【徹底比較】犬用ホットカーペットのおすすめ人気ランキング11選【電気で適温に保つ!】

【徹底比較】犬用ホットカーペットのおすすめ人気ランキング11選【電気で適温に保つ!】

寒い季節に愛犬の体を温められる、犬用ホットカーペット。専用カバーが付属しているもの・防水加工が施されたもの・さらに充電式のコードレスタイプなど、さまざまな商品があります。しかし、犬にとって安全な温度であるかを判断するのも難しく、どれを選ぶべきか悩んでしまいますよね。


今回は、ユカペット・ドギーマンなどAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどで売れ筋上位の犬用ホットカーペット11商品をすべて集め、最もおすすめの犬用ホットカーペットを決定したいと思います!


検証には、ペットの専門家である大谷幸代さんの協力を得て、以下の3点について比較・検証を行いました。

  1. 温度調節のしやすさ
  2. 強度・噛み癖対策
  3. 手入れのしやすさ


果たしてどの商品が1位となるのでしょうか?記事の後半では、電気を使わないタイプのホットカーペットも紹介していますので、ぜひ最後まで読んでくださいね。

  • 2020年05月27日更新
  • 89,500 views

検証のポイント

売れ筋の犬用ホットカーペット11商品をすべて集めて、徹底的に比較検証しました
  • 温度調節のしやすさ

    検証① 温度調節のしやすさ

    まずは「温度調節のしやすさ」を検証します。ホットカーペットとしての機能性と安全性に関わる、以下2点のチェックを行いました。犬の体を温めるのに十分な温度になっているか30分放置しても熱くなりすぎないかまた、下記に該当する場合は「温度調節がしやすい」と見なし、加点を行いました。低温面・高温面のリバーシブル仕様になっている専用カバーが付属している

  • 強度・噛み癖対策

    検証② 強度・噛み癖対策

    2つめは安全面において欠かせない、「強度・噛み癖対策」について検証します。識者の大谷幸代さんと一緒に商品をチェックし、以下の点を評価していきます。電源コードが補強されているか本体・カバーが破られる危険性はないか噛まれやすい部品がついていないか

  • 手入れのしやすさ

    検証③ 手入れのしやすさ

    最後は、「手入れのしやすさ」です。トリミング練習用のウィッグで各商品の表面を撫でて、どれだけ毛がつくかチェックします。また、コップの水を垂らし、どれだけ弾くかを評価しました。どちらの検証も、カバーが付属している商品は付けた状態で行いました。

  • すべての検証はmybest社内で行っています

    自社施設

    犬の専門家が検証協力!

    ペット関連のスペシャリストとして活躍する大谷幸代さんの協力を得て、商品の比較・検証を行いました。

    <ドッグトレーナー・トリマー:大谷幸代さん>
    ペットに関するあらゆるジャンルの仕事を経験している、ペットのスペシャリスト。

    ドッグトレーニングの勉強のため、大学在学中にイギリスへ短期留学。国内最大手のペット関連企業において、生体販売・トリマー・トレーナー・新規事業開発・成田空港内ペットホテル開業に伴うプロジェクトリーダー・ペット用品の開発などを行う。数々のコラムを執筆し、専門学校非常勤講師も務めている。

    犬用ホットカーペットは必要?

    犬用ホットカーペットは必要?

    寒い冬、ヒーターやエアコンで室温が調整されていても、足元の温度はあまり上昇しません。人間には快適に思えても、犬は寒さを感じていることが多いため、ぜひホットカーペットを敷いてあげましょう。特に、体温のコントロールがしにくい生後3ヵ月未満の子犬や老犬、病中・病後の犬への使用は非常に効果的です。


    「人間用のホットカーペットでもいいのでは?」と思う方もいるかもしれませんが、犬が噛んだり掘ったりすることを想定していないため、コードや本体の強度が足りないものもあります。また人間用よりも低温に設定できる商品が多いため、やけどのリスクも下がります。

    大谷幸代
    トリマー/ドッグトレーナー
    大谷幸代さんのコメント

    愛犬が体を丸めて眠っているときは、寒さを感じているサインです。ホットカーペットを上手に活用し、愛犬にも寒さ対策をしてあげましょう。


    老犬の場合、夏のエアコンで肌寒いと感じることもあるので、年間を通じて用意があると安心です。

    犬用ホットカーペットの選び方

    犬用ホットカーペットを選ぶ際に必ずチェックしておきたい「4つのポイント」をご紹介します。

    ① 寝床を埋め尽くさないサイズを選ぼう

    寝床を埋め尽くさないサイズを選ぼう

    ホットカーペットを選ぶにあたってまず考えなければいけないのがサイズです。犬が暑さを感じた際に移動できるよう、ケージやハウスの中を埋めてしまわないサイズを選びましょう。就寝スペースの半分が埋まる程度が目安です。


    意外に思えるかもしれませんが、逃げ場を作ってあげることが最も効果の高い安全対策であるため、温度よりもサイズが重要といえます。

    大谷幸代
    トリマー/ドッグトレーナー
    大谷幸代さんのコメント

    ケージやハウス、ベッドの上で使用する場合は、全面をカーペットで埋めてはいけません。犬が暑さを感じ移動したいと思ったときに動ける場所が無くなり、体調不良につながります。


    犬は意外に暑がりで、真冬であっても長時間カーペットの上に留まり続けるわけではありません。また全身をカーペット上に収める必要はなく、お腹のあたりが収まれば十分です。

    ② 適温に調整しやすいものを選ぼう

    サイズをチェックしたら、次は温度です。十分な温かさに設定できて調節もしやすく、じっとしている子犬や老犬でも安全に使える商品を選びましょう。

    まずは「温かい」と感じられる温度になるかどうか

    まずは「温かい」と感じられる温度になるかどうか

    寒さ対策のために購入するのであれば、温度が十分に上がらないと意味がありません。「温まらないものなんてあるの?」と思う方もいるかもしれませんが、実際に検証を行ってみると、温かさをほとんど感じられない商品がいくつかありました


    このあとご紹介する検証結果にも注目しながら、ホットカーペットとしての役割をしっかりと果たせる商品を判断してください。

    高温面と低温面のリバーシブルタイプが便利

    高温面と低温面のリバーシブルタイプが便利

    両面で温度が異なるリバーシブルタイプの商品であれば、本体をひっくり返すだけですぐに温度を変えることができます。


    高温面は40℃前後、低温面は30℃前後に設定された商品が多く、やけどが気になる場合は低温面を上にして使用するのがおすすめです。ただし絶対的な安全はありませんので、使用中は犬の様子や商品の温まり方をよく観察しましょう。

    大谷幸代
    トリマー/ドッグトレーナー
    大谷幸代さんのコメント

    使用する環境はさまざまである上に、犬の被毛の量も関係するため、「この温度なら安全」と言い切ることはできません。繰り返しになりますが、ホットカーペットの設置部分とそうでない部分を犬が自由に移動できるように、環境を整えてくださいね。

    カバーが付属していれば手軽に温度調節できる

    カバーが付属していれば手軽に温度調節できる

    付属のカバーも、手軽な温度調節を可能にするアイテムです。タオルなどでも代用できますが、ずれやすく、いたずらもされやすいため使い勝手はよくありません。


    なかには薄すぎて温度調節の役割を果たしてくれないものもあるので、熱さを和らげてくれるほどの厚みがあるか確認しておきましょう。

    ③ 強度と噛み癖対策が十分なものを選ぼう

    安全のためには、コードの仕様や本体の強度にも注目しなければいけません。特にいたずら好きの犬や力のある大型犬の場合は、壊れにくいホットカーペットかどうかをよく確認しましょう。

    電源コードが補強されているかチェック

    電源コードが補強されているかチェック

    まずチェックしたいのが、電源コードの補強状態です。特に子犬はかじってしまう可能性が高く、感電のリスクも少なくありません。コードがチューブなどで覆われ、本体が傷つかないように作られた商品を選びましょう。


    また、電源スイッチなどの部品もいたずらのターゲットになる可能性が高いため、余計なものが付属しておらず、できる限りシンプルな作りの商品を購入すべきです。

    本体の仕様・カバーの丈夫さも確認しよう

    本体の仕様・カバーの丈夫さも確認しよう

    当然ながら、電熱線が通った本体の強度も欠かせないポイントです。角や端などがめくれやすく噛まれやすい形状ではないか、表面に歯や爪が当たった際に穴が空いてしまわないかを確認しましょう。


    また、カバーの素材や耐久性も重要です。特に柔らかいものには興味を示しやすいので、掘ったり噛んだりしても破けないかどうかチェックしておく必要があります。

    大谷幸代
    トリマー/ドッグトレーナー
    大谷幸代さんのコメント

    犬は、バスタオルや毛布のような柔らかく形が変わりやすいものはつい夢中になって掘ってしまいます。自分の意のままに変形させられることで達成感や満足感を得るそうです。


    柔らかいカバーがついたものはクッション性が高いですが、破ってしまう危険性も高いといえます。

    ④ お手入れしやすいものを選ぼう

    お手入れしやすいものを選ぼう

    最後に、お手入れのしやすさにも注目しましょう。最も手間がかからないのはプラスチック・ビニールといった汚れや毛が付きにくい素材のホットカーペットです。粗相をしてしまう可能性があったり、抜け毛が多い場合は、カバーが付属していないプラスチック・ビニール製の商品や、カバーを外した状態でも使用できる商品がおすすめです。


    カバーつきのものを選ぶ場合は、水を弾き、毛がつきにくい素材であるかをチェックしておきましょう。お手入れのしやすさについても検証していますので、ぜひ検証結果を参考にしてくださいね。

    売れ筋の人気犬用ホットカーペット全11商品を徹底比較!

    犬用ホットカーペットの検証

    ここからは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどで売れ筋上位の犬用ホットカーペット11商品を集め、どの商品が最も優れているのかを検証していきます。


    検証項目は以下の3つとしました。

    検証①:温度調節のしやすさ

    検証②:強度・噛み癖対策

    検証③:手入れのしやすさ

    今回検証した商品

    1. ペティオ|ペットのための電気ヒーター ハード S サイズ
    2. マルカン|リバーシブルホッとヒーター 8W 犬用 ミニ
    3. アドメイト|ペット用リバーシブル電気ヒーター ハード Sサイズ
    4. アイリスオーヤマ|ペット用ホットカーペット Mサイズ 角型
    5. ドギーマン|遠赤外線2WAYテキオンヒーター ペット用 M サイズ
    6. ペキュート|ペット用 ホットカーペット
    7. ニチドウ|あったかマットソフト
    8. 貝沼産業|ユカペットEX Sサイズ
    9. Dopet|ペット用ホットカーペット
    10. BACTURE|ペット用ホットカーペット
    11. Runing pet|ペット用ホットカーペット

    検証① 温度調節のしやすさ

    温度調節のしやすさ

    まずは「温度調節のしやすさ」を検証します。ホットカーペットとしての機能性と安全性に関わる、以下2点のチェックを行いました。

    • 犬の体を温めるのに十分な温度になっているか
    • 30分放置しても熱くなりすぎないか


    また、下記に該当する場合は「温度調節がしやすい」と見なし、加点を行いました。

    • 低温面・高温面のリバーシブル仕様になっている
    • 専用カバーが付属している

    【検証結果ハイライト】危険な温度になるものはなかったが、適温かつ調節もしやすかったのは5商品のみ!

    【検証結果ハイライト】危険な温度になるものはなかったが、適温かつ調節もしやすかったのは5商品のみ!

    マルカン・ドギーマン・ペティオなど大手ペットメーカーの5商品が高評価で、満足できる温かさがあるだけでなく、カバーの付属やリバーシブル仕様など、機能性の高さが見られます。


    時間を置いても危険な温度になってしまうものはありませんでしたが、温度が低すぎてホットカーペットとは言い難い商品がいくつかありました。犬用ホットカーペットを選ぶ際は、「安全な温度か」の前に、まずは「十分温まるか」という部分に注目してください。

    大谷幸代
    トリマー/ドッグトレーナー
    大谷幸代さんのコメント
    ホットカーペットには、犬が商品の温かさを仲間の体温のように感じることで、寒さや寂しさを解消できるという効果があります。パッケージなどに書かれた「温かい」という曖昧な表現に惑わされず、本来の機能を果たしているものを選びましょう。

    検証② 強度・噛み癖対策

    強度・噛み癖対策

    2つめは安全面において欠かせない、「強度・噛み癖対策」について検証します。識者の大谷幸代さんと一緒に商品をチェックし、以下の点を評価していきます。


    • 電源コードが補強されているか
    • 本体・カバーが破られる危険性はないか
    • 噛まれやすい部品がついていないか

    【検証結果ハイライト】コードはプラグ付近まで補強されているどうかで差が出る。カバーは面ファスナー式が安全

    【検証結果ハイライト】コードはプラグ付近まで補強されているどうかで差が出る。カバーは面ファスナー式が安全

    この検証で大きな差が出たのは、コードの補強具合でした。どの商品もチューブで覆われていましたが、その素材はプラスチック・金属と強度に差があります。


    また、チューブが途中で途切れてしまっているものが多く、プラグ付近までしっかりと補強されていたのは4商品のみでした。「コードを補強しました!」と明記されていても不十分である可能性が高いので、写真や説明をよく確認しましょう。


    またカバーについては、ファスナーよりも「マジックテープ」などの面ファスナーで留めるタイプのものが安全です。細かなパーツは犬のターゲットになりやすいため、そのようなものが外側に出ていない商品を選んでください。

    大谷幸代
    トリマー/ドッグトレーナー
    大谷幸代さんのコメント
    誤飲事故は留守中・夜間など家族の目が届かないときに起こり、飲み込んだものが小さな部品や繊維だったとしても大きなダメージを与えてしまいます。愛犬の安全対策に油断は禁物です

    検証③ 手入れのしやすさ

    手入れのしやすさ

    最後は、「手入れのしやすさ」です。トリミング練習用のウィッグで各商品の表面を撫でて、どれだけ毛がつくかチェックします。


    また、コップの水を垂らし、どれだけ弾くかを評価しました。どちらの検証も、カバーが付属している商品は付けた状態で行いました。

    【検証結果ハイライト】ペットショップでも広く使われているユカペットなどは、確かに優秀

    【検証結果ハイライト】ペットショップでも広く使われているユカペットなどは、確かに優秀

    手入れの項目で高評価となったのは、やはりプラスチックやビニール製の商品でした。


    そのなかでも特に「ユカペット」や「あったかマットソフト」など、ペットショップでも使用されている商品は高評価。水拭き・丸洗いなどお手入れがしやすいことはもちろん、カバーなしでも柔らかいので、感触のよさも両立できます。

    大谷幸代
    トリマー/ドッグトレーナー
    大谷幸代さんのコメント
    子犬やシニア犬は、身の回りの品を汚してしまいがちですので、清潔さを維持できるかという点は重要なポイントです。愛犬のストレスも家族のストレスも軽減して快適に過ごすために、しっかりと確認してください。
    No.1

    ペティオペットのための電気ヒーター ハード S サイズ

    2,933円(税込)

    総合評価

    4.78
    • 温度調節のしやすさ: 5.0
    • 強度・噛み癖対策: 5.0
    • 手入れのしやすさ: 3.5

    温かい・調整しやすい・壊されない!mybest編集部が最もおすすめする犬用ホットカーペット

    犬用ホットカーペットの検証で第1位に輝いたのは、ペティオの「ペットのための電気ヒーター」でした!


    温かさは十分で、触った瞬間に思わず「あったかい!」と言ってしまうほど。リバーシブル仕様・専用カバーの付属で、温度調節も時間をかけず簡単に行えます。


    強度と噛み癖対策についても減点箇所がありませんでした。コードはプラグ付近まで隙間を開けずに補強、本体もプラスチック製のため爪や歯が当たっても危険な状態にはなりません。カバーも面ファスナー式で、犬の好奇心を刺激しにくいシンプルな作りになっています。


    カバーは毛や汚れがつきにくいとはいえませんが、粗相をしてしまう子犬やシニア犬の場合は、付けずに使用することも可能です。また、3位の商品と同じくケージ取り付け可能、さらに電源ランプも点灯します。安全かつ便利に使える、ベストバイのホットカーペットです!

    大きさ20cm×29cm
    サイズバリエーション3サイズ(S・M・L)
    重さ570g
    リバーシブル可
    カバー1枚(面ファスナー)
    消費電力14W
    製造中国
    No.2

    マルカンリバーシブルホッとヒーター 8W 犬用 ミニ

    1,813円(税込)

    総合評価

    4.70
    • 温度調節のしやすさ: 5.0
    • 強度・噛み癖対策: 5.0
    • 手入れのしやすさ: 3.0

    かわいい見た目だけじゃない!機能性や安全性もバツグンで評価の高い商品

    ピンク色のボディと、ふわふわとしたカバーがかわいらしいマルカンのホットカーペット。見た目の良さだけでなく、機能性と安全性も兼ね備えた商品でした。


    本体は高温・低温のリバーシブルになっており、状況に合わせながら使用する面を替えられます。温度の上がり具合も合格で、冷え込む日でもしっかりと犬の体を温めてくれるでしょう。


    コードは全体が金属製のチューブで覆われており、子犬やいたずら好きの犬でも心配なし。カバーも面ファスナー式で、本体もプラスチック製であるため壊される危険性は非常に低いといえます。


    カバーは汚れが目立ちやすい色で、検証では水があっという間に染み込んでしまいましたが、洗濯に手間がかかる場合は本体のみで使用できます。また、3種類のサイズがあるため、愛犬や設置スペースに合った大きさの商品が見つかるはずです。

    大きさ23cm×16cm
    サイズバリエーション3サイズ(ミニ・M・L)
    重さ350g
    リバーシブル可
    カバー1枚(面ファスナー)
    消費電力8W
    製造中国
    No.3

    アドメイトペット用リバーシブル電気ヒーター ハード Sサイズ

    1,100円(税込)

    総合評価

    4.48
    • 温度調節のしやすさ: 4.0
    • 強度・噛み癖対策: 5.0
    • 手入れのしやすさ: 4.5

    安全性を考えた細かな作りが高評価!ケージ取り付けも可能でさまざまな使い方ができる

    大手ペットメーカーペティオのブランドである「アドメイト」の商品は、十分な温かさで、ホットカーペットとしての役割をしっかりと果たしてくれます。専用カバーは付属していないものの、高温面と低温面のリバーシブル仕様になっているため、簡単に温度調節ができます


    強度・噛み癖対策についても抜かりがなく、最高評価を獲得しました。コードの補強はプラグの根元まで行き届き、本体はプラスチック製で穴が空いてしまう心配がありません。またプラグの首が曲がる設計で断線しにくいこと、使用中はランプが点灯することも安全性につながっています。


    丸洗いは不可ですが、表面についた汚れは水拭きですぐに取り除くことができます。また、四隅に針金を通せばケージの側面に取り付けることも可能で、長時間同じ場所から移動しないシニア犬などには大変便利です。

    大きさ24cm×16.5cm
    サイズバリエーション2サイズ(S・M)
    重さ550g
    リバーシブル可
    カバー-
    消費電力10W
    製造中国
    No.4

    アイリスオーヤマペット用ホットカーペット Mサイズ 角型

    2,580円(税込)

    総合評価

    4.42
    • 温度調節のしやすさ: 5.0
    • 強度・噛み癖対策: 4.3
    • 手入れのしやすさ: 3.0

    十分温かく、コードや本体の強度も合格。しかしカバーがファスナー式で減点

    ペット用品を多く取り扱う、アイリスオーヤマのホットカーペットは4位にランクイン。愛犬の寒さを解消するのに十分な温かさがあり、熱くなりすぎる様子も見られませんでした。


    コードの補強と、本体の強度についても抜かりがありません。プラグの根元までがっちりと覆われたコードは噛まれても安全性が高く、本体も硬い素材で作られています。カバーを外して使用しても大きな危険はないでしょう。


    安全面において減点対象となったのは、カバーがファスナー式であること。壊されやすいだけでなく、外れた部品を誤飲してしまう危険性があります。また薄いフリース素材でできているので、掘ることが好きな犬には向いていません。毛もつきやすいため、カバーをかけて使う場合はこまめなお手入れが必要です。

    大きさ37.5cm×26.5cm
    サイズバリエーション5サイズ(S・M・L・LL・3L)
    重さ800g
    リバーシブル可
    カバー1枚(ファスナー)
    消費電力11W
    製造中国
    No.5

    ドギーマン遠赤外線2WAYテキオンヒーター ペット用 M サイズ

    3,200円(税込)

    総合評価

    4.42
    • 温度調節のしやすさ: 5.0
    • 強度・噛み癖対策: 4.3
    • 手入れのしやすさ: 3.0

    本体・カバーともにリバーシブルで便利に使える。だが、コードの補強があと10cm足りず…

    ドギーマンのホットカーペットは、本体は弱面と強面のリバーシブル、カバーは毛足が長い面と短い面のリバーシブルになっており、温度調節がしやすい仕様でした。温かさも問題なく、シーンに合わせて便利に使えるでしょう。


    本体はプラスチック製で十分な強度があり、カバーなしでも使用できます。ですが、コードの補強状態に問題がありました。硬いチューブで覆われているものの、プラグから10cmほどまでは細い線がむき出しの状態です。また、カバーはしっかりと面ファスナー式になっているにもかかわらず、不要なタグが付いていることで減点となってしまいました。


    お手入れのしやすさは平均的な結果に。カバーはどちらの面も水が染み込みやすかったため、頻繁に汚してしまう場合はカバーなしでの使用が向いています。

    大きさ26cm×40cm
    サイズバリエーション2サイズ(M・L)
    重さ950g
    リバーシブル可
    カバー1枚(面ファスナー)
    消費電力13W
    製造中国
    No.6

    ペキュートペット用 ホットカーペット

    2,580円(税込)

    総合評価

    3.65
    • 温度調節のしやすさ: 4.0
    • 強度・噛み癖対策: 3.5
    • 手入れのしやすさ: 3.0

    噛まれやすい部品と本体の薄さが気になる。いたずらをする犬には向かない商品

    9位・10位の2商品と同じくAmazonで人気の高い、中国メーカーのホットカーペットです。9位のものはカバーが薄くペラペラでしたが、こちらの商品はある程度厚みがあり、感触も滑らかです。また、抜け毛がつきにくく、水も染み込みにくいという結果が出ました。


    ですが、カバーにはファスナーとタグが付いているため、いたずらのターゲットになりやすいでしょう。本体は電熱線が触れるほど薄いビニール製なので、カバーが破れてしまうと危険です。いたずらの心配が全くないシニア犬などでなければ、安全な使用は難しいでしょう。


    適度な温度になり温かさは問題ありませんが、リバーシブル仕様ではないため、調節のしやすさはあと一歩という評価でした。

    大きさ40cm×32cm
    サイズバリエーション3サイズ(S・M・L)
    重さ680g
    リバーシブル可-
    カバー2枚(ファスナー)
    消費電力20W
    製造中国
    No.7

    ニチドウあったかマットソフト

    3,280円(税込)

    総合評価

    3.50
    • 温度調節のしやすさ: 2.0
    • 強度・噛み癖対策: 4.8
    • 手入れのしやすさ: 4.5

    手入れのしやすさは高評価だが、温度がいまひとつ…。コードの補強もあと一歩

    9位の「ユカペット」と同じく、柔らかい素材でできたソフトタイプのホットカーペットです。


    高評価だったのは手入れのしやすさ。表面がビニールであるため汚れや毛を弾き、サッと水拭きをすることもできます。子犬やシニア犬が使ってもお手入れの手間がかかりません。


    ですが、電源を入れてからいくら待っても「ぬるい」と感じる温度にしかなりませんでした。やけどの危険はないものの、寒さ対策に使うものとしては不十分です。また、コードはプラグの根元まで覆われていましたが、継ぎ目がゆるかったため減点の対象となりました。

    大きさ29cm×23cm
    サイズバリエーション2サイズ(S・M)
    重さ580g
    リバーシブル可
    カバー-
    消費電力-
    製造中国
    No.8

    貝沼産業ユカペットEX Sサイズ

    3,500円(税込)

    総合評価

    3.25
    • 温度調節のしやすさ: 2.0
    • 強度・噛み癖対策: 4.0
    • 手入れのしやすさ: 5.0

    ペットショップでも使われる定番商品だが、温かさとコードの仕様が減点対象に

    ペット用ホットカーペットの定番商品である「ユカペット」。丸洗い可・コード交換可という使い勝手の良さで、ペットショップなどでも使われていますが、検証の結果はいまひとつでこの順位に留まりました。


    まず気になったのは温度です。高温面でも「温かい」と感じられる温度まで上がらず、ホットカーペットとしての機能には疑問が残ります。安全な温度ではあるものの、寒さを解消してあげるのは難しいでしょう。


    また、コードの安全性にも問題がありました。ペットショップではショーケースの外にコードを出すためか、補強用のチューブが付いていたのは全体の半分まででした。安全面を考えると家庭では使いづらい設計です。

    大きさ32.5cmx25.5cm
    サイズバリエーション2サイズ(S・M)
    重さ505g
    リバーシブル可
    カバー-
    消費電力22W
    製造日本
    No.9

    Dopetペット用ホットカーペット

    2,880円(税込)

    総合評価

    2.70
    • 温度調節のしやすさ: 4.0
    • 強度・噛み癖対策: 1.5
    • 手入れのしやすさ: 2.0

    10位の商品とほぼ同じ仕様で、破壊してしまうリスクが高い

    10位の商品とほぼ同じ仕様のホットカーペットで、こちらもAmazonで売れ筋となっています。


    しっかりと温かさを感じられ、熱くなりすぎることもありませんでしたが、やはりコードや本体に安全性が不足した部分があります。温度調節用のリモコンは犬のおもちゃになってしまう可能性が高く、コードの補強も途中までしかありません。本体・カバーは厚さが足りず、力のある犬ならあっという間に中の電熱線に触れてしまいそうです。


    お手入れについても同じく、カバーに毛がつきやすいことが低評価につながりました。2枚付属していますが頻繁に交換する必要があり、本体の強度が足りないため、カバーを外しての使用はリスクが伴うでしょう。

    大きさ40cm×30cm
    サイズバリエーション1サイズのみ
    重さ500g
    リバーシブル可-
    カバー2枚(ファスナー)
    消費電力15W
    製造中国
    No.10

    BACTUREペット用ホットカーペット

    2,680円(税込)

    総合評価

    2.70
    • 温度調節のしやすさ: 4.0
    • 強度・噛み癖対策: 1.5
    • 手入れのしやすさ: 2.0

    温かさは合格点だが、コード・本体・カバーすべての強度が不十分

    Amazonの売れ筋ランキングで上位に入る商品ですが、安全面の評価の低さが足を引っ張り、10位という結果になりました。


    温度に関しては、数分で十分な温かさになり、熱くなりすぎる様子もありませんでした。ですが、商品全体の強度や噛み癖対策が不足しています。電源コードにはいたずらされやすいリモコンが付いており、その先は補強用のチューブが巻かれていません。また本体・カバーともに薄くペラペラとした作りで、犬の歯や爪が当たると破れてしまう可能性が高いのも難点です。


    付属のカバーはかなり毛がつきやすく、水を弾く様子もありませんでした。本体の耐久性を考えるとカバーを外して使用するのは難しいので、こまめな手入れは避けられません。

    大きさ40cm×30cm
    サイズバリエーション2サイズ(S・M)
    重さ520g
    リバーシブル可-
    カバー2枚(ファスナー)
    消費電力15W
    製造中国
    No.11

    Runing petペット用ホットカーペット

    1,200円

    総合評価

    2.15
    • 温度調節のしやすさ: 2.0
    • 強度・噛み癖対策: 2.0
    • 手入れのしやすさ: 3.0

    温かさを感じられず、暖房器具としての役割を果たせない…。噛まれるリスクも高い

    こちらの商品は「ホットカーペット」といえるレベルの温度まで上昇しなかったため、最下位という結果に。他の商品と比較して全体の面積に対する電熱線の量が少なく、いくら待っても「温かい」と感じられませんでした。


    また、コードの状態も安全ではありません。補強のためのチューブは全体の長さの半分もいかずに途切れてしまっている上、電源スイッチを噛まれる危険性が高いといえます。本体も柔らかい布でできており、掘ったりかじったりといういたずらに耐えるのは難しそうでした。


    お手入れに関しては、毛の付着はしにくかったものの、カバーが付属していないため汚れが本体に直接染み込んでしまいます。検証項目のすべてで低い評価となってしまいました。

    大きさ45cm×45cm
    サイズバリエーション1サイズのみ
    重さ520g
    リバーシブル可-
    カバー-
    消費電力30W
    製造中国

    人気犬用ホットカーペットの検証結果比較表

    低温やけどのサインをチェック!

    低温やけどのサインをチェック!

    犬用ホットカーペットは、危険な商品を購入したり、誤った使い方をしてしまうと低温やけどを引き起こす可能性があります。以下のようなやけどのサインを見つけたら、動物病院で薬剤の処方を受け、患部の保護してもらう処置が必要です。


    • 被毛が焦げている
    • 毛質が部分的に変わっている
    • 部分的なかゆみを訴えている

    安全な商品を正しく使用することはもちろんですが、愛犬の様子をよく観察することを怠らないようにしましょう。

    大谷幸代
    トリマー/ドッグトレーナー
    大谷幸代さんのコメント

    犬の体は毛で覆われているため、低温やけどはなかなか気付きにくいものです。犬自身に自覚症状がなかったり、アピールをしないことも原因です。特に、症状が広範囲に出ている場合や、かゆがるそぶりがある場合はすぐに動物病院を受診しましょう。

    まとめ

    今回は人気の犬用ホットカーペット11商品を実際に使用して比較しましたが、いかがでしたか?検証を行う前は「とにかく熱くなりすぎないことが大事」と思っていましたが、あまりに低温で使いものにならない商品があったことに驚きました。


    そして、安全のためにはサイズ選びが重要です。バリエーションが豊富なものもありますので、しっかりと逃げ場を作ることができる、最適な大きさの商品を選んでくださいね。


    取材/文:伊東遼子、写真:佐々木歩・瀧川寛・三浦晃一・森安照

    ランキング作成日:2019/12/27

    関連記事

    人気の記事

    人気のアイテムリスト

    カテゴリから探す