• 397797c68df699dfb0155e031a309b686e23cd1e
  • 926c4f95d2d815a8006c7ecf93b1d08af1964bd5
  • 46762015d5aab9b1b21ad3f03282071c1b4f0a3e
  • 96eec07ea3ff9771849d805adc04dedf45d8d7c2
  • Cf21c2df50af04af5594cdfee9c0dec5b462a6fc

メンズシェーバーの最強おすすめ人気ランキング10選【2017年最新版】

髭剃りの必需品である電動シェーバー。パナソニック、日立、フィリップス、プラウンなど、各メーカーから様々なメンズシェーバーが販売されていて、また選び方もわかりにくいので、購入する際に迷ってしまいますよね。

今回はメンズシェーバーを探している方に向けて、まず選び方のポイントを解説してから、実際に口コミで人気のある商品を価格や性能などで比較し、おすすめ商品をランキング形式でご紹介したいと思います。最強のシェーバーを手に入れて、毎朝を快適にスタートさせましょう!

最終更新日:2017年06月19日 | 79,565views

メンズシェーバーの特徴

ヒゲ剃りは、男性にとって日々欠かすことができないものです。電動式シェーバーを使うシェーバー派と、「シェーバーは使わない、カミソリ派」と言う人もいます。あるいは状況に合わせてシェーバーもカミソリも両方使うと言う人もいます。

シェーバーの利点は、まず第一にその便利性にあります。ヒゲを濡らさないでも剃れるため、場所を選ばず手軽に短時間で剃ることが出来ます。第二に、カミソリに比べて肌を傷つけにくく、肌荒れの心配もあまりありません。

一方で欠点もあります。それは利点と表裏のものですが、シェーバーはカミソリに比べて深剃りがしにくいこと。また、細い毛などは剃り残しやすいことなどが挙げられます。

シェーバー選びでは、この利点を発揮し欠点を出来るだけ補うことの出来るシェーバーを選びたいですね。

シェーバー選びの視点

では、実際にどのような点に着目して選べばいいのでしょうか。具体的に解説していきます。

剃り味

シェーバーを選ぶ上で外せないのは、何と言っても剃り味が良いことです。きれいに出来るだけ深く剃れて、しかも肌にヒリヒリ感を起こさないものがいいです。相反する要求ですが、一番重視したい視点です。

シェーバーのタイプ別に、剃り味の視点からご説明します。

往復式

出典:panasonic.jp

往復式シェーバーは、内刃が往復するタイプ。最も多く普及している方式です。深剃りがしやすいという特徴があります。

1枚刃から5枚刃のものが販売されていて、一般的には刃の数が多いものほど高性能で高価格に。刃の数が増えると、くせ毛や細い毛、剛毛などヒゲの特性に応じた刃先で剃っていくので、早く確実に深く剃ることが出来ます。

回転式

回転式シェーバーは、内刃が回転しながらヒゲを剃るタイプ。肌に当たる面積が広いので肌に与えるダメージは少なく、肌の弱い人におすすめのシェーバーです。また、くせ毛や細い毛など長めのヒゲも捕らえやすいので、くせヒゲや無精ヒゲを素早く処理したい人にも向いています。

ただ、モミアゲやあごヒゲなど剃りたくない部分との剃り分けがしにくい点は押さえておく必要があります。

ロータリー式

ロータリー式シェーバーは、らせん状の内刃が回転運動をしながらヒゲを剃るタイプ。往復式よりも肌への負担が少なく、ヒゲが濃い人、深剃り向けのシェーバーです。往復式ではヒリヒリする、回転式では物足りないという人は選択肢に入れるといいでしょう。

電源方式

次に、電源方式についてチェックしましょう。電源のタイプには主に乾電池式と充電式の2タイプがあります。

乾電池式はコンパクトな作りのものが多く、日々使用するシェーバーとしては電池代がかさむので不向きかもしれません。旅行や携帯シェーバーとして使用する場合や使用頻度の低い人向きと言えるでしょう。

毎日シェーバーを使用する人には、乾電池式に比べて機能も充実している充電式がおすすめです。充電式では、内蔵充電池の種類や充電に要する時間、1充電当たりの使用時間もチェックしておきましょう。内蔵充電池は、リチウムイオン電池のほうがニッケル水素電池よりも自己放電や継ぎ足し充電による電圧低下(メモリー効果)など、高価ですが電池としての性能は高いです。

ご自身のライフスタイルに応じた電源方式を選びましょう。

洗浄の方法

出典:www.braun.jp

シェーバー使用後は洗浄する必要があります。洗浄には、ブラシを使ってヒゲくずを掃除する方式、水洗い方式、洗浄液を使った自動洗浄器方式の3タイプがあります。

自動洗浄器タイプは、自動で洗浄・除菌・乾燥・充電までしてくれるので、手間がかからず、いつも清潔なヒゲ剃りが出来ます。欠点としては、シェーバー本体と洗浄器のセット価格になるので高価格になること。洗浄液の定期的な交換も必要になるので、その費用も見込んでおく必要があります。

水洗いタイプでは、ヘッド部分を水で流してヒゲくずを洗い落とします。クリーニング液やハンドソープを使えば、皮脂汚れもきれいに洗い流すことが出来ます。洗浄後は乾燥させてオイルを使ってお手入れする必要があります。

刃の交換

通常、切れ味を持続させるためには刃の交換が必要で、1~2年単位で交換する必要があります。一般的に、高性能のシェーバーほど交換刃の価格も高くなるので、そのことも念頭に、ご自身にぴったりのシェーバーを選びましょう。

防水機能の有無

出典:www.braun.jp

防水にはヘッドの水洗いに対応したタイプと、お風呂でウェット剃りも出来るタイプがあります。お風呂場でウェット剃りをするのであれば、完全防水タイプの商品を選びましょう。「お風呂剃り対応」と表示されているので、確認するようにしましょう。

海外対応

充電式シェーバーを海外で利用する機会がある人は、対応電圧が「AC100~240V」となっているのを確認しておきましょう。なおコンセントプラグの形状は、国によって違うので、合わない場合は変換プラグを別途用意すればOKです。

メンズシェーバーのおすすめ人気ランキング

ここまでは選び方のポイントを解説してきました。ここからは、人気のあるおすすめ商品をランキング順にご紹介します!メンズシェーバーは毎日必ず使うものだからこそ、ご自身にとってできるだけストレスなく使えるものをぜひ選んでくださいね!

10位:パナソニック ラムダッシュ ES-ST39

パナソニック ラムダッシュ ES-ST39
8,215円(税込)

髭剃り泡を簡単に!

男性が髭を剃る度に面倒なのが、泡を作ること。忙しい朝には煩わしいですよね。しかし、この製品には泡メイキングモードが搭載されています! このモードで、洗顔料などから簡単に泡を作ることが出来ます。

ヘッドが固定されており剃りにくい箇所も出てきますが、基本的な剃り味は抜群です! 朝忙しい人の味方のようなシェーバーですね。

9位:パナソニック 回転刃シェーバー ES-KS30

パナソニック 回転刃シェーバー ES-KS30
1,470円(税込)

旅行などに最適のコンパクトさ

旅行などの外出先でもシェーバーは必需品です。しかし大きくて重いものを持ち運ぶのは億劫ですよね。そんな外出先でも大活躍してくれるのが、こちらのシェーバーです。コンパクトで持ちやすいデザインはもちろん、本体を直接コンセントに差し込むことで充電ができるため充電器も不要と、荷物までコンパクトにしてくれます!

自宅で使うようなシェーバーと比較すると性能は低くなりますが、刃はステンレス製で非常に長持ちします!

8位:インカント スタンダートシェーバー

inkint スタンダートシェーバー
2,435円(税込)

低価格なのに本格派

メンズシェーバーは意外と高額な製品も多いのですが、このinkint(インカント)のシェーバーは、非常に低価格で手に入れることができます。

しかし、低価格でありながら本格的な機能が搭載されています。まず刃は3つ付いており、肌の形に合わせてヘッドが動いてくれるのでしっかりと髭を剃ってくれます。また本体は丸ごと水洗いすることも可能なのでいつでも清潔に保てますし、お風呂でも使うことができます。

電動シェーバーを初めて買うという人は、このシェーバーから始めても良いかもしれません。

7位:ブラウン モバイルシェーブ

ブラウン モバイルシェーブ M-90
2,189円(税込)

これ、シェーバー?

と、思わず言ってしまいそうなデザイン。でも、しっかりとしたシェーバーなんです! 非常にコンパクトで持ち運びしやすく、ふたも本体と一体化していて失くさないような設計になっています。旅行や出張先で大活躍間違いなしの1台です。

また、水洗いも可能なのでいつでも清潔に使えます。乾電池式なので乾電池を持ち歩かなければなりませんが、これだけの機能があれば満足すること間違いなしです。



6位:日立 エス・ブレード 3枚刃

日立 エス・ブレード RM-T305
6,133円(税込)

電動でも音が静か

電動シェーバーを使っている人の悩みの一つが音。意外と大きな音なので、使う時に周囲が気になってしまうということがよくあります。しかしこの製品は非常に音が静かです。そして静音でありながらヘッドが上下左右に自由に動くため、剃り心地も抜群です。

デザイン上バッテリー残量がわかりにくくなっていますが、剃り味や機能を考えると非常に良いシェーバーだと言えます。

5位:ブラウン ウォーターフレックス WF2s

ブラウン WaterFlex WF2s
6,280円(税込)

どんな髭でも剃りやすい

髭の生え方や顔の形は人それぞれですが、この製品はどんな人でも剃りやすいシェーバーです。搭載された網刃には899パターンもの網目があり、どんな方向に生えた髭でも逃さず剃ることができます。またヘッドは上下に可動するため顔の形に合わせて動いてくれます。

肌との接地面積が狭いため一度に広範囲を剃ることはできませんが、その分小回りが利くシェーバーになっています。

4位:イズミ ヴィダン 往復式シェーバー IZF-V31S

IZUMI VIDAN 往復式シェーバー IZF-V31
3,454円(税込)

充電が早い!

他のシェーバーは充電に数時間かかるのが当たり前となっていますが、こちらのシェーバーは急速充電ができ、1時間ほどで充電が完了します。急きょ使う必要が出てしまった場合などには便利です。アダプタが少し大きいですが、充電の早さでうまくカバーされています。

もちろん剃り味も良し! それでいて金額がリーズナブルなのも魅力です。

3位:日立 エス・ブレード 4枚刃

HITACHI エス・ブレード 4枚刃 RM-F413
8,300円(税込)

安定した剃り心地

安定した剃り心地で安心して使用することができるシェーバーです。S-BLADEならではの特殊な刃が搭載されており、滑らかに剃ってくれます。またヘッドが上下左右に動き刃自体も上下に動くため、しっかりと肌に密着してくれます。

充電に5時間かかってしまいますが、それゆえのパワフルさを感じさせてくれる1台です。

2位:フィリップス パワータッチ PT725A

フィリップス パワータッチ PT725A
4,470円(税込)

お手入れがしやすい

シェーバーは毎日使うものなので、清潔に使いたいですよね。この製品は非常にお手入れがしやすいシェーバーとなっています。刃は本体上部を開くだけで簡単に水洗いができます。また、様々な情報がLEDで表示されますが、なんと刃の交換時期も表示してくれるんです! これで、いつ刃を交換すればいいんだろう? と悩む必要がありません。

刃は3つ付いていて接地面積が広いため、きわ剃りなどはできませんが、全体的には優しく髭を剃ってくれます。

1位:パナソニック ラムダッシュ ES-ST29

パナソニック ラムダッシュ ES-ST29
7,000円(税込)

おしゃれで高機能

メンズシェーバーで有名なパナソニックのラムダッシュですが、こちらのモデルは機能が豊富です! 刃は丸みを帯びており肌によく密着し、しっかりと髭を剃ってくれます。それでいて、シェービングジェルなどを使用する際にはジェルを取ってしまわないような、特殊な刃になっています。

剃り心地の良さもさることながら、デザインは非常におしゃれですし本体はとても軽量と、見た目も機能面もしっかりと作りこまれた1台です。

まとめ

おすすめのメンズシェーバー、トップ10をご紹介しました。いかがでしたか?

忙しい朝にも休日の旅行先でも、シェーバーは毎日必ず使うものですから、できるだけストレスの少ないものを選びたいですよね。自宅用、持ち歩き用など使い分けるのもありです。髭の濃さや硬さ、生え方などは人それぞれ違いますから、この記事を参考にぜひ自分にぴったりの製品を見つけてください!

人気の記事