1. TOP
  2. >
  3. パソコン
  4. >
  5. 無線LANアダプタ
  6. >
  7. 【徹底比較】無線LAN子機のおすすめ人気ランキング17選
【徹底比較】無線LAN子機のおすすめ人気ランキング17選

【徹底比較】無線LAN子機のおすすめ人気ランキング17選

無線機能のないPCを使用する際や、無線機能が故障してしまった際に便利なのが「無線LAN子機」。無線LANアダプタとも呼ばれ、通信規格をアップグレードしたい場合にも最適です。しかし、バッファローやNECなど多くのメーカーから販売されており、大きさや形状もさまざま。どれを選んでいいか迷ってしまいますよね。


今回はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどで売れ筋上位の無線LAN子機17商品を比較して、最もおすすめの無線LAN子機を決定したいと思います。


比較検証は以下の2点について行いました。

  1. 受信感度
  2. 使いやすさ

果たしてどの商品が最強のベストバイ商品なのでしょうか?無線LAN子機の選び方のポイントもご説明しますので、ぜひ購入の際の参考にしてみてください。

  • 2020年08月24日更新
  • 262,604 views

検証のポイント

売れ筋の無線LAN子機17商品をすべて集めて、徹底的に比較検証しました
  • 受信感度

    検証① 受信感度

    まずは重要なポイントである「つながりやすさ」を検証します。都内にある3階建ての木造住居を3日間使用し、通信速度の測定を行いました。Wi-Fiルーター(親機)を3階リビングのテレビ横に設置し、以下の計測地点で下り・上りの速度を計測し、計測地点ごとの平均値を評価しました。3階:リビング2階:洋室①2階:洋室②1階:寝室※検証条件を揃えるために、PCは「dynabook RZ63/MS」、計測アプリは「ookla speedtest」、光回線は「NURO光」を使用しています。※今回はあくまでも、特定の日程・時間帯・場所で計測した値で評価をしています。使用環境が変われば実行速度の値も変わってくるので、必ずしも検証結果と同じ数値が出せるとは限りません。

  • 使いやすさ

    検証② 使いやすさ

    続いて、無線LAN子機の「使いやすさ」の評価を行います。実際の使用感や、公式HP・取扱説明書の製品情報から、以下4項目をそれぞれ評価した後、すべての評価を合算して最終評価としました。初期設定は簡単か(15分以内に設定できるか)他のにUSBポートに干渉しないか(他のUSBを挿すことができるか)ビームフォーミング機能があるかMU-MIMO機能があるか

  • すべての検証はmybest社内で行っています

    自社施設

    無線LAN子機の選び方

    無線LAN子機の選び方

    無線LAN子機を選ぶ際に必ずチェックしておきたい「4つのポイント」をご紹介します。今回は、ネット回線に関する情報を解説されている「やさしくねっと.」の代表である吉本洋海さんに、無線LAN子機の選び方について取材しました。

    <やさしくねっと.代表 吉本洋海さん>

    電気通信事業会社での営業、業界大手グループのプロバイダ代理販売会社勤務を経て、Webサイトディレクターとして独立。プロバイダ業界の健全化・透明化を目指して立ち上げたWebサイト「やさしくねっと.」は月間40万PVを超える。販売だけでなく通信設備の施工管理業務にも従事していたため、通設機器全般に明るく、ブログやTwitterに問い合わせが多数寄せられる。


    ※なお、ランキングに掲載している商品は専門家が選定したものではなく、編集部が独自に集計・ランキング付けしたものです。

    ① 重視するポイントに合わせて形状を選ぼう

    無線LAN子機は、アンテナが内蔵されている小さなものから外に飛び出している大きなものまで、サイズや形状がさまざまです。PCを使用する環境や重視するポイントに合わせて選ぶようにしましょう。

    吉本洋海
    株式会社やさしくねっと.代表
    吉本洋海さんのコメント

    利用場所が無線LANルーターと距離が近ければ、小型のアンテナ内蔵タイプを選んでも問題ないでしょう。ルーターとの距離が遠く、より感度を高めたい場合はしっかりアンテナのついたタイプが安心ですね。規格は現在主流のWi-Fi 5以上のものがおすすめです。

    携帯性を重視するなら「アンテナ内蔵タイプ」

    携帯性を重視するなら「アンテナ内蔵タイプ」

    アンテナが内蔵されている子機は、一般的なUSBメモリほどのサイズや指先ほどのサイズなど小さなものがほとんどです。


    PCに取り付けた時に隣のポートに干渉しにくいうえ、PCを持ち運ぶ際も邪魔になりにくいメリットがあります。ノートPCと一緒に持ち運ぶなら、小型の「アンテナ内蔵タイプ」がおすすめですよ。

    受信感度を重視するなら「アンテナ外付けタイプ」

    受信感度を重視するなら「アンテナ外付けタイプ」

    外付けタイプのアンテナは手のひらサイズの大きなものもあり、持ち運びには不便となりますが、一般的に送受信感度が高いとされています。Wi-Fiルーターから離れた部屋で使用する場合や、据え置きのデスクトップPCには「アンテナ外付けタイプ」がおすすめですよ。

    吉本洋海
    株式会社やさしくねっと.代表
    吉本洋海さんのコメント

    現在販売されているスマホやPCはアンテナが内蔵されていますが、問題なく使用できますよね。アンテナが出ていた方が絶対によいというわけではありませんので、使用環境に合わせて選ぶようにしましょう。

    ② 通信規格や速度は親機のスペック以上のもの選ぼう

    通信規格や速度は親機のスペック以上のもの選ぼう

    Wi-FiにはWi-Fi 5(11ac)・Wi-Fi 6(11ax)といった「通信規格」や、433+300Mbpsのように表記される理論上の「通信速度」があります。


    子機のスペックが低いと親機のパフォーマンスを発揮できないこともあります。事前に親機をチェックして、子機のスペックは親機と同じ、もしくはそれより上のものを選ぶようにしましょう。

    ③ 設定は「WPSボタン」があると簡単

    設定は「WPSボタン」があると簡単
    機器などにあまり詳しくない方は「導入してみたいけど設定が難しいんじゃないか」といった心配もありますよね。設定が不安な方には「WPSボタン」があると、わかりにくい手動の設定を省けておすすめです。

    専用のCDからドライバーをインストールした後に、親機と無線LAN子機にあるボタンを押すだけで簡単に設定を終えることができるものもあります。多くのものは10分もあれば設定を終わらせることができるので、初心者の方もチャレンジしやすいと言えるでしょう。


    また、使用しているPCでCDが読み込めなくても問題ありません。メーカーのHPからドライバーをインストールすることができるので、安心してくださいね。

    ④ 通信技術などの付加機能にも注目

    通信規格や速度も大切ですが、快適な通信のための付加機能も選ぶうえで大切なポイントです。一緒に使う親機に依存する機能もありますので、事前にチェックしておきましょう。

    離れた部屋で使用するなら、あると嬉しい「ビームフォーミング機能」

    離れた部屋で使用するなら、あると嬉しい「ビームフォーミング機能」

    ビームフォーミング機能は、対応している子機の場所を特定してWi-Fiを集中的に飛ばしてくれる親機の通信技術です。


    親機から離れた場所や障害物が多い場所など、今まで電波が届きにくかった場所でも通信速度と安定性の向上が期待できます。


    ただし、ビームフォーミング機能は全ての環境で効果が保障されているものではありません。また、子機だけではなく親機側も対応していないと利用することができませんので、まずは親機をチェックしてみてくださいね。

    同時に使用する機器が多いなら「MU-MIMO機能」もチェック

    同時に使用する機器が多いなら「MU-MIMO機能」もチェック

    従来は、複数の機器と順番に通信を行っているため通信速度の低下につながっていました。「MU-MIMO機能」は複数の機器と同時に通信を行うことで、速度を落とさずに通信できる通信技術です。


    MU-MIMO機能も使用している親機が対応しているか、取扱説明書やメーカーのHPで確認をしてみましょう。

    売れ筋の人気無線LAN子機全17商品を徹底比較!

    無線LAN子機の検証

    今回は、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどで売れ筋上位の無線LAN子機17商品をすべて集めて、どれが最もおすすめなのかを検証しました。


    無線LAN子機の選び方のポイントをふまえ、検証項目は以下の2点としました。

    検証①:つながりやすさ

    検証②:使いやすさ


    なお、今回の検証では無線LAN子機を選ぶうえで最も気になる「つながりやすさ」の評価を重視してランキングを作成しました。


    ※ランキング作成日:2020/7/31

    今回検証した商品

    1. ASUS|USB-AC68
    2. NETGEAR|A6210-100JPS
    3. TP-Link|Archer T4U
    4. TP-Link|ARCHER T9UH
    5. TP-Link|Archer T3U
    6. TP-Link|Archer T3U Plus
    7. TP-Link|Archer T2U Nano
    8. アイ・オー・データ機器|WNPU1167M
    9. アイ・オー・データ機器|WN-AC1300UA
    10. アイ・オー・データ機器|WN-AC433UA
    11. アイ・オー・データ機器|WNPU583B
    12. エレコム|WDC-433DU2H2
    13. エレコム|WDC-867DU3S
    14. バッファロー|WI-U2-433DHP
    15. バッファロー|WI-U3-866DS
    16. バッファロー|WI-U2-433DMS
    17. 日本電気|Aterm WL900U

    検証① 受信感度

    受信感度

    まずは重要なポイントである「つながりやすさ」を検証します。都内にある3階建ての木造住居を3日間使用し、通信速度の測定を行いました。


    Wi-Fiルーター(親機)を3階リビングのテレビ横に設置し、以下の計測地点で下り・上りの速度を計測し、計測地点ごとの平均値を評価しました。


    • 3階:リビング
    • 2階:洋室①
    • 2階:洋室②
    • 1階:寝室

    ※検証条件を揃えるために、PCは「dynabook RZ63/MS」、計測アプリは「ookla speedtest」、光回線は「NURO光」を使用しています。

    ※今回はあくまでも、特定の日程・時間帯・場所で計測した値で評価をしています。使用環境が変われば実行速度の値も変わってくるので、必ずしも検証結果と同じ数値が出せるとは限りません。

    【検証結果ハイライト】親機の近くで大きな差は見られなかったが、アンテナが大きいものは距離が離れても速度が安定していた

    【検証結果ハイライト】親機の近くで大きな差は見られなかったが、アンテナが大きいものは距離が離れても速度が安定していた

    アンテナが外付けされている子機は親機から距離の離れている1階の寝室でも、速度が落ちることなく高い数値を計測することができました。


    また、小型のものは距離が離れると通信速度が落ち、ネットに接続できなくなる商品もある結果となりました。


    親機に近いリビングでの数値はほとんど同じで大きな差は見られなかったので、離れた場所で使用するならアンテナのある大型のものを選べば安心でしょう。

    検証② 使いやすさ

    使いやすさ

    続いて、無線LAN子機の「使いやすさ」の評価を行います。


    実際の使用感や、公式HP・取扱説明書の製品情報から、以下4項目をそれぞれ評価した後、すべての評価を合算して最終評価としました。


    1. 初期設定は簡単か(15分以内に設定できるか)
    2. 他のにUSBポートに干渉しないか(他のUSBを挿すことができるか)
    3. ビームフォーミング機能があるか
    4. MU-MIMO機能があるか

    【検証結果ハイライト】全商品、評価基準は合格点。大きくてもアンテナが折りたためると携帯性もよく使いやすい

    【検証結果ハイライト】全商品、評価基準は合格点。大きくてもアンテナが折りたためると携帯性もよく使いやすい

    初めて使う際には接続設定が必要になりますが、取扱説明書を見ながら進めていけばどの商品もスムーズに設定できました。


    また、使用しているPCがWindows10なら挿すだけで使えるようになる商品。設定不要で、ネットや機械に疎い方でも安心ですよ。


    外付けのアンテナがあると親機から距離が離れても受信感度がよく速度も安定しますが、そのぶん本体サイズも大きくなり、携帯性が悪くなってしまいます。しかし、アンテナが折りたためるタイプだと、受信感度と携帯性を兼ね備えることができるので、持ち運びにも便利です。

    No.1

    TP-LinkARCHER T9UH

    ARCHERT9UH

    4,329円(税込)

    総合評価

    4.50
    • つながりやすさ: 4.8
    • 使いやすさ: 3.3

    離れた部屋でもつながりやすい!携帯性もよくて便利

    TP-Linkの「Archer T9UH」は、ハイパワー子機としてメーカーの人気商品とうたわれています。つながりやすさが高評価で、親機から距離の離れた1階の寝室でも、実効速度として高い数値を記録しました。


    専用のクレードルもついており、約1mの延長が可能。直接PCに接続するだけでなく、置き場を選んでフレキシブルに使うことができまよ。


    また、外付けアンテナのため大型ですが、折りたたむことができ、コンパクトになるので携帯性も問題ありません。受信感度が高いといえるので、離れた部屋で使用する方におすすめできる、ベストバイ無線LAN子機です。

    メーカーTP-Link
    対応OSWindows 10/8.1/8/7、Mac OS X 10.8~10.13
    インターフェースUSB 3.0
    サイズ100.53×36.6×14.3 mm
    重量約46g
    消費電力-
    アンテナの種類外付けタイプ
    ストリーム数3×3
    Wi-Fiの規格Wi-Fi 5(11ac)
    セキュリティ規格WPA2-PSK、WPA-PSK、WEP(128/64bit)
    専用クレードル専用クレードルあり
    デュアルバンド通信
    ビームフォーミング機能
    MU-MIMO機能-
    「WPA/AOSS」設定
    最大転送速度1300+600Mbps
    最高下り実効速度236.8Mbps
    No.2

    エレコムWDC-867DU3S

    WDC867DU3S

    3,164円(税込)

    総合評価

    4.20
    • つながりやすさ: 4.0
    • 使いやすさ: 5.0

    内蔵アンテナのベストバイ。小型ながら豊富な機能性

    エレコムの「WDC-867DU3S」は、付加機能が豊富な、使いやすさに長けた子機です。Windows10なら初期設定不要なのも便利なポイント。PCに挿すだけですぐにネットを利用できるようになりますよ。

    小柄ながら、実効速度は親機の近くで高い数値を計測することができました。飛び出し部分が少ないので、挿したまま持ち運こんでも気になりません。


    ノートパソコンなどに接続して持ち運びたい方や、コンパクトな子機を探している方に、有力な選択肢となる無線LAN子機です。
    メーカーエレコム
    対応OSWindows 10S(32/64bit) / 10(32/64bit) / 8.1(32/64bit) / 7(32/64bit) (SP1) 、macOS Catalina 10.15 / macOS Mojave 10.14 / macOS High Sierra 10.13 / macOS Sierra 10.12 / OS X El Capitan 10.11 / OS X Yosemite 10.10
    インターフェースUSB3.0/USB2.0
    サイズ16×34×8 mm
    重量約4g
    消費電力4.5W
    アンテナの種類内蔵タイプ
    ストリーム数2×2
    Wi-Fiの規格Wi-Fi 5(11ac)
    セキュリティ規格WPA2-PSK(AES : 128bit)、WPA-PSK(TKIP)、WEP(128/64bit)
    専用クレードル-
    デュアルバンド通信
    ビームフォーミング機能
    MU-MIMO機能
    「WPA/AOSS」設定
    最大転送速度867+300Mbps
    最高下り実効速度243.7Mbps
    No.3

    ASUSUSB-AC68

    USB-AC68

    9,570円(税込)

    総合評価

    4.12
    • つながりやすさ: 4.4
    • 使いやすさ: 3.0

    高い実効速度を計測。クレードルもあり置き場所を選ばず

    ASUSの「USB-AC68」は、展開式の外付けアンテナが特徴的。独自の「Air Radar」と呼ばれる、強力なビームフォーミング機能が搭載されています。

    受信感度が高く、親機の近くはもちろん、離れた部屋でも平均以上の高い実効速度の数値を記録することができました。


    専用のクレードルもついているので、置き場を自由に選んで使用することができますよ。携帯性には優れないので、自宅で使用するのが前提の無線LAN子機です。

    メーカーASUS
    対応OSWindows 7(64/32bit)/8(64/32bit)/8.1(64/32bit)/10(64/32bit)、Mac OS X 10.7~10.11
    インターフェースUSB 3.0
    サイズ115×17.5×30 mm
    重量約44g
    消費電力-
    アンテナの種類外付けタイプ
    ストリーム数記載なし
    Wi-Fiの規格Wi-Fi 5(11ac)
    セキュリティ規格WPA2-PSK、WPA-PSK、WPA-Enterprise 、WPA2-Enterprise64-bit 、WEP、128-bit WEP
    専用クレードル専用クレードルあり
    デュアルバンド通信
    ビームフォーミング機能
    MU-MIMO機能-
    「WPA/AOSS」設定-
    最大転送速度1300+600Mbps
    最高下り実効速度234.5Mbps
    No.4

    バッファローWI-U2-433DMS

    WIU2433DMS

    2,009円(税込)

    総合評価

    4.06
    • つながりやすさ: 4.0
    • 使いやすさ: 4.3

    使いやすさの面では高評価だが、受信感度はやや低め

    バッファローの「WI-U2-433DMS」は、指先ほどのサイズで重さも感じません。取り付けた際の飛び出し部が少ないため、気にならず使用することができます。

    1階の実効速度は及第点にとどまりましたが、親機の近くで使用する分には不満はないでしょう。携帯性と付加機能に優れており、他のポートを邪魔することもないため、使いやすさで高評価を得る結果となりました。
    メーカーバッファロー
    対応OSWindows 10/8.1/8/7、Mac OS X 10.10~10.15
    インターフェースUSB 2.0
    サイズ33×18×8 mm
    重量約4g
    消費電力2.5W
    アンテナの種類内蔵タイプ
    ストリーム数1×1
    Wi-Fiの規格Wi-Fi 5(11ac)
    セキュリティ規格WPA2-PSK(AES/TKIP)、WPA-PSK(AES/TKIP)、WEP(128/64bit)
    専用クレードル-
    デュアルバンド通信
    ビームフォーミング機能
    MU-MIMO機能-
    「WPA/AOSS」設定
    最大転送速度433+150Mbps
    最高下り実効速度214.8Mbps
    No.5

    TP-LinkArcher T3U

    Archer T3U

    2,330円(税込)

    総合評価

    4.04
    • つながりやすさ: 4.1
    • 使いやすさ: 3.8

    コンパクトながらトップレベルの実効速度。携帯性もよい

    TP-Linkの「Archer T3U」は、指先ほどのサイズでPCに取り付けた状態でもジャマにならず、持ち運びながらの使用にも適しています。

    さらに、親機に近いリビングでは、内蔵アンテナタイプで一番速い実効速度を計測することができました。ビームフォーミング機能はありませんが、使いやすさも問題なく、総合的に高評価を得ることができました。
    メーカーTP-LINK
    対応OSWindows 10/8.1/8/7/XP、Mac OS X
    インターフェースUSB 3.0
    サイズ40.5×19.72×10.29 mm
    重量約8g
    消費電力-
    アンテナの種類内蔵タイプ
    ストリーム数2×2
    Wi-Fiの規格Wi-Fi 5(11ac)
    セキュリティ規格WPA2-PSK、WPA-PSK、WEP、WPA/WPA2
    専用クレードル-
    デュアルバンド通信
    ビームフォーミング機能-
    MU-MIMO機能
    「WPA/AOSS」設定-
    最大転送速度867+400Mbps
    最高下り実効速度244.4Mbps
    No.6

    アイ・オー・データ機器WN-AC1300UA

    WN-AC1300UA

    6,482円(税込)

    総合評価

    4.01
    • つながりやすさ: 4.5
    • 使いやすさ: 2.0

    超大型で持ち運びには不向きだが、受信感度に優れている

    アイ・オー・データ機器の「WN-AC1300UA」は、大型のアンテナが4本ついており、それぞれ稼働させることができるので、使用環境に合わせてフレキシブルに使用することができます。

    実効速度は各測定場所で安定しており、距離の離れた1階でも高い数値を計測することができました。一方で、サイズは手のひらほどの超大型で、使いやすさで評価が振るいませんでした。

    メーカーアイ・オー・データ機器
    対応OSWindows 10、macOS 10.13~10.15
    インターフェースUSB 3.1 Gen1(USB3.0)/USB 2.0
    サイズ59×60×24 mm
    重量約46g
    消費電力-
    アンテナの種類外付けタイプ
    ストリーム数3×3
    Wi-Fiの規格Wi-Fi 5(11ac)
    セキュリティ規格WPA2-PSK(TKIP/AES)、WPA-PSK(TKIP/AES)、WEP(128/64bit)
    専用クレードル-
    デュアルバンド通信
    ビームフォーミング機能
    MU-MIMO機能-
    「WPA/AOSS」設定
    最大転送速度1300+450Mbps
    最高下り実効速度236.9Mbps
    No.7

    TP-LinkArcher T3U Plus

    Archer T3U Plus

    2,427円(税込)

    総合評価

    4.00
    • つながりやすさ: 4.0
    • 使いやすさ: 4.0

    実効速度は高評価だが、距離が離れると感度は低下した

    TP-Linkの「Archer T3U Plus」は、180°動かすことができる、外付けタイプのアンテナがあり、使用環境に合わせて自由に動かして使用することができます。

    付加機能もほとんどそろっていて使用上問題はありません。また、実効速度はトップレベルの高い数値を計測できましたが、距離が離れると速度は落ちてしまい、各計測場所での総合評価は平均の域を出ない結果となりました。
    メーカーTP-Link
    対応OSWindows 10/8.1/8/7(64bit/32bit)
    インターフェースUSB 3.0
    サイズ57.8×18×173.4 mm
    重量約18g
    消費電力-
    アンテナの種類外付けタイプ
    ストリーム数2×2
    Wi-Fiの規格Wi-Fi 5(11ac)
    セキュリティ規格WPA2-PSK、WPA-PSK、WEP、WPA/WPA2
    専用クレードル-
    デュアルバンド通信
    ビームフォーミング機能-
    MU-MIMO機能
    「WPA/AOSS」設定-
    最大転送速度867+400Mbps
    最高下り実効速度244.8Mbps
    No.8

    バッファローWI-U3-866DS

    WIU3866DS

    3,400円(税込)

    総合評価

    3.94
    • つながりやすさ: 4.3
    • 使いやすさ: 2.5

    離れた部屋でも受信感度は高かったが、付加機能は少ない

    バッファローの「WI-U3-866DS」は、大きめのUSBサイズで、直接PCに取り付けると隣のポートに干渉してしまいました。付属のフック付き延長ケーブルを使って、取り付け位置を工夫するとよいでしょう。

    実効速度としては高評価で、離れた部屋でもつながりやすさを感じました。しかし、付加機能の少なさから、使いやすさの評価を下げる結果となりました。

    メーカーバッファロー
    対応OSWindows 10/8.1/8/7、Mac OS X 10.10~10.15
    インターフェースUSB 3.0/USB 2.0
    サイズ74×27×14 mm
    重量約18g
    消費電力4.5W
    アンテナの種類内蔵タイプ
    ストリーム数2×2
    Wi-Fiの規格Wi-Fi 5(11ac)
    セキュリティ規格WPA2-PSK(AES/TKIP)、WPA-PSK(AES/TKIP)、WEP(128/64bit)
    専用クレードル専用クレードルあり
    デュアルバンド通信
    ビームフォーミング機能-
    MU-MIMO機能-
    「WPA/AOSS」設定
    最大転送速度866+300Mbps
    最高下り実効速度230.5Mbps
    No.9

    日本電気Aterm WL900U

    PA-WL900U

    4,172円(税込)

    総合評価

    3.91
    • つながりやすさ: 4.3
    • 使いやすさ: 2.3

    延長ケーブルが短く不便。実効速度は問題なく高評価

    NECの「Aterm WL900U」は、大きめのUSBサイズで、直接PCに取り付けると隣のポートに干渉してしまい、使いやすさの評価を下げました。付属の延長ケーブルを使って、ポートの干渉を避けるとよいでしょう。

    付加機能は少なめですが、実効速度は各部屋で安定。親機から離れた部屋でも数値はあまり下がらず、高評価を得ることができました。
    メーカーNEC(日本電気)
    対応OSWindows 10(32/64bit)/ 8.1(32/64bit)/ 8(32/64bit)(Windows RTには非対応)/ 7(SP1含む32/64bit)/ Vista (SP1/SP2含む・32bit)/ XP (SP3・32bit)
    インターフェースUSB3.0/USB2.0
    サイズ28×86×14 mm
    重量約20g
    消費電力4.5W
    アンテナの種類内蔵タイプ
    ストリーム数2×2
    Wi-Fiの規格Wi-Fi 5(11ac)
    セキュリティ規格WPA2-PSK(TKIP/AES)、WPA-PSK(TKIP/AES)、WEP(64/128bit)
    専用クレードル-
    デュアルバンド通信
    ビームフォーミング機能-
    MU-MIMO機能-
    「WPA/AOSS」設定
    最大転送速度867+300Mbps
    最高下り実効速度232.5Mbps
    No.10

    バッファローWI-U2-433DHP

    WI-U2-433DHP

    2,491円(税込)

    総合評価

    3.90
    • つながりやすさ: 3.9
    • 使いやすさ: 3.9

    親機の近くでは高評価だが、1階での速度は平均以下に…

    バッファローの「WI-U2-433DHP」は、3軸で回転可能な外付けアンテナを搭載しており、さまざまな方向に調整することができま。MU-MIMO機能がないため、使いやすさの評価は他と比べると平均的。

    親機に近いリビングでは、トップと並ぶ高い実行数値を計測することができましたが、距離に弱いのか、今回の検証では1階の速度は平均以下と伸び悩む結果となりました。
    メーカーバッファロー
    対応OSWindows 10/8.1/8/7、Mac OS X 10.8~10.15
    インターフェースUSB 2.0
    サイズ19×186×15 mm
    重量約20g
    消費電力2.5W
    アンテナの種類外付けタイプ
    ストリーム数1×1
    Wi-Fiの規格Wi-Fi 5(11ac)
    セキュリティ規格WPA2-PSK(AES/TKIP)、WPA-PSK(AES/TKIP)、WEP(128/64bit)
    専用クレードル-
    デュアルバンド通信
    ビームフォーミング機能
    MU-MIMO機能-
    「WPA/AOSS」設定
    最大転送速度433+150Mbps
    最高下り実効速度229.0Mbps
    No.11

    アイ・オー・データ機器WN-AC433UA

    WN-AC433UA

    1,836円(税込)

    総合評価

    3.88
    • つながりやすさ: 3.9
    • 使いやすさ: 3.8

    設定不要で使いやすくはあるが、速度は平均的で伸び悩む

    アイ・オー・データ機器の「WN-AC433UA」は、180°動く外付けタイプのアンテナがあり、使用環境に合わせて自由に動かして使用することができます。また、Windows10なら初期設定も不要です。

    USBポートに挿すだけで、すぐに利用できるようになるため使いやすさは高評価ですが、1階の実効速度は平均より遅く、つながりやすさは伸び悩みました。

    メーカーアイ・オー・データ機器
    対応OSWindows 10/ 8.1/ 8/ 7/ Vista(32bit)/ XP SP3以降
    インターフェースUSB 2.0
    サイズ16×152×15 mm
    重量約96g
    消費電力-
    アンテナの種類外付けタイプ
    ストリーム数1×1
    Wi-Fiの規格Wi-Fi 5(11ac)
    セキュリティ規格WPA2-PSK(AES))、WPA-PSK(TKIP/AES)、WEP(64/128bit
    専用クレードル-
    デュアルバンド通信
    ビームフォーミング機能
    MU-MIMO機能-
    「WPA/AOSS」設定
    最大転送速度433+150Mbps
    最高下り実効速度210.6Mbps
    No.12

    アイ・オー・データ機器WNPU1167M

    WNPU1167M

    3,140円(税込)

    総合評価

    3.85
    • つながりやすさ: 3.6
    • 使いやすさ: 4.8

    最軽量で持ち運びに便利だが、離れた部屋で通信が不安定

    アイ・オー・データ機器の「WNPU1167M」は、本体重量が最軽量。サイズも1円玉ほどで、挿したまま持ち運んでも全く気にならなりません。小型ながら付加機能も豊富で、使いやすさは高評価です。

    一方で、親機の近くで使用する分には十分な速度が計測できましたが、距離が離れるとネットに接続不可になることもあったため、つながりやすさの評価はやや劣る結果となりました。
    メーカーアイ・オー・データ機器
    対応OSWindows 10/ 8.1/ 7
    インターフェースUSB 2.0
    サイズ15×20×7 mm
    重量約2.4g
    消費電力-
    アンテナの種類内蔵タイプ
    ストリーム数2×2
    Wi-Fiの規格Wi-Fi 5(11ac)
    セキュリティ規格WPA2-PSK(TKIP/AES)、WPA-PSK(TKIP/AES)、WEP(64/128bit)
    専用クレードル-
    デュアルバンド通信
    ビームフォーミング機能
    MU-MIMO機能
    「WPA/AOSS」設定
    最大転送速度867+300Mbps
    最高下り実効速度233.6Mbps
    No.13

    TP-LinkArcher T4U

    Archer T4U

    3,036円(税込)

    総合評価

    3.84
    • つながりやすさ: 4.1
    • 使いやすさ: 2.8

    隣のポートに干渉しやすいサイズ。実効速度に問題なし

    TP-Linkの「Archer T4U」は、折りたたむことのできる外付けアンテナですが、取り付けた際に隣のポートに干渉してしまい、使いやすさの評価を下げる結果となりました。

    2階までは上位商品と並ぶ高い数値を記録できました。1階では数値がやや下がりましたが、つながりやすさに問題はなく使用に不満は出ないでしょう。

    メーカーTP-Link
    対応OSWindows 10/8.1/8/7、Mac OS X 10.9~10.14/
    インターフェースUSB 3.0
    サイズ92.47×31.55×13.9 mm
    重量約45g
    消費電力-
    アンテナの種類外付けタイプ
    ストリーム数2×2
    Wi-Fiの規格Wi-Fi 5(11ac)
    セキュリティ規格WPA2-PSK、WPA-PSK、WEP(128/64bit)
    専用クレードル-
    デュアルバンド通信
    ビームフォーミング機能
    MU-MIMO機能
    「WPA/AOSS」設定
    最大転送速度867+400Mbps
    最高下り実効速度248.4Mbps
    No.14

    アイ・オー・データ機器WNPU583B

    WNPU583B

    2,880円(税込)

    総合評価

    3.78
    • つながりやすさ: 3.9
    • 使いやすさ: 3.3

    通信速度は伸び悩んだが、Bluetooth機能も追加できる

    アイ・オー・データ機器の「WNPU583B」は、無線LAN機能の他に、Bluetooth機能も利用できるようになるのが魅力の一つです。普及が進んでいるマウスやキーボードの無線デバイスを接続できるようになりますよ。

    装着時の大きさも気にならず、他のポートに干渉することもありませんでしたが、付加機能は平均的。親機に近いリビングでは問題なく使用できましたが、親機から離れると通信速度は落ちてしまう結果となりました。

    メーカーアイ・オー・データ機器
    対応OSWindows 10/ 8.1/ 7
    インターフェースUSB 2.0
    サイズ23×50×11 mm
    重量約10g
    消費電力-
    アンテナの種類内蔵タイプ
    ストリーム数1×1
    Wi-Fiの規格Wi-Fi 5(11ac)
    セキュリティ規格WPA2-PSK(TKIP/AES)、WPA-PSK(TKIP/AES)、WEP(64/128bit)
    専用クレードル-
    デュアルバンド通信
    ビームフォーミング機能
    MU-MIMO機能-
    「WPA/AOSS」設定-
    最大転送速度433+150Mbps
    最高下り実効速度210.0Mbps
    No.15

    NETGEARA6210-100JPS

    A6210-100JPS

    4,897円(税込)

    総合評価

    3.76
    • つながりやすさ: 4.0
    • 使いやすさ: 2.8

    つながりやすさは平均以上だが、設定難易度はやや高め

    ネットギアの「A6210-100JPS」は、折りたたむことのできる外付けアンテナで、ある程度の携帯性も兼ね備えています。また、専用のクレードルもあるので、置き場を選ばずに使うことができますよ。

    一方で、専用ドライバで機器が認識されないというトラブルが発生。実効速度は問題ありませんが、使いやすさの評価が足を引っ張る結果になりました。

    メーカーネットギア
    対応OSWindows 10/8.1/8/7
    インターフェースUSB3.0/USB2.0
    サイズ93×31.4×14.45 mm
    重量約28g
    消費電力-
    アンテナの種類外付けタイプ
    ストリーム数記載なし
    Wi-Fiの規格Wi-Fi 5(11ac)
    セキュリティ規格WPA2-PSK (AES)、WPA-PSK(TKIP)、40-bit/64-bit/128-bit WEP データ暗号化
    専用クレードル専用クレードルあり
    デュアルバンド通信
    ビームフォーミング機能
    MU-MIMO機能-
    「WPA/AOSS」設定
    最大転送速度867+300Mbps
    最高下り実効速度215.1Mbps
    No.16

    エレコムWDC-433DU2H2

    WDC-433DU2H2

    2,482円(税込)

    総合評価

    3.60
    • つながりやすさ: 3.8
    • 使いやすさ: 2.8

    付加機能が少ない。外付けアンテナだが速度も伸び悩んだ

    エレコムの「WDC-433DU2H2」は、180°動かすことができる、外付けタイプのアンテナがあり、使用環境に合わせて自由に動かして使用することができます。

    最高速度は上位商品に並ぶ数値を記録しましたが、離れた部屋での実効速度は低く、つながりやすさの評価が伸び悩みました。また、付加機能の少なさも足を引っ張り、総合評価を落とす結果となりました。

    メーカーエレコム
    対応OSWindows 10(32/64bit) / 8.1(32/64bit) / 7(32/64bit)(SP1)、macOS Catalina 10.15 / macOS Mojave 10.14 / macOS High Sierra 10.13 / macOS Sierra 10.12 / OS X El Capitan 10.11 / OS X Yosemite 10.10
    インターフェースUSB 2.0
    サイズ15×15×154 mm
    重量約14g
    消費電力2.5W
    アンテナの種類外付けタイプ
    ストリーム数1×1
    Wi-Fiの規格Wi-Fi 5(11ac)
    セキュリティ規格WPA2-PSK(AES : 128bit) 、WPA-PSK(TKIP)、WEP(128/64bit)
    専用クレードル-
    デュアルバンド通信
    ビームフォーミング機能-
    MU-MIMO機能-
    「WPA/AOSS」設定
    最大転送速度433+150Mbps
    最高下り実効速度227.7Mbps
    No.17

    TP-LinkArcher T2U Nano

    Archer T2U Nano

    1,345円(税込)

    総合評価

    3.20
    • つながりやすさ: 3.3
    • 使いやすさ: 2.8

    親機から離れると通信が不安定に。付加機能も物足りない

    TP-Linkの「Archer T2U Nano」は、非常にコンパクトで重さを感じません。取り付けると、PCとほとんど一体化するので、全く気にならず取り回しのよさは高評価です。

    親機の近くだけで利用するなら、実効速度に不満はありませんでした。しかし、離れた部屋では通信が安定せず、計測できないこともありました。また、付加機能も少ないため、総合評価を落す結果となりました。
    メーカーTP-LINK
    対応OSWindows 10/8.1/8/7 (32/64bits)、Mac OS X 10.9-10.14
    インターフェースUSB 2.0
    サイズ15×7.1×18.6 mm
    重量約5g
    消費電力-
    アンテナの種類内蔵タイプ
    ストリーム数1×1
    Wi-Fiの規格Wi-Fi 5(11ac)
    セキュリティ規格WPA2-PSK、WPA-PSK、WEP、WPA/WPA2
    専用クレードル-
    デュアルバンド通信
    ビームフォーミング機能-
    MU-MIMO機能-
    「WPA/AOSS」設定-
    最大転送速度433+200Mbps
    最高下り実効速度191.1Mbps

    人気無線LAN子機の検証結果比較表

    スマホやゲーム機のつながりにくさには「中継機」

    スマホやゲーム機のつながりにくさには「中継機」

    無線LAN子機を使用するにはUSBポートが必要になるため、PCにしか対応していないものがほとんどです。


    そのため、「親機から離れた部屋でネットがつながりにくい」「階がかわるとネットが途切れがち」といった悩みには「中継機」の導入がおすすめです。親機とWi-Fiが届かない場所の中間に設置することで、Wi-Fiの範囲を広げることができますよ。


    以下の記事では、Wi-Fi中継機を選ぶ際のポイントや検証を通しておすすめの商品を紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

    当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

    そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

    関連記事

    人気の記事

    人気のアイテムリスト

    カテゴリから探す