• 【プロが教える】脱臭機の最強おすすめ人気ランキング10選【2018年最新版】のアイキャッチ画像1枚目
  • 【プロが教える】脱臭機の最強おすすめ人気ランキング10選【2018年最新版】のアイキャッチ画像2枚目
  • 【プロが教える】脱臭機の最強おすすめ人気ランキング10選【2018年最新版】のアイキャッチ画像3枚目
  • 【プロが教える】脱臭機の最強おすすめ人気ランキング10選【2018年最新版】のアイキャッチ画像4枚目
  • 【プロが教える】脱臭機の最強おすすめ人気ランキング10選【2018年最新版】のアイキャッチ画像5枚目

【プロが教える】脱臭機の最強おすすめ人気ランキング10選【2018年最新版】

犬・猫のペット臭から、タバコ・トイレ・冷蔵庫のニオイ解消まで幅広く活躍する脱臭機。富士通ゼネラル・パナソニック・三菱・ダイキン・カルモアなどたくさんのメーカーから、プラズマイオンやオゾン脱臭機といった高い脱臭効果を発揮する商品が多数販売されています。家庭用のほか、業務用脱臭機のレンタルサービスなども登場している今、本当に効果のある脱臭機はどんな商品なのか、気になりませんか?

今回はそんな皆さんの疑問を解消するため、ニオイのプロである「におい刑事」こと臭気判定士の松林宏治さんにお話を伺いました。お部屋の広さやニオイの種類に合った選び方のポイントと、それを踏まえたおすすめの商品をご紹介します。脱臭機の導入を考えている方はぜひチェックして、ニオイの気にならない暮らしを手に入れてくださいね。
この記事に登場する専門家
松林 宏治
  • 最終更新日:2018年09月05日
  • 175,806  views
目次

脱臭機の選び方のポイント

今回は脱臭機の選び方について、消臭脱臭専門会社・共生エアテクノの代表取締役、におい刑事こと臭気判定士の松林宏治さんに取材をさせていただきました。

ニオイの種類に合わせた脱臭機の選び方のポイント、さらにはニオイを溜めない方法も詳しく教えていただきましたので、ぜひ今後の脱臭機選びの参考にしてみてください。それではさっそくご紹介していきます。
脱臭機の選び方のポイント
<取材協力:松林宏治さん>
国家資格である臭気判定士として、大きな工場から身近なニオイのトラブルまで、あらゆるニオイ問題を手掛ける「クサイに挑むプロフェッショナル」。2003年に消臭・脱臭専門会社「共生エアテクノ」を創業して以来、多くの臭気問題を解決に導いてきた事から「におい刑事(デカ)」とも呼ばれる。

共生エアテクノ公式HP:http://www.201110.gr.jp/
臭気判定士/におい刑事(デカ)のにおい110番:http://ameblo.jp/nioideka/

ニオイの性質や場所に合わせてタイプを選ぶ

脱臭機のタイプは大きく分けて、「吸引タイプ」と「放出タイプ」の2種類。それぞれニオイに対するアプローチの仕方が異なりますので、あなたの対処したいニオイに合った種類を選んでいきましょう。

ピンポイントの脱臭には「吸引タイプ」

ピンポイントの脱臭には「吸引タイプ」

出典:amazon.co.jp

キッチンのゴミ箱・車内・ペットのエリアなど、ニオイが強い場所をピンポイントで脱臭したいときには、吸引タイプを選びましょう。活性炭フィルターや光触媒などがこれに分類されます。

吸引タイプは、ニオイ分子が空間に漂っているようなシーンにも最適です。気になる部分に脱臭機を向け、ニオイを引き込んでしまいましょう。
松林 宏治
臭気判定士/におい刑事
松林 宏治さんのコメント
「一部分のエリアだけニオイが気になる」という明確な認識がある場合には、ぜひ吸引タイプを選んでください。ちなみに吸引タイプの脱臭機を使うときには、いかに効率良くニオイを引き込ませることができるかが、脱臭効果を高める重要なポイントです。しっかりニオイの元を狙ってくださいね。

広い空間や染み込んでいるニオイには「放出タイプ」

広い空間や染み込んでいるニオイには「放出タイプ」

出典:amazon.co.jp

部屋全体のニオイが気になる方は、放出タイプを選びましょう。イオン・オゾン・フィトンチッドなどの消臭粒子を脱臭機から放出して、空間単位で脱臭してくれます。

なお壁や天井に染み込んだ付着臭は、イオンやフィトンチッドでは除去しにくいです。付着臭には、オゾンを中心とした放出タイプがより効果を発揮しますよ。
松林 宏治
臭気判定士/におい刑事
松林 宏治さんのコメント
いかに効率良く消臭粒子とニオイ分子を接触させるか、これが放出タイプでうまく脱臭するポイントです。窓を開けたり換気扇を回したりといった普段通りの換気に加えて、サーキュレーターや扇風機を活用して上手に室内の空気を循環させましょう。

外気が入ることで嫌なニオイが外に出るのはもちろん、空気が希釈されてニオイを薄めることができますよ。

解消したいニオイに合った素材・方式を選ぶ

脱臭機に使用されている素材や脱臭方式にはたくさんの種類がありますが、その中から解消したいニオイに合ったものを選ぶことが大切です。代表的な素材や脱臭方式の特徴を紹介しますので、参考にしてください。

多くのニオイを取り除く「活性炭」

多くのニオイを取り除く「活性炭」

出典:amazon.co.jp

活性炭は、タバコ・冷蔵庫・靴・犬猫などのペット臭と、幅広い種類のニオイを取り除いてくれます。脱臭効果も高いので、とりあえずどの素材を選んだら良いか迷ってしまうという方は、まず活性炭を選んでみてください。
松林 宏治
臭気判定士/におい刑事
松林 宏治さんのコメント
活性炭にはいろいろな種類があり、上手く使いこなせば万能と言っても良いほど多くのニオイを吸着する力を発揮してくれます。しかし酷使すれば、それだけ脱臭性能の衰えも早いです。メーカーが定めている交換推奨期間を守るだけでなく、効果が感じられなくなったら速やかに交換するようにしてくださいね。

使い方さえ間違えなければ万能に近い「オゾン」

使い方さえ間違えなければ万能に近い「オゾン」

出典:amazon.co.jp

オゾンも活性炭同様、万能に近い素材です。タバコ・下水・食品・体臭など多くのニオイに効果を発揮します。また酸素を原料として脱臭を行うので、電気代以外のランニングコストがかからないというのも大きなメリットです。

ただ酸化分解させることでニオイを取り除くので、酸化しにくいアンモニアなどの窒素化合物の分解はあまり得意ではありません。そのほか、香水やコスメ、排気ガスなどといった人工香料や化学薬品のニオイにもやや効果を発揮しにくいです。
松林 宏治
臭気判定士/におい刑事
松林 宏治さんのコメント
私としては、使い方さえ間違えなければオゾンが1番おすすめの素材だと思っています。オゾンに関しては危険性も指摘されていますが、定められている安全基準を守って正しく使えば、基本的に人体への影響を気にすることはありません。

具体的には、例えば日本産業衛生学会では「許容濃度0.1ppm、1日8時間、週40時間程度」との基準が定められています。また「家庭用オゾン発生器の安全性」という国民生活センターからの報道発表資料には、「家庭用空気清浄機でのオゾン濃度の上限値は0.05ppmとされている」との記載もありますので、通常販売されている製品であれば問題ない範囲と言えるでしょう。

菌由来のニオイに効果的な「フィトンチッド消臭」

森林浴などで知られるフィトンチッドは、微生物の活動を抑える作用を持っているため、菌由来のニオイにとにかく効果的です。菌由来のニオイとは例えば、排水口や生ごみなど、雑菌の繁殖が原因で発生するニオイのこと。お茶などに含まれるカテキンもフィトンチッドの一種と言えば、よりイメージしやすいかもしれませんね。

天然由来の植物成分を原料としているため、安全面での心配が不要というのも嬉しいポイントです。
松林 宏治
臭気判定士/におい刑事
松林 宏治さんのコメント
ただしフィトンチッドはそれ自体が香りを持っているため、ニオイに敏感な方は注意が必要です。基本的にはアロマなどにも用いられるような良いニオイですが、人によっては気になることもありますので、購入前に店頭などで確認しておけると良いですね。

使用範囲に合ったサイズ・電源方式を選ぶ

使用範囲に合ったサイズ・電源方式を選ぶ

出典:amazon.co.jp

脱臭機は商品ごとに使用範囲が設定されています。その範囲を超える部屋で使用しても当然本来の脱臭効果は得られませんので、まずは使用場所を明確にしておきましょう。またコンセントがない場所での使用を考えている方は電源方式も確認し、携帯しやすい乾電池式や充電式を選んでください。

なお商品ごとの具体的な脱臭範囲については商品データでも紹介していますので、ぜひ合わせて参考にしてくださいね。
松林 宏治
臭気判定士/におい刑事
松林 宏治さんのコメント
乾電池で動くような小さなものも、使用範囲さえ守れば十分脱臭効果を期待できます。大切なのは適した範囲・適した場所で使うことですので、メーカーの推奨面積を確認し、使用する場所の広さに合った商品を選んでください。

プロの愛用するおすすめの脱臭機

まずはランキングの前に、プロの愛用するおすすめの脱臭機をご紹介します。いろいろなタイプがありますので、気になる臭いを効果的に脱臭できるアイテムを見つけてくださいね。
専門家の
マイベスト
オースリークリア2 家庭用・業務用兼用 オゾン脱臭器
出典:amazon.co.jp

オゾンマートオースリークリア2 家庭用・業務用兼用 オゾン脱臭器

53,784円 (税込)

脱臭機のおすすめ人気ランキング10選

ここからはいよいよおすすめの脱臭機10選をご紹介します。さまざまなメーカーからバラエティーに富んだ商品を選びましたので、あなたが求める脱臭機がきっとみつかるはずです。
10位
サイズ8.5×8.5×3cm重さ65g
消費電力0.03W効果範囲約1畳
9位
サイズ5×4.5×8.5cm重さ100g
消費電力0.7W効果範囲約8畳
8位

BestFireデオドライザー小型消臭機

GH-2128

1,910円 (税込)

サイズ18×13×11cm重さ160g
消費電力0.5W効果範囲約1畳
7位
低濃度オゾン除菌脱臭機
出典:amazon.co.jp

マクセル低濃度オゾン除菌脱臭機

MXAP-AR200

6,424円 (税込)

サイズ52×13×52cm重さ230g
消費電力1W効果範囲約8畳
6位
オースリークリア2
出典:amazon.co.jp
サイズ16×22×7cm重さ1.3kg
消費電力10W効果範囲約10畳
5位
クレバートリック2
出典:amazon.co.jp

サークランドクレバートリック2

CLC-105

26,800円 (税込)

サイズ20×10×12cm重さ600g
消費電力6W効果範囲約16畳
4位
PLAZION 加湿脱臭機コンパクト
出典:amazon.co.jp

富士通ゼネラルPLAZION 加湿脱臭機コンパクト

DAS-15E

14,148円 (税込)

サイズ17×18×28cm重さ2.2kg
消費電力3~13W効果範囲約10畳
3位

東芝デオドライザー エアリオン・スリム

DC-230

2,175円 (税込)

サイズ8×8×15cm重さ225g
消費電力0.7W効果範囲約6畳
2位
デオドライザーエアリオン・ワイド
出典:amazon.co.jp

東芝デオドライザーエアリオン・ワイド

DAC-2400

5,400円 (税込)

サイズ30×10×25.5cm重さ2.2kg
消費電力4W効果範囲約16畳
1位

富士通ゼネラルPLAZION 加湿脱臭機

HDS-302

26,460円 (税込)

サイズ27×26×64cm重さ7.1kg
消費電力12~32W効果範囲約20畳

おすすめ人気 脱臭機の比較一覧表

商品画像商品名特徴価格サイズ重さ消費電力効果範囲商品リンク
1
PLAZION 加湿脱臭機

富士通ゼネラル

PLAZION 加湿脱臭機

一般家庭用としては比類ない脱臭能力26,460円(税込)27×26×64cm7.1kg12~32W約20畳詳細を見る
2
デオドライザーエアリオン・ワイド

東芝

デオドライザーエアリオン・ワイド

広範囲のお部屋を効果的に脱臭5,400円(税込)30×10×25.5cm2.2kg4W約16畳詳細を見る
3
デオドライザー エアリオン・スリム

東芝

デオドライザー エアリオン・スリム

とてもおしゃれなコンパクト脱臭機2,175円(税込)8×8×15cm225g0.7W約6畳詳細を見る
4
PLAZION 加湿脱臭機コンパクト

富士通ゼネラル

PLAZION 加湿脱臭機コンパクト

小型で高速脱臭が魅力14,148円(税込)17×18×28cm2.2kg3~13W約10畳詳細を見る
5
クレバートリック2

サークランド

クレバートリック2

空気清浄機能もある脱臭機26,800円(税込)20×10×12cm600g6W約16畳詳細を見る
6
オースリークリア2

オゾンマート

オースリークリア2

業務用としても使われる、強力な脱臭効果53,784円(税込)16×22×7cm1.3kg10W約10畳詳細を見る
7
低濃度オゾン除菌脱臭機

マクセル

低濃度オゾン除菌脱臭機

静かな場所で使える低濃度オゾン脱臭機6,424円(税込)52×13×52cm230g1W約8畳詳細を見る
8
デオドライザー小型消臭機

BestFire

デオドライザー小型消臭機

冷蔵庫に置きっぱなしにできる脱臭機1,910円(税込)18×13×11cm160g0.5W約1畳詳細を見る
9
オー・フレッシュ

増田研究所

オー・フレッシュ

手軽で安全なロングセラー商品8,326円(税込)5×4.5×8.5cm100g0.7W約8畳詳細を見る
10
オゾン発生消臭器

BESTEK

オゾン発生消臭器

狭い部屋に最適な手のひらサイズ脱臭機1,980円(税込)8.5×8.5×3cm65g0.03W約1畳詳細を見る

脱臭機はあくまで補助装置

脱臭機はあくまで補助装置

出典:amazon.co.jp

良い脱臭機を購入したけれどあまり効果を感じられないという方は、脱臭機に頼りすぎているのかもしれません。ニオイの発生が増えれば脱臭しきれなくなり、フィルターやカートリッジの交換頻度が増えてコストも高くついてしまいます。脱臭機はあくまで補助装置だと考えて、自分でもニオイ充満させない工夫をしましょう。
松林 宏治
臭気判定士/におい刑事
松林 宏治さんのコメント
脱臭機をつけたからといって安心だ、ということはまずありません。ある程度ニオイが出るのは仕方ないものとして、定期的に換気をして空気の流れを作るなど、ニオイを溜めない努力を惜しまないでください。

普段の努力が足らず、全然効果がないと感じるのは大変もったいないです。よりしっかりとした脱臭効果を得るためにも、料理をするときには換気扇を回すなど、ニオイを抑える対策をキチンと行ってくださいね。最近の住宅は特に気密性が高いので、お住いの住宅に24時間換気が設けられている場合は、最低限稼働するようにしましょう!

業務用脱臭機をレンタルするのも1つの手

業務用脱臭機をレンタルするのも1つの手

出典:amazon.co.jp

家庭用よりも強力にニオイを取り除いてくれるのが、業務用脱臭機です。発生するイオンの量が多い、吸着できるニオイ分子の量が多いといった基本機能のほか、高機能タイプではVOCセンサーなどを搭載することにより、自動で強弱を切り替えるモデルもあります。しかし性能だけでなく値段も高いため、気軽に購入するのは難しいところです。

そんなときには業務用脱臭機をレンタルする、という選択肢もあります。中には1ヵ月1万以内で使用できるサービスもありますので、家庭用としてはハードルが高くても、オフィスや事務所用に脱臭機をお探しの方にとっては十分検討の余地があるのではないでしょうか。高性能な脱臭機を体験してみたい方は、ぜひチェックしてみてください。

脱臭機の売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、脱臭機のAmazon売れ筋ランキングは下記リンクからご確認ください。

まとめ

今回はおすすめの脱臭機をご紹介しましたが、あなたのニーズに合った脱臭機は見つかりましたでしょうか?

これまで芳香剤や空気清浄機しか使ったことがなかったという方は、この機会に新しい脱臭機を試してみてはいかがでしょう。あるいは、すでに脱臭機を使っているのに効果を感じられないという方は、ぜひ松林さんのアドバイスを元に脱臭環境を見直してみてくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

人気のクリエイター

関連キーワード

カテゴリから探す