• 哺乳瓶消毒グッズのおすすめ人気ランキング10選【ラクラク消毒!】のアイキャッチ画像1枚目
  • 哺乳瓶消毒グッズのおすすめ人気ランキング10選【ラクラク消毒!】のアイキャッチ画像2枚目
  • 哺乳瓶消毒グッズのおすすめ人気ランキング10選【ラクラク消毒!】のアイキャッチ画像3枚目
  • 哺乳瓶消毒グッズのおすすめ人気ランキング10選【ラクラク消毒!】のアイキャッチ画像4枚目
  • 哺乳瓶消毒グッズのおすすめ人気ランキング10選【ラクラク消毒!】のアイキャッチ画像5枚目

哺乳瓶消毒グッズのおすすめ人気ランキング10選【ラクラク消毒!】

赤ちゃんにミルクを与えるための大切なアイテム・哺乳瓶。完全母乳なら使う機会はありませんが、ほとんどの方が最初はミルクも飲ませることが多いようです。そこで必要になってくるのが哺乳瓶の消毒。熱湯での煮沸など昔ながらの方法もありますが、最近では電子レンジで加熱するケースや薬液など、便利なグッズがコンビ・ピジョン・ミルトンをはじめとするさまざまなメーカーから発売されています。

そこで今回は、手軽で便利なおすすめ哺乳瓶消毒グッズをランキング形式でご紹介します!選び方もあわせて紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。便利なグッズを使って、哺乳瓶の消毒をサッと終わらせちゃいましょう!
  • 最終更新日:2019年03月29日
  • 88,898  views
目次

哺乳瓶の消毒は必要?

赤ちゃんは、母親からもらった免疫力を持って生まれてきます。ですが、その免疫力は徐々に減っていき、生後3ヶ月頃には最初の半分ほどしか残らないそうです。その頃の赤ちゃんの免疫力は大人の半分以下とも言われており、菌などにとても弱い状態になっています。

そこで重要になってくるのが哺乳瓶の消毒。ミルクや唾液には雑菌がわきやすく、殺菌せずに何度も哺乳瓶を使うと、免疫力の弱い赤ちゃんの口に菌が入ってしまいとっても危険。そのため、哺乳瓶を使うときはこまめな消毒が必須になります。

とはいえ、毎回お湯をわかして煮沸消毒をするのも、忙しいママやパパにとっては大変ですよね。そこで役立つのが、哺乳瓶の消毒を簡単にできるグッズ。選び方やランキングを参考に楽チンなグッズを見つけて、毎日の消毒をしっかりと行いましょう。

哺乳瓶消毒グッズの選び方

哺乳瓶グッズには、大きく分けて薬剤で消毒するタイプとレンジで加熱殺菌するタイプがあります。それぞれにメリット・デメリットがあるので、使い方に合わせて選びましょう。

使用頻度と使い方に合わせてタイプを選ぶ

哺乳瓶を使うといっても、完ミなのか混合なのかで使う回数も違いますよね。たくさんの哺乳瓶を1日で使うのか、1~2本を使いまわすのかも、ママによってさまざま。それらの使い方によって、おすすめの消毒グッズのタイプが変わるので、自分には何が合うのか考えながら読んでみてくださいね。

完ミなどで1日に何本も哺乳瓶を使う方は薬剤タイプがおすすめ

完ミなどで1日に何本も哺乳瓶を使う方は薬剤タイプがおすすめ

出典:amazon.co.jp

有名なもので言うと、ミルトンなどがこのタイプになります。薬剤を溶かした液体を専用のケースに入れて、洗い終わった哺乳瓶を浸けて消毒するものです。作った薬液は1日の間繰り返し使えるのでとても楽チン。また殺菌力も高いため、産院ではほぼこのタイプが導入されています。

デメリットとしては、薬剤のコストがかかるという点と、薬剤の臭いが気になる方が多いという点です。「ジクロルイソシアヌル酸ナトリウム」という成分が消毒効果を持ちますが、これが塩素臭の原因になります。この成分は、哺乳瓶に残ってもミルクに反応すると食塩に変化するので無害と言われていますが、臭いが気になるからと一度洗い流して使っている方もいるようです。

新生児期など母体を休めたい時期には、1日に使う哺乳瓶をたくさん用意し作った薬液に哺乳瓶を浸けておけばいいので、薬剤タイプが便利との声も多いですよ。

また、薬剤のタイプには、錠剤や顆粒と液体に分かれています。錠剤の方がコストはかかりますが、液体は服などにつくと漂白されてしまうこともあるようで、使い勝手は錠剤の方が良いそうです。

混合など1日に数回哺乳瓶を使う方はレンジ加熱タイプがおすすめ

混合など1日に数回哺乳瓶を使う方はレンジ加熱タイプがおすすめ

出典:amazon.co.jp

レンジ加熱タイプは、近頃主流になってきた消毒方法です。専用のケースに哺乳瓶と少量の水を入れてレンジ加熱し、その時にあがる蒸気で加熱殺菌することができます。洗ってレンジに入れて、商品にはよりますが5分程度加熱するだけで完了するので、手軽で時短にもなると人気が出てきているようです。

また、薬剤タイプと違い、専用ケースを買ってしまえば、その後は少量の水とレンジを使う電気代しかかからないので、経済的でもあります。ただ、薬剤タイプは薬液に浸けるので、多少の洗い残しは消毒時に綺麗になりますが、電子レンジタイプは加熱の前にしっかりと落としておかなくてはなりません。

また、薬剤タイプよりも一気に消毒できる本数が少ないものが多いので、たくさんの哺乳瓶を使う方は分けて消毒しなくてはならず、手間に感じることもあります。

ちなみに、このタイプには袋に入れて加熱する商品もあり、袋の口を開けるまでは殺菌状態が続くので、そのまま外出に持っていくのにも便利と評判です。

哺乳瓶が何本入るか確認する

哺乳瓶が何本入るか確認する

出典:amazon.co.jp

哺乳瓶をたくさん使う方は、一気にまとまった本数を消毒できるものを選びましょう。また、手持ちの哺乳瓶が全部入るものなら、収納にもなるので便利です。

反対に、手持ちが1本なのに大きいサイズを買いすぎると、除菌グッズそのものが場所を取って邪魔になってしまいます。あらかじめ何本入る商品化を確認し、手持ちの哺乳瓶の数に合わせて商品を選びましょう。

【薬剤タイプ】哺乳瓶消毒グッズのおすすめ人気ランキング5選

ここからは、ランキング形式でおすすめ商品をご紹介していきます。選び方でも挙げたように、「薬剤タイプ」と「レンジ加熱タイプ」を紹介しますね。まずは浸けておくだけで簡単に消毒できる薬剤タイプの商品のランキングです。
5位
哺乳瓶消毒グッズ ビーンスターク ピュリファンS 1000ml 1枚目
出典:amazon.co.jp

ビーンスタークピュリファンS 1000ml

660円 (税込)

容量1000ml
成分自亜塩素酸ナトリウム
除菌時間1時間つけおき
4位
容量1050ml
成分次亜塩素酸ナトリウム・ph調整剤
除菌時間1時間つけおき
3位
容量1100ml
成分自亜塩素酸ナトリウム
除菌時間1時間つけおき
2位
容量60本
成分(1包中)ジクロロイソシアヌル酸ナトリウム760mg
除菌時間1時間つけおき
1位
容量60錠
成分(1錠中)ジクロルイソシアヌール酸ナトリウム500mg・炭酸水素ナトリウム・アジピン酸・乾燥炭酸ナトリウム
除菌時間1時間つけおき

おすすめ人気【薬剤タイプ】哺乳瓶消毒グッズの比較一覧表

商品画像
1
哺乳瓶消毒グッズ MiltonCP チャイルドプルーフ 60錠 1枚目

MiltonCP

2
哺乳瓶消毒グッズ ピジョン  ミルクポンS 60包 1枚目

ピジョン

3
哺乳瓶消毒グッズ チュチュ ベビーつけるだけ  1100ml 1枚目

チュチュ

4
哺乳瓶消毒グッズ ピジョン 哺乳びん除菌料 1050ml 1枚目

ピジョン

5
哺乳瓶消毒グッズ ビーンスターク ピュリファンS 1000ml 1枚目

ビーンスターク

商品名

チャイルドプルーフ 60錠

ミルクポンS 60包

ベビーつけるだけ 1100ml

哺乳びん除菌料 1050ml

ピュリファンS 1000ml

特徴1日1個錠剤を溶かすだけで手軽に除菌1回分の顆粒が個包装になっているので計量不要1リットルの水での使用なら約88回使えるので経済的哺乳瓶だけでなく食器やカトラリーなどなんでもつけおきできる口コミでは臭いが少ないとの意見多数!
価格1,428円(税込)1,269円(税込)578円(税込)698円(税込)660円(税込)
容量60錠60本1100ml1050ml1000ml
成分(1錠中)ジクロルイソシアヌール酸ナトリウム500mg・炭酸水素ナトリウム・アジピン酸・乾燥炭酸ナトリウム(1包中)ジクロロイソシアヌル酸ナトリウム760mg自亜塩素酸ナトリウム次亜塩素酸ナトリウム・ph調整剤自亜塩素酸ナトリウム
除菌時間1時間つけおき1時間つけおき1時間つけおき1時間つけおき1時間つけおき
商品リンク

【レンジ加熱タイプ】哺乳瓶消毒グッズのおすすめ人気ランキング5選

続いて、レンジ加熱タイプの消毒グッズのご紹介です。そのまま収納もできるものが多いので、持っている哺乳瓶の数に合わせて選びたいですね。
5位

ベルコットミッフィー 哺乳瓶消毒ケース

BS-036

2,186円 (税込)

容量幅28・高さ20・奥行8.5cm
成分耐熱ポリプロピレン
除菌時間-
哺乳瓶収納数2本
4位

レック Dream Collection 電子レンジ用 ほ乳びん 消毒器

1,030円 (税込)

容量幅20.5・奥行き12・高さ12.5cm
成分ポリプロピレン
除菌時間レンジで3分加熱
哺乳瓶収納数1本
3位

コンビ電子レンジ除菌 保管ケース 除菌じょ~ずα

1,836円 (税込)

容量幅253・奥行125・高さ205mm
成分-
除菌時間500~700Wのレンジで5分加熱
哺乳瓶収納数3本
2位

メデラ電子レンジ除菌バッグ クイッククリーン スチームバッグ

1,580円 (税込)

容量-
成分-
除菌時間レンジで約3分加熱
哺乳瓶収納数1本
1位

ピジョン電子レンジスチーム 薬液消毒ケース そのまま保管

1,719円 (税込)

容量高さ134・幅248・奥行211mm
成分ポリプロピレン
除菌時間500~700Wのレンジで5分加熱
哺乳瓶収納数3本

おすすめ人気【レンジ加熱タイプ】哺乳瓶消毒グッズの比較一覧表

商品画像
1
哺乳瓶消毒グッズ ピジョン 電子レンジスチーム 薬液消毒ケース そのまま保管 1枚目

ピジョン

2
哺乳瓶消毒グッズ メデラ 電子レンジ除菌バッグ クイッククリーン スチームバッグ 1枚目

メデラ

3
哺乳瓶消毒グッズ コンビ 電子レンジ除菌 保管ケース 除菌じょ~ずα 1枚目

コンビ

4
哺乳瓶消毒グッズ レック  Dream Collection 電子レンジ用 ほ乳びん 消毒器 1枚目

レック

5
哺乳瓶消毒グッズ ベルコット ミッフィー 哺乳瓶消毒ケース  1枚目

ベルコット

商品名

電子レンジスチーム 薬液消毒ケース そのまま保管

電子レンジ除菌バッグ クイッククリーン スチームバッグ

電子レンジ除菌 保管ケース 除菌じょ~ずα

Dream Collection 電子レンジ用 ほ乳びん 消毒器

ミッフィー 哺乳瓶消毒ケース

特徴レンジ消毒も薬液消毒もバッチリ!そのまま哺乳瓶を保管できる袋で除菌してそのまま外出できる優れものキッチンに出しっぱなしでもOKなシックな色合い場所を取らない小型設計!1本の哺乳瓶で回している方にぴったりかわいいデザインは哺乳瓶と合わせて使うとよりステキ
価格1,719円(税込)1,580円(税込)1,836円(税込)1,030円(税込)2,186円(税込)
容量高さ134・幅248・奥行211mm-幅253・奥行125・高さ205mm幅20.5・奥行き12・高さ12.5cm幅28・高さ20・奥行8.5cm
成分ポリプロピレン--ポリプロピレン耐熱ポリプロピレン
除菌時間500~700Wのレンジで5分加熱レンジで約3分加熱500~700Wのレンジで5分加熱レンジで3分加熱-
哺乳瓶収納数3本1本3本1本2本
商品リンク

哺乳瓶を消毒するポイント

哺乳瓶を消毒するポイント
哺乳瓶を消毒する上で、いつごろまで消毒したらいいのか、など気になることもありますよね。まず、いつまで哺乳瓶を消毒するかということですが、一般的には生後6ヶ月ごろまでと言われています。これは、離乳食を食べ始めるころと重なりますね。

そのころには免疫力もついてきて、離乳食を食べることで口から色々なものを取り入れるようになってくるので、哺乳瓶の雑菌もそこまで気にしなくてもよくなるようです。

それまでは飲み終わった哺乳瓶はできる限りすぐに洗い、殺菌することで菌の繁殖を防ぐことができますよ。なお、瓶だけでなく乳首の部分なども菌が繁殖しやすいので、消毒の際は取り外せる部分は取り外し、全体的に殺菌するようにしましょう。

哺乳瓶の洗浄剤もチェック!

今回は哺乳瓶の消毒グッズをご紹介しましたが、哺乳瓶の消毒をする前に、キチンと汚れを落としておくことも重要です。そこで必要になってくるのが哺乳瓶の洗浄剤。以下の記事を参考に、哺乳瓶の戦場もしっかりと行いましょう!

哺乳瓶消毒グッズの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、哺乳瓶消毒グッズのAmazon、楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認して下さい。

まとめ

哺乳瓶消毒グッズの選び方やおすすめ商品のご紹介は、参考になりましたか?とりあえず薬剤タイプを買ったら思いのほかコストがかかって大変、レンジタイプを買ったら手持ちの哺乳瓶が入りきらなかった……ということがないように、しっかり自分の使い方を想像してから購入してくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す