒーター・温度手動設定(温度制御機能つき)
設定温度25〜45℃
設置場所ケージ下
10位
爬虫類ヒーター LORIA・JP(ロリアジャパン) エコパネルヒーター 1枚目
出典:amazon.co.jp

LORIA・JP(ロリアジャパン)エコパネルヒーター

700円 (税込)

サイズ28×15cm
適応ケージサイズ-
タイプパネルヒーター・PTC・温度手動設定
設定温度-
設置場所-
9位
サイズ46×25cm
適応ケージサイズ-
タイプ-
設定温度-
設置場所ケージ内(床材下)
8位
サイズ11.5×9.7cm
適応ケージサイズ20cm以下
タイプパネルヒーター・PTC・温度手動設定・温度固定式
設定温度約45℃
設置場所ケージ外側
7位
爬虫類ヒーター テイケン マルチパネルヒーター ピタリ適温プラス 18x15cm 1枚目
出典:amazon.co.jp

テイケンマルチパネルヒーター ピタリ適温プラス 18x15cm

PH-2018-01

1,500円 (税込)

サイズ18×15cm
適応ケージサイズ-
タイプ導電性インク・温度手動設定
設定温度0〜45℃
設置場所ケージ下
6位
サイズ24×24cm
適応ケージサイズ45~60cm
タイプパネルヒーター・PTC・温度手動設定
設定温度25~45℃
設置場所ケージ下
5位
サイズ30×20cm
適応ケージサイズ-
タイプサーモスタット
設定温度25℃ ON~38℃ OFF
設置場所ケージ内可
4位
サイズ約30.5×23cm
適応ケージサイズグラステラリウム4530/4545/4560、グラステラリウム6030/6045/6060、レプテリア500、レプテリアクリア450、幅45~60cmケージ
タイプパネルヒーター・PTC・温度手動設定
設定温度約45℃
設置場所-
3位
サイズ24×11.5×cm
適応ケージサイズ30〜45cm
タイプパネルヒーター・PTC・温度手動設定
設定温度25~45℃
設置場所ケージ下
2位
サイズ25×22cm
適応ケージサイズ-
タイプ温度自動設定
設定温度42℃±5
設置場所-
1位
サイズ25×20×2.1cm
適応ケージサイズ45cm
タイプパネルヒーター
設定温度-
設置場所ケージ上部

人気爬虫類用ヒーターの比較一覧表

商品画像
1
爬虫類ヒーター みどり商会 暖突 S 1枚目

みどり商会

2
爬虫類ヒーター みどり商会 ピタリ適温プラス 2号 1枚目

みどり商会

3
爬虫類ヒーター ビバリア マルチパネルヒーター 14W 1枚目

ビバリア

4
爬虫類ヒーター ジェックス レプタイルヒート M 1枚目

ジェックス

5
爬虫類ヒーター みどり商会 スーパー1 Mサイズ 1枚目

みどり商会

6
爬虫類ヒーター 三晃商会 パネルウォーマー 16W 1枚目

三晃商会

7
爬虫類ヒーター テイケン マルチパネルヒーター ピタリ適温プラス 18x15cm 1枚目

テイケン

8
爬虫類ヒーター ビバリア エコパネルヒーター 4W 1枚目

ビバリア

9
爬虫類ヒーター みどり商会 もぐりっち Lサイズ 1枚目

みどり商会

10
爬虫類ヒーター LORIA・JP(ロリアジャパン) エコパネルヒーター 1枚目

LORIA・JP(ロリアジャパン)

11
爬虫類ヒーター Per Pet ヒーターマット 1枚目

Per Pet

12
爬虫類ヒーター highshop(ハイショップ) 爬虫類加熱パッド M 1枚目

highshop(ハイショップ)

13
爬虫類ヒーター みどり商会 ナイーブ 1枚目

みどり商会

商品名

暖突 S

ピタリ適温プラス 2号

マルチパネルヒーター 14W

レプタイルヒート M

スーパー1 Mサイズ

パネルウォーマー 16W

マルチパネルヒーター ピタリ適温プラス 18x15cm

エコパネルヒーター 4W

もぐりっち Lサイズ

エコパネルヒーター

ヒーターマット

爬虫類加熱パッド M

ナイーブ

特徴上部取り付け型で9割の熱量を放射!やけどのリスクも防ぐ!カーボン樹脂と画期的なシステムで温度を自動管理特許を取得した業界初の6層構造で効率的に発熱完全防水の水陸両用仕様!強度・安全性も高い安全性や省エネルギーが気になる方に◎0~45℃で細やかな温度調整が可能リーズナブルな電気代と国産の安全性が魅力!床材に潜らせて使う一風変わったヒーター面状発熱で断線の心配なし!自己温度制御式と温度制御機能で安全に使えるスピード発熱と高い熱伝導率で睡眠の質をアップ外気温に合わせてマットの温度が変わる!
最安値
4,280
送料別
詳細を見る
2,299
送料別
詳細を見る
2,655
送料別
詳細を見る
3,555
送料無料
詳細を見る
3,786
送料要確認
詳細を見る
3,469
送料別
詳細を見る
1,500
送料無料
詳細を見る
2,000
送料無料
詳細を見る
4,981
送料別
詳細を見る
700
送料要確認
詳細を見る
1,299
送料別
詳細を見る
1,473
送料別
詳細を見る
3,006
送料要確認
詳細を見る
サイズ25×20×2.1cm25×22cm24×11.5×cm約30.5×23cm30×20cm24×24cm18×15cm11.5×9.7cm46×25cm28×15cm35×20cm28.0×15.0cm32.5×25.5㎝
適応ケージサイズ45cm-30〜45cmグラステラリウム4530/4545/4560、グラステラリウム6030/6045/6060、レプテリア500、レプテリアクリア450、幅45~60cmケージ-45~60cm-20cm以下-----
タイプパネルヒーター温度自動設定パネルヒーター・PTC・温度手動設定パネルヒーター・PTC・温度手動設定サーモスタットパネルヒーター・PTC・温度手動設定導電性インク・温度手動設定パネルヒーター・PTC・温度手動設定・温度固定式-パネルヒーター・PTC・温度手動設定パネルヒーター・温度手動設定(温度制御機能つき)温度手動設定パネルヒーター・温度自動設定
設定温度-42℃±525~45℃約45℃25℃ ON~38℃ OFF25~45℃0〜45℃約45℃--25〜45℃30〜39℃38~42℃
設置場所ケージ上部-ケージ下-ケージ内可ケージ下ケージ下ケージ外側ケージ内(床材下)-ケージ下--
商品リンク

爬虫類用ヒーターを効率的に使うには

せっかくヒーターを買ったのなら、効率よくケージ内が暖まるようにしたいですね。より暖かさが得られるための工夫をご紹介します。

複数使いが基本

複数使いが基本
暖房効率の良い商品であれば、暖かい時期はヒーター1つだけでも大丈夫ですが、やはり冬場は1つでは暖かさが足りません。ヒーターは複数使いが基本です。人気があるのは、上部ヒーターと底面パネルヒーターの上下から温めるタイプ。特にトカゲは消化を促進するためにも、お腹を温めてあげられるよう底面ヒーターは取付けてあげましょう。

上部からケージ全体を温めれば、温度勾配もつくので爬虫類が過ごしやすい環境を作れます。飼っている爬虫類の種類やケージのタイプによって色々な組み合わせが考えられるので、好みに合った組み合わせを見つけてくださいね。

パネルヒーターの下には断熱材を

パネルヒーターの下には断熱材を
ケージの下に置くタイプのパネルヒーターの場合、せっかくの温かさが下に逃げてしまい、結果ケージ内が今一つあたたまらないということも。パネルヒーターの下に断熱材を置くと、温かさが逃げずに暖房効率がUPします。

断熱材は水槽用の断熱シートなどもありますが、水槽用でなくてもOK。フリースなどを下に敷くだけでも効果がありますよ。

その他のヒーターも上手に活用を

先ほどランキングでもご紹介したように、爬虫類の飼育にはパネルヒーターを使用するのが最適です。しかし、その他にも様々なタイプのヒーターがあるため、飼育する爬虫類に合わせて上手く使い分けていきましょう。

セラミックヒーターは昼行性の爬虫類に

セラミックヒーターは昼行性の爬虫類に
出典:amazon.co.jp

光を出さずに赤外線でケージ内を温めることのできるのが、セラミックヒーター。光が出ないため、夜の光を嫌う昼行性の爬虫類におすすめです。電球よりも長持ちするため、頻繁に交換する必要がなく、多少の水滴がついても割れる心配がありません。


ケージ内の空気や床材を温めることで爬虫類の体も温めますが、温まりやすく冷めにくいので注意が必要。やや高価なことと、光が出ないために故障していても気づきにくいことが難点です。本体がかなり熱くなるので、設置場所の工夫も大事なポイントです。登ってしまう可能性が高い樹上性の生き物はやけどの可能性があるためケージ外に、リクガメなど登る可能性の低い地表性の生き物はケージ内など暮らす場所に合わせて設置しましょう。また、点灯中や消灯後は直接触れないよう気を付けてくださいね。

サイズ8.5×8.5×11cm
適応ケージサイズ60cm以上
タイプ赤外線放熱セラミックヒーター
設定温度-
設置場所ケージ内

電球型の保温球は大人しい爬虫類に

電球型の保温球は大人しい爬虫類に
出典:amazon.co.jp

あまり活動的でない爬虫類には、電球タイプの保温球も選択肢のひとつ。表面が熱くなるので注意が必要ですが、光が出るためきちんと作動しているかどうかわかりやすく、温めやすいのがメリット。そのうえ、比較的安価で購入できます。


ケージ内を部分的に温める集光タイプとケージ内全体を温める散光タイプがあり、集光タイプはケージ内に温度の高いところと低いところ、つまり温度勾配をつけるのにも向いています。スワンプグローという水棲カメ用の水がかかっても割れにくいタイプの電球もありますが、それ以外の電球の多くは水がかかると割れてしまうため、取扱いには十分注意しましょう。

サイズ6.5×6.5×10cm
適応ケージサイズ-
タイプ昼夜兼用集光型スポットランプ
設定温度電球から10cmで40℃・20cmで27℃・30cmで23℃(目安)
設置場所ケージ内

カルシウムもしっかり補給しよう!

爬虫類を元気に成長させるためには、栄養管理も重要です。とくに爬虫類に不足しがちなカルシウムは、普段のえさとは別にしっかり補ってあげなければいけません。以下の記事でも、パウダータイプからリキッドタイプまで様々な種類のおすすめ商品を紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

爬虫類用ヒーターの売れ筋ランキングもチェック!

なお参考までに、爬虫類ケージのAmazon、Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

まとめ

いかがでしたか。通販で人気のおすすめの爬虫類用ヒーターをランキング形式でご紹介しました。ペットの爬虫類が寒くて動きが鈍くなってはかわいそうです。いつでも快適に過ごせるよう、自分の飼っているペットに合ったお気に入りの爬虫類用ヒーターを見つけてあげてください。

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す