【徹底比較】食洗機用洗剤のおすすめ人気ランキング18選

【徹底比較】食洗機用洗剤のおすすめ人気ランキング18選

忙しい毎日をサポートしてくれる食洗機。その専用洗剤である食洗機用洗剤は、花王やP&G、ライオンやシャボン玉石けんなどたくさんのメーカーから販売されています。また、粉末タイプやジェルタイプなど種類も多く、どれが一番汚れ落ちがよいのか迷ってしまいますよね。最近では計量の必要がないタブレットタイプの人気も高まっており、さらに選択肢が増えています。


今回はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどで売れ筋上位の食洗機用洗剤18商品を比較して、最もおすすめの食洗機用洗剤を決定したいと思います。


比較検証は以下の1点について行いました。

  1. 洗浄力

果たしてどの商品が最強のベストバイ商品なのでしょうか?食洗機用洗剤の選び方のポイントもご説明しますので、ぜひ購入の際の参考にしてみてください。

  • 2020年04月11日更新
  • 396,687 views

検証のポイント

売れ筋の食洗機用洗剤18商品をすべて集めて、徹底的に比較検証しました
  • 洗浄力

    検証① 洗浄力

    今回は食洗機用洗剤の「洗浄力」を検証します。陶器皿に油汚れとタンパク質汚れ、木皿に油汚れ、茶碗にデンプン汚れ、マグカップにコーヒー汚れをつけて2日乾かします。その後食洗機に隙間なく食器をつめて洗浄し、食器そのものの重さと洗浄前後の重さを計測。洗浄率を算出して汚れ落ちの状態を目視で確認した結果も合わせ、洗浄力を評価しました。

  • すべての検証はmybest社内で行っています

    自社施設

    食洗機用洗剤の選び方

    食洗機用洗剤を選ぶ際に必ずチェックしておきたい「2つのポイント」をご紹介します。

    ① 洗浄力が強いのは弱アルカリ性

    洗浄力が強いのは弱アルカリ性

    洗剤の液性には弱アルカリ性・中性・弱酸性の3種類があり、食洗機用洗剤は主に弱アルカリ性と中性の2つに分類されます。


    手洗いの場合は手肌へのやさしさも洗剤選びのポイントとなりますが、食洗機用洗剤はシンプルに洗浄力の強さで選んでOK。最も洗浄力の強い弱アルカリ性のものがおすすめです。

    ② 使用頻度や目的に合わせて粉末・ジェル・タブレットの3つからタイプを選ぼう

    現在、食洗機用洗剤は粉末・ジェル・タブレットの3種類が販売されています。タイプは洗浄力には大きく影響しないので、使用頻度や目的に合わせて選ぶとよいでしょう。

    使う頻度が多い人は「粉末タイプ」で出費を抑える

    使う頻度が多い人は「粉末タイプ」で出費を抑える

    粉末タイプの食洗機用洗剤は大容量かつ低価格で、コストを抑えられるものが多いです。なかにはコストを抑えられるジェルタイプの商品もありますが、タブレットタイプの食洗機用洗剤と比較した場合、コストの差は歴然です。


    また、食器の量や汚れの状態に合わせて洗剤量を調節することができます。食洗機を毎日使う人には粉末タイプがおすすめです。


    一方で計量を面倒に思う人には向いておらず、また、溶け残りの心配もあると言われています。入れすぎには注意して使いましょう。

    溶け残りの心配がないのは「ジェルタイプ」

    溶け残りの心配がないのは「ジェルタイプ」

    ジェルタイプの食洗機用洗剤は粉末タイプと同様に、食器の量や汚れの具合に合わせて量を調節できます。さらに溶け残ることがないので、少し大雑把に入れてもOK。衣類用の液体洗剤のようにキャップで量を計るタイプがほとんどですが、なかには自動で定量を計れるタイプもありますよ。


    粉末タイプほど価格は低くありませんが、量を調節して使いすぎを防ぎたい人・節約したい人に向いています。

    計量の手間なし!ポンと入れるだけの「タブレットタイプ」

    計量の手間なし!ポンと入れるだけの「タブレットタイプ」

    とにかく手間を省きたいという人はタブレットタイプ一択!ポンと入れるだけでよいので、家事の時短を最優先としている人におすすめです。


    しかしタブレットタイプは単価が高く、食器の量や汚れのレベルに合わせて量の調節ができないデメリットも。また、食洗機の底で溶け残ってしまうこともあります。デメリットを考えたうえで、それでも手軽さを優先したい人はタブレットタイプを選ぶとよいでしょう。

    売れ筋の人気食洗機用洗剤全18商品を徹底比較!

    食洗機用洗剤の検証

    ここからは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどで売れ筋上位の食洗機用洗剤18商品をすべて購入し、どれが最も優れた食洗機用洗剤なのか検証していきます。


    検証項目は以下の1項目としました。

    検証:洗浄力

    今回検証した商品

    1. ライオンケミカル|ピクス 食器洗い機用 洗剤
    2. マツモトキヨシ|matsukiyo 食器洗い機専用洗剤
    3. ライオン|チャーミークリスタ クリアジェル 食洗機用洗剤
    4. ロケット石鹼|全自動食器洗い機専用洗剤
    5. ミマスクリーンケア|緑の魔女 全自動食器洗い機専用洗剤 800g
    6. 花王|食器洗い乾燥機専用キュキュット クエン酸効果 オレンジオイル配合
    7. ソネット|ナチュラルディッシュウォッシャー
    8. P&G|ジョイ ジェルタブ 食洗機用洗剤 21P
    9. 西友|きほんのき 食洗機専用洗剤
    10. レキットベンキーザー|フィニッシュ 食洗機用洗剤 ジェル
    11. レキットベンキーザー|フィニッシュ パウダー パワー&ピュア
    12. シャボン玉石けん|食器洗い機専用粉せっけん
    13. サラヤ|ハッピーエレファント 食器洗い機用ジェル 400ml
    14. 花王|食器洗い乾燥機専用 キュキュット ウルトラクリーン
    15. レキットベンキーザー|フィニッシュ パワーキューブS 食洗機用洗剤 30個
    16. ヱスケー石鹸|すっきり食器洗い機専用洗浄剤
    17. エコベール|ディッシュウォッシャータブレット
    18. 地の塩社|クリーン食器洗い乾燥機専用洗浄剤

    検証① 洗浄力

    洗浄力

    今回は食洗機用洗剤の「洗浄力」を検証します。


    陶器皿に油汚れとタンパク質汚れ、木皿に油汚れ、茶碗にデンプン汚れ、マグカップにコーヒー汚れをつけて2日乾かします。


    その後食洗機に隙間なく食器をつめて洗浄し、食器そのものの重さと洗浄前後の重さを計測。洗浄率を算出して汚れ落ちの状態を目視で確認した結果も合わせ、洗浄力を評価しました。

    【検証結果ハイライト】差がついたのは油汚れ!洗剤のタイプで洗浄力は変化しないため目的に合わせて選んでOK

    【検証結果ハイライト】差がついたのは油汚れ!洗剤のタイプで洗浄力は変化しないため目的に合わせて選んでOK

    コーヒー汚れは最下位の地の塩社以外すべての食洗機用洗剤で落とすことができました。差がついたのは油汚れ。上位のピクスや、マツモトキヨシオリジナルの食洗機用洗剤は頑固な油汚れもキレイに落とすことができます。


    食器用洗剤のタイプで洗浄力が左右されることはなかったため、目的や好みに合わせて選んでも問題はありません。


    興味深かったのは、液性や界面活性剤の配合割合、成分と洗浄力に相関性が見られなかった点です。中性洗剤であるチャーミーのジェルタイプは3位に食い込み、上位となった食洗機用洗剤は界面活性剤の配合割合がいずれも10%未満でした。


    界面活性剤の割合が高くても汚れを落としきれない洗剤もあったので、成分表だけで判断しないことが大切です。

    No.1

    ライオンケミカルピクス 食器洗い機用 洗剤

    410円(税込)

    総合評価

    4.90
    • 洗浄力: 4.9

    頑固な汚れもすっきり落とした!たっぷり使えるベストバイ・食洗機用洗剤

    ランキング第1位に輝いたのはピクスの粉末タイプ!カレーの具がほかの食器に飛んでしまいましたが、食器につけた汚れ自体はすべて落としきることができました。頑固な油汚れも、種類によっては落とすのが難しかったタンパク質汚れも、予洗いなしでピカピカにできます。


    洗い終わったあとの食器をさわると非常にツルツルとしており、手洗いにも負けない洗いあがり。一度で強力洗浄を果たせたのは、時短につながる高評価でした。

    液性弱アルカリ性
    界面活性剤の配合割合2%
    内容量650g
    タイプ粉末
    No.2

    マツモトキヨシmatsukiyo 食器洗い機専用洗剤

    278円(税込)

    総合評価

    4.90
    • 洗浄力: 4.9

    ほとんどの汚れに対応!文句なしの使いやすさ

    食洗機用洗剤比較検証ランキングで第2位となったのは、マツモトキヨシオリジナルの粉末タイプ!


    木皿につけた油汚れは少し残ってしまいましたが、そのほかの汚れはすっきりキレイに落ちました。


    また、洗浄後に食洗機を開けると独特の香りがする商品が多いなか、マツモトキヨシオリジナルの洗剤で洗った後に限っては柑橘系の爽やかな香りがしました。日常レベルの汚れなら十分キレイにできる、おすすめの食洗機用洗剤です。

    液性弱アルカリ性
    界面活性剤の配合割合1%
    内容量600g
    タイプ粉末
    No.3

    ライオンチャーミークリスタ クリアジェル 食洗機用洗剤

    827円(税込)

    総合評価

    4.70
    • 洗浄力: 4.7

    タンパク質汚れにはやや弱いが、そのほかの汚れにはアプローチ

    チャーミークリスタのジェルタイプは、タンパク質汚れ以外はおおむねキレイに洗浄できました。


    ほかの洗剤ではあまり落とすことができなかった油汚れも、9割程度キレイに。タンパク質汚れだけ4割ほど残ってしまったので、汚れの種類によっては予洗いが必要と言えるでしょう。


    ジェルタイプが好みの人には最もおすすめの食洗機用洗剤です。

    液性中性
    界面活性剤の配合割合5%
    内容量480g
    タイプジェル
    No.4

    ロケット石鹼全自動食器洗い機専用洗剤

    490円(税込)

    総合評価

    4.70
    • 洗浄力: 4.7

    時間が経っていない汚れならしっかり落ちる!使いやすさも合格レベル

    ロケット石鹼の食洗機用洗剤は、たっぷり使える1kg入り。お手頃価格だからといって洗浄力が弱いわけではなく、ほとんどの汚れをキレイに落とすことができました


    木皿につけた油汚れと、茶碗に残ったデンプン汚れは1割ほど残ってしまいましたが、あまり時間の経過していない汚れならキレイに落としきれます。また、専用スプーンが適度な大きさで使いやすいところもよいですね!

    液性中性
    界面活性剤の配合割合1%
    内容量1000g
    タイプ粉末
    No.5

    ミマスクリーンケア緑の魔女 全自動食器洗い機専用洗剤 800g

    476円(税込)

    総合評価

    4.70
    • 洗浄力: 4.7

    頑固な油汚れには弱いが、それ以外ならキレイに洗える

    ネット通販で人気を集める緑の魔女シリーズ。環境に配慮しつつも高い洗浄力を持っています。


    実際に使ってみると頑固な油汚れは1割程度残りましたが、それ以外の汚れはとてもキレイに落とせました。大容量タイプなので、できるだけ買い替えを少なくしたい人におすすめです。

    液性弱アルカリ性
    界面活性剤の配合割合0.50%
    内容量800g
    タイプ粉末
    No.6

    花王食器洗い乾燥機専用キュキュット クエン酸効果 オレンジオイル配合

    502円(税込)

    総合評価

    4.60
    • 洗浄力: 4.6

    ベーシックなタイプで実力も十分。だいたいの汚れは落としきれる

    食洗機用洗剤ときいて真っ先にイメージするような定番商品のキュキュット。


    確かな実力を備えており、ほとんどすべての汚れを落とすことができました。木皿につけた油汚れと、陶器につけたタンパク質汚れは1割程度残ってしまいましたが、よほど頑固な汚れでなければ落とせる洗浄力があります。

    液性弱アルカリ性
    界面活性剤の配合割合3%
    内容量680g
    タイプ粉末
    No.7

    ソネットナチュラルディッシュウォッシャー

    1,760円

    総合評価

    4.50
    • 洗浄力: 4.5

    環境にやさしく汚れは落とす!エコ系洗剤で選ぶならコレ

    ソネットの食洗機用洗剤はエコを謳うものでありながら、完ぺきとはいえないまでも、すべての種類の汚れを9割以上落とすことができました!


    環境にやさしい洗剤は洗浄力が弱いというイメージがある人も、ソネットを使えば感動すること間違いなし。


    専用スプーンが紙製で独特ですが、使い勝手は問題ありません。環境にも配慮したいならソネットの食洗機用洗剤がおすすめです。

    液性弱アルカリ性
    界面活性剤の配合割合0%
    内容量1000g
    タイプ粉末
    No.8

    P&Gジョイ ジェルタブ 食洗機用洗剤 21P

    480円(税込)

    総合評価

    3.90
    • 洗浄力: 3.9

    ジェルとタブレットのいいとこどり洗剤も、油汚れは落としきれない

    ジェルとタブレットが融合した構造が話題となったJOYのジェルタブ。洗浄力に関しては、実際には期待ほど汚れが落ちませんでした。


    コーヒー汚れはキレイに落ちましたが、デンプン・タンパク質汚れはところどころ汚れが残る結果に。油汚れも3割程度残ってしまいました。


    高い値段のわりには、満足度の低い洗剤という結論です。

    液性弱アルカリ性
    界面活性剤の配合割合14%
    内容量21個
    タイプタブレット
    No.9

    西友きほんのき 食洗機専用洗剤

    283円(税込)

    総合評価

    3.60
    • 洗浄力: 3.6

    デンプン・タンパク質には強いが洗いあがりの粉っぽさが気になる

    西友オリジナルブランドの食洗機用洗剤は、コーヒー・でんぷん汚れを完全に落とすことができ、タンパク質汚れや油汚れも8割がたキレイにできました。


    しかし気になったのは粉っぽい独特の洗いあがり。手で払えば問題ありませんが、気になる人にはおすすめできません。

    液性弱アルカリ性
    界面活性剤の配合割合2%
    内容量600g
    タイプ粉末
    No.10

    レキットベンキーザーフィニッシュ 食洗機用洗剤 ジェル

    1,399円(税込)

    総合評価

    3.50
    • 洗浄力: 3.5

    すべての汚れ落ちがいまひとつ。あえて選ぶ理由に乏しい

    フィニッシュで最も洗浄力が高かったのはジェルタイプ。あまりにも落ちない汚れは無いものの、コーヒー汚れ以外すべての種類で部分的に汚れが残ってしまいました。


    予洗いすればある程度の汚れ落ちは期待できますが、頑固な汚れは落ちませんでした。謳い文句には「一度洗いで落としきる」とありますが、一度洗いで完璧にキレイにすることは難しく、決め手に欠ける洗剤です。

    液性弱アルカリ性
    界面活性剤の配合割合1%
    内容量1000ml
    タイプジェル
    No.11

    レキットベンキーザーフィニッシュ パウダー パワー&ピュア

    3,300円(税込)

    総合評価

    2.40
    • 洗浄力: 2.4

    さまざまな汚れを落としきれない中途半端な洗浄力

    定番ブランド フィニッシュのパウダータイプは、コーヒーと木皿につけた油汚れ以外の汚れすべてで中途半端な汚れ落ち。よくて4割程度の洗浄力となってしまいました。


    木皿の油汚れは9割程度落ちた一方で、陶器につけた油汚れは3割程度しか落とせず、食器の材質によって得意・不得意があることが予想されます。


    使い勝手に問題はありませんが、洗いあがりに不満の残る洗剤です。

    液性弱アルカリ性
    界面活性剤の配合割合1%
    内容量700g
    タイプ粉末
    No.12

    シャボン玉石けん食器洗い機専用粉せっけん

    458円(税込)

    総合評価

    2.40
    • 洗浄力: 2.4

    油汚れは落としきれない石けん。環境へのやさしさしか評価できず

    洗剤の定番メーカーであるシャボン玉石けん。コーヒー汚れは完全に落とせましたが、それ以外の汚れ落ちはそこそこの水準にとどまります。


    タンパク質汚れは9割ほど落とせた一方で油汚れに弱く、2~3割程度しか落ちませんでした。また、デンプン汚れの洗浄力は5割ほど。日常的な汚れを予洗いなしで落とすのは難しいでしょう。


    また、専用スプーンがついていないのも不便。日々の食器洗いでストレスとなってしまいそうです。

    液性弱アルカリ性
    界面活性剤の配合割合0%
    内容量500g
    タイプ粉末
    No.13

    サラヤハッピーエレファント 食器洗い機用ジェル 400ml

    385円(税込)

    総合評価

    2.10
    • 洗浄力: 2.1

    油汚れに弱いジェルタイプ洗剤。計量スプーンなしで手間がかかる

    食器用洗剤や衣類用洗剤でも人気のあるハッピーエレファント。食洗機用洗剤ではジェルタイプに評判が集まっています。


    しかし実際に使ってみると、油汚れに非常に弱いことがことが分かりました。コーヒー汚れは完全に落とせましたが、タンパク質汚れとデンプン汚れの洗浄力は7割程度にとどまり、油汚れは9割ほど残りました。


    また、キャップで洗剤の量を計ることができず、計量スプーンなどがついていない点も不便。あまりおすすめできない食洗機用洗剤です。

    液性弱アルカリ性
    界面活性剤の配合割合0%
    内容量400ml
    タイプジェル
    No.14

    花王食器洗い乾燥機専用 キュキュット ウルトラクリーン

    400円(税込)

    総合評価

    2.00
    • 洗浄力: 2.0

    デンプン汚れに特に弱い。予洗い必須の食洗機用洗剤

    キュキュットのジェルタイプ食洗機用洗剤は、計量カップなしで自動で定量を出すことができるのが便利です。


    一方、汚れ落ちはそれほど良くなく、キレイに落とせたのはコーヒー汚れのみ。油汚れとタンパク質汚れは4~5割程度しか落とせませんでした。


    さらに気になったのはデンプン汚れへの弱さ。茶碗につけたご飯がほとんど残りました。日常的な汚れを落としきれず、ストレスを感じる一因となりそうです。

    液性中性
    界面活性剤の配合割合10%
    内容量480g
    タイプジェル
    No.15

    レキットベンキーザーフィニッシュ パワーキューブS 食洗機用洗剤 30個

    378円(税込)

    総合評価

    1.90
    • 洗浄力: 1.9

    油・デンプン汚れに弱い食洗機用洗剤。溶け残りも多め

    コストコでまとめ買いする人が多いフィニッシュの食洗機用洗剤。特に人気のタブレットタイプは、意外にも低い順位となりました。


    コーヒー汚れは全部落ち、タンパク質汚れも7割程度落とせたものの、油汚れは2~3割程度の汚れ落ち。デンプン汚れも4割しか落とすことができませんでした。


    また、タブレットが小さいわりに大部分が溶け残った点も気になります。売れ筋商品ながら、平均的レベルを下回る結果となりました。

    液性弱アルカリ性
    界面活性剤の配合割合12%
    内容量30個
    タイプタブレット
    No.16

    ヱスケー石鹸すっきり食器洗い機専用洗浄剤

    528円(税込)

    総合評価

    1.70
    • 洗浄力: 1.7

    頑固な油汚れには太刀打ちできない。洗浄力に不満の残る結果に

    エスケーの食洗機用洗剤は、コーヒー汚れ以外は落としきれない結果に。タンパク質汚れとコーヒー汚れは6割程度の汚れ落ち、油汚れは1割未満しか汚れを落とすことができませんでした。


    粉末タイプであるにもかかわらず専用の計量スプーンがないところも使いにくく、今回の検証では総じていまひとつな食洗機用洗剤です。

    液性弱アルカリ性
    界面活性剤の配合割合0%
    内容量500g
    タイプ粉末
    No.17

    エコベールディッシュウォッシャータブレット

    990円(税込)

    総合評価

    1.60
    • 洗浄力: 1.6

    油汚れがほぼ落ちない。タブレットの溶け残りも気になる

    エコベールの食洗機用洗剤は油汚れに特に弱い傾向にあり、カレーの汚れはほとんど落とすことができませんでした。


    ほかの汚れへの強さもあまり見られず、タンパク質汚れは5割程度、デンプン汚れは7割程度の汚れ落ち。全部落としきれたのはコーヒー汚れのみでした。


    洗い終わったあと、食洗機の奥底にタブレットが大きく溶け残っていたのもマイナス点。石油由来の界面活性剤を含まず、環境へのやさしさを謳いますが、肝心の洗浄力ではふるわない結果に終わりました。

    液性弱アルカリ性
    界面活性剤の配合割合7%
    内容量22個
    タイプタブレット
    No.18

    地の塩社クリーン食器洗い乾燥機専用洗浄剤

    528円(税込)

    総合評価

    1.00
    • 洗浄力: 1.0

    全商品のなかで唯一コーヒー汚れが落ちなかった弱い洗浄力

    地の塩社の食洗機用洗剤は、汚れ落ちが最下位という結果に。すべての汚れがほぼ落ちませんでした。


    特に注目したいのはコーヒー汚れも全18商品のなかで唯一残ってしまった点。予洗いをしないと汚れを落とすことができませんでしたが、それでは食洗機の「時短」という良さが失われてしまいます。


    計量スプーンもついておらず、総合評価としてすすめづらい食洗機用洗剤というしかありません。

    液性弱アルカリ性
    界面活性剤の配合割合0%
    内容量500g
    タイプ粉末

    人気食洗機用洗剤の検証結果比較表

    食洗機用洗剤の売れ筋ランキングもチェック!

    なおご参考までに、食洗機用洗剤のAmazon・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下から確認して下さい。

    まとめ

    今回は売れ筋上位の人気食洗機用洗剤18商品を徹底的に比較検証しました!


    洗剤によって汚れ落ちに大きく差が出ましたが、特に1位に輝いたピクスの洗いあがりには感動しました。食洗機は家事の負担をかなり軽減させてくれるもの。優秀な洗剤を使えばさらに家事が楽になるはずです。


    今回の記事でご紹介した選び方や検証結果を参考に、自分に合った食洗機用洗剤をゲットしてくださいね!


    文:照井絵梨奈、写真:稲垣佑季・芝崎哲治・奥本光城

    ランキング作成日:2019/12/20

    関連記事

    人気の記事

    人気のアイテムリスト

    カテゴリから探す