哺乳瓶用ブラシのおすすめ人気ランキング10選

赤ちゃんが飲むミルクを入れる哺乳瓶は、いつも清潔にしておきたいもの。普通のスポンジでは底まできれいに洗いにくく、きちんと洗えているのかどうかも心配ですよね。そこで用意しておきたいのが「哺乳瓶用ブラシ」です。スポンジタイプやブラシタイプ、シリコンタイプなどいろいろなものが販売されており、使っている哺乳瓶の種類や素材によって選ぶことができますよ。でも、初めてのママなど、選び方がよくわからない…、という方も多いかもしれませんね。

そこで今回は、哺乳瓶用ブラシの選び方をまとめた後で、ネット通販で手に入る様々な哺乳瓶用ブラシをチェックして、おすすめ商品をランキング形式でご紹介していきたいと思います。それぞれのおすすめポイントも詳しくご紹介しますので、ぜひ参考にして最適な1本を選んでくださいね。いいブラシがあれば、毎日のお手入れがぐっと楽になりますよ!
  • 最終更新日:2018年05月17日
  • 4,703  views
目次

哺乳瓶用ブラシの選び方

まず最初に、哺乳瓶用ブラシの選び方をご紹介していきます。チェックポイントをおさえて、最適なブラシを選びましょう!

ブラシの素材から選ぶ

哺乳瓶用ブラシを選ぶ際に1番大切なことは、使用している哺乳瓶の素材に合わせて、哺乳瓶用ブラシを選ぶことです。哺乳瓶にはプラスチック製とガラス製がありますが、哺乳瓶用ブラシにはスポンジタイプ、ブラシタイプ、シリコンタイプの3種類があります。

それぞれのタイプによって、使える哺乳瓶の素材が違いますので、ブラシを選ぶ際には必ずチェックするようにしましょう。以下に、哺乳瓶とブラシの相性と合わせてタイプ別のメリットもご紹介します。

スポンジブラシ

スポンジブラシ
スポンジタイプの哺乳瓶用ブラシは、プラスチック・ガラス製どちらの哺乳瓶にも使える、一番ポピュラーな素材のブラシです。細長いスポンジがスティックに付いているので、底まできちんと届くようになっています。

選ぶ際には、厚みのあるスポンジのブラシを選ぶと、泡立ちもよくしっかりと洗えますよ。ブラシを清潔に保つためにも、洗った後は、ブラシ自体に泡残りのないよう気を付けてくださいね。

ナイロンブラシ

ナイロンブラシ
ナイロンタイプのブラシは、ガラス製の哺乳瓶に使用できるブラシ。プラスチック製の哺乳瓶には、傷がついてしまうので使用できません。ブラシにはナイロンの毛が密集しており、隅々まで洗うことができます。

ナイロンブラシのメリットは、スポンジタイプに比べ耐久性に優れているので、哺乳瓶を卒業したあとでもボトルブラシなどに使用できること。また、水はけも良いので、清潔に保つことができます。

シリコンブラシ

シリコンブラシ
シリコンタイプは、プラスチック・ガラス製どちらの哺乳瓶にも使え、素早く乾燥し、衛生面でも安心して使用できることから、最近注目されているブラシです。

耐久性もあるので、ナイロンタイプと同じく、グラスやボトルブラシとして長く使用することができます。またシリコン製のため、煮沸消毒や食洗機で洗うことが可能なので、ブラシ自体をいつも清潔に保てますよ。

衛生的に保管できるブラシを選ぶ

衛生的に保管できるブラシを選ぶ
衛生面が気になる哺乳瓶を洗うブラシですから、使用後はきちんと乾燥させ、ブラシ自体を清潔に保つ必要がありますよね。そのため、ブラシを選ぶ際には、きちんと乾燥させられるような保管ができるかどうかもチェックしましょう。

例えば、フックなどに引っ掛けて乾燥させられるように、柄に穴や紐が付いているブラシや、ブラシ自体が自立するタイプを選ぶと、保管場所にも困らずブラシをきちんと乾燥させることができます。長く水分が残ると、細菌が繁殖してしまう恐れもありますので、ご自宅に合った保管方法が可能なブラシを選ぶようにしてくださいね。

哺乳瓶用ブラシのおすすめ人気ランキング10選

続いてここからは、おすすめの哺乳瓶用ブラシをご紹介していきたいと思います。同じ素材のブラシでも、それぞれ少しずつ違いがありますので、お使いの哺乳瓶や用途にあったブラシを探してみてください。

10位:チュチュベビー 哺乳びんスポンジブラシ

チュチュベビー 哺乳びん スポンジブラシ

307円 (税込)

詳細情報
・ブラシタイプ:スポンジ
・保管方法:フック穴あり

2つの洗い方で隅々まで洗える

チュチュベビーのスポンジブラシは、やわらかいスポンジと目のあらいスポンジの2層構造なので、すみずみまできちんと洗うことができます。また、特殊な形の持ち手になっており、通常のストレート洗いの他に、すみまで洗いやすい回転洗いが簡単にできるようになっています。

持ち手には穴が開いているので、フックなどにかけての保管がもできますよ。また、同シリーズから哺乳瓶の乳首を洗う、専用の乳首ブラシとナイロンブラシも発売されているので、気になる方は合わせてチェックしてみてくださいね。

9位:Betta ドクターベッタ哺乳びん専用 ブラシセット

Betta ドクターベッタ哺乳びん専用 ブラシセット

1,180円 (税込)

詳細情報
・ブラシタイプ:白馬毛(プラスチック・ガラス製両用)
・保管方法:フック穴あり

独特な形のBetta哺乳瓶専用ブラシ

少し特殊な形をしているBettaの哺乳瓶専用に作られた哺乳瓶用ブラシです。ブラシ部は高級ブラシに使用されることの多い、弾力性のある白馬毛を使用しており、プラスチック製・ガラス製の哺乳瓶どちらにも使うことができます。また耐久性にも優れているので、哺乳瓶を卒業してもグラスやボトルブラシとして長く使用する方が多いようです。

付属している乳首ブラシはナイロン製。先端に丸みをもたせた形状で、乳首が洗いやすくなっています。Bettaの哺乳瓶用のブラシとして発売されていますが、製品の良さから、他のメーカーの哺乳瓶を使用しているママからも支持の高いブラシです。

8位:Bean's Life 哺乳びんブラシ

Bean's Life 哺乳びんブラシ

706円 (税込)

詳細情報
・ブラシタイプ:スポンジ、ナイロン
・保管方法:フック穴あり

曲がる先端が底まで洗いやすい

Bean's Lifeの哺乳びんブラシは、スポンジとナイロンが両方使用されたブラシで、ブラシの先端が曲がる構造が特徴です。先端が曲がることによって、哺乳瓶の底やカーブ部まできちんと洗える点が人気です。

スポンジ製の乳首ブラシもセットになっており、柔らかなスポンジが乳首の形状にフィットして洗いやすくなっています。ナイロンブラシでしっかり洗い、間にあるスポンジによって泡立ちがよくなる…と、それぞれの良いところをかけ合わせたブラシになっています。

7位:Richell スヌーピー ほ乳びんブラシ

Richell スヌーピー ほ乳びんブラシ

540円 (税込)

詳細情報
・ブラシタイプ:スポンジ
・保管方法:フック穴あり

先端の角で底までキレイに洗える

スヌーピーのイラストが可愛い、Richellのほ乳びんブラシは、粗さの異なる2種のスポンジのブラシで、泡立ちを良くし、しっかりと洗い上げてくれます。またブラシの先端の軸が曲がるようになっているため、哺乳瓶の底も綺麗に洗うことができます。

また、ミニブラシが付属しているので、乳首や哺乳瓶の細かな洗いにくい所も洗うことができます。哺乳瓶ブラシの持ち手には、穴があいているので、フックなどにかけて保管が可能ですよ。

6位:サンコー フルフルほ乳びん洗い

サンコー フルフルほ乳びん洗い CL-11

638円 (税込)

詳細情報
・ブラシタイプ:ポリエステル(プラスチック・ガラス製哺乳瓶両用)
・保管方法:フック穴なし

外出時にも便利なミニサイズ

サンコーのフルフルほ乳びん洗いは、持ち運びに便利なミニサイズのブラシ。なんと哺乳瓶に入れて振るだけで汚れを洗浄してくれるという、とても画期的なブラシです。乳首ブラシと収納ケースもついているので、外出時や荷物が増える旅行時などに重宝しますよ♪

少量の水だけでも洗え、洗剤を使用すればより高い洗浄が可能です。ブラシ本体は煮沸不可ですが、洗剤などで洗っておくと清潔に保てます。なお、ブラシ本体にはフックや穴がないので、乾燥させる際には少し工夫が必要です。

5位:まめいた ビーンズライフ 置くだけたっち!

まめいた ビーンズライフ 置くだけたっち!

460円 (税込)

詳細情報
・ブラシタイプ:スポンジ
・保管方法:自立型

自立するからブラシがいつも清潔

まめいたビーンズライフのブラシは、なんといっても、自立してくれる形状になっているのが特徴。狭いスペースでも置くことができるので、とても便利です。また、フックなどにひっかけられるように持ち手に穴もあいてるので、使いやすい方法で保管できるようになっています。

厚みのある2層構造のスポンジなので、哺乳瓶の底まで綺麗に洗えますよ。また、このまめいたビーンズライフシリーズからは、ナイロンブラシと乳首ブラシも発売されていて、いずれも自立するタイプ。気になる方はチェックしてみてくださいね。

4位:teteo 哺乳びん&乳首洗浄ブラシセット

コンビ teteo 哺乳びん&乳首洗浄ブラシセット

627円 (税込)

詳細情報
・ブラシタイプ:スポンジ
・保管方法:フック穴あり

肉厚なスポンジで洗いやすい

コンビのteteoから発売されている哺乳びん&乳首洗浄ブラシセットは、スポンジタイプ。2種の異なる肉厚なスポンジで、泡立ちもよく、隅々までスッキリと洗えます。セットになっているので、哺乳瓶のお手入れがすぐにできますよ。

持ち手は持ちやすい太めで、ブラシを回転させやすい形状になっているので、ストレート洗いと回転洗いの、2種類の洗い方で洗うことができます。またブラシのどちらにも、フックなどにかけれるよう穴があいているので、乾燥時も安心です。

3位:Simba シリコン製 哺乳瓶ブラシセット

Simba シリコン製 哺乳瓶ブラシセット P1415

1,188円 (税込)

詳細情報
・ブラシタイプ:シリコン
・保管方法:フックあり

回転式で楽々洗えるブラシ

Simbaの哺乳瓶ブラシセットは、衛生面から注目度の高いシリコン製の哺乳瓶用ブラシです。食品規格のシリコンを使用しているので、安心・安全。また、高い耐久性があるので、哺乳瓶を卒業した後もボトルやグラスブラシとして長く使用することができます。

異なる形状のシリコンブラシが哺乳瓶の底や側面を綺麗に洗い上げてくれ、持ち手がブラシを回転しやすい形状になっているため、洗う時のストレスもありません。ミニサイズのブラシも付属しているので、乳首や細かな部分も洗うことができますよ♪両ブラシともフックがついているので、乾燥時にも引っ掛けるだけでOK!売り切れになっていることもあるので、在庫がある内にぜひゲットしてくださいね。

2位:ピジョン 哺乳瓶ブラシ 2WAYタイプ

ピジョン ナイロンブラシ 2WAYタイプ

378円 (税込)

詳細情報
・ブラシタイプ:ナイロン
・保管方法:フック穴あり

2つの洗い方でキレイに洗浄

ピジョンのナイロン哺乳瓶ブラシは、ストレート洗いと回転洗いができるナイロンブラシです。また、毎日何度も洗うお母さんのことを考えて持ち手の部分を工夫。いずれの洗い方をする場合も少しの力で、スムーズに洗えるようになっているところが、ママから支持される理由になっています!

ブラシの先端は、哺乳瓶の底部分を洗いやすくするために丸くなっており、洗い残しがないよう工夫されています。フック穴があいているので、使い終わった後の乾燥も簡単。こちらのシリーズでは、プラスチック製の哺乳瓶用のスポンジブラシも発売されているので、プラスチック製の哺乳瓶を使用している方はそちらを選んでくださいね

1位:EDISON シリコーンブラシ

EDISON シリコーンブラシ

695円 (税込)

詳細情報
・ブラシタイプ:シリコン
・保管方法:フック穴あり

哺乳瓶からグラスまで長く使えるブラシ

EDISONのシリコーンブラシは、哺乳瓶用ブラシとしてだけではなく、グラスやボトルのブラシとしても人気の商品。子育てママの間だけではなく、便利アイテムとして広く話題になったブラシです。弾力のあるシリコンブラシで、どんな形状でも隅々まで綺麗に洗うことができます。また、耐久性が高いので長く使えることも人気の秘密です。

お手入れも簡単で、煮沸消毒や食洗機での洗浄も可能。これは、忙しいママにはうれしいポイントですよね。また、シリコンは水はけが早くすぐに乾燥してくれるので、衛生面でもとても安心して使用することができます。通常のブラシよりは少しお値段がはりますが、長い目でみるととてもお得な商品です。カラーバリエーションも豊富なので、お好きな色を選んでみてください♪

まとめ

今回は、おすすめの哺乳瓶用ブラシをランキング形式でご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?完ミや混合のママは、一日に何度も哺乳瓶を洗うので、少しでも清潔に、そして楽に洗えると助かりますよね。

哺乳瓶は清潔にしておきたいものですから、やはり専用のブラシは必需品。1本あればとても便利になるのでおすすめですよ♪お使いの哺乳瓶に合ったブラシを見つけて、ぜひ快適に子育ての時間を過ごしてくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

人気のクリエイター

関連キーワード

カテゴリから探す