• 82076b53fd38434114ad2115df56d015ee56b7a6
  • F4d180282e9f5325a65c03cee270fa8bdb4ba5ac
  • 89e21e84b7025e6961b2e734360328ddc6cb2849
  • 436e5d6c5a462c49750b4ba2097701ad1589210a
  • 0b0e051c0e3430eff00025ae971469a7b14c7ec3

ペーパーナイフのおすすめ人気ランキング10選

重要な封筒を綺麗に切りたい時は「ペーパーナイフ」が大活躍してくれます。ミキモト・バーディー・コクヨ・ライヨールといったブランドのおしゃれな商品や高級品が販売されている現在、選択肢の幅はグッと広がっています。しかしそれゆえに、どのペーパーナイフを選べばいいのかわからないという声も…。

そこで今回は、数あるペーパーナイフの中からデザイン・切れ味・価格を比較し、おすすめの人気商品をランキング形式でご紹介します!シンプルなデザインの商品や研ぐことができる商品など、欲しいペーパーナイフがきっと見つかりますよ。

最終更新日:2017年05月15日 | 4,046views

10位:h-concept(アッシュコンセプト) +d バーディーペーパーナイフ

アッシュコンセプト +d バーディーペーパーナイフ グリーン D-670-BK-A
540円(税込)

サイズ:101mm

小鳥のカラー豊富なレターナイフで気分もアップ!

可愛らしい小鳥の形をしたレターナイフです。色も豊富で、郵便物の開封時はワクワク度が高くなりそう。開封時に使用するのは小鳥のしっぽ。サイズは101mmとかなり小さめで立てておくこともできるので、置く場所には困りません。

可愛いフォルムとカラーでインテリアとしても活躍します。ただ、他のレターナイフと比べて、開けた時の切り口がずれてしまうことがあります。

とても軽くて耐久性の高いポリエチレンテレフタレート製なので、切り口があまり気にならなければ、お部屋の仲間に加えてみてはいかがでしょうか。

9位:MIDORI(ミドリ) ペーパー&レターカッター

ミドリ ペーパー&レターカッター 青
404円(税込)

サイズ:135mm

カッターとレターナイフの機能を備えた一品

レターナイフとカッターナイフの役割を果たしてくれるペーパー&レターカッターです。デザインも凝っているのにコンパクトで、刃が外側にでていないのでそのままペンケースに収納できます。刃はステンレス製なので、とても丈夫。また、大きな用紙を定規を使うことなくレターナイフと同じ方法で切れるのも魅力です。

切れ味もとてもいいのですが、封筒の切る部分が折れていたり、よれていたりするとうまく切れないことが多く、悪戦苦闘することも。そんな時は、ハサミを代用した方が手っ取り早く開封できます。

お手頃価格なうえに、コストパフォーマンスも良いので、試しに使ってみるにはちょうどいいレターナイフです。

8位:SLIP-ON(スリップオン) NCレターオープナー

(SLIP-ON)スリップオン NCレターオープナー DNK-1301
1,365円(税込)

サイズ:197mm

取っ手が皮張りのお洒落なレターナイフ

レザーの取っ手、クロムメッキのナイフ部分が洗練された雰囲気を放つレターナイフ。これでこのお値段ならかなりのお買い得感がありますよね。実際使ってみても切れ味はそこまで悪くなく、名入れも対応しているショップがあるのでギフトで送ってもいい一品。

先端が少し丸くなっていて、ピッタリのところまで糊がついてしまっている封筒の開封には使いづらいです。しかし、そうでなければ切り口もそこまでガタガタにならず、レターナイフとしての役割もしっかり果たしてくれます。

7位:ALFACT(アルファクト)/株式会社荒澤製作所 チタン ペーパーナイフ

サイズ:225mm

老舗が作るチタン製のレターナイフ

対象12年創業の荒澤製作所がつくったペーパーナイフ。老舗の製品らしく、刃は弱めの鏡面加工、グリップはつや消し質感で高級感があります。

225mmという大きさの割にチタン製のため軽いところが非常に魅力的です。また、汚れが付いてもすぐにスッと拭き取ればキレイになります。

ただレターナイフというには少し刃の鋭利さに欠けるところがあり、切り口がガタガタになってしまうことも…。チタンを砥ぐことができるお店で砥いで貰うと切れ味も良くなるので、気になる方は砥ぎにだしてみるといいかもしれません。

6位:クツワ HiLiNE ペーパーナイフ

クツワ HiLiNE ペーパーナイフ SS108BK ブラック
543円(税込)

サイズ:213mm

一枚刃とギザギザ刃の1本2役!段ボールも切れちゃいます!

刃の片方は一枚刃、もう片方はギザギザ刃になっていて、封筒だけでなく段ボールも切ることができる便利なレターナイフです。封筒以外に段ボールを開ける機会も多い方にはおススメの一品。レターナイフで封筒を開ける時はちょうどいい力加減で開けられ、ステンレス製なので糊などの汚れもつきづらいです。

レターナイフの刃に比べ、段ボールを切るときはかなり切れるので、少し注意が必要。保管時は付属のカバーをつけることをおススメします。また213mmという長さなので、ペンスタンドに立てづらく、しまう場所を選ばないといけない点は少し不便かもしれません。

5位:レイメイ藤井 ペーパーカッター

レイメイ藤井 ペーパーカッター SHK503
349円(税込)

サイズ:75mm

2種類の刃で紙からダンボールまでの厚さをカット可能!

紙から厚紙、段ボールまでカットできるレターナイフです。刃部分は貝印刃で作られています。

持ち手の凹んでいるところに指をあてるとちょうどフィットするので、力も入れやすく切りやすい構造になっています。また刃の先が丸くなっているので誤って先端で手を傷つけることもありません。付属透明カバーもあるので保管時も安心です。

切り口はカッターナイフで切ったような切り口ではなく、紙の繊維がけば立ったような切り口なので、切った封筒で怪我をする心配もありません。真っすぐな切り口が好みの方は物足りないかもしれませんが、少しけば立ったような切り口が好みの方にはちょうどいい切り口です。

4位:森繁 ペーパーナイフ

ペーパーナイフ LO-750
457円(税込)

サイズ:200mm

利き手関係なし!程よく切れる感じがちょうどいい!

両刃タイプで利き手を選ばないタイプのレターナイフ。封筒だけでなく段ボールの開封時にも使える優れものです。切れ味は良すぎることもなく、悪すぎることもなく、程よい切れ味。切れ味が悪くなれば刃を砥ぐことで再び使用することが可能です。

ただ、開封時に切り口が折り目からずれてしまうこともあるので、気になる方はもう少し切れ味のいいタイプの方がいいかもしれません。

ただ、このコスパで考えると、十分使えるレターナイフといえるでしょう!

3位:ALLEX(アレックス) ペーパーナイフ

アレックス(ALLEX) ペーパーナイフ SP-170
544円(税込)

サイズ:170mm

約40年間愛され続けているレターナイフ

60余年に渡ってハサミなどの刃物類を作っている「林刃物株式会社」のブランド「ALLEX(アレックス)」のレターナイフです。2.3mという厚さのため、刃がたわまず開封時に誤って怪我をしてしまう心配もありません。刃がほころび始めて切れ味が悪くなったら、荒砥で研いでまた使い続けられるところも魅力です。

シンプルなフォルムでありながら、デザイン性の高さと品質の良さから日本で初めてドイツのディーノイエザムルンング国立応用芸術博物館に永久収蔵された一品。現在入手困難なのか、ネットショップでの単品売りが少ないので、試しに使う場合は文房具屋さんで探してみた方がいいかもしれません。

2位:KOKUYO(コクヨ) コクヨ ペーパーナイフ 連続伝票用 フラットタイプ

コクヨ ペーパーナイフ 連続伝票用 フラットタイプ HA-302
160円(税込)

長さ:218mm
材質:ステンレス

安心安全の貝印刃。フラットタイプで利き手も関係なし!

レターナイフではあまり見かけないフラットタイプのレターナイフです。切れ味がすごくいい!!というわけではありませんが、「レターナイフで開けてる」というなんとも言えない快感が味わえます。

このレターナイフは「紙を切る」ことを目的としているので、レターナイフとしてだけでなく、雑誌や本をばらしたりすることもできます。さらに人肌を傷つけにくい貝印刃で作られているので、両端がナイフでも安心。

利き手が関係ない両刃タイプなので、今まで利き手の違いでレターナイフを諦めていた方!是非一度こちらの商品を試してみてはいかがでしょうか。

1位:プラス ステンレスペーパーナイフ

プラス ステンレスペーパーナイフ S型 ブルー
444円(税込)

サイズ:170mm
材質:ステンレス(フッ素加工付きもあり)
リングカラー:黒、青、青

切れ味、切った後のキレイさはNo.1!コスパ最強商品

見た目は普通のナイフ。しかし、レターナイフの実力は随一。たくさんあるレターナイフの中でも刃の厚さがかなり薄く、カットにベストの角度で作られています。また、フッ素加工なので、何度も開けているうちについてくる封筒の糊やテープのベタツキを軽減。常に力を入れずスムーズに刃が進むように考えられています。

たくさん封筒を開けてもリングで指が痛くならないよう、リングカバーが付いているのも魅力です。シンプルな作りの中に見えるちょっとした配慮がベストセラーの秘密。これからレターナイフを使い始めようと考えている方には、一番おススメのナイフです。

低価格かつ高性能。コスパを考えればこのレターナイフ一択ですね!

まとめ

これまで紹介してきたペーパーナイフの中に、興味をそそられた商品はありましたか?もしあった場合は、口コミや詳細説明などを自分でも調べてみてください。きっと参考になりますよ。

デザインの良い商品はインテリアとして使っても面白いですし、機能性が高い商品であれば長く使い続けることも可能。皆さんが、愛用したいと思えるようなペーパーナイフと出会えれば幸いです。

人気の記事

関連キーワード