• DIY用ワイヤーブラシのおすすめ人気ランキング15選のアイキャッチ画像1枚目
  • DIY用ワイヤーブラシのおすすめ人気ランキング15選のアイキャッチ画像2枚目
  • DIY用ワイヤーブラシのおすすめ人気ランキング15選のアイキャッチ画像3枚目
  • DIY用ワイヤーブラシのおすすめ人気ランキング15選のアイキャッチ画像4枚目
  • DIY用ワイヤーブラシのおすすめ人気ランキング15選のアイキャッチ画像5枚目

DIY用ワイヤーブラシのおすすめ人気ランキング15選

サビや塗装を落とす、「DIY用ワイヤーブラシ」。歯が真鍮・ステンレスなどの金属になっているアイテムです。SK11・SUN UP・高儀・ハンディ・クラウンなど多くのメーカーから販売され、柄付き・柄無し・電動工具用など形状の違いもあるため、どれを購入しようか迷うこともありますよね。

そこで今回は、通販で購入できるDIY用ワイヤーブラシのおすすめ人気ランキングをご紹介します。便利なセットタイプから、曲がりタイプなど色々とご紹介するので、状況に応じて使い分けてくださいね♪
  • 最終更新日:2019年05月23日
  • 7,567  views
目次

サビ落としや塗装落としに便利なワイヤーブラシ

サビ落としや塗装落としに便利なワイヤーブラシ

出典:amazon.co.jp

DIYでサビや塗装を落とすときに使われるのが、歯がステンレスや真鍮になったワイヤーブラシです。ナイロン製のブラシよりも削る力が強いので、サビや塗装を削り取ってくれます。リーズナブルな値段で入手しやすく、サビや塗装の範囲が広く手動では大変だという方には、電動工具に取り付けて使えるタイプも販売されているのでそちらのタイプもおすすめです。

DIY用ワイヤーブラシの選び方

ワイヤーブラシも、適切なものを選択すれば効率がアップします。こちらで情報をまとめましたので、参考に選んでくださいね!

3種類の中から用途にあった形状を選ぶ

意外と種類が豊富なのが、ワイヤーブラシの特徴です。ワイヤーデッキブラシや筆型など、変わったタイプも数多く販売されていますが、まずは大きく分けて3種類の形状を見ていきましょう。

小回りが効く基本の柄付きタイプ

小回りが効く基本の柄付きタイプ

出典:amazon.co.jp

歯ブラシを大きくしたような見た目が特徴。長い柄がついているので、力を入れやすいため力が弱い方でも比較的扱いやすいと人気です。また、狭い箇所にも届きやすく小回りが利きます。小柄の柄つきタイプは、用途が広くさまざまな作業に使えるので、どれにしようか迷っている方には特におすすめです。

たわしのように使える柄無しタイプ

たわしのように使える柄無しタイプ

出典:amazon.co.jp

柄がなく小判型や角型の板に、金属製のブラシが付いたタイプ。手で掴んで、そのままサビや塗装を磨きます。たわしのようにダイレクトに力が伝わり、ブラシも幅広いので広い面を磨く用途に適しています。

また近年ではそのままだと持ちにくいため、持ち手が付いたタイプも販売されるようになりました。持ち手付きタイプなら、持ちやすくより力を伝えられるので便利ですよ!

手で磨くよりハイパワーな電動工具用タイプ

手で磨くよりハイパワーな電動工具用タイプ

出典:amazon.co.jp

グラインダーやドリルドライバーなど、回転するタイプの電動工具に取り付けるタイプです。回転させて使うことから円盤状やカップ状が多く、ドリルドライバーなら細長い棒から歯が生えている形など、電動工具ごとに合わせた形状になっています。

電動工具に取り付けるだけあって、手動とは比べ物にならないくらい高速でサビや塗装を一気に削れます。なお、数が多すぎるので今回はサビや塗装落としにもっともよく使われるであろう、ディスクグラインダーに絞りおすすめのワイヤーブラシをご紹介します。

歯の部分はステンレスと真鍮が主流

ワイヤーブラシの歯の部分は、主にステンレスと真鍮のどちらかが使われています。ステンレスと真鍮では特徴が違うので、状況に応じて使い分けるのが正しい使い方です。

一気にサビを落とせる硬いステンレス

一気にサビを落とせる硬いステンレス

出典:amazon.co.jp

サビや塗装を一気に落としたいなら、ステンレス製を選びましょう。真鍮製よりも硬いため、削る能力が高く、サビや塗装を楽々と削り落とせます。ただし削りやすい分だけ、サビ・塗装と一緒にその下の素材も傷つけやすいのがデメリットです。

そのため最初はステンレス製で一気に削り、ある程度まで落とせたら真鍮製に切り替える使い方が一般的になっています。

柔らかく材料を比較的に傷つけにくい真鍮

柔らかく材料を比較的に傷つけにくい真鍮

出典:amazon.co.jp

真鍮はステンレス製よりも柔らかく、サビ・塗料の下にある素材を傷つけにくいのが特徴です。そのためサビや塗料が薄い場合や、できるだけ素材を傷つけたくない場合はこちらを使いましょう。また鋼(はがね)に真鍮をメッキしたタイプも多く、こちらは真鍮製よりも硬いので注意してください。

なお、真鍮は柔らかいため使っているうちに、段々と曲がってしまいます。もし曲がった場合は、硬いステンレス製のワイヤーブラシでゆっくりとすけば戻ります。また側面の部分は、ラジオペンチなどを使って戻してくださいね。

直毛とちぢれ毛は役割がそれぞれ違う

直毛とちぢれ毛は役割がそれぞれ違う

出典:amazon.co.jp

毛先には、直毛とちぢれ毛の2種類があります。これは平面には直毛を選び、棒状のものなど曲面に使うならちぢれ毛を選んでください。ちぢれ毛なら適度に曲がっているので、それが曲面にジャストフィットします。逆に直毛の場合は真っすぐでどこも均等に力がかかるため、平面な箇所に最適になります。

なおメーカーによっては、同じワイヤーブラシを直毛・ちぢれ毛の2タイプずつ販売しています。そのためランキングでは、どちらかひとつを代表してご紹介しますね。

カップワイヤーは装着できるサイズを確認する

カップワイヤーは装着できるサイズを確認する

出典:amazon.co.jp

ディスクグラインダーに取り付けるワイヤーブラシは、カップワイヤーと呼ばれています。このカップワイヤーは、取り付けられる直径がディスクグラインダーごとに違っているので、お持ちの機種を確認してから購入してください。

ちなみにジスクグラインダー用と記載しているケースもありますが、ディスクグラインダーの旧名で同じものですから問題なく使えます。ただし両頭グラインダーは、別の電動工具で種類が異なるため使えません。

【柄付きタイプ】ワイヤーブラシのおすすめ人気ランキング5選

それではおすすめのワイヤーブラシを、柄付きタイプ・柄無しタイプ・電動工具用のカップワイヤーに分けてご紹介します。
5位
長さ175mm
材質ステンレス・真鍮・ナイロン
毛の種類直毛
4位
長さ170mm
材質ステンレス・真鍮・塩化ビニル
毛の種類直毛
3位
長さ約225mm
材質ステンレス
毛の種類ちぢれ毛
2位
DIYワイヤーブラシ ベSBS  3本組ワイヤーブラシ レギュラーサイズ 1枚目
出典:amazon.co.jp

ベSBS 3本組ワイヤーブラシ レギュラーサイズ

S-104

584円 (税込)

長さ
材質ステンレス・真鍮・ABスチール
毛の種類直毛
1位
長さ180mm
材質ステンレス・真鍮・ナイロン
毛の種類直毛

おすすめ人気【柄付きタイプ】ワイヤーブラシの比較一覧表

商品画像
1
DIYワイヤーブラシ SUNDRY ワイヤーブラシ3本組 1枚目

SUNDRY

2
DIYワイヤーブラシ ベSBS  3本組ワイヤーブラシ レギュラーサイズ 1枚目

ベSBS

3
DIYワイヤーブラシ SUN UP ハンディーブラシ 先曲り  1枚目

SUN UP

4
DIYワイヤーブラシ AZ ワイヤーブラシ3本セット  1枚目

AZ

5
DIYワイヤーブラシ WORKPRO  ワイヤーブラシ3本セット 1枚目

WORKPRO

商品名

ワイヤーブラシ3本組

3本組ワイヤーブラシ レギュラーサイズ

ハンディーブラシ 先曲り

ワイヤーブラシ3本セット

ワイヤーブラシ3本セット

特徴作りはしっかり。でも価格はリーズナブルで人気!全長220mmと大型で、広い面を磨く際におすすめ曲面を磨く際に大活躍!3本セットでも価格はリーズナブル!ブラシ上部に小さい歯がついて便利
価格549円(税込)584円(税込)382円(税込)398円(税込)698円(税込)
長さ180mm約225mm170mm175mm
材質ステンレス・真鍮・ナイロンステンレス・真鍮・ABスチールステンレスステンレス・真鍮・塩化ビニルステンレス・真鍮・ナイロン
毛の種類直毛直毛ちぢれ毛直毛直毛
商品リンク

【柄無しタイプ】ワイヤーブラシのおすすめ人気ランキング5選

次は広い面を磨く際に便利な、柄無しタイプをご紹介します
5位
長さ38mm
材質
毛の種類直毛
4位
長さ-
材質真鍮
毛の種類直毛
3位
DIYワイヤーブラシ ハンディ・クラウン  真鍮ブラシ 小判 1枚目
出典:amazon.co.jp

ハンディ・クラウン 真鍮ブラシ 小判

1,067円 (税込)

長さ-
材質真鍮
毛の種類直毛
2位
長さ-
材質ステンレス
毛の種類-
1位
長さ-
材質
毛の種類ちぢれ毛

おすすめ人気【柄無しタイプ】ワイヤーブラシの比較一覧表

商品画像
1
DIYワイヤーブラシ SUN UP  チャンネルブラシ  1枚目

SUN UP

2
DIYワイヤーブラシ SK11 D型ブラシ  1枚目

SK11

3
DIYワイヤーブラシ ハンディ・クラウン  真鍮ブラシ 小判 1枚目

ハンディ・クラウン

4
DIYワイヤーブラシ 高儀 真鍮ブラシ  1枚目

高儀

5
DIYワイヤーブラシ 大五郎 大型ワイヤーブラシ 1枚目

大五郎

商品名

チャンネルブラシ

D型ブラシ

真鍮ブラシ 小判

真鍮ブラシ

大型ワイヤーブラシ

特徴取っ手付きでも低価格!コスパ抜群でおすすめです取っ手が付いていて、しっかりと抑えられる!ワックス落としにも便利な、持ちやすい小判型密集した真鍮毛が汚れをしっかり掻き出す持ち手になる部分が分厚く持ちやすい
価格981円(税込)1,934円(税込)1,067円(税込)927円(税込)1,185円(税込)
長さ----38mm
材質ステンレス真鍮真鍮
毛の種類ちぢれ毛-直毛直毛直毛
商品リンク

【電動工具用タイプ】カップワイヤーのおすすめ人気ランキング5選

最後にディスクグラインダーに取り付けて使える、カップワイヤーをご紹介します。
5位
DIYワイヤーブラシ サンフレックス  ジスクカップワイヤー 1枚目
出典:amazon.co.jp

サンフレックス ジスクカップワイヤー

962円 (税込)

長さ50mm(直径)
材質真鍮
毛の種類ちぢれ毛
4位
長さ75mm(直径)
材質鋼(真鍮メッキ)
毛の種類ちぢれ毛
3位
DIYワイヤーブラシ インエクスペンシブ  ひねりカップブラシ 1枚目
出典:amazon.co.jp

インエクスペンシブ ひねりカップブラシ

660円 (税込)

長さ65mm(直径)
材質
毛の種類ひねり毛
2位
長さ75mm(直径)
材質鋼(真鍮メッキ)
毛の種類ちぢれ毛
1位
長さ80mm(直径)
材質硬鋼
毛の種類ひねり毛

おすすめ人気【電動工具用タイプ】カップワイヤーの比較一覧表

商品画像
1
DIYワイヤーブラシ E-Value 剛腕カップブラシ  1枚目

E-Value

2
DIYワイヤーブラシ SUN UP  カップブラシ  1枚目

SUN UP

3
DIYワイヤーブラシ インエクスペンシブ  ひねりカップブラシ 1枚目

インエクスペンシブ

4
DIYワイヤーブラシ SK11  カップワイヤー  1枚目

SK11

5
DIYワイヤーブラシ サンフレックス  ジスクカップワイヤー 1枚目

サンフレックス

商品名

剛腕カップブラシ

カップブラシ

ひねりカップブラシ

カップワイヤー

ジスクカップワイヤー

特徴特徴はコスパの良さと安全性。ベストセラー1位の人気アイテム手ごろな値段で、品質も良く使いやすいサイズは小さくても、サビ・塗装落としに大活躍SK11ブランドだけあって種類が豊富プロも使っている高品質タイプ
価格1,260円(税込)950円(税込)660円(税込)1,282円(税込)962円(税込)
長さ80mm(直径)75mm(直径)65mm(直径)75mm(直径)50mm(直径)
材質硬鋼鋼(真鍮メッキ)鋼(真鍮メッキ)真鍮
毛の種類ひねり毛ちぢれ毛ひねり毛ちぢれ毛ちぢれ毛
商品リンク

電動工具用のワイヤーブラシを使うなら保護メガネを!

電動工具用のワイヤーブラシを使うなら保護メガネを!

出典:amazon.co.jp

手動と違い高速でカップワイヤーが回転するため、短時間で作業を終わらせられる電動工具用は便利です。しかし使用の際には危険性があるので、どのような工具でも保護メガネを必ず付けて作業しましょう。

ワイヤーブラシは針金がたくさん密集している作りで、高速でものに当てるため一部が欠けて飛んでくることがあるからです。回転速度が非常に速いので、目といった箇所に当たると大怪我するかもしれません。実際に回転するタイプの電動工具では、欠けて飛んできたものが目に当たり失明する事故が起きているので注意してください。

ワイヤーブラシの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、ワイヤーブラシのAmazonの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認して下さい。

まとめ

DIY用に使える、おすすめのワイヤーブラシをご紹介しました。

サビや塗装落としに使われるワイヤーブラシは、見るからに分かりやすい工具なので情報もあまりなく適当に選びがちです。しかしご紹介したようなステンレスや真鍮といった選び方を知っておけば、状況に合わせて使い分けられるので快適に作業できますよ!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す