• 硬式テニスラケットのおすすめ人気ランキング10選【2018年最新版】のアイキャッチ画像1枚目
  • 硬式テニスラケットのおすすめ人気ランキング10選【2018年最新版】のアイキャッチ画像2枚目
  • 硬式テニスラケットのおすすめ人気ランキング10選【2018年最新版】のアイキャッチ画像3枚目
  • 硬式テニスラケットのおすすめ人気ランキング10選【2018年最新版】のアイキャッチ画像4枚目
  • 硬式テニスラケットのおすすめ人気ランキング10選【2018年最新版】のアイキャッチ画像5枚目

硬式テニスラケットのおすすめ人気ランキング10選【2018年最新版】

オリンピックやパラリンピックの種目であり、日本人プレーヤーも多く活躍していることで人気の「硬式テニス」。趣味のため、また中学や高校の部活用にラケットを購入しようとしても、あまりに種類が多くて悩む方もいるのではないでしょうか?


今回は、初心者や、新しいラケットが欲しい方に向けたおすすめの商品を、人気ランキングでご紹介します。記事の前半ではレベルに合わせた選び方のポイントも紹介しますので、ぜひ参考にして、あなたに最適な硬式テニスラケットを見つけちゃいましょう!
  • 最終更新日:2019年03月11日
  • 527,795  views
目次

硬式テニスラケットの選び方

ランキングの前に、まずは硬式テニスラケットを選ぶときのポイントを紹介していきたいと思います。重量やフレームの種類などをチェックして、自分に合うものを見つけてみましょう。

まずはレベルに合わせて「フェイスのサイズ」を選ぶ

ラケットのフェイスには、ミッド・ミッドプラス・オーバーサイズと3つの種類があります。大きさによる違いを理解して、自分に合ったものを選びましょう。

初心者は「オーバーサイズ」を

初心者は「オーバーサイズ」を

出典:amazon.co.jp

初めてテニスをプレーする方には、フェイスの面積が最も大きなオーバーサイズをおすすめします。105平方インチ以上のいわゆるデカラケと呼ばれるもので、ボレーを打ちやすく、またテクニックを駆使しなくともスピンをかけられるのが特徴です。


初めての場合はボールをラケットに当てることさえ難しいもの。まずはオーバーサイズで感覚をつかめば、ミスショットやフレームショットに手こずることも少なくなります。特にフェイス中央の「スィートスポット」にヒットさせる練習には、もってこいといえるでしょう。

中級者以上なら「ミッドプラス」を

中級者以上なら「ミッドプラス」を

出典:amazon.co.jp

最もポピュラーなのは、フェイス面積が105平方インチ以下のミッドプラスサイズ。中級者以上の方におすすめで、取り回しやすさやコントロール性能のバランスに優れています。フェイスがやや小さい分だけ安定性があり、多くのプレーヤーに選ばれています。

コントロール性能抜群の「ミッド」は中級者・上級者に

ヒット時のパワーよりもコントロール性能を重視する上級者には、ミッドがおすすめ。フェイス面積が95平方インチ以下の小さなものを指し、空気の抵抗が少ないのでスイングしやすいことが特徴です。ガットのたわみも少なく安定感も高いため、ボールコントロールには最適です。

筋力に合った重量を選ぶ

硬式テニスラケットの重さは、一般的なもので285g~305gとなっています。これよりも軽いものは軽量、重いものは重量と区別できますので、自分の筋力に合うものを見つけてみてください。およその目安を知ったら、実際に店頭で手に持って確認してみてくださいね。

軽量タイプ:取り回しやすく、女性やシニアに最適

軽量タイプ:取り回しやすく、女性やシニアに最適

ラケットの取り回しやすさを重視するなら、270g以下を目安に軽量なものを選びましょう。これくらいだと、女性やシニア世代の方でも無理なく持つことができます。軽さゆえに衝撃を感じやすいですが、瞬発力が求められるボレーなどで素早くラケットを振るのに最適です。


パワフルなショットには不向きですが、遠くまでボールを飛ばすのならこちらの方が適しています。

重量タイプ:相手のショットに負けないパワフルなプレーに

重量タイプ:相手のショットに負けないパワフルなプレーに

試合などで相手のショットを強力に打ち返したい方は、310gを目安に重量タイプを選びましょう。ずっしりとした重みのおかげで力強いショットを放つことができます。パワフルなボールを受けても衝撃を感じにくいですよ。


シニア世代や女性にとっては重すぎて振りにくい重さですが、筋力に自信のある方や男性プレーヤーにおすすめです。

パワーかコントロールか?「フレームの厚さ」に注目

ラケットのフレームには、薄ラケ・中厚・厚ラケと3タイプあります。最もバランスがいいのは中厚で、初心者から上級者まで多くのプレーヤーに適します。薄ラケと厚ラケはそれぞれ違ったメリットがありますので、優先したいポイントから選ぶと良いでしょう。

薄ラケ:飛びを抑え、テクニカルなショットに最適

薄ラケ:飛びを抑え、テクニカルなショットに最適

出典:amazon.co.jp

厚みが17~21mmの「薄ラケ」はフレームがしなりやすいので、ボールを掴むような感覚でしっかりとコントロールできるのが特徴です。スピンやコントロール性能を重視する方にはこちらをおすすめします。


フレームの厚いラケットに比べてボールが飛びにくくなりますが、男性や筋力のある女性など、思った以上にボールが飛んでしまいやすい方には最適です。

中厚:最もバランスのよいタイプ

中厚:最もバランスのよいタイプ

出典:amazon.co.jp

フレーム厚が22~25mmのものは「中厚」とよばれ、もっとスタンダードなタイプです。中厚ラケトを使って自然なフォームで打ったとき、相手コートの中央より少し先に落ちれば、このタイプが合っているといえます。


遠くへ飛びすぎたらより軽いもの、飛ばなさすぎたら重いものというように、自分の筋力に相応しいラケットを選ぶ目安するといいでしょう。

厚ラケ:パワー重視のプレーにぴったり

厚ラケ:パワー重視のプレーにぴったり

出典:amazon.co.jp

フレームが26~30mmと厚いラケットは「厚ラケ」と呼ばれます。フレームに硬さがあり、ボールに反発力が生まれますのでパワープレイにぴったりです。筋力が弱く、どうしてもパワー不足になってしまう方にもこちらがおすすめですよ。


伊達公子選手が得意とするライジングショットのように、相手のパワーを利用して打ち返すプレーに向いています。

ガットの粗いものは初心者向け、細かいものは上級者向け

ガットの粗いものは初心者向け、細かいものは上級者向け

出典:amazon.co.jp

フェイスに張られたガットの本数(ストリングパターン)によっても、適したレベルが異なります。一般的には、縦16本×横19本という構成になっています。これよりも本数が少なくて目が粗いものは初心者向け、本数が多くて細かいものは上級者向けですので、自分のレベルに合わせて選びましょう。


目が粗いものほど、スロースイングでもボールにスピンをかけやすくなります。逆に目が細かいものは、ボールコントロールが簡単です。

グリップサイズは手の大きさに合わせて

グリップサイズは手の大きさに合わせて

出典:amazon.co.jp

ラケットの振りやすさや握りやすさも重要です。一般的に、グリップサイズにはG1~G4までの4種類あり、細めのG1・G2は女性向け、太めのG3・G4は男性向けと言われています。


細いグリップは手の可動域が広くなるため、ドロップショットを打つのに最適。逆に太いグリップは手の可動域が狭いので、安定したストロークが可能となります。


ただ、手の大きさには個人差があります。上記を目安として実際に握ったときに、薬指と親指の付け根が8mmほど開くものを選ぶと良いでしょう。または、以下でご紹介している「グリップテープ」を巻いて太さを調節するのも1つの手です。

ラケットの「バランス」も重要、重心の位置をチェック

ラケットの「バランス」も重要、重心の位置をチェック

出典:amazon.co.jp

ラケットの重心がどこにあるかによっても、打球感が変化します。一般的なのは重心が真ん中にある「イーブンバランス」ですので、初心者にはこちらがおすすめです。


重心が先端に寄った「トップヘビー」は、スィートスポットに当たらなかったとしてもパワーのあるショットが可能。ただ素早さを要求されるボレーでは振りが遅くなりがちです。


グリップ側に重心がある「トップライト」ならパワーのあるボールに打ち負けやすくなりますが、素早いスイングで対応することができますよ。

レジャー・練習・競技。目的に合わせて素材を選ぶ

レジャー・練習・競技。目的に合わせて素材を選ぶ

出典:amazon.co.jp

硬式テニスではラケットの剛性も重要となります。どんな目的で楽しむのかによって、フレームの素材を選びましょう。アルミ製のラケットは高耐久で価格も手頃ですので、主にレジャー用におすすめです。


カーボン素材のものはアルミよりも丈夫で、これから硬式テニスを始める方の練習用に最適。中学生や高校生の部活用にもぴったりです。


タングステンやチタンなどの素材を使用したものは本格的な競技向けなので、プロを目指す方に適します。あなたの目的に合うものを選んでくださいね。

硬式テニスラケットのおすすめ人気ランキング10選

現在のテニスラケットは種類が豊富で、それぞれの性能や長所も様々です。なんとなくデザインだけで選んでしまうと、自分のプレイスタイルに合っていないラケットを選んでしまうかもしれません。

今回は、ここまで紹介したテニスラケットの選び方を元に、おすすめのラケットをランキング形式で紹介していきたいと思います。ぜひランキングを参考にして、自分だけの1本を見つけてみてくださいね!
10位
重量309g
フェイス面積95平方インチ
フレームの厚さ22.0mm
9位
重量300g
フェイス面積100平方インチ
フレームの厚さ22.0mm
8位
重量310g
フェイス面積97平方インチ
フレームの厚さ20.0mm
7位
硬式テニスラケット HEAD グラフィンXT インスティンクト MP 1枚目
出典:amazon.co.jp

HEADグラフィンXT インスティンクト MP

230505

40,205円 (税込)

重量300g
フェイス面積100平方インチ
フレームの厚さ21.0~25.0mm
6位
重量305g
フェイス面積98平方インチ
フレームの厚さ21.0~22.0mm
5位
重量300g
フェイス面積100平方インチ
フレームの厚さ23.0~26.0mm
4位
重量304g
フェイス面積98平方インチ
フレームの厚さ21.0mm
3位
重量305g
フェイス面積98平方インチ
フレームの厚さ21.0~23.0mm
2位
重量295g
フェイス面積98平方インチ
フレームの厚さ20.0~23.0mm
1位
重量300g
フェイス面積100平方インチ
フレームの厚さ23.0~26.0mm

おすすめ人気 硬式テニスラケットの比較一覧表

商品画像
1
硬式テニスラケット バボラ ピュア ドライブ 1枚目

バボラ

2
硬式テニスラケット HEAD グラフィンXT ラジカル MP 1枚目

HEAD

3
硬式テニスラケット バボラ ピュア ストライク 1枚目

バボラ

4
硬式テニスラケット ウイルソン BLADE98 CV 1枚目

ウイルソン

5
硬式テニスラケット バボラ ピュア アエロ 1枚目

バボラ

6
硬式テニスラケット ヨネックス VCORE SV98 1枚目

ヨネックス

7
硬式テニスラケット HEAD グラフィンXT インスティンクト MP 1枚目

HEAD

8
硬式テニスラケット ヨネックス VCORE Duel G 97 1枚目

ヨネックス

9
硬式テニスラケット HEAD グラフィン タッチ スピードMP 1枚目

HEAD

10
硬式テニスラケット ウィルソン BURN 95 CV 1枚目

ウィルソン

商品名

ピュア ドライブ

グラフィンXT ラジカル MP

ピュア ストライク

BLADE98 CV

ピュア アエロ

VCORE SV98

グラフィンXT インスティンクト MP

VCORE Duel G 97

グラフィン タッチ スピードMP

BURN 95 CV

特徴圧倒的人気を誇る、パワー・スピン・コントールを兼ね揃え...世界王者・マレー選手使用シリーズ!究極のオールラウンダ...フラットもスピンも自由自在!ピュア ストライク最新モデルパワーとコントロールを両立したトッププロ愛用のBLAD...ナダル選手に憧れるあなたに!驚くほどスピンがかかるラケット新技術満載!空気抵抗を大幅カットでスイングスピードアップシャラポワ選手使用ラケット!パワーをアシストしてくれる...ワウリンカ選手使用モデル!強力なハードヒットを打ちたい...ジョコビッチ選手使用シリーズ!コントロール重視のオール...錦織選手使用モデル!フルセットを戦い抜く疲れないラケット
価格16,499円(税込)19,600円(税込)(税込)25,520円(税込)17,401円(税込)(税込)40,205円(税込)19,957円(税込)(税込)(税込)
重量300g295g305g304g300g305g300g310g300g309g
フェイス面積100平方インチ98平方インチ98平方インチ98平方インチ100平方インチ98平方インチ100平方インチ97平方インチ100平方インチ95平方インチ
フレームの厚さ23.0~26.0mm20.0~23.0mm21.0~23.0mm21.0mm23.0~26.0mm21.0~22.0mm21.0~25.0mm20.0mm22.0mm22.0mm
商品リンク

ガットやボール、バッグも吟味して楽しくテニスを!

ガットやボールにまでこだわることで、さらに上達も早くなることでしょう。またおしゃれで機能的なバッグに収納すれば、コートに向かうのがもっと楽しくなりますね。以下の記事では、硬式テニスに必要なこれらのグッズから選りすぐりのものだけをご紹介。ぜひ参考にしてください!

硬式テニスラケットの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、硬式テニスラケットのAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下から確認して下さい。

まとめ

ランキング形式でおすすめの硬式テニスラケットを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?自分に合ったラケットを見つけることで、プレーの質がグッと良くなります。


これからテニスを始める人も、そろそろ新しいラケットが欲しいという人も、ぜひ今回の記事を参考にして、ぴったりの1本を探してみてくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す